THE BRIDGE

タグ CASH

買取アプリCASH、毎日1000万円までの「ノールック買取」再開ーー光本氏が「9割の取引成功」で手にした勝機

SHARE:

ーー6月28日の狂ったサービス公開から約2カ月、ついにCASHが戻ってきた。 買取アプリ「CASH」を運営するバンクは8月24日、査定業務を一時中断していたCASHのサービス提供と、バージョンアップしたアプリの配信を再開した。リリース時からの主な変更点としては特に設定のなかった買取金額が毎日1000万円に設定され、画像認識によるカテゴリ外出品の抑止や、悪質な出品者に対して運営側が評価できるシステム…

cash_001
「事業としてやっていけるという確信ができました。戻ってきました」(光本氏)。

ーー6月28日の狂ったサービス公開から約2カ月、ついにCASHが戻ってきた。

買取アプリ「CASH」を運営するバンクは8月24日、査定業務を一時中断していたCASHのサービス提供と、バージョンアップしたアプリの配信を再開した。リリース時からの主な変更点としては特に設定のなかった買取金額が毎日1000万円に設定され、画像認識によるカテゴリ外出品の抑止や、悪質な出品者に対して運営側が評価できるシステムが導入された。iOS対応でダウンロードは無料。

また、開始当初に話題となった「買取キャンセル」による返金と手数料(15%)のスキームが廃止され、取引のキャンセルは無料になっている。取引に設定されていた期限は2カ月から2週間に短縮され、リユース品の買取に最適化されたサービスとして復活することとなった。

同サービスは「買い取る商品が送られる前に支払う」という画期的なノールック買取で爆発的な流通を生み出し、開始から僅か16時間で3.6億円の流通に成功した。なお、サービスについての細かい説明や経緯についてはこちらの記事をご覧いただきたい。

<参考記事>

3.6億円をバラ撒いた結果ーー取引の8割が既に商品を発送済み

21074406_10156563405643696_600233736_n.jpg
初日の取引で7500個の商品が送られてきて青ざめるバンク代表取締役の光本勇介氏

さて、CASHを大変興味深く見てる方も多いのではないだろうか。

結論から言うと、相当高い確度で光本氏らはこの事業に確信を抱くことができた、というのが話を聞いた率直な感想だ。ビジネスモデルのコアの箇所はさすがに非開示だったが、それでも言葉の端々に初月からの具体的な数字の手応えを感じさせる強さがあった。

まずは前回分も含め彼らの公開した数字(7月26日集計)から見てみよう。注目したのは次の数字だ。

  • 全体アクセスの20%が取引を希望し、98%が買取を希望
  • キャッシュ化された回数、約7万3000回(6月29日時点)
  • キャッシュ化したユーザーの81%がアイテムを送付済み

キャッシュにするを選んだ、つまり実際に取引を希望して現金を振り込まれた回数が「キャッシュにする」アクセス全体の2割で約7万3000回(査定は16時間時点で停止したのでこれがほぼ全数)。その内、ほぼ全員がアイテムを送る買取依頼を選択し、8割以上がアイテムを送付済み、ということになる。

cash_002

6月29日時点で集荷依頼があったのは7500個程度、つまりざっくり1割程度しか回収ができていなかった。もしこの回収率が3割とか低い数字に止まれば光本氏は「金をバラ撒いて持ち逃げされたバカ」として歴史に名を刻むことになっただろう。

しかし事実はそうでなかった。彼はこの勝負に勝ったのだ。

ビジネスモデルはキャンセル手数料ではなく買取モデルへ

ゴミが大量に送られてくるとか金を持ち逃げされるということはなかった一方、当初の想定と少し違った形になったのがビジネスモデルだ。

CASHは質屋のモデルを参考にした買取サービスだった。

商品を査定して即金してもらったお金は、2カ月後の取引期限までに商品を送って買取してもらうか、もしくは商品を送らず「取引を辞退した機会損失補填」として15%の手数料を上乗せし、返金するかのいずれかを選択できるようになっていた。

cash_key_03-640x332.png
公開当初のコンセプトは買取か返金キャンセルかを選ぶ二択だった

これがCASHをして買取スキームを流用した少額融資モデルと表現された理由だ。

しかし結果は見ての通り、キャンセルして手数料を払った人は取引したユーザーのわずか2%に留まる。つまり、CASHは買取のモデルで事業成立させる必要に迫られた、とも言える。

では彼らがノールックで買い取った商品がどれほどの価格で売れるのか?

詳細は伏せられたものの、送られてきたものに偽物やゴミは驚くほど少なく、しっかりと次に流通させることのできる商品だった、という結果になったらしい。売却先についてもビジネスモデルの中心部分で詳細は非開示だが「十分に事業ができるスキームが構築できた」(光本氏)ということだった。

cash_004.png
ファッションアイテムが多く送られてきた

逆に言えば、少額融資モデルよりも当初期待していなかった買取モデルに相当のチャンスを見出したからこその再開と考えられる。STORES.jpを成功に導いたコマースのノウハウが役立ったのだろうか。

ちなみに、今回のバージョンアップから簡易な画像認識が導入されることになった。例えば靴のカテゴリに自分の顔を写して送信しようとしても今回からはできない。

更に運営側の評価システムによって、いたずらや悪質な偽物などの送付をするユーザーに対しては査定金額を著しく下げることや、最悪の場合は退会してその電話番号では二度と使えないようにするなどの措置を取るという話だった。

cash_003
毎日1000万円が買取資金として用意され、キャッシュ化されるにしたがって予算が減っていく

買取の上限は毎日1000万円まで

「世の中の少額資金ニーズをハードル低く、かつスピーディーに埋めていく。ここに応えられる企業はわずかです。この体験をユーザーにとってよい形で届けられるのであれば(買取でもキャンセル手数料でもビジネスモデルは)どちらでもいい。この莫大なマーケットを取ります」(光本氏)。

初日に驚くべき出金を経験した光本氏は、今回から毎日の設定金額を1000万円に設定し、シークバーでキャッシュ化を希望するユーザーに今日、支払える金額を明示することにした。この金額は向こう数カ月で上振れなどの調整をしていくという話だった。

また、一部で批判のあった買取による少額融資モデルというややグレーっぽいスキームが消滅したことで、純粋なリユースプラットフォームへ昇華したのも評価したい。

今日、再開を果たしたことでおそらく類似のサービスを手がける人も出てくるだろう。光本氏にその点を聞くとこうコメントしてくれた。

「資本力があるところじゃないとこのゲームに参加できないということは、大企業が前提になると思うんです。僕たちがどこよりも「スピード」感をもって展開をし、先駆者メリットを最大化し、ユーザーと認知をいかに早く取れるかが勝負かなと思っています」(光本氏)。

買取特化に振り切ったことで「メルカリ対抗」としての存在感が強まったCASH。彼らがどのように推移するのか、また新しい動きや数字などが出たらお伝えしたい。

----------[AD]----------

フルスイングのCASH、再開目処とメルカリ経済圏「もうひとつの可能性」

SHARE:

最近「どんなサービスや起業家がイケてる?」と聞かれたら必ず挙げるサービスが二つある。 CASHとVALUーー2017年の夏に彗星の如く現れた両サービスは、スタートアップなら誰もが期待する「賛否両論」を巻き起こしたことで共通していた。特にCASHについてはたった16時間しか打席に立つことができなかったにも関わらず、周囲に与えたインパクトは絶大で、私が書いた記事も25万人ほどの方に読まれることとなった…

cash_key_01-640x309.png

最近「どんなサービスや起業家がイケてる?」と聞かれたら必ず挙げるサービスが二つある。

CASHVALUーー2017年の夏に彗星の如く現れた両サービスは、スタートアップなら誰もが期待する「賛否両論」を巻き起こしたことで共通していた。特にCASHについてはたった16時間しか打席に立つことができなかったにも関わらず、周囲に与えたインパクトは絶大で、私が書いた記事も25万人ほどの方に読まれることとなった。

その一方で一晩で数億円をばら撒いた単なるバカじゃないか、という見方も確かにある。実際サービスは今をもってまだ停止したままだ。では彼らは一体何がしたかったのだろうか?

フルスイングのCASH、再開はできるのか?

6月末に突如現れたこの無茶苦茶なサービスのことをご存知の方も多いと思う。最も気になる再開の可能性についても、運営するバンク代表取締役の光本勇介氏に法的な解釈など含めて確認しているが、公式な回答は得られていない。ただ、本人から近日中になんらかのアナウンスはするという話はもらっているのでそこで再開か、はたまたサービス閉鎖のいずれかがはっきりするだろう。

ただ彼との会話と個人的な見解から考えるとこのままサービス閉鎖することは考えにくく、かといって同様の再開方法ではまた1日で4億円近くのキャッシュが飛んでしまうことになりかねないから、何かアレンジは加えてくるんじゃないかなと考えている。

再開の話題はさておき、CNETにこんな記事が出ていた。で、これ実は光本氏が以前の取材で話していた仮説に非常に近いことが書かれていて大変興味深い。ちょっと引用させてもらう。

さらに、「知っている」と回答した人を対象にCASHの認識を尋ねた。CASHは「目の前のアイテムを一瞬でキャッシュ(現金)に変えられる」とうたっており、質屋アプリと紹介されることが多いが、CASHを知っている若年層はどのようなサービスと判断したのだろうか。結果は「フリマアプリ」との回答が最も多く36.6%、次いで「買取専門アプリ」が26.0%、「質屋アプリ」が24.4%となった。「その他」と回答した人からは、「オークション」「ゲーム」といった回答が挙がった。認識にばらつきが見られたものの、実際にアプリを利用したかを尋ねたところ、CASH認知者の19.8%が「査定してキャッシュを受け取った」と回答。そして、10.7%は「査定のみした」と回答した。若者が「メルカリ」と“同じフォルダ”に入れているアプリは–スマホ画面から読み解く実態(CNET Japan/7月20日掲載)

19550903_10156339682418696_921950825_n
CASHはサービス公開後約16時間で査定を停止、現在はアプリも非公開となっている。

サービス公開当時、私はCASHを利用している一部のユーザーの声をTwitterで眺めていたのだが、やはりそこにもメルカリで売れなかった商品をCASHで現金化できる、といったフリマアプリの代替や補完のようなイメージを持った人が多かった記憶がある。私はCASHをサービスの内容から「質屋アプリ」、つまり擬似的な少額融資(実際は貸金ではなく先払いの買取)サービスとして記事を書いていたのだが、4割近いユーザーはそうは考えず、フリマアプリ市場に近い場所でこのサービスを捉えていたことが調査からも見て取れる。

スマホで撮影「即入金」の質屋アプリCASH、STORES.jp創業の光本氏が公開ーーノールック少額融資を可能にしたその方法とは

そこで思い出すのが光本氏との会話で度々口にした「メルカリ経済圏」という言葉だ。メルカリはご存知の通り不用品のマーケットプレースだが、一定数ここで商売というか「利ざや」を稼いでいるユーザーがいる。この辺りの実態調査は手頃なものが手元にないのだが「メルカリ、副業」などで検索するとノウハウサイトがずらりと出てくる。

ここで仕入れてここで売る、そういうタイプだ。

CASHが狙っていたのはまさにここでの資金需要だった。メルカリも購入した商品の支払いを1カ月まとめて支払える「月イチまとめ払い」を開始しているが、これは一部の与信を通ったユーザーのみに解放されていて、後払いが使える(手元資金なしで仕入れることができる)ユーザーは限られている。一方でCASHは誰でも利用可能だ。CASHの買取(実質的な返済)期限が2カ月後、キャンセル手数料が(実質的な金利にあたるもの)15%というのもこの売買サイクルにフィットしているようにも思えてくる。

そして何より「即金」というのがミソで、CASHで自分の持ち物を現金化しすぐにメルカリ経済圏でお小遣い稼ぎができるとなると、ひとつのサイクルみたいなものが見えてくる。もちろんうまく販売できなかった場合はCASH側に出品した商品を買取に出せばいいだけの話なので、実際には手持ちの商品が何か別のものに代わるだけだからリスクは低い。

調査結果で多くのユーザーがメルカリとCASHを同一視したというのは、上記で予想した内容を加速させることに繋がることになるのかもしれない。

もし、光本氏が「さらにいい方法」を見つけてうまくCASHの再開に成功すれば、メルカリ経済圏に抱合されたマイクロペイメント市場を可視化させる可能性が高まる。ただこれは別に新しい話ではなく、例えばAmazonは出店者に対して短期の融資サービス「Amazonレンディング」(売れることが分かっている時に有効な融資商品)を提供していたりするので、攻め方としては正攻法と言えるだろう。

ただ、別の事業者がやるとは思っていなかったが。

CASHはたった1日(というか16時間)で3.6億円のキャッシュを回す事業を作った。「いや、金ばらまくだけだったら俺でも」というのは別に簡単だが、実際、自己資金でこれをやった例というのはスマホシフトが顕在化した2010年以降のスタートアップで見たことがない。加えて書くなら、たった1日でノンプロモーションの買取サービスが7500個の流通に成功したというのも異例だろう。

「フルスイングするか三振か、どっちかしかないよ」ーー今、CASHが再開できるかどうかは光本氏の手腕にかかっている。

彼は今、おそらく集まった商品や動いたお金、世の中の動向を睨みながらめまぐるしく計算しているだろう。彼らが再びこのスタートアップ・ステージに戻ってくることができるのだろうか。アナウンスを待ちたい。

----------[AD]----------

質屋アプリCASHが査定停止、開始16時間で3.6億円以上のアイテムをキャッシュ化ーー集荷依頼アイテム数は7500個に

SHARE:

狂ったサービスに相応しい初日じゃないだろうか。質屋アプリ「CASH」を提供するバンクは今朝未明、同サービスの査定を一時停止した。 リリース文にはこの騒がしい1日の結果が数字として公表されている。公開開始した28日10時から16時間34分でキャッシュ化された回数は7万2000回、金額にして約3.6億円がユーザーの手元に届いたことになる。前回の取材で同社代表取締役の光本勇介氏と雑談混じりに話していた数…

19550903_10156339682418696_921950825_n

狂ったサービスに相応しい初日じゃないだろうか。質屋アプリ「CASH」を提供するバンクは今朝未明、同サービスの査定を一時停止した。

リリース文にはこの騒がしい1日の結果が数字として公表されている。公開開始した28日10時から16時間34分でキャッシュ化された回数は7万2000回、金額にして約3.6億円がユーザーの手元に届いたことになる。前回の取材で同社代表取締役の光本勇介氏と雑談混じりに話していた数字の数十倍だ。

19551146_10156339656843696_1349524924_n

興味深いのは「キャッシュを返さない」、つまり商品をもう送った(集荷依頼がかかった)というアイテム数が7500個以上になっていることだ。メルカリの1日の出品数が1万点を超えたと公表されたのが開始から約5カ月後のことであることを考えると相当激しいロンチであったことが伺える。

まだ4人しかいないバンクでこの数字を支えるのは無理だろう。今朝方、光本氏にコメントをもらったが「利用が止まるどころか勢いが出る一方」で、このままだと運用がままならず、ユーザーに影響が出ると判断したということだった。

なお、現在もアプリ自体は利用できるが、キャッシュにするボタンをタップするとCASHのイメージキャラクター「ユキチくん」が表示される。再開の目処は未定となっている。

 

----------[AD]----------

スマホで撮影「即入金」の質屋アプリCASH、STORES.jp創業の光本氏が公開ーーノールック少額融資を可能にしたその方法とは

SHARE:

いやあ、久しぶりに狂ったサービスと出会った。何を書いてるのかよくわからない人もいるかもしれないが、できるだけ正確にお伝えするのでまずご一読頂きたい。 CASHはアイテム買取のアプリだ。手元にある商品を撮影してアプリから送信する。カテゴリなどの指定があるのでゴミはさすがにダメだが、まあフリマアプリで取引できるような商品だったら大体OKだ。送信が終わるまで1分とかからないだろう。 送信したらその場で査…

cash_key_01

いやあ、久しぶりに狂ったサービスと出会った。何を書いてるのかよくわからない人もいるかもしれないが、できるだけ正確にお伝えするのでまずご一読頂きたい。

CASHはアイテム買取のアプリだ。手元にある商品を撮影してアプリから送信する。カテゴリなどの指定があるのでゴミはさすがにダメだが、まあフリマアプリで取引できるような商品だったら大体OKだ。送信が終わるまで1分とかからないだろう。

送信したらその場で査定額が出る。その額の下に「キャッシュにする」というボタンがあるのでそれをタップすればーーその金額が振り込まれる。以上だ。

ここまでの手順で飛ばしたのは個人認証だが、それもスマホの電話番号「のみ」だ。いわゆるSMS認証でそれだけ突破すれば男か女かすら分からなくても使える。

出金は銀行口座かコンビニ出金のいずれかを選べる。銀行口座を登録すれば午後3時までの取引であればもう入金されている。コンビニであれば、店頭にある端末で操作すれば所定の番号が発行されるので、それをレジに持っていけば現金を支払ってくれる。

もう少し詳しく説明しよう。

携帯番号で認証してアイテムを撮影したら査定が終わり入金される

古物商と金融という質屋モデルをスマホ時代に再現

STORES.jpを創業した光本勇介氏がスタートアップさせたバンクは6月28日、質屋アプリ「CASH」を公開した。CASHはユーザーの商品をスマホで撮影して送付するだけで査定金額を即刻で入金してくれる。

対象となるアイテムはスマホやタブレット端末などのガジェットからアパレル全般でスタートし、今後、2次流通市場で流通できるアイテムへ随時拡大する予定。査定金額は0円から2万円まででそれ以上の価値がある場合も2万円の上限金額にて査定される。買い取られた商品は2カ月以内にCASHに送るか「返金するか」を選べる。返金する場合は撮影した商品を送る必要はないが一律15%の手数料がかかる。(28日17時追記:現金を受け取る場合、手数料として一律250円が必要になる。また、コンビニでの現金受取は上限が1万円で、受取時間は7時から22時までとなる)

取引の上限金額は2万円で、これを超える場合は取引を完了させないと次の取引は実施できない。アプリはiOS版が今日から利用可能でAndroid版は近日中のリリースとなる。利用は無料だ。

ーーさて、ここで改めてCASHを説明する上で知っておきたいのが質屋だ。質屋のビジネスモデルは2つある。買取を通じた古物流通とそれを担保とする融資だ。ここまでの説明でも分かる通り、CASHがやっていることは実質的に質屋に「似た」行為なのだが、光本氏の説明では少しだけ違う。

「やっていることはあくまで古物の流通です。なので古物商の免許(古物商許可)は持っていますが、貸金業や質屋業(質屋営業許可)などの免許は取得していません。15%の手数料は本来古物流通で得られるはずだった買取による機会損失を補填するためのキャンセル料として頂いています」(光本氏)。

なるほど、このモデルは大変アグレッシブだ。しかしここは流石に連続起業家、この分野に精通している法務・弁護士チームを結成し、法律的に問題ないレベルを突いてきたという。インスタントコマース「STORES.jp」を創業し数十万店舗に拡大、スタートトゥデイに売却するなどスマホ時代のコマースを手がけてきた光本氏ならではのアプローチと言えるだろう。

ーーでは、ここまで読んでみて何が凄いのかよく分からない方は実際にこの質屋アプリを使ってみてほしい。簡単だ。手元の商品を撮影してCASHに送るだけでいい。近くにコンビニがあればその場で査定された金額をレジで受け取れる。

いやいや、商品を売るつもりはないよ、というのも別に問題ない。その金額をCASHに返せばいいだけだ。ただしここで15%の手数料がかかるのでテストする人はその点だけご注意頂きたい。

cash_key_03

分かるだろうか?

そう、査定をしていないのだ。しかも取られている個人情報は電話番号だけでこれでは与信もへったくれもない。最近ではみずほ銀行とソフトバンクが携帯番号等の個人情報で与信し、少額融資するサービスも発表されているが、光本氏曰く、それは現時点で実施していないという。

2万円までの「ノールック融資」を実現した方法

では冷静に考えて欲しい。何かが写った写真と電話番号だけで最大2万円をその場で振り込む行為を。もちろん何かカラクリがあるのだろうと思うかもしれないが、その内容はほぼ社会実験に近いものと言える。

これを実現したポイントは3つだ。1:2万円上限とブラックリスト、2:電話番号認証の意外な強さ、3:豊富な資金ーーこれに沿って光本氏に聞いた内容を整理してお伝えしよう。

2万円上限とブラックリスト

どうせ試す人がいるだろうから先に言おう。CASHは不正ができる。(但しこれは犯罪になる可能性がある)

送付した商品が写真撮影のものと違う場合や商品を送らずに返金もしない場合、またはそれに近いと判断される行為をした場合、CASH側はその電話番号に紐づくアカウントをブラックリストに追加する。つまり、その電話番号のユーザーはこのサービスを未来永劫使えない。そして上限金額は2万円だ。それ以降は取引を成立させない限り繰り返し使えない。

たった2万円で友人と会わなくなるタイプの人は、おそらく二度とこのサービスは使えなくなるだろう。

電話番号認証の意外な強さ

使えなくなる前提での不正行為(繰り返すが犯罪だ)はさておき、では電話番号を大量に用意したらどうだろうか?詳細は割愛するが、結論的には「2万円では割に合わない」が正解になる。

格安SIMなどであれば月額数百円で電話番号を発行してくれるが、それにはクレジットカードや身分証明書を用意する必要がある。光本氏の仮説では、最終的にそういった貧困ビジネスを手がける人たちは別の方法を狙うことになると予想していた。

豊富な資金

例えば1万円の資金をCASHがぽんぽん入金していったとしよう。古物流通させる買取商品が手元にやってくる、もしくは返金されるかは最大2カ月後だ。もちろん前述のような不正行為も一定数出てくるだろう。例えばそういう人が1000人いたら1000万円、1万人いたら1億円が必要になる。

光本氏は今回のプロジェクトでどれぐらいの資金を用意しているか、外部資金の投入などについて公にしていない。詳細な金額は非公開なものの、以前の事業売却で発生した資金が今回のプロジェクト投資に繋がっていることは当人も認めている。

今回のプロジェクトはおそらく数千万円の投資では効かないだろう。どれほどを用意しているか分からないが、おそらく数億円規模でこの新たな価値創造に突っ込む姿は素直に評価したい。

人生のショートカットを学ぶきっかけを大量に作りたい

yusukemitsumoto
BANK代表取締役の光本勇介氏

光本氏はなぜこのようなサービス、マイクロレンディングを攻めたのだろうか?

「新しい事業を考える上で今年はレンディング元年だと考えてます。しかし周囲のスタートアップの多くはB(企業)向けです。私はC(一般消費者)向けがやりたかった。日本での消費者金融というのは実はあまり変化がありません。一方で厳然としたニーズがある。これを現代のものに合わせたい」。

日本の消費者金融はおおよそ平均貸付単価が50万円なのだそうだ。一方で今回のような数万円程度のレンジの少額金融は大手が手がけない。理由は単純、細かい与信情報をとって審査していたんではコストが合わないからだ。「メルカリの爆発で顕在化したお小遣いを稼ぎたいという、数千円から数万円の少額資金需要」(光本氏)をスマホ買取、与信抜きというアプローチで攻めた。

「堀江(貴文)さんがある雑誌のコラムで、1年間アルバイトしてMacを買ってデザイナーになりたいという読者の質問に対して、借金して今日からやった方がいいとアドバイスしているのを目にしたことがあったんですね。すぐにMacを手にいれて勉強すれば、腕が上がってもしかしたら半年ほどで働けるようになるかもしれない、と。これって人生のショートカットだし、できた時間を別のチャレンジに使える」(光本氏)。

消費者金融は以前のグレーゾーン金利の問題などから、良いイメージを持ってる人は多くないかもしれない。しかしこのエピソードにあるような言わば人生への「投資」には大きな意味がある。光本氏自身、学生時代にファッションをオークションサイトで流通させる小さな商売を経験することがその後のSTORES.jp創業に繋がった。

長寿命化や複業など、単一企業への就職だけで人生を考えることができない今だからこそ、お金との向き合い方や知識、経験については今後益々重要性が高まることが考えられる。「ミクロな単位での小さなきっかけを大量に生み出したい」という連続起業家の強烈なチャレンジが今、始まった。

----------[AD]----------