BRIDGE

タグ Charger

iPhoneを2倍の速度で充電できる、急速充電器「ChargeTech」がIndieGoGoに登場

SHARE:

iPhoneの純正充電器と同等のコンパクトなサイズながら、約2倍の速度で充電できる急速充電器「ChargeTech」が、IndieGoGoに登場、現在資金調達のキャンペーンを行っている。 目標金額は1万ドル(約120万円)に対し、10倍以上の12万ドル(約1,400万円)余りの調達に成功、人気を集めている。 倍速で充電できるわけはその供給電力にある。iPhoneに付属する純正の充電器の出力は1.0…

ChargeTech

iPhoneの純正充電器と同等のコンパクトなサイズながら、約2倍の速度で充電できる急速充電器「ChargeTech」が、IndieGoGoに登場、現在資金調達のキャンペーンを行っている。

目標金額は1万ドル(約120万円)に対し、10倍以上の12万ドル(約1,400万円)余りの調達に成功、人気を集めている。

倍速で充電できるわけはその供給電力にある。iPhoneに付属する純正の充電器の出力は1.0 A。それに対し「ChargeTech」は2.4Aと倍以上の出力だ。

chargeTech

しかし、標準の倍の電力で充電しても大丈夫なのだろうか。

iPadに付属する充電器はChargeTechと同じく2.4Aの出力だ。このiPadの充電器は、iPhone6/6 Plusに対応していることはアップルも公表しているので、同程度の出力のChargeTechでiPhone 6 /6 Plusを充電するのはスペック的には問題なさそうだ。

また、ChargeTechはUSBポートを2つ搭載し、2つのデバイスを同時に急速充電することができる。
充電中はLEDできちんとプラグが刺さっていることを知らせたり、過充電を防ぐ機能も搭載しているという。iPhone 6/6 Plusだけでなく、その他タブレット端末等の充電にも利用できる。

ChargeTech

2ポート備えているが、そのサイズは非常にコンパクトでiPhone標準の充電器と同じようなサイズだ。かつ、プラグ部分が折りたためるようになっており、持ち運び時には更にコンパクト、他のデバイスを傷つけたりしにくいようになっている。

ChargeTech

また、電源タップに挿した際に、他の機器の電源プラグの邪魔にならないように切り欠きを備えるなど細かな工夫もされている。

IndieGoGoのキャンペーンでは、19ドルの支援で同製品を1つ入手することができる。アメリカ国内は配送無料、カナダは5ドル、その他の地域は10ドルの送料が別途かかる。発送時期は、2015年内を予定しているようだ。

日本国内でも4~6個などと複数のUSBポートをもつ急速充電器が販売され人気だが、「コンパクトさ重視」「ポートは2つあれば十分」という方にはぴったりの急速充電器かも知れない。