タグ CBcloud

物流テックのCBcloudが60億円をシリーズC調達、アプリで即配頼める個人向けサービスをローンチ

SHARE:

CBcloud は17日、シリーズ C ラウンドで約60億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加した投資家名は明らかになっていないが、国内外の機関投資家2社と事業会社1社とされる。調達額には国内金融機関からのデットファイナンスを含む。同社は2017年9月にシリーズ A ラウンドで3.4億円、2019年8月にシリーズ B ラウンドで約12億3,900万円をそれぞれ調達、2019年10月に…

Image credit: CBcloud

CBcloud は17日、シリーズ C ラウンドで約60億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加した投資家名は明らかになっていないが、国内外の機関投資家2社と事業会社1社とされる。調達額には国内金融機関からのデットファイナンスを含む。同社は2017年9月にシリーズ A ラウンドで3.4億円、2019年8月にシリーズ B ラウンドで約12億3,900万円をそれぞれ調達、2019年10月に調達額非開示のシリーズ B のエクステンションラウンドを実施しており、累計調達額は約80億円に達した。

Cbcloud は2013年10月の創業。2016年9月に開催された KDDI ∞ LABO のデモデイで、小口運送を改革する「軽 town」というサービスで最優秀賞を獲得。このサービスはその後、荷主と配送パートナーをマッチングする「PickGo」へと進化した。現在は、運送会社や宅配事業者向けの業務支援 SaaS「SmaRyu」なども提供する。PickGo の二輪車・軽貨物を配送する個人パートナーはあわせて4万人を超え、一般貨物の協力運行会社は1,000社を超えた。

2016年9月、KDDI ∞ LABO のデモデイでピッチする松本隆一氏
Image credit: Takeshi Hirano

個人パートナーの数は前回ラウンドを実施した2019年には1万人超程度だったことから、この2年ほどで3倍以上に増えたことになる。軽貨物分野で個人経営の配送事業者が多く加入する全国の軽自動車運送協同組合、いわゆる「赤帽」の組合員数は約8,000人、業界最大手の佐川急便が保有する車両台数は約27,000台というから(それぞれ、赤帽と佐川急便がホームページで公表している値による)、CBcloud の規模がいかに大きなものになったかがわかるだろう。

最近では、JAL カーゴサービスや ANA Cargo と連携した長距離輸送サービス、JR 東日本と連携した鉄道による手荷物配送サービス(CBcloud は2019年11月の「JR EAST STARTUP PROGRAM」の第3期デモデイで優勝しており、協業内容についてはこの記事に詳述されている)、SmaRyu ポストの全国の郵便局への導入など、物流や運送各社との協業も加速させている。創業者で代表取締役の松本隆一氏は、今回の調達が物流インフラとして広く世の中に認知してもらうべく、本格的にギアを入れていくためのものだと語った。

PickGo の強みはオンデマンド配送。以前は緊急的に必要となる現場で使われるようなイメージがあったが、今では配送のボラティリティが高い現場(配送需要の多忙期と閑散期の変動が激しい業種)で、自前だけではカバーしきれないところを補う輸送力として、恒常的なインフラとして捉えてもらっている。需要が急に増えてもクルマが出せる。だから、企業がサービスを作る際に、一緒にサービスを作り上げるインフラパートナーとして評価されるようになってきた。(松本氏)

例えば、CBcloud は今年6月、セブン‐イレブン・ジャパンと連携し、「セブン‐イレブンネットコンビニ」の商品を PickGo のパートナーが配送する業務を始めた。このネットコンビニは消費者がセブン‐イレブンのモバイルアプリを使って注文すると、物流大手セイノーホールディングス(東証:9076)が設立した専門会社 GENie のドライバが30分以内に家まで商品を届けてくれるサービスだ。注文が集中したタイミングには、時間内で届けられない可能性があるが、PickGo のドライバがこのボラティリティをカバーできるわけだ。

Image credit: CBcloud

CBcloud ではまた、PickGo のブランドカテゴリを再定義したことも明らかにした。個人向けの買い物/受け取り代行「PickGo ショッピング」、法人・個人向けの緊急・即日配送「PickGo エクスプレス」、法人向けに物流面からビジネスを支援する「PickGo エンタープライズ」、軽貨物・二輪パートナーと一般貨物運送会社をマッチングする「PickGo パートナー」だ。なお、個人向けの PickGo エクスプレスは今日から提供が開始され、全国のユーザはモバイルアプリを使って緊急・即日配送を依頼できるようになる。

Image credit: CBcloud

CBcloud には現在、業務委託なども含めると総勢150人程度の社員がいるが、同社では今回調達した資金を使って、今後1年間で100人以上を増やす考えだ。

CBcloud は物流テックにどっぷり入っている会社で、多くのビッグデータが集まる環境。インフラとして機能するためにさらにサービスを増やしていく必要があり、一緒にサービスを作る仲間を全方位的に募集していきたい。(執行役員 経営企画本部長 久保田弦氏)

来週23日には、松本氏や久保田氏、先月、執行役員に就任した小原健氏らも交えたオンライン採用イベントを開催するそうだ。

<関連記事>

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


物流スタートアップのCBcloudが約12.4億円を調達ーー出資したソフトバンク、佐川急便、日本郵政グループと協業

SHARE:

物流スタートアップのCBcloudは8月8日、ソフトバンクをリードとする第三者割当増資の実施を公表した。同ラウンドには佐川急便、日本郵政キャピタル、シーアールイーの3社も参加し、総額で12億3900万円の資金を調達した。同社の累計調達額は、融資を含み約18億9000万円となる。今回調達した資金は人材の獲得、既存サービスのマーケティングや新サービスの開発費として使われる。 2013年の設立以来、軽貨…

Screen Shot 0001-08-14 at 10.47.59.png

物流スタートアップのCBcloudは8月8日、ソフトバンクをリードとする第三者割当増資の実施を公表した。同ラウンドには佐川急便、日本郵政キャピタル、シーアールイーの3社も参加し、総額で12億3900万円の資金を調達した。同社の累計調達額は、融資を含み約18億9000万円となる。今回調達した資金は人材の獲得、既存サービスのマーケティングや新サービスの開発費として使われる。

2013年の設立以来、軽貨物と荷主を即時につなぐマッチングプラットフォーム「PickGo」やAIやブロックチェーンを活用した動態管理システム「ichimana」の提供を行なっている。引受先との協業も進めており、ソフトバンクとはネットスーパーの宅配事業において2019年6月より連携を開始しているほか、日本郵政グループとの間でも次世代の宅配システム開発に向け協議を進めていくとしている。また、佐川急便とは個別に業務提携契約も締結し、物流・運送業界におけるビジネス面においても協業を進める。

via PR TIMES

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


荷物配送のマッチングプラットフォーム「PickGo」が個人向けサービスを提供開始、家具組み立てやパソコン設定も依頼可能

SHARE:

荷主とドライバーを繋ぐマッチングプラットフォーム「PickGo(ピックゴー)」を運営するCBcloudは8月9日、個人向けの配送プラットフォーム「PickGo for Personal」のサービス提供を開始することを発表した。iPhoneおよびAndroidアプリから利用可能でiOS10.3以降、Android4.2以上に対応している。 「Pick Go」は荷物の配送を希望する依頼者がアプリ上で依…

d16726-6-187186-0.jpg

荷主とドライバーを繋ぐマッチングプラットフォーム「PickGo(ピックゴー)」を運営するCBcloudは8月9日、個人向けの配送プラットフォーム「PickGo for Personal」のサービス提供を開始することを発表した。iPhoneおよびAndroidアプリから利用可能でiOS10.3以降、Android4.2以上に対応している。

「Pick Go」は荷物の配送を希望する依頼者がアプリ上で依頼を登録し、配送可能なドライバーとマッチングできるサービス。ドライバーになれるのは貨物軽自動車運送事業者の届出をしている個人ドライバーで、依頼が登録されるとドライバー宛てに一斉配信される。あとは依頼者が条件にあったドライバーを選定すれば、配送手配が完了だ。配送料金は最低定時料金が5000円で、依頼時に登録された日時や行き先、荷物量などの情報をもとに各ドライバーが提示する。ドライバーと配送料金を直接交渉することも可能。

すぐに荷物を配送したいという場合や早朝、深夜の時間帯にも対応しており、先にリリースしたビジネス版では2分50秒でマッチングが完了していた(2017年度4月末時点の中央値実績)。98.6%のマッチング率で登録ドライバーは1600人を超える。

「PickGo」は2016年9月のKDDI∞Laboで優勝していた「軽town」のリニューアル版。

<関連記事>

今回リリースされた個人向けサービスでは、荷物の配送だけでなく家具の組み立てやデスクトップパソコンの設定なども配送と同時に依頼できる。

Source:PRTIMES

 

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録