THE BRIDGE

タグ Cansell

宿泊権利売買の「Cansell」、対象宿泊施設を5ヶ国に拡大——年内に多言語対応、20カ国でサービス開始へ

SHARE:

東京に本拠を置くスタートアップ Cansell は、泊まれなくなった際のホテルの宿泊予約の権利売買ができる「Cansell」を提供している。同社は27日、権利売買の対象となる宿泊施設を、これまでの日本のみから、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、カナダに拡大したことを明らかにした。 Cansell では、宿泊予約をしたものの、そのホテルへの宿泊予定が無くなってしまったユーザが宿泊権利を出品、他…

Image credit: Cansell

東京に本拠を置くスタートアップ Cansell は、泊まれなくなった際のホテルの宿泊予約の権利売買ができる「Cansell」を提供している。同社は27日、権利売買の対象となる宿泊施設を、これまでの日本のみから、アメリカ、オーストラリア、シンガポール、カナダに拡大したことを明らかにした。

Cansell では、宿泊予約をしたものの、そのホテルへの宿泊予定が無くなってしまったユーザが宿泊権利を出品、他方、宿泊するホテルを探しているユーザがそれを購入する。出品者にとっては、OTA やホテルにキャンセル料を支払うよりも結果的に割安に、また、購入者にとっては、Cansell 上に出品された宿泊権利を OTA などでホテルを予約するより割安な金額で購入できることになる。

Cansell は2016年9月から国内向けにサービスを提供してきたが、今後は海外出張や旅行客の需要を取り込むことができる。多言語化を図ることでインバウンド客の流入を狙えるが、同時に CancelOnRoomer といった海外勢との攻防にさらされることも必至で、今後どのような差別化を測るかが注目される。

同社は Open Network Lab の第14期から輩出。昨年8月にシリーズ A ラウンドで約2億円を調達、2017年1月にシードラウンドで4,000万円を調達している。

via PR TIMES

----------[AD]----------

宿泊権利売買の「Cansell」、シリーズAラウンドで約2億円を調達——DGインキュベーション、DK Gate、マネックスベンチャーズらから

SHARE:

東京に本拠を置くスタートアップ Cansell は、泊まれなくなった際のホテルの宿泊予約の権利売買ができる「Cansell」を提供している。同社は20日、シリーズ A ラウンドで約2億円を調達したことを明らかにした。出資参加したのは、DK インキュベーション、DK Gate(デジタルガレージと講談社の JV)、マネックスベンチャーズ、名前非開示の個人投資家。これは同社にとって、2017年1月に実施…

東京に本拠を置くスタートアップ Cansell は、泊まれなくなった際のホテルの宿泊予約の権利売買ができる「Cansell」を提供している。同社は20日、シリーズ A ラウンドで約2億円を調達したことを明らかにした。出資参加したのは、DK インキュベーション、DK Gate(デジタルガレージと講談社の JV)、マネックスベンチャーズ、名前非開示の個人投資家。これは同社にとって、2017年1月に実施した4,000万円の資金調達(シードラウンド)に続くものだ。DK インキュベーションは、前回ラウンドに続く2回目の出資参加。

同社では、調達した資金を使って、サービス開発体制の強化とマーケティング施策への投資を実施し、今年3月に発表した宿泊施設を対象とした法人向けサービス「Cansell パートナープログラム」の本格的な展開に向けた運営体制の構築を推進するとしている。Cansell パートナープログラムでは、参加したホテルや旅館に、キャンセル保証、キャッシュバック、公式サイトへの送客(Cansell サイトからホテルや旅館の公式サイトへのリンク)、提携サービスの利用優待などが提供される。

Cansell は、映画専門のクーポン共同購入サービス「ドリパス」(その後、ヤフーが買収)でプロダクトマネージャーを務めた山下恭平氏らが2016年1月に設立し、2016年9月にサービスをプレビューローンチ。昨年1月には、DG インキュベーション、カカクコム、大和企業投資、イノベンチャーから4,000万円を調達、また、昨年4月には ONLab 第14期プログラムのデモデイで優勝した。昨年末の IVS Connect では、マイレージ現金化サービスを提案し、ANA 賞を受賞している。

先月には web サイトを大幅にリニューアルし、旅行条件を入力するだけで、大手 OTA(オンライン旅行代理店)横断でホテル毎の価格が検索・比較できる上に Cansell 上での出品価格も表示される価格比較機能を実装した。ユーザにとっては、他の価格比較サイトと併用しなくても、Cansell 単体でホテル価格を比較検討できるようになった。この際、同社はサービスロゴとサービスの URL も変更している。

via PR TIMES

----------[AD]----------

宿泊権利売買の「Cansell」、ホテルや旅館へのエンゲージメントと認知度向上を狙い提携プログラムを導入へ——ノーショー時の料金保証も提供

SHARE:

東京に本拠を置くスタートアップ Cansell は、泊まれなくなった際のホテルの宿泊予約の権利売買ができる「Cansell」を提供している。同社は26日、ホテルや旅館向けに提供する「Cansell パートナープログラム」の概要を発表した。 このプログラムは、宿泊権利売買サービスの「Cansell」のサービスに賛同するホテルや旅館に無料で提供される。Cansell パートナープログラムに参加したホテ…

東京に本拠を置くスタートアップ Cansell は、泊まれなくなった際のホテルの宿泊予約の権利売買ができる「Cansell」を提供している。同社は26日、ホテルや旅館向けに提供する「Cansell パートナープログラム」の概要を発表した。

このプログラムは、宿泊権利売買サービスの「Cansell」のサービスに賛同するホテルや旅館に無料で提供される。Cansell パートナープログラムに参加したホテルや旅館に提供される優遇内容は、キャンセル保証、キャッシュバック、公式サイトへの送客(Cansell サイトからホテルや旅館の公式サイトへのリンク)、提携サービスの利用優待など。実際のサービス開始は今年6月ごろを予定している。

このうち、キャンセル保証は、オンライン予約など宿泊料金の事前支払などが無い状態で、ノーショー(予約をした人がキャンセルの連絡もないまま現れないこと)となった場合の料金の一部をホテルに補填するサービス。具体的な条件についてはこれから定めるとのことだが、Cansell を通じた予約で無い宿泊予約についても保証対象に含めるようだ。なお、このサービスは、「favy」「CASH」「Rentio」などのオンラインサービスにリスク保証を提供するフリークアウト・ホールディングス(東証:6094)の子会社 Gardia(ガルディア)との業務提携により実現させる。

<関連記事>

また、提携サービスへの利用優待は、一般企業やスタートアップ向けに提供されるクラウドサービスの優遇メニューと同様のものだ。現在、ビザ取得代行の「one visa」、完全食の「BASE FOOD」、クチコミ一元管理の「TRUSTYOU」、ケーキや花束手配効率化の「CAKE.JP」、人事労務クラウドの「SmartHR」が優遇サービスとして掲出されており、サービスが開始される6月までには、さらに多くのサービスが追加される可能性がある。

Cansell のサービスは、宿泊予約したものの宿泊予定が無くなってしまった人が宿泊権利を出品、他方、宿泊するホテルを探しているユーザがそれを安価に購入できるサービスだ。宿泊権利は購入者から出品者への名義変更で完了するため、ともすれば、ホテルや旅館は Cansell の存在さえ知らないまま、サービス提供が完結してしまうこともあり得る。今回の Cansell パートナーサービスは、そんな弱点を補い、Cansell のホテルや旅館とのタッチポイントを増やしたいという意図が背景にあるようだ。

Cansell は、映画専門のクーポン共同購入サービス「ドリパス」(その後、ヤフーが買収)でプロダクトマネージャーを務めた山下恭平氏らが2016年1月に設立し、2016年9月にサービスをプレビューローンチ。昨年1月には、DG インキュベーション、カカクコム、大和企業投資、イノベンチャーから4,000万円を調達、また、昨年4月には ONLab 第14期プログラムのデモデイで優勝した。昨年末の IVS Connect では、マイレージ現金化サービスを提案し、ANA 賞を受賞している。

----------[AD]----------

行けなくなった宿泊予約を売買できるプラットフォーム「Cansell」が宿泊予約に買取保証をつけられるサービスを提供を開始

SHARE:

行けなくなった宿泊予約を売買できるプラットフォームCansell(キャンセル)は6月23日、キャンセルしたい予約を同社に買取してもらえるサービス「Cansell保証」を6月26日より開始すると発表した。 Cansellは、宿泊施設をキャンセルしたい人とその宿泊施設に泊まりたい人を繋げるプラットフォーム。同サービスの利用によって宿泊予約の出品者はキャンセル料が軽減され、購入者は定価よりも安く宿泊施設…

2017-06-26 9.31.12

行けなくなった宿泊予約を売買できるプラットフォームCansell(キャンセル)は6月23日、キャンセルしたい予約を同社に買取してもらえるサービス「Cansell保証」を6月26日より開始すると発表した。

Cansellは、宿泊施設をキャンセルしたい人とその宿泊施設に泊まりたい人を繋げるプラットフォーム。同サービスの利用によって宿泊予約の出品者はキャンセル料が軽減され、購入者は定価よりも安く宿泊施設を予約することができる

今回リリースされたCansell保証では、ユーザーがキャンセルするかもしれない宿泊予約をどんな理由でも買取してもらえる保証を受けることが可能になる。オンライン宿泊予約サイトや宿泊施設の自社サイトからの予約が対象で、予約より2日以内にCansell側の保証サービスに加入することが必要。有料と無料のプランがあり、いずも保証に加入するにはCansell側が設ける一定基準を満たしていることが条件だ。

現時点では東京・大阪・北海道・沖縄の4都市が対象で、2017年中を目処に日本国内全域への拡大を予定している。

Source:PRTIMES

----------[AD]----------

泊まれなくなったホテルの宿泊権利を売買できる「Cansell」、DGインキュベーションやカカクコムらから4,000万円を調達

SHARE:

東京に本拠を置くスタートアップ Cansell は、ホテルの宿泊予約の権利売買ができる「Cansell」を提供している。同社は16日、DG インキュベーション、カカクコム、大和企業投資、イノベンチャーから4,000万円を調達したと発表した。同社は調達した資金を、正式公開に向けたサービス開発のエンジニア採用、認知拡大へ向けたマーケティング施策の実施、サポート・運用体制に強化に使うとしている。 Can…

東京に本拠を置くスタートアップ Cansell は、ホテルの宿泊予約の権利売買ができる「Cansell」を提供している。同社は16日、DG インキュベーションカカクコム大和企業投資イノベンチャーから4,000万円を調達したと発表した。同社は調達した資金を、正式公開に向けたサービス開発のエンジニア採用、認知拡大へ向けたマーケティング施策の実施、サポート・運用体制に強化に使うとしている。

Cansell は、映画専門のクーポン共同購入サービス「ドリパス」(その後、ヤフーが買収)でプロダクトマネージャーを務めた山下恭平氏らが2016年1月に設立し、2016年9月にサービスをプレビューローンチした。

Cansell では、宿泊予約をしたものの、そのホテルへの宿泊予定が無くなってしまったユーザが宿泊権利を出品、他方、宿泊するホテルを探しているユーザがそれを購入する。出品者は宿泊しないものの宿泊料をホテルにそのまま支払い、不要になった宿泊権利を、元の購入金額より割り引いた金額で Cansell に出品する。出品者にとっては、<ホテルや OTA に支払った宿泊料 − Cansell で転売した金額 − Cansell の手数料> が手元に残り、OTA やホテルにキャンセル料を支払うよりも結果的に割安に、また、購入者にとっては、Cansell 上に出品された宿泊権利を OTA などでホテルを予約するより割安な金額で購入できることになる。この取引の成立をもとに、宿泊権利は購入者から出品者への名義変更がなされ、購入者が泊まれるようになる。

Cansell はまだ正式サービスに移行していないが、プレビュー版としての4ヶ月間の運用期間に12件の販売取引が実行されていて、本稿執筆時点で9件の宿泊権利が販売されている。共に創業から6年目を迎える同業では、イスラエル発でニューヨーク拠点の Roomer の場合で販売中の掲載件数400件前後、イスラエル発でロンドン拠点の CancelOn の場合で600件前後と共に3桁台で、ビジネスとしてやっていくには、このあたりがブレイクイーブンの最低ラインということになるだろう。ユーザに認知してもらうまでには一定の時間がかかるだろうが、他社との提携や積極的なマーケティング戦略により、販売件数の増加に期待したいところだ。

----------[AD]----------

泊まれなくなったホテルの宿泊権利を売買できる「Cansell」がプレビュー版をローンチ

SHARE:

旅行や出張で、エクスペディアや Booking.com に代表される OTA(オンライン旅行会社)を使って、ホテルを予約する人は少なくないだろう。選んだパッケージにもよるが、ホテルは宿泊当日まで一定の手数料を支払えばキャンセルに応じてくれる。しかし、このキャンセル料が節約できたり、キャンセル期限を過ぎてしまっていたり、そもそもキャンセルできない宿泊権利を転売できたりしたらどうだろうか? 東京に本拠…

cansell_featuredimage

旅行や出張で、エクスペディアや Booking.com に代表される OTA(オンライン旅行会社)を使って、ホテルを予約する人は少なくないだろう。選んだパッケージにもよるが、ホテルは宿泊当日まで一定の手数料を支払えばキャンセルに応じてくれる。しかし、このキャンセル料が節約できたり、キャンセル期限を過ぎてしまっていたり、そもそもキャンセルできない宿泊権利を転売できたりしたらどうだろうか?

東京に本拠を置くスタートアップ Cansell は15日、宿泊予約の権利売買ができる同名のサービスをプレビューローンチした。今回のプレビューローンチに先駆け、Cansell では8月29日にティザーサイトをオープンしていたが、それから半月程度かけて事前募集した宿泊権利を足がかりに売買を開始する。

cansell-flow-diagram

Cansell では、宿泊予約をしたものの、そのホテルへの宿泊予定が無くなってしまったユーザが宿泊権利を出品、他方、宿泊するホテルを探しているユーザがそれを購入する。出品者は宿泊しないものの宿泊料をホテルにそのまま支払い、不要になった宿泊権利を、元の購入金額より割り引いた金額で Cansell に出品する。出品者にとっては、<ホテルや OTA に支払った宿泊料 − Cansell で転売した金額 − Cansell の手数料> が手元に残り、OTA やホテルにキャンセル料を支払うよりも結果的に割安に、また、購入者にとっては、Cansell 上に出品された宿泊権利を OTA などでホテルを予約するより割安な金額で購入できることになる。この取引の成立をもとに、宿泊権利は購入者から出品者への名義変更がなされ、購入者が泊まれるようになる。

Cansell の売上は、仲介した取引が成立した場合にのみ生じる、出品者からの成果報酬ベースの手数料15%。ただし、10月31日まではサービスローンチのキャンペーンが適用され、手数料は完全無料で利用できる。

cansell-business-model

Cansell は、映画専門のクーポン共同購入サービス「ドリパス」でプロダクトマネージャーを務めた山下恭平氏が2016年1月に設立。「ドリパス」の運営会社だったブルームは2013年3月にヤフーによる買収という形でイグジットしたが、山下氏はサービスと共にヤフーにジョイン。Cansell の起業のため2015年12月に退社するまでの2年半あまりをヤフーで過ごした。山下氏を含め、Cansell には3人のメンバーがいるが、全員がヤフー出身だ。

cansell-team
Cansell のチームメンバーは、全員ヤフー出身

海外のこの分野のスタートアップを見てみると、ニューヨーク拠点の Roomer(仲介手数料15%)やロンドン拠点の CancelOn(仲介手数料10%)などが存在する。偶然にも Roomer も CancelOn も、イスラエル出身のスタートアップだ。Roomer はこれまでに、累積総額で700万ドルを調達している。アメリカでは年間8,100万件の宿泊キャンセルが行われており、Roomer のユーザは、一般的に購入するよりも平均37%割安な費用でホテルに宿泊できている。

----------[AD]----------