BRIDGE

タグ Calm

次の10億ドル企業は「子供の寝かしつけ」市場を狙う

SHARE:

※本記事は.HUMANS社が運営するメディア「THE .HUMANS MAGAZINE」からの転載 ピックアップ:Moshi, a sleep and mindfulness app for kids, raises $12M Series B led by Accel ニュースサマリ:子供向けの寝かしつけ音声アプリ「Moshi」は、AccelをリードにLatitude VenturesとTrip…

pexels-photo-4079281
Photo by Anastasia Shuraeva on Pexels.com

※本記事は.HUMANS社が運営するメディア「THE .HUMANS MAGAZINE」からの転載

ピックアップ:Moshi, a sleep and mindfulness app for kids, raises $12M Series B led by Accel

ニュースサマリ:子供向けの寝かしつけ音声アプリ「Moshi」は、AccelをリードにLatitude VenturesとTriplepoint Capital参加のラウンドで1,200万ドルを調達した。同社は子供の睡眠を助けるアプリを開発。アプリには150近いオリジナルコンテンツが用意されており、80本の30分就寝ストーリーは、すべて同社が執筆・制作したものだ。

コンテンツ1つ1つの流れは、子供が寝やすいように忠実に練られている。たとえば、同アプリで最も人気のあるストーリーの一つである「Mr.Snoodle’s Twilight Train」では、ストーリー全体の背景に「シュッシュッポッポ」という電車の音が鳴り響く。この効果音は、子供の平均的な安静時心拍数に合わせたもので、子供が安らかな気持ちになれるように工夫されている。

現在10万人以上のサブスクライバーを抱え、8,500万回のストーリーが再生されているという。年間40ドルの利用料で収益化を図る。

もともとMoshiはMindy Candyという会社が名称を変更したもの。評価額10億ドルを超える「ユニコーン企業」の仲間入りをした瞑想アプリ「Calm」の創業者兼CEOであるMichael Acton Smith氏が創業したのだが、Calmに専念するために同社を抜けている(後継として現Moshi CEOのIan Chambers氏が着任)。つまり、流れとしてはCalmと同じDNAを汲んでいることがわかる。

pexels-photo-3536643
Photo by nappy on Pexels.com

話題のポイント:お子さんの寝かしつけに悩まれている方は多いのではないでしょうか?

コロナの影響で子供と一緒に過ごすことが多くなり、寝かしつけ問題(お昼寝含め)がさらに顕著になっているかもしれません。これは長年に渡って親御さんたちの大きなペインポイントでもあり、ここを切り口に、子供を落ち着かせる音声コンテンツを提供するのが「Moshi」です。

室内フィットネス市場では「Peloton」「Mirror」などの大型器具が注目を集めています。一方、自宅で手軽にできる瞑想アプリ領域も「Calm」を筆頭に、「SimpleHabit」のような瞑想版Netflixや、「Journey Meditation」のようなオンデマンドライブ配信が人気です。「自宅 + フィットネス/瞑想」のトレンドが子供市場にもやってきた、と今回のニュースは読んで良いでしょう。

子供独特の精神状態全てに対応するため、まずは寝かしつけという誰もが共感する課題から入り、将来的には自閉症やADHDなどの特定状態に対応するための音声コンテンツを提供することができれば、巨大プラットフォームになる可能性も見えてきます。音声書籍ストアや、Amazon的なマーケットプレースなど色々な展開が予想できるので、まさに「子供向けCalm」の市場を独占できる戦略思考です。チーム背景も文句ないので、急成長が望めるスタートアップの匂いがしてきます。

ちなみに数年前にはAmazon Alexa Fundから出資を受けた、Echoを使った絵本読み聞かせサービス「Novel Effect」が登場しています。同社もまたMoshiと同じ読み聞かせ市場を狙っており、親御さんや教師が読む幼児向け本に合わせて、Amazon Echoやスマホから効果音が出る立体演出サービスを提供します。「音のAR」とも呼べる領域で、累計調達額は310万ドル。Techstartsアクセラレータプログラム出身のスタートアップです。

現在、Novel Effectは保育園を中心にB2B営業をかけてサービス展開させており、Moshiに関しても、仮に寝かしつけの一定の効果がしっかりと検証されたのであれば、保育園に卸せるかもしれません。Cにも、Bにも展開でき、坂路拡大に悩む出版社との提携も考えられます。日本でも十分にトレンドとなる領域だと感じますし、その最前線にいるのがMoshiと言えます。

本稿は次世代コンピューティング時代のコミュニケーションデザイン・カンパニー「.HUMANS」代表取締役、福家隆氏が手掛ける「 THE .HUMANS MAGAZINE」からの要約転載。Twitterアカウントは@takashifuke。同氏はBRIDGEにて長年コラムニストとして活動し、2020年に.HUMANS社を創業した

瞑想分野のユニコーンスタートアップCalm、10億ドルのバリュエーションで8,800万米ドルを調達

SHARE:

瞑想とメンタルヘルスに特化したスタートアップの Calm は、TPG Growth がリードするシリーズ B ラウンドで8,800万米ドルを調達した。このラウンドには他にも Insight Venture Partners、ハリウッド俳優 Ashton Kutcher 氏の Sound Ventures、Creative Artists Agency(CAA)も参加した。 今回のラウンドで Cal…

Calm 創業者の Alex Tew 氏と Michael Acton Smith 氏

瞑想とメンタルヘルスに特化したスタートアップの Calm は、TPG Growth がリードするシリーズ B ラウンドで8,800万米ドルを調達した。このラウンドには他にも Insight Venture Partners、ハリウッド俳優 Ashton Kutcher 氏の Sound Ventures、Creative Artists Agency(CAA)も参加した。

今回のラウンドで Calm の合計調達額は1億1,500万米ドルを達成し、サンフランシスコを拠点とする同社は名高いユニコーン企業の仲間入りを果たした。現在の同社の評価額はちょうど10億米ドルである。

共同設立者で共同 CEO の Alex Tew 氏はこう語る。

今回の資金調達により国際的な成長とコンテンツへの追加投資を最優先にすることで、私たちの世界をより健康で幸せにするというミッションは加速していくでしょう。

Calm のアプリ「Meditate」

人気を博した Mind Candy の Moshi Monsters のクリエイターである Michael Acton Smith 氏と、Million Dollar Homepage に携わった Tew 氏によって2012年に設立した Calm は、ここ最近ベンチャーキャピタルの注目を集める数多くのマインドフルネススタートアップの1社となった。昨年だけ見ても、モチベーションを上げてくれるメッセージアプリを開発した Shine は500万米ドルを調達し、Simple Habit は〝一口サイズ〟の瞑想計画オーディオで1,000万米ドル、BioBeats はストレス対策の瞑想と呼吸法で300万米ドルを手にしている。その他にもこの業界で注目すべきは Headspace で、同社は数多くのVCから資金を調達している

Calm のサブスクリプションサービスは年間プランで毎月5米ドルの料金設定で、不安やうつ、不眠症を解消するための合計100時間以上におよぶ様々な音声プログラムが用意されている。

今回の投資ラウンドは Calm がシリーズ A ラウンドで2,700万米ドルを調達してから1年もたたないうちに行われ、9月にはドイツ語版のローンチにより初のグローバル進出を果たした。これと同時に、アメリカン航空との提携も発表し、同社の機内娯楽サービスに瞑想のコンテンツを導入した。他にも Uber のような有名企業と提携を行っている。

Calm はここ数年で利益を出しているだけでなく、現在、世界初のメンタルヘルス関連のユニコーン企業であることが証明された。同社の社員が50人しかいないことを考えると、これはかなりの偉業である。しかしこの成長は時代の流れを映しているのかもしれない。瞑想業界は米国内だけでも10億米ドル以上の価値を持つといわれており、広義のウェルネス分野は Global Wellness Institute によれば数兆米ドルにもなるとされている。

Acton Smith 氏は次のように付け加えた。

Calm は瞑想アプリからスタートしましたが、まったくそれ以上の企業になりました。

私たちのビジョンは、21世紀で一番価値と意味のあるブランドを作り上げるというものです。健康やウェルネスは4兆米ドルの産業なので、この急成長中の重要分野におけるリーディングカンパニーを作ることができる大きなチャンスがあると信じています。

同社は2018年に収入が4倍になったこと、年次収益率に基づくとこのままいけば年間1億5,000万米ドルの収益になることにも言及した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】