THE BRIDGE

タグ 中国

中国の自動運転車開発目標、大量生産開始は5年延期され2025年に後ろ倒しに

SHARE:

中国は現在進行中の大規模自動運転車開発計画を、当初予定されていた目標から5年ほど延期した。背景としては、真にドライバレスな自動運転車の実装に際する課題に未だ大きな苦戦を強いられているからだという。 重視すべき理由:中国は自動運転車が発展した未来の可能性とその技術的革新性に対し、大きな自信と野望を抱いている。 世界中の自動車企業らは、公共安全を保証する自動運転車の開発に苦戦している。Google 関…

Image credit: Odoroaga Monica / 123RF

中国は現在進行中の大規模自動運転車開発計画を、当初予定されていた目標から5年ほど延期した。背景としては、真にドライバレスな自動運転車の実装に際する課題に未だ大きな苦戦を強いられているからだという。

重視すべき理由:中国は自動運転車が発展した未来の可能性とその技術的革新性に対し、大きな自信と野望を抱いている。

  • 世界中の自動車企業らは、公共安全を保証する自動運転車の開発に苦戦している。Google 関連企業 Waymo 評価額は、昨年末40%下落し1,050億米ドルとなっており、一方で GM(ゼネラルモーターズ)の支援する Cruise のロボタクシーは、ローンチを2019年度以降に延期している。
  • VC らは自動運転業界に対しより警戒心を抱くようになっている。最近の自動運転企業のバリュエーションは低下する一方で、TechCrunch のレポートによれば、今後すぐにでも業界は買収などを通し統合されていく可能性があるという。

詳細:先日公開された、中国の国家発展及開発委員会(NRIC)と 工業和信息化部(MIIT、日本の経済産業省に相当)の開発計画によれば、中国は、当初2020年内に行われる予定だった条件付き自動運転能力を持ったハイインテリジェント自動車の大量生産を2025年に後ろ倒しすることになった。

  • 2018年に NDRC が公開したパブリックレビューのドラフトには、北京市は、2020年の終わり頃までに、中国で販売される自動車の半分以上が自動運転機能を有した自動車になることを目標としていた。なお2019年、中国で販売された自動車の数は2,780万台だとされている。
  • 北京は当初の開発目標計画を破棄しているが、未だ新しい生産量の目標についての情報を公開していない。
  • 条件付き自動運転とは、SAE(アメリカ自動車技術者協議会)による見解によれば、一定の条件下では自動運転を行うことはできるが、依然として人の介入を必要とするレベルだとされている。

背景:ビジネスコンサルティングを手がける AlixPartners による最近の研究では、消費者依然として自動運転モードで道路を走行することに懸念を抱いており、と同時に自動運転車を購入する動機もあまり高くはないという結果が示されている。

  • 高性能の自動運転車の購入を検討する5人中4人は、実際の購入まで最低5年待つと発言している。なお、そもそも自動運転車の購入を検討している消費者はそもそも51%程度しか存在しない。
  • また、完全な自動運転車のプレミアム自体もそこまで高くなく、8%程度か、あるいは現在市販されているレベル2のレーンアシスタントや自動緊急ブレーキ機能を搭載した自動車に比べ165米ドルほど高いだけであるという。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

「WeChat(微信)の未来はEコマースにある」——中国最大のSNS、Eコマース化に向け「ミニプログラム(小程序)」をローンチ

SHARE:

※本記事は提携するTechnode「WeChat mini programs: the future is e-commerce」の抄訳になります。 Tencent(騰訊)が運営する中国最大のSNSアプリ「WeChat(微信)」は1月7日、広範なマーケットプレイスの創造を目的とした「ミニプログラム(小程序)」の実現に向け、一連のアップデートを実行した。Tencent のビジョンを基に行われた同アッ…

WeChat-facial-recognation-payment
WeChat(微信)の顔認証決済
Image credit: TechNode/Shi Jiayi

※本記事は提携するTechnode「WeChat mini programs: the future is e-commerce」の抄訳になります。

Tencent(騰訊)が運営する中国最大のSNSアプリ「WeChat(微信)」は1月7日、広範なマーケットプレイスの創造を目的とした「ミニプログラム(小程序)」の実現に向け、一連のアップデートを実行した。Tencent のビジョンを基に行われた同アップデートにより、WeChatは、Alibaba(阿里巴巴)、JD.com(京東)、Pinduoduo(拼多多)などの他の E コマースプレイヤーと直接的に競合する立場へと移ったと捉えることができる。

新しい変化としては、顧客レビュー方式やブランド保護・輸送ツール、さらに顧客保護プラットフォームなどが挙げられる。これにより、WeChat 上のアプリケーションはよりオンラインマーケットプレイスに近しいモデルへと変化している。

中国のテックインベスターポッドキャストを運営する James Hull 氏は、Technode(動点科技)のインタビューに対し以下のように回答している。

WeChat は確実にオンラインマーケットプレイス構築のための新機能を加えていっています。彼らは以前にも、E コマースへの参入を試みていたことがあるため、そう考えるのは何ら不思議ではありません。

日の出を迎えるE コマース

Wechat のミニプログラムは、Wechat というスーパーアプリ内で提供される軽量のアプリケーションのことで、ユーザーはミニプログラムのためだけにアプリストアでアプリをアップデートしたり、ダウンロードしたりする必要はない。ミニプログラム提供プロバイダ Jisu App(即速応用)のレポートによれば、昨年8月時点で、既にWeChat 内では240万件以上のミニプログラムが存在しているという。

Tencent の第3四半期の業績報告によれば、昨年9月時点で、WeChatの月間アクティブ・ユーザは12億人に上る。比較として、同時期の Alibaba の E コマースアプリの月間アクティブ・ユーザは6億3,900万人である。また同社のレポートによれば、2019年前半の Jisu のアプリを用いた WeChat のミニプログラムで、オンラインショッピングのトランザクションが占める割合は既に3分の1ほどに達している。

以上の数字を考慮すると、WeChat は広告だけでなく、膨大なユーザデータやエコシステムを活用することで、非常に高い成長ポテンシャルを持った E コマースプラットフォームの構築を実現する可能性があると考えられる。

Eコマースに特化した新機能

中国の広州市で開催されたイベントのキーノートスピーチで、「WeChat Open Platform(微信開放平台)」の副執行役であり、同ミニプログラムの責任者である Du Jiahui 氏は、同アップデートに関し以下のように発言している。

2020年のミニプログラムに関する Tencent の目標は、開発者らの独自ビジネスアプリ構築を支援していくことである。

さらに、彼はミニプログラムのなかで、以下のような E コマースフレンドリーなアップデートを準備しているという。

  • E コマースのミニプログラム内で販売される商品の発見を促す検索機能の向上
  • 販売事業者が彼らの商品を検証でき、消費者が本物を判断するのに役立つブランド保護プラットフォームの導入
  • 消費者が商品の配送情報をトラック可能な、販売事業者向け配送サービスの展開
  • 異なるミニプログラム間の注文管理を統一し、不正請求に対処するための売買プラットフォームの設置

さらに、We Chatは開発者らに対し「ライブ配信」「商品 QR コード」「商品画像判別技術」の3つモジュールを追加で提供する見込みで、これらの機能は顧客のエンゲージメントをより向上させると期待されている。

ライブ配信 E コマースは2019年、中国で大きく飛躍し、現在その市場価値は4,400億人民元(約6.9兆円)に及ぶと推定されている。昨年11月11日の独身の日(光棍節)に行われたショッピングイベントでは、Alibaba のプラットフォーム「Taobao(淘宝)」のライブ配信販売が合計200億人民元(約3,100億円)の売り上げを生み出した。

ChinaSkinny のマーケットコンサルティングアナリスト Sheryl Shen 氏によれば、WeChat が現在より「E コマース× 小売」にフォーカスした新機能を充実させるのは、E コマース領域における新しいビジネスモデル構築に向けた必然的な選択だという。昨年の独身の日のデータを見れば、ライブ配信機能の追加がトラフィック及び収益の増加に繋がるということは明らかだというのである。

Tencent の C2C への野望がついに動き出す

Shen 氏によれば、Tencent は WeChatの利益を上昇させることで、財政を安定化を試みているのだという。同社の主な収入源はゲームであることは周知の事実だが、実は一昨年2018年に中国政府によって新規ライセンスの付与が中断されてしまっており、同社は新しい活路を見出す必要性に迫られているのである。

2019年初頭に、新しいEコマース法案が施工されて以降、中国 C2C マーケットは徐々に変化している。同法案は、大多数のオンライン販売事業者に対し、規制当局により認可取得を要請するもので、特に輸入ビジネスを実施する販売事業者や、WeChat 内の小規模事業者らに大打撃を与えた。WeChat がミニプログラムを行う要因は、彼ら小規模事業者らに活路を与えるためでもある。

Wechat は1月初めに行われたイベントの中で、2019年にミニプログラムを通して発生した合計トランザクションは800億人民元(約1.2兆円)を超え、前年の160%成長を達成したと発言している。Alibaba の5.5兆米ドル(約605兆円)という桁違いの実績に比べれば未だわずかではあるが、WeChat の膨大なユーザベースの活用が功を奏せば、Alibaba に対する大きな脅威となり得るだろう。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

AliPay(支付宝)、中国でのコロナウイルス拡大阻止に向け「全国版健康コード格付けシステム(全国版健康碼)」の開発支援を発表

SHARE:

※本記事は提携するTechnode「Alipay developed China’s national health code rating system」の抄訳になります。 中国のモバイル決済プラットフォーム「Alipay(支付宝)」は2月16日、健康・旅行情報に基づいた自己検疫を行うための、「全国版健康コード格付けシステム(全国版健康碼)」の開発サポートを提供することを発表した。同システムは今…

Alipay の健康コードに関する発表のスクリーンショット
Image credit: TechNode(動点科技)

※本記事は提携するTechnode「Alipay developed China’s national health code rating system」の抄訳になります。

中国のモバイル決済プラットフォーム「Alipay(支付宝)」は2月16日、健康・旅行情報に基づいた自己検疫を行うための、「全国版健康コード格付けシステム(全国版健康碼)」の開発サポートを提供することを発表した。同システムは今週中にもローンチされる見込みである。

重視すべき理由:新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中で、中国政府は春節明けの業務開始に伴う国民の帰省及び離郷移動に対し、数多くの警告を発表してきている。

  • 居住者は、企業がビジネスを再開するために、数週間に及ぶ自身の健康状態・旅行履歴の自己申告を要請されている。同様に、企業は従業員の健康状態をチェックし続けることが求められており、本措置は、政府が感染リスクの高い個人や感染者を厳しく監視し続けるために取られている。このような対策は、現実的な努力だと肯定的な見られ方がある一方で、プライバシーとデータセキュリティの観点で、市民の不安を膨張させているという。

詳細:健康コード格付けシステムは、既に中国のいくつかの地域にて実装されている。

  • 浙江省杭州市では、同システム最初の実装ポイントとして、11日よりシステム提供が開始された。その後17日には、上海が同システムの導入を実施したと、中国メディアが報じている。
  • 同格付けシステムを対応するには、市民は名前・公民番号・電話番号・詳細な健康および旅行情報を提供する必要がある。緑のコードを授与した市民は自由に街を移動してよく、黄色は7日間の自己検疫を要請され、赤はさらに14日の自己検疫を必要とする。
  • 杭州市の市民は、学校や複合ビル、スーパーマーケット、道路などの公共の場でコードのスキャンを求められる。
  • Alipay は Technode(動点科技)に対し、国家健康コード格付けシステムのプラットフォームと、追加の開発サポートの提供を行うとコメント。しかし同社のシステムは、一度ローンチされたらその後は地方政府により運営されるとされている。また、Alipay 同様に、同システムは他のモバイルプラットフォームでも今後ローンチされる見込みだという。

背景:杭州市の国家健康コード評価システムは、実装初日で651万件のコードを生成し、1,000万件以上のプラットフォーム流入数を稼いだとしている。

  • 杭州の健康コード格付けシステムは、Alibaba(阿里巴巴)のエンタープライズ管理ツール「Dingtalk(釘釘)」と連携していっるとされる。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国で業務が再開される中、新型コロナウイルスから身を守る通勤手段としてレンタル自転車が人気

SHARE:

中国では、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、人々が公共交通機関よりも自転車で出勤することを好むため、自転車レンタル市場が再び盛り上がりつつある。 重視すべき理由:Quest Mobile(貴士信息)のデータによれば、中国政府が中国全土の省に課した閉鎖政策の影響によって、春節期間中の配車サービスや地図アプリなどのデイリー・アクティブ利用者数は平均で36%低下したという。そして人々の仕事が再開して以…

Didi(滴滴打車)運営のレンタル自転車サービス「Qingju(青桔単車)」のメンテナンススタッフ
Image credit: Qingju(青桔単車)

中国では、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、人々が公共交通機関よりも自転車で出勤することを好むため、自転車レンタル市場が再び盛り上がりつつある。

重視すべき理由:Quest Mobile(貴士信息)のデータによれば、中国政府が中国全土の省に課した閉鎖政策の影響によって、春節期間中の配車サービスや地図アプリなどのデイリー・アクティブ利用者数は平均で36%低下したという。そして人々の仕事が再開して以降、自転車レンタルへの需要が拡大している。

  • レンタル自転車は、中国の人気健康アプリ「Dingxiang Doctor(丁香医生)」で、最も安全な交通手段の一つだとランク付けされている。バスや地下鉄、ライドシェア、バイクは感染リスクが高く、ランク下位に位置付けられているという。

詳細:Didi(滴滴打車)が提供するレンタル自転車アプリ「Qingju(青桔単車)」の利用者件数は、業務再開初日の2月10日から、それまでの休日期間比べ急上昇している。また広東省南部の地域では、先日月曜日の自転車乗車件数は2月10日に比べ30%高く、バス停や地下鉄の駅、スーパーマーケット周辺では50%の上昇が見られたという。

  • Hello Global(哈囉出行)の利用ピークは2月10日で、北京、上海、広州、深圳などでは63%〜104%の増加が見られた。
  • 中国城市公共交通協会は17日、レンタル自転車産業において共通の衛生規格を設定する旨の草案を発表した。同ドラフトは、旧 Mobike(摩拜単車)を運営する Meituan(美団)や Hello Global、DiDi の Qingjuなど業界大手らにより共同で作成される予定で、3月末に公開される見込みである。
  • 産業内の大手企業らにより感染防止措置が取られる。各企業の運営・管理チームは、中国全土の100を超える都市で、どの企業の自転車かにかかわらず消毒を実施していく見通しである。
  • Meituan は2月14日に「非接触バイク構想(無接触騎行倡議書)」を打ち出し、ドライバーに保護具の着用を促し、かつ安全と健康のために自転車に消毒を実施する。
  • 一般的に、天候に左右されがちなレンタル自転車業界にとって、冬は利用者が減少するシーズンなため、現在の利用増加は稀に見る事件だと言える。

背景:中国の他のテック大手同様、中国のレンタル自転車企業らは救援物資の寄付や無料利用の提供、雇用の実施などの活動を通しウイルス対策に貢献している。

  • 中国のレンタル自転車企業らは、長らく続く収益減少とキャッシュフローの鈍化に対抗する形で、昨年末、手数料の引き上げを実施している。
  • Hello Global は1月に公開された2019年の年間レポートの中で、同社が3億人以上の登録者を抱える中国最大の自転車交通アプリケーションであると主張している。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

成長を続ける中国の児童向けプログラミング教育——投資は増加するも、教師不足の解決が課題

SHARE:

※本記事は提携するTechnoode「Coding classes for kids are everywhere, but they might be in trouble」の抄訳になります。 近年、中国におけるプログラミング教育がより一層盛り上がりを見せている。プログラミング教育は「21世紀の英語」とまで呼ばれ、習い事の定番となっている。 さて、プログラミング教育スタートアップは我先にと急速な…

coding classes
Image credit: Codemao(編程猫)

※本記事は提携するTechnoode「Coding classes for kids are everywhere, but they might be in trouble」の抄訳になります。

近年、中国におけるプログラミング教育がより一層盛り上がりを見せている。プログラミング教育は「21世紀の英語」とまで呼ばれ、習い事の定番となっている。

さて、プログラミング教育スタートアップは我先にと急速な市場拡大を試みた。結果、数年で倒産する企業や、教育品質を担保できないなどの諸問題が多発した。特にフランチャイズ戦略を利用した急速な店舗展開を実施した企業における、教育者としての質は疑問点を残してきた。

プログラミング教育への投資トレンド

プログラミング教育に対する大きな投資が始まったのは2017年に当局によって発表された「Next Generation Artificial Intelligence Development Plan(新一代人工智能発展規画)」に遡る。同資料では当局が「徐々にプログラミング教育に対して投資を進めていく」といった記載が見られた。その後、2018年には各VCが総額1億5,700万米ドルを約40の企業に対して実施したことが報じられている

Baidu(百度)における「Coding for Kids(少児編碼)」の検索頻度インデックスは2015年までは100を下回っていた。しかし、今では常に1000を超える指数となっている。これは、2017年から2018年には最大で3000に達した「Sharing Bikes(共享単車)」や「Online Ride Hailing(線上叫車)」に匹敵する成長度合いとなっている。

2016年創業のGeek Star(即課星球)は中国におけるプログラミング教育をリードする企業の一社。現段階で100の支社を26の地区に保有しているとされる。また、グローバル展開を進めている企業も登場しCodemao(編程猫)などが挙げられる。既に20を超える国への進出を進めている。

中国におけるプログラミング教育市場は比較的小さくおよそ1億5,000万米ドルから10億米ドルの間とされている。とはいえ、5年後には約50億米ドルまで成長を遂げることが予想されている。

フランチャイズ戦略と教育者不足

急速な市場需要にこたえるため、プログラミング教育企業はフランチャイズモデルを採用してきた。深圳の新聞社 Southern Weekly(南方周末)はそのような企業はミルクティー店舗と同じ戦略を取っていると表現している。中国では、近年ミルクティーブームも訪れており、彼らも同様にフランチャイズ戦略で急速な店舗数拡大を図っているからだ。

iyiou(億欧)の調べによれば、2018年の年末から昨年4月の間だけでも20を超える企業が倒産し、そのうち半分はフランチャイズ戦略を採用していたという。

さて、プログラミング教育における最大の課題は、教育者が不足している点にある。

山東省臨沂市でプログラミング教育を実際に教師として教えるZhou Yu氏は「誰が教鞭をとるのに相応しいのか見極めるのは難しい」と述べる。その背景には、教育免許を取得した人物は通常テクノロジーに精通していないことが多く、テクノロジー業界から転向する人物は教育をおろそかにし、テクノロジーばかりにフォーカスしてしまうからだという。

上にあげた2つを両立している教育者はほぼ皆無に等しいとされる。Codemaoのウェブサイトの求人広告では、既に教育経験やコーディング経験を必須条件とすらしていない状況となっている。

中国において最も生活水準の高い北京市におけるプログラミング教育者の賃金は月に850米ドルから2100ドルとされる。しかし、第二の都市とされる杭州市ですらIT企業の平均賃金が2,400米ドルなため、プログラミング教育の道を選ぶ絶対数も必然的に少なくなっている。

ポテンシャルとリスク

2019年はプログラミング教育企業に対する投資は比較的緩やかとなったが、それでも多くの資金が集まる分野なのは間違いない。昨年11月には、CodemaoがシリーズCにて約5,700万米ドルの資金調達に成功している。しかし、現時点でどのプログラミング教育企業も自社利益の公開に至っていない。Codemao の CEO Li Tianchi(李天馳)氏は、同社が2019年は損益分岐点に達するとしていたが、それ以来何も動きが無い状況だ。

女性向けコーディング教育プラットフォーム「CXY61(程序媛)」の CEO Chen Bin (陳斌)氏によれば、2020年はプログラミング教育企業にとって鍵となる1年間だとする。成功をおさめ、利益を上げる仕組みを整えるもしくは、多くの企業が倒産を迎えることとなると予想している。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国人民銀行、デジタル人民元に関わる特許84件を申請

SHARE:

米・ワシントンDCに本拠地を置くデジタル商工会議所(Chamber of Digital Commerce、以下CDC)は中国人民銀行が84のデジタル通貨に関わる特許申請を実施したと報じた。同レポートでは、同国デジタル通貨を国家単位でいかに連携利用させていくかに関して触れられている。 重視すべき理由: 着実に進展を続ける中国のデジタル通貨導入に伴い、世界的にもデジタル通貨導入に関する議論が国家単位…

元, 通貨, 中国語, 裏面, お金, 人民元, 法律上の入札
100人民元札に印刷された、中国人民銀行本行
Image credit: TechNode/Eugene Tang

米・ワシントンDCに本拠地を置くデジタル商工会議所(Chamber of Digital Commerce、以下CDC)は中国人民銀行が84のデジタル通貨に関わる特許申請を実施したと報じた。同レポートでは、同国デジタル通貨を国家単位でいかに連携利用させていくかに関して触れられている。

重視すべき理由: 着実に進展を続ける中国のデジタル通貨導入に伴い、世界的にもデジタル通貨導入に関する議論が国家単位で始まっている

  • 中国人民銀行はデジタル通貨導入において、世界的にリードする立場である。
  • しかし、同銀行は同国通貨人民元のデジタル化に関するタイムラインなどの詳細を明らかにしていない

詳細:今回CDCが公開したレポートでは、84の特許資料から分析可能な、同国のデジタル通貨導入に関する詳細が示されていた。それによれば、特許資料には国内における銀行間取引のフレームワークや通貨発行と流通を制御することが可能なプロトコルデザインに焦点が充てられていたという。

  • デジタル人民元(DC/EP) は大きく2つの利用が想定されている。1つは中央銀行と民間銀行間、次いで民間銀行と一般・法人利用だ。
  • 特許ではデジタル人民元がいかに配布・管理されるかに関しても言及されている。デジタル人民元は中央銀行によって発行され、民間銀行を通じて国民に配布される。消費者・法人は自身のモバイルウォレットを利用して個人間で送金することも可能。
  • 特許ではユーザーの個人情報法保護に対して言及されていたものの、デジタル人民元のシステム自体は通貨所有者・資産などに関わる取引データを追跡可能なものとなっている。しかし、個人間による取引では匿名性が保護されていると同資料で述べられている。

背景:デジタル人民元は既に5年の歳月をかけて開発・導入が進められている。昨年12月には、同システムの国内テスト利用が近く始まると報じられている

  • 今年1月には、デジタル人民元に対抗するかのようにカナダ、日本、スウェーデン、スイス、EU各国並びにイギリスがデジタル通貨に関するワーキンググループを発足した

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国の農村向けEコマースは大多数の農家を弱体化させ、駆逐する

SHARE:

もしあなたが農家ではないのであれば、中国の農村Eコマース産業は大きな成功ストーリーだったと言って間違いないだろう。なぜなら、仮に農家が利益を生み出していなかったとしても、Eコマースプラットフォームを展開するテック大手はマーケットシェアとレピュテーションを増やし続け、政府は政策目標の達成に浮き足立ち、消費者は低価格な農業製品に歓喜できるからだ。 Eコマースは、一部の農村に莫大な利益を集中させる。主力…

technode.com-wechatimg6
中国・西安の朝市
Image credit: Liu Weiqi

もしあなたが農家ではないのであれば、中国の農村Eコマース産業は大きな成功ストーリーだったと言って間違いないだろう。なぜなら、仮に農家が利益を生み出していなかったとしても、Eコマースプラットフォームを展開するテック大手はマーケットシェアとレピュテーションを増やし続け、政府は政策目標の達成に浮き足立ち、消費者は低価格な農業製品に歓喜できるからだ。

Eコマースは、一部の農村に莫大な利益を集中させる。主力企業 JD.com(京東)のCSR(社会的責任)プロジェクト「Running Chicken(京東扶貧跑步雞)」は、中国武夷山の農村の各農家の収入を数千元上昇させるという題目で提供されている。しかし同プログラムは、実際には勝者総取りシステムで、多くの商品が失敗に終わっている。そして同マーケット内で商品の販売に失敗すると、販売手続きに生じたコストにより、農村コミュニティは多くの資産を失ってしまう。多くの農家が苦しみ、長い期間、国による買取を頼りに回復するしかなくなってしまうという。

technode.com-e-commerce-is-making-rural-china-more-vulnerable-technode.com-e-commerce-is-making-rural-china-more-vulnerable-running-chicken
JD(京東)の貧困緩和プログラム「Running Chicken(京東扶貧跑步雞)」で提供されるプレミアム鶏肉は1kgあたり190.90人民元(約3,000円)。
Screenshot: Liu Weiqi

巨大テック企業の参入

主要なEコマースプラットフォームは、どこも農業製品の販売マーケティングを行うプログラムを実施している。Alibaba(阿里巴巴)は、数千のオンライン農業製品を提供するサプライヤー「 Taobao Villages(淘宝村)」を組織し、農村地域に就労・ビジネス機会をもたらしている。JDは、従来の典型的な農手法ではなく、社内流通を構築するためのドローンも完備した、農村サービスセンターを設置している。短尺動画配信プラットフォームである「Kuaishou(快手)」は、農村地域のインフルエンサーを育成し、同サービス内のデータ資源を農業生産のプロモーションに投資している。

これらのプレイヤーの中で最も成功しているのは、昨年成長率3倍・売上高650億人民元(約1兆円)を達成した、貧困撲滅プログラムを通した農業商品販売を行う「Pinduoduo(拼多多)」だ。同社は低所得層をターゲットとし、十分な購買力を持たない人々でも安心できる価格帯で商品を提供していることから、競合他社と比較すると、より農村コミュニティにフレンドリーであると言える。2018年に30億ドルの調達を成功させて以降、同社は16億ドルの資金を注ぎ込んだプロジェクトを開始している。

なぜEコマースは魅力的なのか

Eコマースは、農業製品のマーケティングにおける多くの問題を解決することができる。農業品は腐りやすく、標準化不足であり、こと中国においては、非常に小さな規模で、計画性なしに生産されている。農村コミュニティが発展するためには、より統一的な秩序、大きな市場、顧客との透明な相互接続、作付け計画を立てるためのより正確な需要推定などが必要とされている。以上の観点で考えると、地理的・情報的な障壁を取っ払うことのできるEコマースという解決策は、自然な選択だと言える。

また農村Eコマースは、地域のステイクホルダーの需要に沿って展開されもので、中国の貧困撲滅アジェンダの推進を目的とする政府による援助に大きく恩恵を受けている。そして都市部市場の飽和も、テック大手が農村地域を収入源と考える大きな要因の一つである。さらに言えば、都市部にいる出稼ぎの農業労働者が帰郷と共に専門性を田舎の農村地域に持ち帰ることで、農村地域の発展を後押しされている。

農家が失っているもの

Eコマースが農村エリアに移行するにしたがって、従来型の非形式的な販売ネットワークは悪化している。農業製品は、従来あまり制度化されていないマーケティングネットワークを通し、多種多様な代理店を介して販売されていた。この販売ネットワークは、個人間の私的な信用と現金経済の上に成り立っており、全ての参加者が共生し、リスクを共有し、各業者が固有の情報優位性により利益を得ることができていた。仲介者がより特権的なポジションを確立していたことは確かだが、彼らは農家の経営が成り立つように、数年に渡りローンを提供するといった動機を持っていたので、農家が潰れることはなかった。

上述のようなバリューチェーンは、小規模な土地所有者と制度化された市場の間のバッファのように機能していた。しかしこれらの非形式的なシステムは現在、Eコマースによって激しい競争にさらされ、都市計画の変化の中で、都市から追い出されてしまっている。都市部の卸売業者と小売店は、中国の都市部から刻々と姿を消しているのが事実なのである。

technode.com-wechatimg7.jpeg
西安で見られるこの通りは、農村の生産者と都市部の消費者の昔からのつながりを表している。
Image credit: Liu Weiqi

Eコマースは上述の衰退を補填することはなく、着実に農村コミュニティを構造的に脆弱な体質へと変化させている。非形式ネットワークは、持続可能で、包括的で、農村コミュニティの回復力を保証していた。権力は比較的分散されていたし、部分的に何かが崩れても、農家は代替手段を簡単に発見することができた。

一方でEコマースは強固に制度化されているため、アルゴリズムが一部の目立った成績を持つ農家ばかりをプロモートし、収益が不平等に分配される。さらに言えば、プラットフォームというのは生来的に独占体質であり、農村は旧来の非形式ネットワークにおける仲買人と違い、プラットフォームと交渉する余地を持たない。

Eコマースサイトはしばしば、仲介者を排除することを売り文句とするが、実際のところは、新しい類の仲介者を生み出しているだけなのである。CUHK(香港中文大学)人類学博士の Sun Rui 氏のフィールドスタディによれば、ほとんどのオンラインショップは特定企業によって運営されており、e コマースの時代には仲介者としての彼らの立場は、依然として重大なものなのである。

近視眼的なEコマース企業によるマーケティング戦略は、地域の製品評価を破壊しかねない。数千の競合に勝つことを切望する販売者は、しばしば、非倫理的かつ持続可能性のない宣伝・マーケティングを乱用する。有名な例で言えば、臨沂市から流通したリンゴによって、山西省ではマーケティングキャンペーン後にウイルスが流行した。原因は強欲な販売者が、物乞いの人々に対し、既に食べることのできない劣化した商品を大量に販売していたためである。

広告は消費者の同情心に訴えかるが、その多くは誇張され、農村の現実から切り離されている。多くの人が、Eコマース企業が同情マーケティングとして同じ老人の農家の写真を何回も使い回している事実に既に気づいているかもしれない。当然このようなやり口は政府の目にも留まっていて、2018年には、臨沂市政府は、ネガティブかつ近視眼的なマーケティング戦略に対し、公式に非難を行っている。

ブランディングに過ぎない

今日のオンライン農業製品マーケティングの成功は、政府による有利な政策、補助金、法的正当性の提供などの施策の結果であり、 また、Eコマースプラットフォームは、資金、インフラストラクチャーの構築、教育、データ資源を投資し続けている。

ただし、一般的な農村コミュニティはこれらのメリットを享受できない。未だEコマースに従事している農村コミュニティは少数だが、 さらに多くの農村が e コマース市場に参入すると、さらに不利益を被る農家が増加していく。ネットワーク効果により、後発者は簡単に取り残され、市場から除外されてしまう。

革新的なテクノロジーと貧困緩和運動の背後にある、農村地域におけるEコマースの活用とその変革に関するストーリーは、まさにブランディングそのものである。Eコマースを使用して農産物を販売しても、中国の経済構造における農村コミュニティの脆弱な地位を向上させることはできない。 この一連のプロセスは、実際に農村地域の無形資産を破壊すると同時に、中央集権的なビジネスグループに莫大な利益をもたらしているだけなのである。

Eコマースプラットフォームは、平均的な農村コミュニティにとって信頼できるパートナーだろうか。 そうではない。農産物は一般的に需要弾力性がなく、また地方のコミュニティは、実際には「Hema(盒馬鮮生)」のような新しい小売業者によって、単一の市場でグローバルなサプライヤーと競争することを余儀なくされており、非常に過酷な状況に立たされている。

この問題を解決し、中国の農村を救うためには、テクノロジーやマーケティングを超えた対策を行う必要がある。 私たちは、農村経済に不都合な、構造を本当に変えることができるのかと自問すべきではないだろうか。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

コロナ拡散を防げ(1):Ant Financial(螞蟻金融)が中小企業に仮想オフィスアプリへの無料アクセスを提供

SHARE:

Ant Financial(螞蟻金融)は4日、中小企業向けにチームコラボレーションツール「Yuque(語雀)」への無料アクセス提供を開始した。1月下旬から中国国内で蔓延っている新型コロナウイルスの拡散を食い止めるため、多くの中国人労働者が在宅ワークを余儀なくされている状況を受けての判断だ。 要点:ウイルスの大流行による影響がエンタープライズサービス提供者に、無料のサービス解放によって新規ユーザーを…

technode.com-ant-financial-announces-new-enterprise-collaboration-software-yuque-technode.com-ant-financial-announces-new-enterprise-collaboration-software-yuque-wechat-20191209113212-1536x883
Screenshot of Yuque’s official website. (Image credit: TechNode)

Ant Financial(螞蟻金融)は4日、中小企業向けにチームコラボレーションツール「Yuque(語雀)」への無料アクセス提供を開始した。1月下旬から中国国内で蔓延っている新型コロナウイルスの拡散を食い止めるため、多くの中国人労働者が在宅ワークを余儀なくされている状況を受けての判断だ。

要点:ウイルスの大流行による影響がエンタープライズサービス提供者に、無料のサービス解放によって新規ユーザーを獲得するという予期せぬ機会を生み出した。Alibaba(阿里巴巴)の「DingTalk(釘釘)」、Tencent(騰訊)の「WeChat Work(企業微信)」、Bytedance(字節跳動)の「Feishu(飛書)」、Huawei Cloud(華為雲)の「WeLink」はすべて、企業向けのコミュニケーションおよびビデオ会議機能の無償提供を開始した。

  • 延長された春節休暇明けの最初の出勤日となった10日、中国では何億人もの在宅勤務者により大量のトラフィックが発生し、主要なプラットフォームでビデオ会議サービスが一時的に麻痺した

詳細:Ant Financialは、Yuqueの仮想オフィス機能は、小規模企業や組織に対して「長期間にわたり」無料で提供されると述べた。Yuqueはファイル共有、編集、および管理のためのプロフェッショナルなクラウドベースのプラットフォームだ。

  • 中小企業向けに設計されたYuqueの仮想オフィス空間である「Yuque Team(語雀団隊)」は50人まで参加できる。このツールは、チーム内で共有できるテキストファイルとテーブルの数に上限なく、長期間にわたり無料で提供される。非営利組織も無料アクセスの権限がある。
  • 大企業向けに設計された仮想オフィス空間である「Yuque Space(語雀空間)」は、スタンダード利用の3ヶ月の試用期間を無料で提供する。

背景:エンタープライズのチームコラボレーションソフトウェア市場は中国において活況で、Alibabaとその関連会社であるAnt Financialが拡大している市場だ。ライバルのTencentも、WeChatのエンタープライズ版であるWeChat Workを拡大している。

Bytedanceも、4月に独自のエンタープライズメッセージングおよび生産管理ツールでありFeishuとしても知られる「Lark」を発表して以来、この競争に加わっている。

  • 12月にYuqueが初めて発表されたとき、広報担当者はTechNode(動点科技)に、このツールは慈善団体、スタートアップ、公立教育機関に無料で解放されていると語った。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国ライブストリーミング「Kuaishou(快手)」は2019年に72億ドル(7,900億円)を稼いだ

SHARE:

中国メディアJiemian(界面)が2月10日に報じた内容によると、2019年、中国の動画共有アプリ「Kuaishou(快手)」は500億人民元(約72億ドル)の収益を生み出し、ライブストリーミング収益が最大のシェアを占めているという。 重視すべき理由:Kuaishouは中国で最も人気のある短尺動画アプリの1つであり、中国版TikTokである「Douyin(抖音)」の主要なライバルである。 このア…

kwai-kuaishou-app-848x400

中国メディアJiemian(界面)が2月10日に報じた内容によると、2019年、中国の動画共有アプリ「Kuaishou(快手)」は500億人民元(約72億ドル)の収益を生み出し、ライブストリーミング収益が最大のシェアを占めているという。

重視すべき理由:Kuaishouは中国で最も人気のある短尺動画アプリの1つであり、中国版TikTokである「Douyin(抖音)」の主要なライバルである。

詳細:ライブストリーミングからのKuaishouの収益は2019年に300億人民元に達し、ゲームおよびEコマースからの収益は数十億人民元であったとJiemianは報じている

  • オンライン広告からの収益は100億人民元を超えた。
  • 報道をしたアナリストによると、2020年にはライブストリーミングによる収益は伸びる余地がほとんどなく、収益全体は広告およびEコマースビジネスによって支えられると述べている。
  • Kuaishouはコメントリクエストに応じなかった。
  • Kuaishouの約20%の株式を保有する中国のインターネット大手Tencent(騰訊)の子会社であるTencent News(騰訊新聞)は2月10日、同アプリが2019年に広告から130億人民元の収益を生み出したと報じた

背景:Kuaishouは近年、Eコマースやゲームなどのサービスを収益化する取り組みを強化している。

  • 同社は12月、Taobao製品向けのEコマースリファーラル機能を停止した。以前はEコマースマーケットプレイスのリストを動画アプリに表示できた。この動きは、同社が独自のEコマース機能を拡大しようとしていることを示すものと見なされていた。
  • また、2018年12月、ユーザーがアプリ内でビデオゲームをプレイできる「ミニゲーム」機能を開始した
  • 同社の共同設立者兼CEOであるSu Hua(宿華)氏は、6月に従業員に送付される内部書簡で、2019年に3億DAUに到達するという目標を設定した

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

半年で75倍の激増、TikTokのモバイル広告投下がすごいことに

SHARE:

データ計測企業「Singular」がまとめたモバイル広告ネットワーク調査2020 ROI Indexによれば、モバイルユーザ獲得においてTikTokが急拡大していることが分かった。 Singularはモバイル広告ネットワークのROIを測定している。2019年、同社は550の広告ネットワークにわたる22億件のアプリインストールに対する広告費63億ドルを精密に調べた。そして額やアダプション、ROIでは…

01_singular-roi-index
Singular has launched its list of the top ad networks for mobile user acquisition.
Image Credit: Singular

データ計測企業「Singular」がまとめたモバイル広告ネットワーク調査2020 ROI Indexによれば、モバイルユーザ獲得においてTikTokが急拡大していることが分かった。

Singularはモバイル広告ネットワークのROIを測定している。2019年、同社は550の広告ネットワークにわたる22億件のアプリインストールに対する広告費63億ドルを精密に調べた。そして額やアダプション、ROIではGoogleとFacebookがまだリードしているが、TikTokが突然頭角を現してきているということが分かった。

TikTokは1年間で6億1,400万回ダウンロードされ、その広告費は2019年5月から2019年11月にかけて75倍に成長している。

Apple Search Adsも勢いを見せ、地域別リストと分野別リストで12の全てのリストに登場している。GoogleとFacebookの両社は全体的なROIと地域という点で12のトップリストのうち10に姿を見せている。

しかしSingularのCEOであるGadi Eliashiv氏は、「小さめの企業でもまだ特定のニッチな部分では大手を凌駕することができる」とeメールで回答している。

02_singular
Above: This chart captures the rapid rise of TikTok as an effective ad network.
Image Credit: Singular

例えば、Vungleはプライベートエクイティ企業のBlackstoneに7億5,000万ドルで買収される前、ほんの2,500万ドルの資金しか調達していなかったが、8つの地域別リストに姿を見せている。IronSourceは9つの、そしてTapjoyは7つのリーダーボードに名前が挙がっている。

ROIの点でiOS用の広告ネットワークトップ15社は、アルファベット順で、Aarki、AdAction、Apple Search Ads、Applovin、Chartboost、Facebook、Google、IronSource、Liftoff、Moloco、Snap、Tapjoy、Twitter、Unity、Vungleとなっている。

Androidでのトップ15社は、Aarki、AdAction、Applike、Applovin、Facebook、Google、IronSource、Liftoff、Moloco、Nend、Snap、Tapjoy、Twitter、Unity、Vungleだ。

TikTokは今年のSingular ROI Indexで、12のトップチャートのうち2つにしか姿を見せていないが、これは始まったばかりであるためだ。実際、TikTokが急成長を始める8月までは、Singularは同社の広告費をほとんど目にすることはなかった。

03_singular
Above: Singular tracks ad spending in 2.2 billion app downloads.
Image Credit: Singular

Unityは地球上のモバイルゲームの50%にサービス提供している。同社はこの流通網を使い月に100億件以上の広告を行い、しかもそれが上手くいっている。同社は顧客維持の(世界的)トップ広告ネットワークやROIの(世界的)トップ広告ネットワークを含む、リーダーリストのうち9つ(昨年から2つアップ)に名前が載っている。

Amazonがトップリストに載っていないのは単純な理由。現在、Amazonの広告部門はモバイルアプリのインストールよりも小売販売に注力しているのだ。そのため、Amazonの広告部門のサイズがここ数年で3倍になっていても、まだリーダーボードには姿を見せていない。

TwitterやSnapのような中心的なソーシャルプラットフォームは、モバイルのマーケターにとって非常に重要だ。Twitterは12のリーダーボードのうち9つに、Snapはその全てに名前が載っている。すでに印象的だった昨年の結果からさらに向上した形だ。

FacebookとGoogleはスケールしようとしているマーケターに求められているプラットフォームである。Singularは現在iOSではApple Search Adsがそのレベルに達していると言うことができるとしている。量は同等ではないが、Apple Search Adsが届けているモバイルユーザの質は極めて高く、あらゆるiOSカテゴリーで同社をリーダーボードに押し上げている。

Singularはモバイルのマーケティングデータを測定し、分析している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------