BRIDGE

タグ CapitalG(旧Google Capital、旧Google Ventures)

語学プラットフォームの「Duolingo」、Alphabetの投資部門CapitalGからシリーズFで3,000万米ドルを調達——バリュエーションは15億米ドルに

SHARE:

人気の言語学習アプリ「Duolingo」は、シリーズ F ラウンドでAlphabet の投資部門 CapitalG から3,000万ドルを調達した。 これにより、Duolingoの累積調達総額は1億3,800万ドルとなり、バリュエーションは2017年のシリーズ E ラウンドの際の2倍以上にあたる15億ドルに達した。以前は Google Capital の名前で知られる CapitalG は、201…

11月23日、ハリー杉山氏を司会に招き都内で開かれたイベント「Duolingo Super Night」
Image credit: Duolingo

人気の言語学習アプリ「Duolingo」は、シリーズ F ラウンドでAlphabet の投資部門 CapitalG から3,000万ドルを調達した。

これにより、Duolingoの累積調達総額は1億3,800万ドルとなり、バリュエーションは2017年のシリーズ E ラウンドの際の2倍以上にあたる15億ドルに達した。以前は Google Capital の名前で知られる CapitalG は、2015年のシリーズ D ラウンドでリードインベスターを務めており、それから4年経過して再び出資するという決断は信任を意味するものだ。

CapitalG のジェネラルパートナー Laela Sturdy 氏は、プレスリリースで次のように述べている。

Duolingo のチームは、無料の教育を提供するという使命を守ることが、世界だけでなくビジネスにも役立つことを実証した。

2011年にピッツバーグで設立された Duolingo は、誰でも無料で言語を学習できるクロスプラットフォームアプリだが、毎月7ドル支払うプレミアムサービスでは、広告を削除したり、オフラインアクセスを受けられる。ゲーミフィケーションと〝一口サイズのレッスン〟を通じて、誰もが世界のほとんどの言語で読み・聞き・話すことを学習できる。また、クリンゴン語などの多くのニッチな俗語や架空の言語もサポートしている。

11月23日、都内で開かれたユーザイベント「Duolingo Super Night」から
Image credit: Duolingo

Duolingo によれば、3,000万人のユーザがプラットフォームで積極的に言語を学習しており、世界で最もダウンロードされた教育アプリの1つとして浮上している。2年以上前の最後の資金調達以来、従業員は95人から200人に倍増し、シアトル、ニューヨーク、北京にオフィスを追加開設した。また、2017年にプレミアムプランを開始した後、年間1億米ドル相当のレッスン予約が行われおり、これは昨年の3,300万ドルから大幅に増加している。

興味深いことに、Duolingo は、ピッツバーグを拠点とする最初のユニコーンであると主張している。さらに3,000万ドルを投じて、新製品の研究開発に投資し世界中でチームを成長させる予定だ。

オンライン語学学習の市場規模は2018年現在90億米ドルで、2026年までに200億米ドル以上に達する可能性がる。このような状況に対し、Duolingo は AI と機械学習に投資し、まるで人間のチューター個別レッスンのように、授業をユーザ毎に自動的に合わせたものとすることで、授業をより魅力的にするようにしている。同社は新しく調達した資金の一部を使って、AI と機械学習機能を強化することを確認した。

Duolingo の共同創業者兼 CEO Luis von Ahn 氏は次のように述べている。

誰でも教育を無料で利用できるようにすることを使命として Duolingo を始めた。また、強力なビジネスを構築できたことを非常に誇りに思う。(中略)

CapitalG は数年前から Duolingo の貴重なパートナーであり、この投資を活用して成長を続け、世界で最も広く使用され、最も売れている語学学習アプリとしての地位をさらに固めることを楽しみにしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Googleが世界で1億人が使う語学学習プラットフォーム「Duolingo」に投資する理由

SHARE:

クラウドソースによるテキスト翻訳ツールとして人気のDuolingoが本日、Google Capitalのリードで4,500万米ドルの調達ラウンドを完了した(編集部注:原文掲載6月10日)。企業価値は4億7千万米ドルと評価されている。以前から投資をしているUnion Square Ventures、New Enterprise AssociatesとKleiner Perkins Caufield …

duolingo_logo
クラウドソースによるテキスト翻訳ツールとして人気のDuolingoが本日、Google Capitalのリードで4,500万米ドルの調達ラウンドを完了した(編集部注:原文掲載6月10日)。企業価値は4億7千万米ドルと評価されている。以前から投資をしているUnion Square Ventures、New Enterprise AssociatesとKleiner Perkins Caufield & Byersも今回のラウンドに参加した。

これによって、同社の調達額はDuolingoがこれまでに調達した3,830万米ドルの倍を超える。2011年10月のシリーズAラウンドでは330万米ドルをUnion Square Venturedのリードにて調達。2012年9月のシリーズBラウンドではNEAのリードにて1,500万米ドルを調達。2014年2月にはシリーズCラウンドで2,000万米ドルをKleiner Perkins Caufield & Byersのリードで調達。他に注目すべき投資家としては俳優のAshton Kutcher氏と作家のTim Ferriss氏などがいる。

また、Duolingoは本日アプリのユーザーが1億人を超えたと発表した。先週このマイルストーンを達成したばかりであるとVentureBeatに伝えた。2014年1月時点ではアプリは6千万ユーザーだったので、まだ順調に伸びていることが分かる。DuolingoはGoogle PlayとAppleのApp Storeの教育カテゴリーで最もダウンロードされたアプリというだけでなく、このアプリを使って言語を学習する米国のユーザーの数が、いまや国全体の公立校の学生数を超えたということだ。

「教員の数は限られているしコストがかかります。我々はテクノロジーを活用することでパーソナライズされた教育機会をスケーラブルに提供します。」とDuolingoの共同設立者でCEOのLuis von Ahn氏は声明の中で語った。同社の今後のビジョンについて聞いたところ、同氏は以下のように語った。

「Duolingoの本来の目的は、世界中に無料で言語教育を提供することでした。」とvon Ahn氏は話す。「現在は、世界中のいかに多くの人にベストな教育を提供していくかということに注力しています。これを達成するため、知識を得られる速度を最適化し、学生さんが続けられるよう楽しめる内容にし、また、機械学習を利用してユーザー1人ひとりに合わせた学習を提供していきます。これは従来の教育では不可能でした。そして他の教育関連テクノロジーではほとんど開拓されていないと言っていいでしょう。」

DuolingoはGoogle Capitalによる投資を活用して目標達成を目指し、学校や政府の言語教育の改善を支援したいと考えていますと von Ahn氏は説明する。1月にはDuolingoは「Duolingo for Schools」をローンチした。言語学習ソフトウェアを教員が使えるようにし、学生の学習の進み具合をダッシュボードで確認できるようにした。

DuolingoはGoogle Capitalによる投資を活用して目標達成を目指し、学校や政府の言語教育の改善を支援したいと考えているとvon Ahn氏は説明する。1月にはDuolingoは「Duolingo for Schools」をローンチした。言語学習ソフトウェアを教員が使えるようにし、学生の学習の進み具合をダッシュボードで確認できるようにした。

それ以来、Duolingo for Schoolsの教員のアカウント登録数は10万人を超えた。同社プラットフォームは教科書の代わりに利用されたり、カリキュラム全体が採用されていたりする。プレゼンテーションは簡潔である。Duolingoを利用する学生はよく自習する。アプリで学習するとリアルタイムで結果がわかるし、インターフェースもゲームのようになっているからである。結果的に、教師は授業時間を質疑応答にあてることができるのだ。

Duolingoは新たな投資を活用してそのプラットフォームを「さらに使いやすく、パーソナライズされ効果的なものにしたい。プレゼンスを世界に広げるのにも役に立ちます。」と意気込む。

duolingo_spanish

しかし、疑問が残る。なぜGoogleがそんなに興味を持ったのか。同社はDuolingoをオンライン教育の未来と見ていることは明白だ。

「Duolingoのモバイルを活用した、適応性の高い、ゲーム感覚のプラットフォームは、全世界の言語学習方法を変えています。」と、Google CapitalのパートナーLaela Sturdy氏が述べている。「Duolingoの成長ぶり、ユーザー数の増加には大変驚かされました。Duolingoが教育の将来を形成していくと考え、パートナーとして参加できて非常に嬉しく思います。」

それだけに留まらない。他の教育プラットフォームと違いDuolingoは単にビデオを再生するだけだったりはしない。ビデオだけでは学生や教師は引きつけられないのである。また、他の教育プラットフォームはデータをあまり収集せず改善機会を知るすべを持たない。

Duolingoは、ユーザーから常に注目されることを必要としていて、学習者が自ら戻りたくなるようなゲーミフィケーションを活用したデザインにしている。メジャーな全てのモバイルプラットフォームでの使用が可能で、利用できる幅が広くなった。従来の教室とは違い、場所、経済力、時間的な制約を一切受けない。

何より、これはLuis von Ahn氏の作品だ。つまりDuolingoはクラウドソースで、ユーザーの全てのタップが分析され、それによって学生の学習効率が高まるようになっている。実際、Duolingoは大規模な機械学習博士チームを雇い、集めたあらゆるデータを分析し「学生ごとに洗練された教育を提供する、適応性の高い授業を制作する」と話している。

結局のところ、それがGoogle Capitalが大きな投資をした本当の理由なのだ。なお、von Ahn氏の最初のスタートアップであるreCAPTCHAは2009年にGoogleへ売却されている。

彼が再び成功することを、Google Capitalが願っているのは明らかだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

29歳が開発した貯金ができない人のためのソリューション「Digit」にGoogle Ventures等が出資

SHARE:

<ピックアップ> A 29-year-old invented a painless way to save money, and Google’s buying into it 貯金できなくて困っている人は大勢いる。とある調査によると、先月、アメリカでお金に関する何かしらのストレスを感じた人は72%。連邦準備銀行によると、18歳から40歳までのアメリカ人の60%の2013年の貯蓄額は…

image via. Flickr
image via. Flickr

<ピックアップ> A 29-year-old invented a painless way to save money, and Google’s buying into it

貯金できなくて困っている人は大勢いる。とある調査によると、先月、アメリカでお金に関する何かしらのストレスを感じた人は72%。連邦準備銀行によると、18歳から40歳までのアメリカ人の60%の2013年の貯蓄額はゼロ。また2014年、35歳以下の成人の貯蓄率はなんとマイナス2%だった。

こりゃ問題だということで立ち上がったのが、29歳の起業家 Ethan Bloch氏。銀行とやり取りするのが面倒で貯金ができないなら、自動的に貯金できるようにしてしまおうということで「Digit」というアプリを開発した。毎月自動で口座から貯蓄してくれる。

スタートアップにお金を預けるのは…という人もいるかもしれないけれど、連邦預金保険公社の保証つきで、口座は金融機関 Wells FargoとBofl Federal Bankのものだから安心。仮にDigitや老舗銀行が倒産したとしても、貯蓄の25万ドルまでは保証される。サービスの利用者は低中所得世帯が対象になるんだろうから、十分な金額かもしれない。

Digitの魅力は、そのアルゴリズム。口座の残高、翌月の収入や支出の傾向などから貯蓄額を割り出してくれる。例えば、仕事から解雇されてしまったとしたらその状況を踏まえた貯蓄額になる。将来的にはわからないけれど、今のところ利子はつかないそう。

5ヶ月におよぶベータ期間に貯蓄した金額は60万ドルで、現在の月間の貯蓄額は100万ドル。正式オープンは今週の木曜日。Digitは、昨年12月、シードラウンドでBaseline VenturesやGoogle Venturesなどから250万ドルを調達してる。

via. Business Insider

グーグル、アイデアからプロトタイプの検証までたった5日で完了する課題解決メソッド「デザインスプリント」を公開

SHARE:

グーグルのベンチャー投資ファンド部門「Google Ventures(グーグル・ベンチャーズ)」は、2015年1月30日、専用ウェブサイトを開設し、デザインにまつわる独自の課題解決メソッド「デザインスプリント(The Design Sprint)」を公開しました。 デザインスプリントは、ホームオートメーションの開発に取り組むNest Labsやロボット開発企業Savioke、サンフランシスコ発の人…

Google Venturesが開設したDesign Sprint専用ウェブサイト
Google Venturesが開設したDesign Sprint専用ウェブサイト

グーグルのベンチャー投資ファンド部門「Google Ventures(グーグル・ベンチャーズ)」は、2015年1月30日、専用ウェブサイトを開設し、デザインにまつわる独自の課題解決メソッド「デザインスプリント(The Design Sprint)」を公開しました。

デザインスプリントは、ホームオートメーションの開発に取り組むNest Labsやロボット開発企業Savioke、サンフランシスコ発の人気コーヒーショップBlue Bottle Coffeeなど、様々な業種で実践された成果をもとに、スタートアップ企業に向けた“DIYツール”としてまとめられました。

プロトタイプを短期間でつくりあげてユーザーに示し、フィードバックから学んで、プロトタイプのさらなる改善につなげるというアプローチのもと、着想からプロトタイピングまでをわずか5日間で完了させるためのプロセスが定められています。

具体的には、1日目に、関係者を集め、これまでの経緯、現時点で認識している課題、メンバーの知識・スキルなどをすべて“棚卸し”し、これらをもとに、各メンバーが解決策を出し合う、2日目の“発散”フェーズへと移ります。3日目には提案された解決策の中からプロトタイプに採用する案を決定し、4日目のプロトタイピングを経て、最終日にあたる5日目にプロトタイプのテストを実施。

ユーザーのフィードバックから、プロトタイプにおける成果と課題を整理したり、パターン分析などを行います。なお、このメソッドは、一連の流れを40時間で完了させることを想定しており、一定の時間の制約のもとで、効率的に成果をあげるよう促しています。



デザインスプリントの特徴は、デザインコンサルティングファームIDEO(アイデオ)が提唱する「デザイン思考(Design Thinking)」と、“速く動いて、改良を重ねる”というフェイスブックの企業文化としても知られる「ハッカー・ウェイ(Hacker Way)」とを融合させたようなメソッドであること。

スタートアップ企業はもちろん、完璧なものを追求しすぎたり、物事の決断に慎重になるあまり、遅れをとりがちな大企業にとっても、学び、取り入れるべきポイントがありそうです。

転職口コミサイトのGlassdoorがGoogle Capitalなどから7,000万ドル調達

SHARE:

<ピックアップ> Glassdoor Closes $70M Funding Round Led By Google Capital And Tiger Global 転職者向けの企業口コミサイトとそのデータベースを運営するGlassdoorがシリーズFとしてGoogle Capitalなどから7,000万ドルを調達しました。今回の調達でGlassdoorは累計1.6億ドルの調達を実行…

glassdoor_featuredimage

<ピックアップ> Glassdoor Closes $70M Funding Round Led By Google Capital And Tiger Global

転職者向けの企業口コミサイトとそのデータベースを運営するGlassdoorがシリーズFとしてGoogle Capitalなどから7,000万ドルを調達しました。今回の調達でGlassdoorは累計1.6億ドルの調達を実行したことになります。

最近では初の非英語圏のフランス語版をリリースしたGlassdoorですが世界190ヶ国34万社のレビューがユーザーから投稿されており、現在2,700万人もの会員を抱えている模様。今回の調達は特定の目的というよりかは、グローバルな成長に活用される模様です。

複数のメッセージアプリからの連絡を一括管理できるアプリ「Snowball」がローンチ、Google Venturesなどから230万ドルを資金調達

SHARE:

数多くのメッセージアプリが世にあふれている。 筆者の場合、スタートアップの人達からの連絡は Facebook やメールでもたらされ、THE BRIDGE 内部の連絡は Trello と Slack、海外とのやりとりは Skype が多く、コンサルティング・ワークにおけるクライアントとのやりとりは、Chatwork やサイボウズなどが多い。加えて、友人との連絡は LINE やカカオトークや WeCh…

snoball_featuredimage

数多くのメッセージアプリが世にあふれている。

筆者の場合、スタートアップの人達からの連絡は Facebook やメールでもたらされ、THE BRIDGE 内部の連絡は Trello と Slack、海外とのやりとりは Skype が多く、コンサルティング・ワークにおけるクライアントとのやりとりは、Chatwork やサイボウズなどが多い。加えて、友人との連絡は LINE やカカオトークや WeChat(微信)や SMS といった感じになるので、もはや、誰かと連絡をとるときに、その人とのプライマリのコミュニケーション・チャネルがどのアプリだったか、それを思い出すのも困難なくらいカオスである。おそらく、メディアに関わる人の多数は同じような経験を持つはずで、モデムでパソコン通信していた頃のように、電子メール一本に原点回帰してみたいと思うことさえある。

メッセージングの情報オーバーロードを抑制する一つの手段として、一昨日 Swingnow を紹介した。開発元のマーケティング戦略上、日本の iTunes アプリストアからはダウンロードできないが、すべてのコミュニケーション・チャネルを一つのアプリに集約し、急を要さない連絡をオプトアウトするというアプローチは、なかなか斬新な発想と言えるだろう。

snowball_screenshot先週水曜日(現地時間)アメリカでも、あるスタートアップが似たようなコンセプトのアプリをローンチしたので紹介したい。そのスタートアップ、そしてアプリの名前は Snowball だ。同社は先頃、First Round CapitalGoogle Ventures からシードラウンドで230万ドルの資金調達に成功している。

Snowball は Facebook Messenger、WhatsApp、SMS、Snapchat、Google Hangouts、LINE、WeChat、Twitter などで受信したメッセージをアグリゲートし、一つの受信ボックスに集め、Android 端末のホームスクリーン上に表示してくれる。

この種のアプリを使い始めるとき、メッセージアプリのそれぞれと連携させるために、個別のユーザ認証が必要になる。この作業は結構煩雑だ。そこで Snowball は、各メッセージアプリから Android 上にポップアップしてくるノーティフィケーションを拾い集めることで、Snowball と各メッセージアプリとの認証作業を不要にした。これは非常に賢明なアプローチと言えるだろう。しかし、これが実現可能なのは、どうやら Android のみのようで、そのため、Snowball の iOS 版のアプリはローンチされていない。

2014年5月から開発の始まった Snowball はまだベータ版だが、前述した複数のメッセージアプリのユーザ・アクティヴ率の20%以上の向上に寄与しており、したがって、これらのアプリとは敵対関係にはならないのだそうだ。

Anish-Acharya-Jason-Patel
左から:Anish Acharya、Jason Patel

Snowball の共同創業者である Anish Acharya と Jason Patel は、起業家を多く輩出していることで有名なウォータールー大学の卒業。モバイル・ソーシャル・ゲーム開発会社 SocialDeck を共同創業し、2010年に Google に売却した(既に Google Play Game の一部となっているため、SocialDeck のウェブサイトは存在せず)。現在は Google Ventures における EIR (Entrepreneurs in Residence) という立場で、2つ目のスタートアップに挑戦することになる。

Google との関係性を考えれば、Snowball にとってはおそらく Google に売却してイグジットすることもたやすいが、共同創業者の二人にはより大きなビジョンがあるようで、現在、Snowball に次ぐ新たなプロダクトを開発中だ。このプロダクトについて同社は、「メッセージングやコミュニケーションをプラットフォームとしたもの」としか明らかにしておらず、Acharya は次のようにコメントしている。

すべてのメッセージアプリ、ソーシャル・ネットワーク上にいる人々を理解すれば、それは極めて興味深いデータ・プラットフォームになるだろう。このデータを使って、新たなモバイルプロダクトを作るんだ。

Google Venturesの投資領域を分析する

SHARE:

Image by Flikcr <ピックアップ> Google Ventures Teardown 海外VCのレポートが充実しているCB insightsからGoogle Venturesの詳細レポートが出ていたのでピックアップしました。 調査しているのは 投資金額や件数 エグジット 投資する業種と戦略 新規投資と追加投資の割合 ディールサイズ などといった項目。 Google Ven…

Feel free to use this image just link to www.rentvine.com
Image by Flikcr

<ピックアップ> Google Ventures Teardown

海外VCのレポートが充実しているCB insightsからGoogle Venturesの詳細レポートが出ていたのでピックアップしました。

調査しているのは

  • 投資金額や件数
  • エグジット
  • 投資する業種と戦略
  • 新規投資と追加投資の割合
  • ディールサイズ

などといった項目。

Google Venturesの投資先一覧はサイトにまとまっているので、気になる方はご覧いただくとして、このレポートで興味深いのはGoogle Venturesの重点投資領域の移り変わりです。レポートで語られている傾向としては以下2点。

  • ClouderaやDocuSign、Hubspotのようにエンタープライズ領域への投資が増加している。
  • ソーシャル領域からモバイルのビデオやヘルスケアの領域へ投資がシフトしている。

漠然と「起業したいけど何をしたらいいのか…」という人はGoogle Venturesはじめ、こうしたVCの重点投資領域から今アツい領域を考えてみる、というアプローチも、もしかしたらありかもしれません。

via CB Insights【G翻訳】

Google CapitalらがIPOを果たしたZendeskの競合Freshdeskに3,100万ドル出資

SHARE:

<ピックアップ> Google Capital jumps into $31M round for Freshdesk カスタマーサポートのプラットフォームであるzendeskのIPOは記憶に新しいですが、その競合FreshdeskにGoogle CapitalやAccel Partnersなどが3,100万ドル出資しました。Google CapitalといえばGoogle Ventu…

Freshdesk___Online_customer_support_and_helpdesk_solution_with_a_spoonful_of_freshness

<ピックアップ> Google Capital jumps into $31M round for Freshdesk

カスタマーサポートのプラットフォームであるzendeskのIPOは記憶に新しいですが、その競合FreshdeskにGoogle CapitalやAccel Partnersなどが3,100万ドル出資しました。Google CapitalといえばGoogle Venturesに続き設立されたレイターステージ専門のCVC。設立以来、今までSurveyMoneyやCredit Karma等に出資しています。さて、Freshdeskですが、2011年ローンチで既に従業員は250名程度。今回の調達がシリーズDでなかなかのスピードで成長しているようです。

via VentureBeat【G翻訳】

2014年1Qで最も積極的に活動したCVCとは

SHARE:

Image by Flickr <ピックアップ> The Most Active Corporate Venture Capital Investors in Q1 2014 海外でも活動が積極的になっているCVC(=Corporate Venture Capital)ですが、2014年1Qでは合計で約30億ドルの投資がCVCにより実行されたようです。 CB insightsのレポート…

7408506410_715acb5f6f_z

Image by Flickr

<ピックアップ> The Most Active Corporate Venture Capital Investors in Q1 2014

海外でも活動が積極的になっているCVC(=Corporate Venture Capital)ですが、2014年1Qでは合計で約30億ドルの投資がCVCにより実行されたようです。

CB insightsのレポートによると、2014年1Qで最も活発に投資したCVCはGoogle Venturesで、2位はIntel Capital、3位は三井物産グローバル投資とのこと。さらにSAP Ventures、Cisco Investmentと名だたる大企業のCVCが続きます。三井物産グローバル投資はエネルギー寄りで投資領域が他社と若干異なりますが、こういったランキングに日本企業が食い込んでいると少し嬉しくなりますね。

via CB insights【G翻】

Google Venturesからシード投資を受けるLucid SoftwareがシリーズAで500万ドルの資金調達

SHARE:

<ピックアップ> Lucid goes after Microsoft & Adobe with Web productivity apps, raises $5M Web上でフローチャートや、Webサイトやアプリのモックアップが作成できるLucidchartを開発するLucid SoftwareがシリーズAで500万ドルの資金調達を実施しました。 Lucidchartはシード…

Flow_Chart_Maker___Online_Diagram_Software___Lucidchart

<ピックアップ> Lucid goes after Microsoft & Adobe with Web productivity apps, raises $5M

Web上でフローチャートや、Webサイトやアプリのモックアップが作成できるLucidchartを開発するLucid SoftwareがシリーズAで500万ドルの資金調達を実施しました。

Lucidchartはシードで500 StartupsやGoogle Venturesから投資を受けており、ChromeのアプリやGoogle Appsに対応しています。ちなみに日本でこの領域はヌーラボが開発するCacooが同様のサービスを提供しています。

via VentureBeat【G翻】