THE BRIDGE

タグ チャレンジャーバンク

拡大する途上国フィンテックへの投資ーーソフトバンクとTencent(騰訊)が南米チャレンジャーバンクへ1.5億ドル出資

SHARE:

ピックアップ:Argentine fintech Ualá raises $150M led by Tencent and SoftBank ニュースサマリー:アルゼンチンの個人資産管理アプリ「Uala」は11月25日、シリーズCラウンドにてSoftBankのラテン・アメリカ特化イノベーション・ファンド及び中国テック・ジャイアント「Tencent(腾讯)」らから合計1億5,000万ドルを調達したと…

Screenshot 2019-11-26 at 10.47.09 AM
Image Credit : Uala

ピックアップArgentine fintech Ualá raises $150M led by Tencent and SoftBank

ニュースサマリー:アルゼンチンの個人資産管理アプリ「Uala」は11月25日、シリーズCラウンドにてSoftBankのラテン・アメリカ特化イノベーション・ファンド及び中国テック・ジャイアント「Tencent(腾讯)」らから合計1億5,000万ドルを調達したと発表した。同社の創業は2016年で、本調達により累計調達額は約1.95億ドルに達する。

Ualaは近年欧米を中心に台頭する「Revolut」や「Monzo」に代表されるチャレンジャー・バンク事業をラテン・アメリカで展開。同社のアプリとカードを通して、預金・送金・融資・投資信託などほぼ全ての種類の金融サービスを利用できる。なお、欧州のチャレンジャー・バンクとの違いとして、Ualaが銀行免許を取得せずにサービス展開している点が挙げられる。

Screenshot 2019-11-26 at 12.21.17 PM.png
Image Credit : Google Play

話題のポイント:WeWork経営危機問題を横目に、SoftBankによる海外投資は着々と加速しています。最近では、同社が仕掛けるラテン・アメリカ地域特化のイノベーション・ファンドが、先日ブラジルのEコマース企業「VTEX」の1億4000万ドル調達ラウンドにも参加していました。

アルゼンチンは現在深刻なインフレーションや3,300億ドル規模の債務など、国家の金融面で様々な問題を抱えており、加えて金融サービスの普及率も先進国に比べれば低い状況が続いています。そのためUalaのような個人向け資産管理アプリは同国の金融サービスへのアクセスを急拡大させられると考えられます。

このようにSoftBankは途上国の未成熟な金融システムを代替しうるデジタル・バンキングに投資の可能性を見出しています。実際に今年5月頃、SoftBank及びSoftBank Vision Fundはブラジルの担保貸付サービス「Creditas」に2億ドル超の出資を実施した経歴があります。

一方、中国最大のテック・ジャイアントでWechatなどを運営するTencentもSoftBankと同様の投資戦略を持っていると考えられます。TencentはWechat Pay及びその他の多数フィンテック・サービスを展開していることから、事業提携を通じた長期的な関係構築を見据えた戦略も感じさせられます。

Tencentは既にブラジル発のチャレンジャー・バンク「Nubank」との戦略的提携及び出資(1億8,000万ドル)を実施した過去があります。こうした投資実績からTencentはラテン・アメリカ市場を熟知していると考えてよく、本投資決行の大きな自信になっていることは言うまでもないでしょう。ちなみにNuBankは現在ラテン・アメリカではまだ珍しいユニコーン企業へと成長しています。

TencentとNubankのように、中国のフィンテック・ジャイアントが新興国のフィンテック・サービスに大型出資を行う案件は本件が最初ではありません。実はTencentが運営するWechatの競合にあたるAlipay(支付宝)と、その運営企業「Ant Financial(蚂蚁金服)」は数年前、インド市場へ影響力を拡大することを目的に、(関連会社アリババからの投資に加え)技術輸出という形でインド最大の決済大手「PayTm」を支援しています。

Ant Financialは現在まで投資を複数回続け、結果的にPayTmはインドで最も大きな決済アプリとなりました。つまりTencentによる戦略的投資は、Ant FinancialによるPaytmへの戦略的投資を大いに参考にしていると考えられます。

さて、アルゼンチン経済の特殊な背景と言う違いはあるものの、UalaはTencent及びNubankの成功モデルを参考にできる分、サービス拡大の難易度は高くないと言えるのではないでしょうか。両企業を参考にしつつ、効果的に開発と資本注入を繰り返すのがUalaの今後の事業プランとなっていくでしょう。

Ualaは未だアルゼンチン以外の南米諸国へとサービス展開する予定はないとしていますが、おそらくTencentは今後も大型資金を同社に投入し続けていく意向でしょうから、将来的に他国参入を実施する可能性は十分にあるはずです。Ualaの今後の成長・拡大にSoftBankとTencentの投資戦略の面からも注目です。

----------[AD]----------

創業2年で口座数100万件のチャレンジャー・バンク「Starling Bank」に注目

SHARE:

ピックアップ:Starling Bank raises additional £30M as it nears 1 millionth account holder ニュースサマリー:英国を拠点とするチャレンジャー・バンク「Starling Bank」が、ベンチャー・ラウンドにて新たに3,000万ドルの資金調達を実施した。 2017年に創業した同社の資金調達ラッシュはピークを迎えている。具体的には…

Screenshot 2019-10-24 at 1.31.24 AM.png

ピックアップStarling Bank raises additional £30M as it nears 1 millionth account holder

ニュースサマリー:英国を拠点とするチャレンジャー・バンク「Starling Bank」が、ベンチャー・ラウンドにて新たに3,000万ドルの資金調達を実施した。

2017年に創業した同社の資金調達ラッシュはピークを迎えている。具体的には、今年2019年の2月13日にシリーズCラウンドで7,500万ユーロ(約90億円)、同月22日にスコットランド王立銀行直下のCapabilities and Innovation Fundから1億ユーロ(約120億円)、そして3月には金額及び投資家未公開のベンチャーラウンドで資金を調達している。つまり今年4度目となる本調達を含めると、今年だけの累計調達額は最低でも2億ユーロ(約240億円)となる。

Starling Bankのサービス概要は、一言でいえば銀行ライセンスありきのスマホ・バンキングサービス(チャレンジャー・バンク)だ。同社のスマホアプリからは、預金・借り入れ・国外送金・資産マネジメントなど、従来のバンキング・サービスにスマホ特有の利便性をプラスした様々な機能にアクセスできる。

最も特徴的なポイントは、Starling Bankが会計アプリ「Xero」、年金サービス「PensionBee」、オンライン投資サービス「Wealthfy」などのファイナンスアプリを複数統合することで、銀行アプリというだけに止まらない利便性を提供している点。

また、一般消費者向け口座の他にSMEs(中小企業)向けのビジネス・アカウントも提供しており、決済手数料・月額手数料が無料であることが強みとされている。

話題のポイント:Starling Bankの累計口座開設数は、TechCrunchが記事を公開した時点で93万件とされており、年内にも100万件を達成すると期待されています。創業2年半で100万件というのはオンライン銀行としては非常に好成績な数字だといえるでしょう。

比較対象として英国でStarling Bankの先を走る「Monzo」を挙げると、同社は2015年2月に創業し、2018年9月に、つまり3年半かけて100万口座を達成しています。単純な口座数だけの比較ではありますがStarling Bankの実績の方が上です。

また、身近な比較対象として日本初のネット銀行である「ジャパンネット銀行」を例に挙げます。同銀行は口座数を300万から400万に伸ばすのに、2015年半ばから2019年初頭の約3年と半年の時間を用しています。

欧州地域の競合としては、先述した英国「Monzo」や、同じく英国発の「Revolut」、ドイツの「N26」らが挙げられます。これらのチャレンジャー・バンクらは既に欧州全土にサービスを拡大しており、今後サービスのグローバル展開を目指すStarling Bankの競合となることは間違いないでしょう。同社CEOであるAnne Bordan氏は、今回の調達について記事内で以下のようにコメントしています。

本調達は、Starling Bankの急速な成長と数週間以内に口座数100万件及び預金総額10億ユーロ(約1,200億円)を達成する一助となります。また同時に、今後のヨーロッパ地域へのグローバルなサービス拡大と、ユーザーの益々の利益に繋がることでしょう。

調達額とそのスピード、そしてユーザー増加率から考えるに同社の本格的なサービス拡大はまさにこれからであり、近い将来確実に既存銀行や競合スタートアップらを脅かす存在になると考えられます。

----------[AD]----------

Softbank Vision FundがOakNorthに4億4000万ドルの出資、注目される「チャレンジャーバンク」とは

SHARE:

ピックアップ:SoftBank’s Vision Fund to invest $440 mln in UK start-up OakNorth ニュースサマリー:英国発のフィンテック・スタートアップの「OakNorth」は9日、4億4000万ドルの資金調達に成功したと公表している。Softbank Vision FundおよびClermont Groupsが出資した。 OakNort…

Capture

ピックアップSoftBank’s Vision Fund to invest $440 mln in UK start-up OakNorth

ニュースサマリー:英国発のフィンテック・スタートアップの「OakNorth」は9日、4億4000万ドルの資金調達に成功したと公表している。Softbank Vision FundおよびClermont Groupsが出資した。

OakNorthはスタートアップや中小企業を対象に、融資サービスを展開しているオンラインバンク。業務を可能な限りクラウド上で取り扱い、低コストにて事業モデルを確立している点が特徴。投資業務やポートフォリオのモニター業務などもビッグデータやマシーンラーニングを取り入れることで効率化に成功している。2017年開催の「Banking Technology Awards」においては、Best Use of Cloud賞を受賞している。

TechCrunchの記事によると、OakNorthはこれまで37億ドル以上の貸し出しを完了し、債務不履行や支払期限の遅れなどの問題を起こしていないという。

話題のポイント:OakNorthはもちろん、テクノロジーを利用したバンキングサービスの効率化という点でフィンテックの範囲なのですが、新たな呼称として「チャレンジャーバンク」と呼ぶことがあるようです。大和証券が2018年に公開した資料では、チャレンジャーバンクの定義として「銀行免許を取得してモバイルアプリを中心に融資、決済等の銀行業関連の商品・サービスを提供する銀行」と説明しています。

先日紹介したRaisinもベルリン拠点ですが、チャレンジャーバンクのような動きは特に欧州で活発みたいです。背景にはEU経済圏における「人の流動性」が大きく、加盟国であれば基本的に自由に動き回れるため、ネットを介してお金の管理を効率化することは大きな利点なのでしょう。OakNorthはビジネスサイド向けサービスですが、カスタマー向けのチャレンジャーバンクもあります。

日本にてチャレンジャーバンクの座を狙っているのは、昨年みずほフィナンシャルグループとLINEのパートナシップにより誕生したLINE Bankです。既にチャットツールのプラットフォームとしてモバイル生活のツールとなっているLINEが銀行になれば、ユーザー自身で大きなアクションを起こすことなく、自然とモバイルバンクの利用ができるようになります。

日本はEU経済圏のように多数の国家をフレキシブルに動き回る機会はそこまで多くないため、今までユーザーが「敢えて」モバイルバンキングを選択する必要性がなかったかもしれません。

また今回取り上げたチャレンジャーバンクのように銀行業登録まではせず、既存金融機関とのパートナシップによりサービスを展開する「ネオバンク」というスタイルがあります。Variant Market Researchによると、ネオバンク市場は2025年に3兆6000億ドル規模に達し、その年平均成長率は45.8%にもなるそうです。

Capture
Credti: Variant Market Reserach
----------[AD]----------