BRIDGE

タグ CeBIT

CeBIT 2014に見るスタートアップ・トレンド〜ドイツ最大のITカンファレンスの内覧会から(2/2)

SHARE:

早くも暦は3月を迎えた。再来週10日~14日までの間は、ドイツ・ハノーバーで CeBIT 2014 が開催される。 CeBIT のスタートアップ・コンペティション「code_n」には60カ国450社からのエントリーがあり、うち50社が参加することになる。先日そのプレビューイベントが開催され、イベント期間中に会場を賑わすことになるスタートアップが報道陣向けに公開された。THE BRIDGE では前編…

cebit_featuredimage2

早くも暦は3月を迎えた。再来週10日~14日までの間は、ドイツ・ハノーバーで CeBIT 2014 が開催される。

CeBIT のスタートアップ・コンペティション「code_n」には60カ国450社からのエントリーがあり、うち50社が参加することになる。先日そのプレビューイベントが開催され、イベント期間中に会場を賑わすことになるスタートアップが報道陣向けに公開された。THE BRIDGE では前編としてそのいくつかを取り上げたが、本イベントの開幕を約1週間後に控え、加えて出展予定の興味深いスタートアップをお伝えしたい。

動くおもちゃが簡単に作れる Kinematics

筆者も幼少の頃、「○年の科学」とかを購読していて付録のキットを楽しみにしていた口だが、最近の子供たちは、どのような科学雑誌で学んだり遊んだりしているのだろう。

ベルリンに本拠を置く Kinematics は、いわゆるスマートトイを制作するスタートアップだ。Power Brain と呼ばれる心臓部、Twister と呼ばれる駆動部を組み合わせ、レゴブロックを組立てる要領で、あらゆる種類の動くおもちゃを作る楽しみを子供たちに与えてくれる。できあがったおもちゃは、Bluetooth 経由でスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスから操作することができる。

kinematics

見学者の中からは価格に対する質問が出されたが、セットの種類によるようで、1セットは数百ドル程度とのこと。ただし量産体制には移行していないようなので、あくまで参考価格のようだ。子供たちに IoT (Internet of Things)に興味を持ってもらうための入り口と考えれば、この商品は買いかもしれない。

指紋が読み取れるタッチスクリーン Fiberio

fiberio1

インターネットの時代にセキュリティを確保する上で、生体認証は有効な手段だ。しかし、一時期は銀行のATMに静脈パターン・リーダーが設置されたり、一部のラップトップには指紋リーダーがついていたりしたものが、今ひとつ一般的に普及しないのはなぜだろう。筆者はその疑問に対する明確な回答は持ち合わせていないのだが、おそらく、コストの問題か、使い勝手の問題かのいずれかだろう。

Fiberio は、スクリーンパネル上で指紋認証を可能にするソリューションだ。操作している人が誰かを認識できるので、これが銀行ATMなどに採用されれば、暗証番号やログインなどの認証プロセスはもとより、キャッシュカードさえ必要なくなる。空港でのチェックイン、コンビニエンスストアのマルチ情報ターミナル等で、個人情報を投入するまでもなく、ユーザ個別のカスタマイズされた画面の表示が可能になるだろう。

日々の仕事を通じて、エコロジーを支援できる ecotalk

ecotalk1

ドイツは環境保護に対して意識が高い国だ。十年以上前、初めてドイツを訪問したとき、確かメルセデス・ベンツの本社があることで有名なシュトゥットガルトでのことだったと思うが、ゴミを出すときに十数種類以上の分別を求められて、衝撃を覚えたのを記憶している。契約する電力会社を一つ選ぶにしても、隣のフランスから輸入された原子力由来の安い電力を購入できたり、割高ながら自然由来のグリーン発電の電力が購入できたりと、エコロジーのコンセプトを日常の中に感じることができる。

ecotalk はビジネス向けのテレカンファレンス・ソリューションだが、サービスの提供に必要な電力がすべてグリーン電力で賄われており、テレカンファレンスを使った利用時間にあわせて、植樹が実施される。サービスに特別な技術が使われているというわけではないが、日常のビジネス活動の中から、企業はごく自然に環境保護に参加できることが評価され、CeBIT で優秀スタートアップに与えられる Startup Me Up 入賞の称号を獲得した。とかくビジネスモデルやスケーラビリティを追い求めるスタートアップ業界において、ソーシャル・アントレプレナーシップの一つの方向性として注目に値する。

ecotalk_screenshot

危険を事前に察知し、安全な運転を促す Continental のインテリジェントカー

continental1

Continental は、当地ドイツ・ハノーバーに本拠を置く世界4位の自動車部品メーカーだ。Continental では、IBM や Cisco といった大手IT企業と共同で、インテリジェントカーのソリューションを開発している。例えば、アウトバーンを走行中に車載カメラなどから前後左右の車の状況、運転手の意図を読み取り、イルミネーションや振動で注意すべき点を教えてくれる。実際の動作については画像や文章では伝えにくいので、機会が許せば、ぜひ会場のスタートアップ・ブース「code_n」に設置されるデモカーの試乗を体験してもらいたい。

continental2

日本では近年、多くの自動車メーカーが接近時の自動停止や車間保持機能など、数々のインテリジェント機能を自前で開発し実装してきた。車のインテリジェント化が進むにつれ、自動車メーカーは自らの守備範囲を超えて広範な技術の網羅を求められるようになり、コストやリソースを効率的に使うという観点からも、今後、他社との共同開発は増えて行くのだろう。ただ、ITS(高度道路交通システム)周辺のサービスの実現については、ホンダテラモーターズスマートドライブによるビッグデータを使った事例など、日本の自動車メーカーやスタートアップの方が、数歩先を行っている印象を持った。


本稿で紹介したのは CeBIT 2014 に出展・登壇するスタートアップ50社のうちのごく一部だ。実際に自分の目で確かめたいという人は、ここからチケットを購入できる。

cebit-preview-venue

cebit_roboyfeatured

----------[AD]----------

CeBIT 2014に見るスタートアップ・トレンド〜ドイツ最大のITカンファレンスの内覧会から(1/2)

SHARE:

3月10日~14日の5日間、ドイツ・ハノーバーで CeBIT 2014が開催される。昨年にも書いたが、CeBIT はヨーロッパを代表する家電やテクノロジー製品のカンファレンス・イベントで、開催期間中は、毎年数十万人に上る参加者が北ドイツのこの街を訪れる。 最近この種のイベントで必ずと言ってよいほど併設されるのが、スタートアップにスポットライトを当てたセッションや展示ブースだ。スタートアップ・コミュ…

cebit_featuredimage

3月10日~14日の5日間、ドイツ・ハノーバーで CeBIT 2014が開催される。昨年にも書いたが、CeBIT はヨーロッパを代表する家電やテクノロジー製品のカンファレンス・イベントで、開催期間中は、毎年数十万人に上る参加者が北ドイツのこの街を訪れる。

最近この種のイベントで必ずと言ってよいほど併設されるのが、スタートアップにスポットライトを当てたセッションや展示ブースだ。スタートアップ・コミュニティに身を置く我々から見れば、これは至極当然の成り行きなのだが、伝統ある名高いカンファレンスで、世界中から集まるアーリー・アダプターを前にスタートアップがプロダクトを披露できるのは、またとない好機会だろう。CeBIT のスタートアップ・コンペティション「code_n」には60カ国450社からのエントリーがあり、うち50社が参加することになる。

CeBIT の本イベントを約1ヶ月半後に控えた先週、同じ会場でプレス向けのプレビュー・イベントが開催された。ヨーロッパを訪れる度に思うことだが、彼らのプロダクトには、日本やアジアではあまり見られない、ユニークなデザイン美がある。本イベントの前出しとして、出展が予定されるスタートアップの中から、筆者の興味をそそったもののいくつかをご紹介したい。

vonsass-frese-kempf-mcdonald
左から:Hartwig von Saß(CeBIT スポークスマン)、Oliver Frese(CeBIT 運営責任者)、
Dieter Kempf 教授(ドイツのIT業界団体 BITKOM の代表)、Simon McDonald(駐ベルリン・イギリス大使)

プレビュー・イベントのオープニング・セレモニーでは、CeBIT 運営責任者の Oliver Frese が挨拶を始めた。今年から CeBIT は月〜金の一週間イベントとなった。参加者はこの一週間会社の仕事を休んでハノーバーに来れば、CeBIT を隅から隅まで堪能することができ、毎日開かれるセッションにもくまなく参加できる。前後の土日は、ハノーバーやドイツの他の都市で観光を楽しむのもよいだろう。

このセレモニーにイギリス大使が招かれていたのは、今年の CeBIT のパートナー国がイギリスだからだ。CeBIT では、ドイツ国外からも多くの人に参加してもらうため、毎年イベントを共に盛り上げるパートナー国を設定していて、今年はそれがイギリスということになる。このプレビュー・イベントには、THE BRIDGE で日英の翻訳を担当してもらっている佐藤ゆきさんも来ていたのだが、イベントの合間に供されたオードブルに、デパートで食べるお子様ランチの日の丸よろしく、あらゆる料理にユニオンジャックがはためいていて、筆者と彼女はその光景に笑いが止まらなかったのだった。

スタイラスやパッドが無くても文字が書ける、カールスールエ工科大学の AirWriting

カールスールエ工科大学(Karlsruher Institut für Technologie)は、AirWriting という文字入力デバイスを展示していた。腕時計状の加速度センサーを腕につけ、ペンで文字を書くように手を動かすと、XYZ三方向の加速度をセンサーが読み取り、文字認識がなされるというしくみだ。この種の技術でしばしば必要になるスタイラスを受け止める側のパッドが不要なので、ユーザは片手の動作だけで文字を綴れることになる。これなら、一方の手が荷物でふさがっていたり、電車で立ったまま吊り革を握っていても、空いている方の手で文章を書いたり、コーディングしたりすることが可能になる。

OCR と同じく、まれに文字が誤認識されることもあるが、辞書を持っているので自動的に補正される。現在はアルファベット大文字のブロック体でしか実現できていないが、これが筆記体や漢字にも応用できるようになれば、ウエアラブル・デバイス時代の入力インターフェースとして理想的な手軽さと言える。

airwriting1
写真中央の女性が、AirWriting を開発した、カールスールエ工科大学の Tanja Schultz 教授
airwriting2
文字を書く方の右手にはセンサーを装着、左手には何も持っていない
airwriting3
実験者が右手で文字を書く動作をしたところ、画面には「hello how are you」と表示された

スマホを使ったメッセージングと通話に、高レベルのセキュリティを提供するアプリ Chiffry

CIA元職員のエドワード・スノーデン氏の亡命以降、アメリカの諜報機関がさまざまな情報収集をしていたことが明らかになった。なかでも、ドイツ国内で話題をさらったのは、メルケル首相の私用の携帯電話をアメリカ国家安全保障局(NSA)が盗聴していたかもしれないという疑惑だ。海外の外交官らと打合せしていると、彼らがおもむろにセキュリティ・デバイスをラップトップに挿入して通信しているのを目撃することがあるが、スマートフォンでのやりとりには、どのように対応しているのだろうか。

ドイツ政府のお墨付きをもらった、暗号化ハードディスクドライブ「HS256S」で知られる DIGITRADE社は、Chiffry というセキュリティ・アプリを開発した。このアプリを導入したスマートフォン同士であれば、すべての通話とメッセージが暗号化されるとしている。現在は Android 向けのベータ版のみダウンロード可能で、近日中に iOS 版も公開される予定だ。

おそらく、我々のスマホの通話やデータ通信も、通信キャリアの電波ベースの低いレイヤーではデフォルトで暗号化されているはずなので、Chiffry が提供するのは、よりアプリ層に近いレイヤーでの暗号化ということになる。ただ、スクリーンやマイク/スピーカーなど、インターフェースの直前直後で信号をタッピングされれば、どんな通信も盗聴できてしまうので、Chiffry がその安全性をどのように担保しているのか興味のあるところだ。

chiffry

電力メータの検針を簡素化する Pixolus

ドイツでも日本と同様、電力メータの検針がある。電力会社の担当者が検針に来て、消費した電力に応じて電気代が請求されるわけだ。この検針というプロセスはことのほかコストがかかるらしく、電力会社はあの手この手で省力化を図ろうとしている。ケルンのスタートアップが開発した Pixolus は、電力メータの目盛りをスマホのカメラで読み取るアプリで、取り込んだ消費量のデータは世帯情報と結びついて、電気代の計算に回される。ドイツでは一般家庭でも電力が完全自由化されており、電力会社間で競争原理が働くので、こういう経営努力も求められるというものなのだろう。

ただ、ドイツでは基本的に電力メータの検針は年に一回だ。毎月の電気代は、過去一年間の消費実績を12等分して請求されるしくみなので、日本のように東電や関電のおばちゃんが、玄関先に毎月やってくることはない。つまり、この時点で既に一定の省力化は図れているはずで、さらに省力化を求めるのは、ムダを徹底的に排除したがるドイツ人の気性の現れだろうか。

日本では検針のおばちゃんが専用の携帯端末を持ち歩いているし、先進国では遠からぬ将来スマートメーターが導入されて検針のプロセスは完全自動化されるだろうから、Pixolus は発展途上国に合った技術移行期のソリューションという見方ができるのかもしれない。

pixolus


今回はここまで。本稿に紹介した以外にも面白いスタートアップに出会えたので、近日中に後編として記事を公開するので乞うご期待。3月に開かれる本イベントで、自分の目で確かめたいという人は、ここからチケットを購入できる。

----------[AD]----------

ドイツの国際カンファレンスCeBITが、スタートアップ・ビジネスプランコンテスト「CODE_n」の募集を開始—賞金総額は400万円

SHARE:

ドイツ北部の都市ハノーバー(またはハノーファー)で毎年開催されるカンファレンス CeBIT(セビット) は、世界的にも歴史のあるイベントの一つだ。私がこのイベントのことを知ったのは成人する前で、当時はカンファレンスではなく「見本市」と呼ばれていたのを覚えている。数年前には実際に足を運ぶ機会に恵まれたのだが、出展社数は70カ国から4,000社、来場者数は120カ国から23万人(2013年のデータ)と…

code_n14_logo

ドイツ北部の都市ハノーバー(またはハノーファー)で毎年開催されるカンファレンス CeBIT(セビット) は、世界的にも歴史のあるイベントの一つだ。私がこのイベントのことを知ったのは成人する前で、当時はカンファレンスではなく「見本市」と呼ばれていたのを覚えている。数年前には実際に足を運ぶ機会に恵まれたのだが、出展社数は70カ国から4,000社、来場者数は120カ国から23万人(2013年のデータ)という、まさにアメリカの CES(Consumer Electronics Show)に対して、ヨーロッパに CeBIT があるという存在感だった。以前から、日本の大手家電メーカーやゲームメーカー等はCeBIT を足がかりに、ヨーロッパへのビジネス展開を図ってきた。

2012年から CeBIT ではスタートアップ向けのビジネスプランコンテスト「CODE_n(コード・エヌ)」を実施しており、三度目となる2014年度開催分の募集を開始した(締切は10月31日)。このコンテストでファイナリスト50社に選ばれると、CeBIT 会場内に無料の出展ブースが提供される。賞金総額は3万ユーロ(約400万円)だ。募集にあたっては毎年異なるテーマが設定されるが、2014年のテーマはビッグデータで、それ以外にも、ヘルスケア、モビリティ、金融、環境、エネルギー、リテール、IT、物流、通信分野のビジネスモデルを募集している。

<参考> CODE_n 2013 のファイナリスト一覧

merkel-at-code_n
2013年の CODE_n で、
会場を訪問したドイツのメルケル首相
CC BY 2.0 via Flickr by kehrseite

一点注意してほしいのはスケジュールだ。CeBIT の開催期間が2014年から平日に移行し、3月10日〜14日となるので、2014年の SXSW Interactive(3月7日〜11日)にも参加する予定の人は、10〜11日あたりにオースティンからハノーバーまで一気に飛ぶ必要が生じる。ほぼ地球を半周する旅になるが、世界にリーチしたい起業家にとっては、アメリカ最大のデジタルイベントから、ヨーロッパ最大のデジタルイベントへとハシゴしてみるのも悪くないかもしれない。

CeBIT の運営会社である Deutsche Messe は東京にオフィスがあるので、CODE_n の応募にあたって不明点があれば、ここから日本語で問い合わせることができる。なお、応募にあたっての料金は無料、ファイナリストに選ばれた場合のブースも無料で提供されるが、現地への渡航費や宿泊費は自己負担となることを付け加えておきたい。

以下は、今年3月に開催された CODE_n13 のプロモーション映像だ。

----------[AD]----------