BRIDGE

タグ camera

LINE はアプリディストリビューターとしても成長、LINEカメラが4000万ダウンロードを達成

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 LINE株式会社は、昨日写真共有アプリ LINEカメラが、4000万ダウンロードを突破したことを発表した。これは、大きな成果だが、1つの懸念はこの4000万のうち、どれだけの人が豊富な写真アプリの中で、このアプリを使い続けるだろうか、ということだ [1]。 筆者は、1年以上LINEカメラにログインしていなかったが、そ…

line-camera-40-million-campaign-280x175※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

LINE株式会社は、昨日写真共有アプリ LINEカメラが、4000万ダウンロードを突破したことを発表した。これは、大きな成果だが、1つの懸念はこの4000万のうち、どれだけの人が豊富な写真アプリの中で、このアプリを使い続けるだろうか、ということだ [1]。

筆者は、1年以上LINEカメラにログインしていなかったが、その成長ペースは興味深く見ていた(下のグラフを見てほしい)。2012年4月の最初のローンチ後、同アプリは初月で500万ダウンロードを達成、その後、年明けまでに2000万ダウンロードを達成した。昨日の4000万ダウンロード突破の発表をみて、LINEカメラの成長は、同アプリが広まることを手助けするチャットアプリのLINEがどれだけ早く成長するかに依っている。

写真アプリは、注目のPapelook(パペルック)のようなアプリや、3月に2500万ユーザーを達成したFX Cameraのようなアプリが存在するが、LINEのような効果的な流通プラットフォームを持つ写真アプリはなかった。

さらにLINEの成長について述べるなら、LINE Playを含む、2011年のアプリローンチから、現在までのLINEのこれまでの軌跡をインタラクティブな年表で表現した「LINE Time”line」を見てほしい。

line-camera


※1 筆者はかなり最初にダウンロードしたユーザーだったが、もう使っていない。認めるが、おそらく, 同アプリを使い続けることが違和感だったからだろう。

----------[AD]----------

懐かしいファミコン画面のような写真がとれるカメラアプリ「ファミ魂カメラ」が登場

SHARE:

英語版の記事はコチラ。 昔のゲームをプレイした人たち全員にとって、楽しむことができる新しい写真アプリが東京を拠点にしたMfroから登場した。同アプリはコンソールゲームをプレイした日々へと戻してくれる。アプリはファミ魂カメラと呼ばれており、日本で80年代に発売された任天堂の最初のゲーム機を暗示させるアプリだ。 このカメラアプリの楽しい部分は、実際にゲームのように感じられることだ。マリオブラザーズのよ…

famikon-camera英語版の記事はコチラ。

昔のゲームをプレイした人たち全員にとって、楽しむことができる新しい写真アプリが東京を拠点にしたMfroから登場した。同アプリはコンソールゲームをプレイした日々へと戻してくれる。アプリはファミ魂カメラと呼ばれており、日本で80年代に発売された任天堂の最初のゲーム機を暗示させるアプリだ。

このカメラアプリの楽しい部分は、実際にゲームのように感じられることだ。マリオブラザーズのような画面で、飲み会、食事、外出、その他の4つの撮影シーンを選ぶことができる。(画面が繊維する際、ドット絵のキャラクターがマリオのように移動するような表現がある。)

数多くの写真フレームを選ぶことができ、そのフレームを通して写真を撮影し、懐かしいクラシックなゲームに対応する形にできる。すでに撮影しており、アルバムに入っていた写真を用いると、ピクセル加工のフィルターを選ぶことができ、8ビットのスタイルとブレンドすることができる。たとえば、下の写真で街の風景を撮影した写真はマリオブラザーズのフレームを当てはめたものだ。

もしこのファミ魂カメラに興味があれば、App Storeからゲットすることができる。この会社は、ほかにも波動拳カメラをリリースしている。これは先週紹介したKame Cameraのようなアプリだ。

photo-620x349

----------[AD]----------

料理写真共有アプリ「SnapDish」が新たに7言語に対応。11言語30億人の母語で利用可能に

SHARE:

日本から世界に向けてサービスを展開しているアプリがいくつか存在する。料理写真とレシピを共有するモバイルアプリ「SnapDish」もそのひとつだ。 これまで日本語、英語、中国語(繁体・ 簡体)、韓国語の 4言語でサービスを提供してきたSnapDishは、新たに仏・独・西・伊・ポルトガル・インドネシア・タイの7言語に対応し、計11言語30億人の母語に対応すると発表した。 SnapDish は、料理写真…

snapdish_logo1

日本から世界に向けてサービスを展開しているアプリがいくつか存在する。料理写真とレシピを共有するモバイルアプリ「SnapDish」もそのひとつだ。

これまで日本語、英語、中国語(繁体・ 簡体)、韓国語の 4言語でサービスを提供してきたSnapDishは、新たに仏・独・西・伊・ポルトガル・インドネシア・タイの7言語に対応し、計11言語30億人の母語に対応すると発表した。

SnapDish は、料理写真を加工し、共有することを通じて、料理が好きな人たちと気軽に交流できるスマートフォン専用の写真とレシピの共有アプリ。サービス開始は、2011年5月。現在までに投稿された料理写真の数は 200 万件を超え、投稿された写真につけられる「もぐもぐ(Facebookにおけるいいね!)」は 1200万件を超えているという。

写真やレシピを通じて料理の話題で様々な人とつながり、コミュニケーションをとっていくことが可能なため、家で手料理を作る人たちを中心に、ユーザ数を広げている。今回の多言語対応にあたって、SnapDishの国際担当に話を聞いた。

SnapDishが海外展開において実施してきたポイント

2011年5月にアプリを公開するまでの開発、設計期間では、当初から海外ユーザが使用することを想定してアプリの作り込みました。英語版も同時公開したので、アプリの中身を単純に翻訳するのではなく、UIなどにも最初から英語が入ることを前提で、日本人以外にも使用しやすいよう開発しました。

snapdish_thai

SnapDishは、英語でもユーザが楽しめる表現かどうかなどにも非常にこだわったという。例えば、日本語版で他のユーザの写真を気に入ったら「もぐもぐ!」(FacebookでいうLike!)をする機能があるが、これは英語版では「Yummy!」となっている。

本来、「もぐもぐ!」は英語では、”nom nom”とか”chomp-chomp”という表現を用いるが、それでは可愛くない、馴染みにくそうといった理由や、”Yummy! ”という表現の方が英語の文章の中でも自然であることなどからこの「Yummy!」という表現を選択した。他の言語に展開する際にも、こういった部分には非常に拘っているそうだ。

その結果、アプリの初期リリースから海外から一定のダウンロードがあった。主に東南アジアや中国語圏からのアクセスが多く、「食」と「写真」という組み合わせが日本だけでなく、アジアで好まれるという傾向を早くに掴むことができた、と語る。

アプリを公開した後もユーザのニーズを把握し、各写真にタグ付けできるジャンルも各国の食文化に合わせるなどの工夫を行っている。こうして海外ユーザを最初から意識して作ったこともあり、海外のヘビーユーザからは「日本のアプリであることを知らなかった」、米国のユーザから「英語圏で作られたアプリだと思っていた」と言った声が寄せられる事も多そうで、海外のユーザでも違和感なく使用できるアプリであることが伺える。

SnapDishのビジネス開発

昨年は中国のRenren.comや韓国SK planetなど、海外の大きなパートナーとの提携を進めることで海外展開を進めました。提携については、基本的には先方からお声掛け頂き、実現に至っています。

こういったパートナーシップによって、SnapDishがアプリとしてアジア諸国のニーズに合致する魅力を感じている人が、SNSやキャリア内のプロバイダー側にいて、付加価値となりうることが確認できました。

SnapDishは、昨年海外のスタートアップ向けのピッチイベントに積極的にエントリーを行い、6月にシンガポールのEchelon、7月に台湾のIDEAS Show, 10月に米サンノゼのGMIC-SVに選ばれた。プレゼンテーションをする機会に加え、イベントでブースを持つ事もでき、海外の既存ユーザとも話す機会となった。海外ピッチイベントの参加により、人的なネットワーク構築をし、海外メディアから取材を受けるなどPR面でも非常にプラスになったという。

特にアジアでは、好意的に受け止められ Echelonではアジア6都市から厳選されたTOP 10社としてピッチする機会を得た。イベント主催者は受賞理由を「数多有るフード系の写真アプリの中でも『手料理』という切り口で差別化を徹底していて、マネタイズする方法まで考えられているのは素晴らしい」と語った。

SnapDishの今後の展望

今後はアプリ内の細部に渡る機能面だけでなく、プロモーションやコミュニケーション面でも「ローカル」なユーザを意識した動きをして、これまで日本国内だけに留まっていたプレゼントキャンペーンなどを海外でも実施する予定だ。

これまでと変わらず、今後も海外でも特にアジアをターゲットとしています。もちろん、今回の言語対応に多く含まれるヨーロッパなどの他の地域が重要ではないという意味ではありません。アジアには既にユーザの母数があり、コミュニティが形成されつつあります。アジアにはマーケットとしての素地が既にあるので、そこをきちんと固めていくという意味です。

引続き海外のピッチイベントには参加したいと思っておりますし、昨年アジアでの啓蒙活動を行った様に、今後はヨーロッパでも啓蒙活動のチャンスを伺ってます。

ますます海外、ローカルへの対応を進めていくSnapDish。どれだけ多様なユーザに愛されるサービスになっていくのか、これからが楽しみだ。SnapDishのダウンロードはこちらから。

----------[AD]----------

Androidカメラアプリ世界一のFxCameraがダウンロード2000万を突破−iPhone版もリリース予定だ

SHARE:

「Androidカメラアプリで世界一に」ビットセラー代表取締役の川村亮介氏は、10月16日に発表したリリースで、同社が運営しているAndroidカメラアプリの「FxCamera」がダウンロード2000万突破したことを発表した。 FxCameraは2009年に誕生し、現在では225カ国のユーザーに利用されている。2012年4月には、ビットセラー開発者の山下盛史氏から全事業を取得し、山下氏がビットセラ…

「Androidカメラアプリで世界一に」ビットセラー代表取締役の川村亮介氏は、10月16日に発表したリリースで、同社が運営しているAndroidカメラアプリの「FxCamera」がダウンロード2000万突破したことを発表した。

FxCameraは2009年に誕生し、現在では225カ国のユーザーに利用されている。2012年4月には、ビットセラー開発者の山下盛史氏から全事業を取得し、山下氏がビットセラーの取締役に就任するという形で開発を進めてきた。ダウンロード2000万を記念し発表したデータによると、ユーザシェアは、米国で22%、2位に日本で19%、3位に韓国で10%、その後、インド、タイなど、アジア圏でのシェアを占めている。

FxCameraは、撮影した画像に数種類のエフェクトを誰でも簡単にかけることが可能で、GooglePlayの無料写真カテゴリーランキングでは常に上位をキープしている。Androidカメラアプリのみでサービスを展開していたが、2012年6月には、FxCameraの全面リニューアルを図り、それによってユーザ数がこれまでよりも300%以上の伸びをみせている、と川村氏は語った。

「現在、世界でも10億台のスマホユーザがいる。今後5年くらいで、40億台近いのスマホユーザに成長する見込みがある。だからこそ、モバイルに力をいれてサービスを作っていきたい」

川村氏は、今後の方針としても、モバイルの可能性と、事業としての方向性を語った。

今後は、ユーザからも要望が大きかったiPhoneアプリを11月にリリース予定だ。今後、年内には2500万ダウンロードを目指し、iPhoneアプリ、Android双方に力をいれ、2014年前半には、1億ダウンロードを目指し、世界一のカメラアプリを目指す、と語った。

ぜひ、こちらから、FxCameraをダウンロードしてもらいたい。

----------[AD]----------