BRIDGE

タグ CES 2021

CES2021はバーチャル開催へ:注目の分野とスピーカーたち/Gary Shapiro氏インタビュー(5/6)

SHARE:

(前回からのつづき) VentureBeat:イノベーションが停滞していないことを見られるのは興味深いですね。企業は今なお新製品を作り、発表しています Shapiro氏:アツいです。心の底から夢中になれる企業と話を進めています。基調講演はエキサイティングです。彼らには発表したいものがあるのです。ちょうど今日(原文掲載時2020年12月30日)、これまでにない初めての基調講演者として、Walmart…

CES 2020でノートPC用プロセッサー「Ryzen 4000」を披露するAMDのCEO、Lisa Su氏
Image Credit: Dean Takahashi

(前回からのつづき)

VentureBeat:イノベーションが停滞していないことを見られるのは興味深いですね。企業は今なお新製品を作り、発表しています

Shapiro氏:アツいです。心の底から夢中になれる企業と話を進めています。基調講演はエキサイティングです。彼らには発表したいものがあるのです。ちょうど今日(原文掲載時2020年12月30日)、これまでにない初めての基調講演者として、WalmartのCEOであるDoug McMillon氏の登壇を発表したところです。今週、Warner MediaのAnn Sarnoff氏も発表しました。発表の予定はまだあります。人々に講演してもらったり参加してもらったりすることはエキサイティングです。ライブアンカーゲストも業界関連の多くの人物と対談する予定です。初めてのことです。

VentureBeat:これからホットになると予想される分野や興味深い分野は何ですか

Shapiro氏:数年前からレジリエンスについては注目しています。スマートシティ分野のショーもありました。次世代テレビの放送には非常に楽しみなものがあり、テレビメーカーは期待以上です。テレビ業界から新しいものが世界へ広まっていきます。人々はケーブルテレビから地上波放送へ移行しています。これによって広まっていきます。無料でさまざまなことができます。

明らかにアツいのは5Gですね。VerizonのCEO、Hans Vestberg氏も講演します。5Gインフラストラクチャは認識されているよりもずっと重要になってきています。すべてにおいてブロードバンドが必要です。モビリティではGMのMary Barra氏が講演します。電気自動車と自律走行車にフォーカスを当てます。主要な自動車会社も参加します。自動車業界でインフラストラクチャを提供する側としては非常に輝かしいチャンスです。それからロボティクス、AR、VR、ドローンも。ヘルステックも外せません。

2020年、業界の売り上げは大幅に上がりました。なぜなら人々が家で教育を受け、仕事をするためにテクノロジーが必要だったからです。さまざまな製品が購入されています。ビデオゲームは突出していました。あらゆる分野で飛躍的に消費が増えました。5Gのスマートフォンも需要が急増しました。8Kテレビは、今年は約100万台、来年は引き続きさらなるヒットになるでしょう。4Kは素晴らしいですね。新型コロナウイルスのために変わったことは非常に多いです。これは企業にとって、変わったことについて話すチャンスです。どの企業も新型コロナウイルスのためになんらかの変化をしています。一方、サプライチェーンの問題にも注目しています。企業にとっての課題となっています。しかし、それによって調達の新たなチャンスも生まれています。

(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

CES2021はバーチャル開催へ:CESを再考する/Gary Shapiro氏インタビュー(4/6)

SHARE:

(前回からのつづき) VentureBeat:後で見ることができるので、プログラムの重複はそれほど心配していないですか Shapiro氏:人々は最新のニュースをライブで見たがっていますので、それは慎重に振り分けています。100時間以上のプログラムを予定していますが、2つのドローンセッションなど、同じもの2つを同時に行うことはありません。人々は初めてのものを見るという刺激を望んでいると思います。パネ…

CES 2020
Image Credit: Dean Takahashi

(前回からのつづき)

VentureBeat:後で見ることができるので、プログラムの重複はそれほど心配していないですか

Shapiro氏:人々は最新のニュースをライブで見たがっていますので、それは慎重に振り分けています。100時間以上のプログラムを予定していますが、2つのドローンセッションなど、同じもの2つを同時に行うことはありません。人々は初めてのものを見るという刺激を望んでいると思います。パネルディスカッションなどを扱っている理由から、多くのプログラムがライブではないかもしれません。でも一部は確実にライブで行うつもりです。

VentureBeat:ラスベガスにとっては残念なことでしょう。大きな打撃にちがいありません

Shapiro氏:今週2つの記者会見を行いました。1つはアジアと西海岸、もう1つはヨーロッパと米国の西海岸以外の地域向けでした。夜遅くに行われたアジア向け会見で、最も難しかったことは何かと聞かれました。回答は長くなりました。長すぎたかもしれません。しかし後になって思うのは、正直なところ、最も大変だったのはCESとともに今年が始まるのを待ち望んでいるラスベガスの人々でした。発表前、7月に行った決定はとても苦しいものでした。ラスベガスの人々の気持ちをお察しします。

地元の慈善団体への支援はまだ行っています。私たちはラスベガスの大手フードバンクへの貢献のほか、さまざまなサポートを試みてきました。CES 2021もまた違った楽しみがありますが、リアルイベントとして開催するCES 2022を楽しみにしています。人々と会い、この目で見ることを待ち望んでいます。私たちはまだマスクをしているかもしれませんが、きっと何らかの方法で実現できると確信しています。

VentureBeat:困難になる要因は他にもありましたか?この移行によって必要となった決断の中で、もっとも難しかったのはなんですか

Shapiro氏:経済的な打撃でしょうか。嘘をつくつもりはありません。私たちは支出をカットせざるを得ませんでした。スタッフを減らし、新しいスキルを学ばなければなりませんでした。CESを再考しなければなりませんでした。それはとてもよいエクササイズになり、今までに誰もしたことのないクールでエキサイティングな発想に辿り着きました。とても楽しみにしています。

でも私たちが得意とするのは大規模なリアルイベントのプロデュースで、これまで馴染んできた一定のリズムというものがあります。ちょうど、アハモーメントのようなものです。たとえば、ショーの日程変更。通常、8年先までショーの日程は決まっており変更は不可能です。ですが後5カ月というときに1週間ほど伸ばし、1月半ばへと変更しました。大部分が編集作業のためです。アップロードしなければならないものが大量にありますから。そのために休み明けにもう1週間、時間が必要だと思ったのです。

やり方が変わった部分がたくさんあります。一方、いつもならこの時期に気になっている多くのことが、今年は気になりません。ショーの後で、参加者、ジャーナリスト、出展者に調査を行おうと考えています。交通手段や宿について尋ねる必要はありません。これはとてつもなく大きなチャンスです。好意的なものが多くなるかもしれませんが、過大評価はしないつもりです。視聴者はただ家の中にいて、モニタの前にじっと座っているだけです。パネルディスカッションの時間を大幅に削る必要があります。通常は1時間が標準的ですが、今年は30分にしました。

(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

CES2021はバーチャル開催へ:国際的な参加者の増加見込み/Gary Shapiro氏インタビュー(3/6)

SHARE:

(前回からのつづき) VentureBeat:もうSamsungの列に並ばなくて済むのは嬉しいですね Shapiro氏:おおよその人々のニーズを確実に満たすために余裕のなさそうな件について取り組んでいます。現在、非常に多くの登録を頂いており、その多く(平均値以上が)米国外からの登録になっています。これは別のニーズにも対応しているんです。これまでも多くの人が他の国からショーに参加したいと思っていまし…

Above: CES 2021 will be all virtual.Image Credit: Dean Takahashi

(前回からのつづき)

VentureBeat:もうSamsungの列に並ばなくて済むのは嬉しいですね

Shapiro氏:おおよその人々のニーズを確実に満たすために余裕のなさそうな件について取り組んでいます。現在、非常に多くの登録を頂いており、その多く(平均値以上が)米国外からの登録になっています。これは別のニーズにも対応しているんです。これまでも多くの人が他の国からショーに参加したいと思っていましたができませんでした。今回は登録する人が増えています。これはとてもエキサイティングなことなんです。

キーワードを探し出す機会も提供しますよ。参加される方が興味を持っているものは何でも、独自にカスタマイズした体験を作ることができますし、セレンディピティを持って知らないことでも気づくような仕掛けを用意しました。ジャーナリストに頼るだけでなく、独自の4人のアンカーたちが、これからの出来事のハイライトを発信します。24時間体制です。人々は世界中からアクセスして、リアルタイムでも番組終了後でも、見たいものを見ることができます。

VentureBeat:15万人の入場者数が予想されていますがこれはどういう根拠でしょうか

Shapiro氏:ここ数年の平均的な数字です。しかし、こればっかりは分かりません。あくまで推測であり、知ることは難しいです。ただ、多くの方が数字を知りたいと期待しているので出したのですが・・・。

VentureBeat:なるほど、これまでの登録に基づいた数字なのかなと思ったまでです

Shapiro氏:いいえ、登録が始まったのは3週間前ですからね。通常は9月1日に登録を開始します。その間にすでに10万人の事前登録がありました。もちろん単純な比較はできないですが、通常の年にCESに行く場合はホテルや航空券にコストをかける必要があります。基本的にいかなる比較もしたくないのですが、その上で早めに登録した人の多くは来ないケースが多いです。それはどのような展示会でもそうです。しかし、私たちが何より避けようとしているのは、先ほど言ったように直前の登録です。これは私たちにとって懸念事項です。

VentureBeat:国際的な参加者という点ではメリットがありそうですね。来られなかった人も参加できるようになりました

Shapiro氏:出展者には必ず一定数の無料登録を提供していますが、メンバーシップを登録された方にも提供しています。また、キーノートをソーシャルメディア上で誰でも見られるようにしています。業界の関係者でなくても、キーノートを見ることができるのです。

(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

CES2021はバーチャル開催へ:「素晴らしいことを試すための1年間のチャンス」/Gary Shapiro氏インタビュー(2/6)

SHARE:

(前回からのつづき) VentureBeat. 今年のCESの変化をどうみていますか?それほど強烈な変化です。バーチャル化を決断するのに、どのくらいのスピードで決断しなければならなかったのでしょうか? Gary Shapiro:劇的な変化すぎて、このようなことは二度とないことを期待しています。少なくとも私はそう願っています。ただこれは私たちが常々やりたいと思っていた「素晴らしいことを試すための1年…

Consumer Technology AssociationのCEO、Gary Shapiro氏・Image Credit: Dean Takahashi

(前回からのつづき)

VentureBeat. 今年のCESの変化をどうみていますか?それほど強烈な変化です。バーチャル化を決断するのに、どのくらいのスピードで決断しなければならなかったのでしょうか?

Gary Shapiro:劇的な変化すぎて、このようなことは二度とないことを期待しています。少なくとも私はそう願っています。ただこれは私たちが常々やりたいと思っていた「素晴らしいことを試すための1年間のチャンス」、と捉えています。特にワクチンが出たことで、2022年への自信は高まっています。11月には(2022年の)イベントの販売をすでに開始しており、ホールは完売しています。物理的なイベントもあるでしょうし、デジタルで行ってきたことの中で、最も良くて効果的なものを取り入れたいと思っています。私たちは2022年をハイブリッドイベントと呼んでいます。

一方、2021年は物理的なイベントの心配事をなくすため、7月からはデジタルイベントだけに絞ることにしました。実は3月からは二つの可能性について検討していたのですが、ご存知のように、発表は開催7カ月前の7月に行いました。意図的に早い段階で計画を立て、デジタルの場でどのように自分を表現するのかを、そして率直にコストの節約についても考える機会をみなさんに提供したのです。一方、CESに間に合うようにワクチンを普及させることはできないと判断したので、私たちがやるべきことはまず発表をして、問題よりも解決策の一部になるべきだと考えたのです。

VentureBeat:出展者数は1,000社を超えてました。例年ほどではありませんが、しっかりと例年の出展者と繋がり、かつ今年をスキップするという決断をさせなかった鍵はどこにあったのでしょうか。

Gary Shapiro:どの企業も独自の判断をしていました。私たちは、希望者には返金、または来年のクレジットを提供しましたし、可能な限り寛大な対応をしました。結果、多くの費用をこちら側で負担しています。また私たちは今年の初めに多くの調査を実施したのですが非常に幸運な結果でした。私たちはテクノロジー産業を代表していますが、多くの部分で非常にうまくいっています。家庭向けに何かを販売したり、サービスを提供しているものの多くは好調だったのです。とりわけ私たちのショーは、COVID-19が米国に上陸する前の1月に開催されました。私たちは、キャンセルの3週間前にピボットしなければならなかったイベントの一つではありませんでした。このことについて考え、集中し、他の人の経験を観察するだけの十分な時間があったのです。

COVID-19のおかげで、ビジネス界全体に多くの善意が生まれました。人々はある程度寛容で理解してくれています。しかし「COVID-19」における体験で分かったことは、アバターとなって物理的な展示物から「スクリーン上の」物理的な展示物へと移行することは、展示物に投資する人にとっても、参加することに投資する人にとっても、満足のいくものではなかったのです。私たちは何か違うことをしなければなりませんでしたが、既存のサービスでは何も見つかりませんでした。私たちは、これを正しく実施できているのは独自のユーザーイベントやアプリケーションイベントを行っているテック企業だけだと判断したのです。

Microsoftは素晴らしい仕事をしてくれましたし他社も同様でした。しかし、満足度が最も高かったのはMicrosoftであり、出席者数が最も多かったのも彼らでした。Microsoftとは長い付き合いがあります。私たちは、彼らがMicrosoft Teamsを持っているという実績と彼らのクラウドを活用して、何かを作ることができると考えたのです。

彼らはTeamsの中に驚くべき制作スタジオを持っています。それが今回の件なのです。展示会を作ったからといって人々が来てくれるわけではありません。数日配信される長期間の番組やビデオ制作、こういった魅力的なものを作る必要があります。私たちの出展者も同じことをしています。基調講演者に話を聞くと彼らはそれを理解していますし、大企業の多くも理解しています。しかし、私たちは中小企業やスタートアップにも何かを提供したいと考えていました。特にEureka Parkは驚異的です。エントリーレベルの製品でも多くのことを提供していますよ。

これまでやりたいと思っていたけど決してできなかったことができるようになりました。例えば「イベント版LinkedIn」はその一つでした。登録すると自分の名前を他の人と共有するオプションがあります。それはすでに始まっていて、みんな連絡を取ったり、メールをもらったり、リンクしたりしています。ショーが始まる前ですが、ある程度の満足感と成功の手応えを感じています。

それとCESに参加した多くの人から、見たいものを全部見るには時間が足りないという声がありました。そこで私たちは終了後30日間の「延長時間」を提供することにしました。人々は展示物を見たり、カンファレンスを見たり、基調講演を見たり、興味があれば出展者とコミュニケーションを取ることができます。また期間中にライブ中継も行います。多くの記者会見、20名程度の記者会見では、Q&Aの時間を設けて参加できるようにします。

ただこれは適切な人に限るつもりです。一方ここ数日で何千人もの報道関係者が登録しようとすると、記者会見に参加できなくなってしまうので、報道関係者には早めの登録を促しています。これは通常の出席者も同様です。

(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

CES2021はバーチャル開催へ:世界最大のテック・トレードショーはオンライン化でどうなる/Gary Shapiro氏インタビュー(1/6)

SHARE:

CES 2021は非常に変わったショーになるだろう。毎年1月にラスベガスで開催されるこの最大のテック・トレードショーは、コロナウイルスのおかげで今年はデジタル化を余儀なくされた。 通常、CESは290万平方フィートのスペースに展示物が広がる巨大なリアルイベントだ。昨年のイベントには17万1,268人が参加し、うち6,517人がメディア関係者だった。今年はオンラインのみのイベントとなり、CESを主催…

CES2019で展示されていた氷彫刻/Image Credit: Dean Takahashi

CES 2021は非常に変わったショーになるだろう。毎年1月にラスベガスで開催されるこの最大のテック・トレードショーは、コロナウイルスのおかげで今年はデジタル化を余儀なくされた。

通常、CESは290万平方フィートのスペースに展示物が広がる巨大なリアルイベントだ。昨年のイベントには17万1,268人が参加し、うち6,517人がメディア関係者だった。今年はオンラインのみのイベントとなり、CESを主催するConsumer Technology Association(CTA)の最高経営責任者(CEO)のGary Shapiro氏によると、例年より少ない1,000の出展者と15万人の参加者が集うことになりそう、という話だった。ただこれでも巨大なデジタル体験になるだろうから、実はこれらの数字は多くの点ではそれほど悪くはない。

さらにこれまでCESへアクセスすることがなかった人々が初めて訪れることになるだろうから、国際的な数字については伸びることになるだろうとShapiro氏はインタビューで言及していた。すでに10万人以上が参加登録を完了している。

ただ、間違いなく言えることは、非常に変わったイベントになるだろう、ということだ。

私はいつものイベント前インタビューでShapiro氏にこの件について言葉を交わした。彼は、ラスベガスの大規模なカンファレンス(もしくは一部を欠いたもの)として、ここ数年にないほどの雇用しか生み出さなかった点に触れ、CTAはデジタルへの移行で苦渋の決断をしなければならなかったと語っていた。

彼は、特にワクチンに関する進展で2022年1月の対面イベントへの期待が高まっているとも述べている。しかしCES 2021については、CTAは物理的な側面の開催を諦めざるを得ず、7月に1月11日から4日間にわたって開催されるこのショーをデジタルのみの形式で進めることを発表した。このイベントでは通常よりも短いセッションではあるが、100時間のプログラムが用意されているほか、メディアデイも開催される予定だ(ちなみに筆者はパンデミック時のクラウドコンピューティングについてのセッションを担当することになっている)。

Shapiro氏は、ホットテクノロジーとして、5Gブロードバンド・ワイヤレスネットワーク、8Kテレビ、エンタープライズテクノロジー、ヘルステック、ロボット工学、拡張現実とバーチャルリアリティ、ドローンなどを挙げた。これらすべてを把握してよい情報に当たることは今年はより困難になるかもしれないが、ここはメディアの出番かもしれない。

政治的・規制的な面では、Shapiro氏はいくつかの「黒い雰囲気」を感じているようだ。彼は、規制当局がテクノロジー企業の「王冠の宝石」を狙うのは間違いだと考えている。彼は「欧州の規制当局や、米国企業を痛めつけようとするその他の人々にとって、これは猫じゃらしのようなものだ。米国の多くの従業員、株主、年金基金がこれらの企業に依存している。彼らは株式市場を安定させている」と見解を示している。

ということで、ここからは彼のインタビューを全文書き起こししてお伝えしたい。

(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】