BRIDGE

タグ 中国

Notion、中国本土で一時アクセス制限を受ける——数週間前には、武漢の企業がNotionそっくりの「Hanzhou(寒舟)」を公開

SHARE:

生産性向上ツール「Notion」は5月25日、中国国内からのアクセスできなくなっていると発表した。数週間前には、中国のスタートアップが Notion に似たアプリを開発・リリースしており、批判を集めていた。 重要視すべき理由:中国国内からアクセスできないサイトは通常、情報やコミュニケーション手段を提供するサービスである。Notion のような生産性向上ツールが制限されることは稀だ。 Notion …

Image credit: Notion

生産性向上ツール「Notion」は5月25日、中国国内からのアクセスできなくなっていると発表した。数週間前には、中国のスタートアップが Notion に似たアプリを開発・リリースしており、批判を集めていた。

重要視すべき理由:中国国内からアクセスできないサイトは通常、情報やコミュニケーション手段を提供するサービスである。Notion のような生産性向上ツールが制限されることは稀だ。

  • Notion は5月第4週、無料プランユーザ向けに主要なノート機能の制限を解除したことを発表した
  • Notion では、ユーザは自分のノートを公開してすることができ、実質的にはコンテンツ管理システム(CMS)となっている。中国での利用が制限されている理由の一つに、Notion のノート公開機能があるのではないかとの憶測がある

詳細情報:Notion は Twitter 上で、「中国のファイヤウォールでブロックされ、状況を監視している」とツイートした

  • ウェブサイトパフォーマンスツール「Chinaz(駅長之家)」によれば、中国全土のどの地域からも Notion へアクセスできないとしている。
  • Notion が制限を受けたことは中国の SNS「Weibo(微博)」で話題となり、多くのユーザが「Notion に保存されているノートへのアクセスが一晩のうちに禁止された」と不満の声を寄せている
「Hanzhou(寒舟)」のユーザインターフェイスのスクリーンショット
Image credit: TechNode(動点科技)

背景:Notion が中国でブロックされる数週間前には、ある中国企業が「Hanzhou(寒舟)」という Notion クローンをリリースした。

  • 中国のオンライン開発者フォーラム「V2ex」の匿名ユーザは、23日に公開した記事の中で Hanzhou が Notion のユーザインターフェイスや機能、さらにはコードまで盗用していると非難した。
  • 中国工業情報技術部(日本の経済産業省に相当)が管理するデータベース上のウェブサイトの登録情報によると、Hanzhou は湖北省中央部の武漢に拠点を置くスタートアップによって4月に立ち上げられた。同社からコメントを得ることはできなかった。
  • 2013年に設立された Notiion は、Index Ventures などの投資家から5,000万米ドルを調達後、4月には評価額が20億米ドルに達した

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国版スーパーシティを標榜する杭州市、新型コロナ収束後も健康コードシステムの拡大使用を検討——市民はプライバシー侵害や差別助長を懸念

SHARE:

中国東部に位置する杭州市の政府当局は、パンデミック対策の健康コード(健康碼)システムを長期使用することを提案した。これは国のロックダウン期間中に市民の健康リスクを診断するという目的をはるかに超えており、ユーザのプライバシーに対する懸念をさらに深めている。 重視すべき理由:新型コロナウイルス流行のピーク時に、中国全土においてローカルの「健康コードシステム」が急速に導入されたことで、今後の健康監視のあ…

上海市民は健康コードがグリーンであれば市内を自由に移動できる。
Image credit: TechNode/ Shi Jiayi

中国東部に位置する杭州市の政府当局は、パンデミック対策の健康コード(健康碼)システムを長期使用することを提案した。これは国のロックダウン期間中に市民の健康リスクを診断するという目的をはるかに超えており、ユーザのプライバシーに対する懸念をさらに深めている。

重視すべき理由:新型コロナウイルス流行のピーク時に、中国全土においてローカルの「健康コードシステム」が急速に導入されたことで、今後の健康監視のあり方について疑問が投げかけられた

  • 提案された健康コードが提供するのは、緑、黄、赤といった個別の色でのスコアリングではなく、運動、喫煙、飲酒、睡眠などの習慣からなる多くのデータポイントに基づいたスライディングスケールの数値スコアである。
  • 発表された資料から、都市レベルのランキングシステムや企業・組織にも利用されることが示唆される。
  • 価値のあるツールだが、健康コードの不透明性が問題となっている。色による格付けでユーザの日常生活に影響を与える一方、その根拠となるインプットについてはほとんど明らかにされていない。
企業が杭州の新健康コードシステムを使用した例(webサイト「Healthy Hangzhou(健康杭州)」より)。
Image credit: TechNode/Shaun Ee

詳細情報:この提案(中国語)は杭州保健委員のSun Yongrong(孫雍容)氏によるもの。同氏は5月22日、健康コード使用の「深化」について他の委員と議論するための集まりを開いた。新しいスライディングスケールシステムはまだ端緒に就いたばかりだが、健康コードがなくならないことに対する懸念が強まっている。

  • 健康コードがさらに拡大される可能性を報じるニュースにネチズンの非難が集中している。杭州のニュースアカウントが投稿した簡易ブログプラットフォーム「Weibo(微博)」の記事に対し、何千件ものコメントがついた。
  • 「ユーザの個人データにアクセスする権利を与えたのは誰ですか? 医療データは完全に個人的な問題です。なぜそれを利用して病人を差別するための準備を進めようとしているのですか?」という「Suyin Hulü(素銀湖緑)」氏の発言に1万5,000件の「いいね」が集まっている。
「最杭州」が Weibo に投稿した新健康コードに関する記事に対して、プライバシーの侵害や差別の助長を批判する返信が寄せられた(2020年5月25日撮影)
Image credit: TechNode

背景:中国が市民データのさらなる活用を検討している分野は健康監視だけにとどまらない。中央政府も地方政府もともに、ビッグデータの活用を推進している。

  • プレスリリースは、当初は交通の流れを改善することを目的として Alibaba(阿里巴巴)が主導し、後に拡大されたプロジェクト「杭州シティブレイン2.0(杭州城市大脳2.0)」に賛同するものである。
  • 国家レベルで言うと、中国は地方政府間のデータを大規模に統合する国家統合プラットフォームも推進している。このようなローカルな健康コードシステムが全国レベルのプラットフォームとどのように連携するかは不明だ。
  • 中国の市や省は独自の健康コードシステムを試すための幅広い自治権を付与されており、Alibaba の本拠地である杭州市はその最前線にある。杭州市はこのようなシステムを2月に初めて発表した。今後の動向は注目に値する。

結論:これまで健康コードは感染症の流行に焦点を当て、主に移動経路や臨床症状などのデータを収集してきた。これをさらに拡大することは巨大な事業だ。杭州市がどのようにして大規模なデータ収集のプロジェクトに着手するのかは提案では明確にされていない。

<関連記事>

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Tencent(騰訊)、60億米ドルを社債で調達——アジアの非金融企業で今年最大額

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 Tencent(騰訊)は、複数の社債発行により合計60億米ドルをデット調達したと発表した。 タームシートによると、この債券は6月3日に発行される予定で、取引は5月29日早々に最終決定…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Tencent(騰訊)は、複数の社債発行により合計60億米ドルをデット調達したと発表した。

タームシートによると、この債券は6月3日に発行される予定で、取引は5月29日早々に最終決定された。Tencent は5年債で10億米ドル、10年債で23億米ドル近く、30年債で20億米ドル、40年債で7億5,000万米ドルを調達した。

Tencent(騰訊)本社
Image credit: Masaru Ikeda

Refinitiv がまとめたデータを引用したロイターの報道によると、これはアジアの非金融企業による今年のこれまでの最大の取引である。

Tencent は、詳細情報は開示せず、債券売却の収益を借り換えと一般的な企業目的のために使用する予定であると述べた。

今週初め、Tencent は、クラウドコンピューティングや AI などの新興技術分野に今後5年間で約700億米ドルを投資すると発表した。この動きは、Alibaba(阿里巴巴)や Baidu(百度)など中国国内のテック大手との競争する中で、Tencent を支援する。

Tencent はまた、これらの計画の資金調達のために、最大200億米ドルの新規債券を発行する予定。同社はこれより前にも60億米ドルの債券を発行しており、同プログラムのもとでの未払債券が180億米ドルの債券に達することになる。

同社は先日、2019年第4四半期の総売上額が152億米ドルに達し、会計年度ベースで最も好調な四半期となったことを報告した。また、2018年第4四半期に比べ、29%増の37億米ドル近い利益を計上した。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

米政府、中国のテック企業30社超を貿易禁止ブラックリストに追加へ

SHARE:

アメリカは22日、中国に対する最新の反発として、人権侵害への関与や軍との関係を指摘されている30社超の中国企業や機関を、貿易ブラックリストに追加すると発表した。 重要視すべき理由:今回の発表がなされた先週から今週にかけては、中国で最も重要な政治会合である2つの会議(両会=全人代と政治協商会議)に参加するため、中国全土から集まった代表(議員)や政治顧問が北京に滞在している。 貿易禁止令に追加されるこ…

Image credit: Wallpaper Flare

アメリカは22日、中国に対する最新の反発として、人権侵害への関与や軍との関係を指摘されている30社超の中国企業や機関を、貿易ブラックリストに追加すると発表した。

重要視すべき理由:今回の発表がなされた先週から今週にかけては、中国で最も重要な政治会合である2つの会議(両会=全人代と政治協商会議)に参加するため、中国全土から集まった代表(議員)や政治顧問が北京に滞在している。

  • 貿易禁止令に追加されることで、指定された中国企業は政府承認無しにアメリカ企業から製品や技術を購入することが事実上禁止される。

詳細情報:アメリカ商務省は、中国北西部のウイグル自治区での人権侵害加担した疑いがあるとして、9つの企業や機関を貿易禁止令に追加した。このうち7社は、「中国のハイテク監視プログラムを可能にした」として、いわゆる「エンティティ(ブラック)リスト」に追加された。

  • 商務省の声明によると、この7社には顔認証企業 Cloudwalk Technology(雲従科技)と Sensenets(深網視界)、監視企業の Netposa(東方網力)、AI チップメーカーの Intellifusion (雲天励飛)が含まれる。
  • 加えて商務省は、中国軍との関係が疑われる24の企業や機関をブラックリストに登録したと別の発表で述べている。その中には、有名サイバーセキュリティ企業 Qihoo 360(奇虎 360)や、ソフトバンクが出資するロボット企業 Cloudminds(達闥科技)などが含まれる。
  • Qihoo は、今回の告発に「断固として反対」すると強い言葉で声明を発表した。
  • また、ハルビン工業大学(哈爾浜工業大学)や北京計算科学研究センター(北京計算科学研究中心)など、アメリカの国家安全保障に影響を及ぼす可能性のある活動に関与している、または関与する危険性が高いと判断された大学や研究機関も、リストに登録された。
  • アメリカ商務長官の Wilbur Ross 氏は声明の中で、「中国がアメリカの利益を損なう活動にアメリカの商品や技術を利用することを防ぐことを目的としている」と述べている。

背景:中米間の対立は長きに渡って続いているが、今回の動きは中国のハイテク企業に対するワシントンの最新の攻撃と言える。

  • アメリカは10月、AI の Sensetime(商湯)、顔認識の Megvii(昿視)、監視カメラメーカーの Hikvision(海康威視)などをブラックリストに登録した
  • アメリカはまた、国家安全保障上の懸念を理由に、Huawei(華為)の5G展開への関与を制限しようとしている。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Bytedance(字節跳動)、TikTok(抖音)のCEOにディズニー元幹部を抜擢——米国での懸念噴出に対応か

SHARE:

人気の短編動画アプリ「Tiktok(抖音)」を運営する Bytedance(字節跳動)は19日、Tiktok の CEO に元ウォルト・ディズニー・カンパニーのストリーミング部門元幹部 Kevin Mayer 氏を任命したと発表した。 重要視すべき理由:同社は、中国企業による所有であることをめぐる懸念に対処する取り組みを強化している。Bytedance は4月、サイバーセキュリティのベテラン Ro…

Photo credit: Alexey Malkin / 123RF

人気の短編動画アプリ「Tiktok(抖音)」を運営する Bytedance(字節跳動)は19日、Tiktok の CEO に元ウォルト・ディズニー・カンパニーのストリーミング部門元幹部 Kevin Mayer 氏を任命したと発表した。

重要視すべき理由:同社は、中国企業による所有であることをめぐる懸念に対処する取り組みを強化している。Bytedance は4月、サイバーセキュリティのベテラン Roland Cloutier 氏を CISO(最高情報セキュリティ責任者)に任命した。また昨年には、YouTube の元幹部 Vanessa Pappas 氏などアメリカで幹部を任命するなど、Tiktok を中国の運営から切り離す努力を強化している。

  • Mayer 氏は Bytedance の上級職にも就いており、Bytedance の中国本社が現在も Tiktok を厳しく管理していることを示唆している。

詳細情報:Bytedance が18日に発表した声明によると、同社は Mayer 氏を Bytedance COO 兼 Tiktok CEO に任命した。

  • Mayer 氏は、Bytedance の創業者兼 CEO Zhang Yiming(張一鳴)氏の直属となり、同社のグローバル展開を指揮することになる。また、Mayer 氏は Bytedance の企業開発、営業、マーケティング、広報、セキュリティ、コンテンツモデレーション(不適切コンテンツの監視)、法務を担当することになると同社は述べている。
  • Mayer 氏は18日にディズニーを退任し、Bytedance には6月1日に着任する。
  • 声明によると、Tiktok の前身である Musical.ly の創業者であり、現在 Musical.ly の社長を務める Alex Zhu(朱駿)氏 は、Bytedance の製品・戦略担当 VP に就任する。

Mayer 氏はグローバルビジネスを成功させた豊富な経験を持ち、世界中のユーザのクリエイティビティを刺激するという我々のミッションに最適な人物だ。世界で最も実績のあるエンターテインメント経営幹部である Mayer 氏は、Bytedance の製品ポートフォリオを次のレベルに引き上げる上で適任だ。(Bytedance の創業者兼 CEO Zhang Yiming 氏)

背景:Mayer 氏は、ディズニーの複数のストリーミング事業を担当する子会社 Direct-to-Consumer & International の会長を務めていた。11月に開始したストリーミングサービス「Disney+」のグローバルローンチを主導し、5ヶ月で5,000万人以上の加入者を集めた。

  • Bytedance は、時価総額が約1,000億米ドルと推定される世界で最も評価額の高いスタートアップの1つであり、中国以外の市場での存在感を精力的に拡大している。創業者の Zhang 氏は3月、国外事業を引き継いだ
  • Tiktok は中国との関係をめぐってアメリカでの監視の目が厳しくなっている。調査会社 Sensor Tower によると、アメリカでダウンロード件数1億7,200万件に達したアプリが国家安全保障上のリスクをもたらす可能性があるかどうかについて、アメリカの議員数人が疑問を呈している
  • Tiktok は今年3月、セキュリティとプライバシーに関する懸念に対処するため、アメリカのオフィスにコンテンツモデレーションのトランスペアレンシーセンターを設置すると発表した

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba(阿里巴巴)創業者のJack Ma(馬雲)氏、ソフトバンク取締役を退任へ

SHARE:

日本のソフトバンクグループは18日、Alibaba(阿里巴巴)共同創業者の Jack Ma(馬雲)氏の取締役辞任を発表した。同氏の任期は約13年間に及んだ。 重要視すべき理由:Ma 氏がソフトバンクの取締役を辞任したのは、慈善活動に専念すべくビジネスから離れるようになったことの一環で、ソフトバンク CEO 孫正義氏の側近として注目されてきた Ma 氏の、最も最近の退任事案である。 ソフトバンク・ビ…

Image credit: Alibaba(阿里巴巴)

日本のソフトバンクグループは18日、Alibaba(阿里巴巴)共同創業者の Jack Ma(馬雲)氏の取締役辞任を発表した。同氏の任期は約13年間に及んだ。

重要視すべき理由:Ma 氏がソフトバンクの取締役を辞任したのは、慈善活動に専念すべくビジネスから離れるようになったことの一環で、ソフトバンク CEO 孫正義氏の側近として注目されてきた Ma 氏の、最も最近の退任事案である。

  • ソフトバンク・ビジョン・ファンドは昨年、WeWork への大規模投資が失敗し、数十億ドルの損失を出した。ソフトバンクのもう一つの主力投資先であるインドのホテルチェーン「Oyo」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界的に旅行業界の動きが鈍化、大規模なレイオフを開始した。
  • ソフトバンクは、投資先スタートアップの価値の価値が下落する中、株価を押し上げるべく自社株を買い戻している。
  • ソフトバンクが WeWork の IPO 失敗の影響と戦っていた12月、ユニクロを運営するファーストリテイリングの創業者 兼 CEO 柳井正氏は、ファッション事業に専念することを理由にソフトバンク取締役を辞任した

詳細情報:ソフトバンクの18日の発表によると、Ma 氏の取締役としての任期は6月25日に満了する。

  • 3人の新取締役が推薦されており、最終的には株主の承認を待って6月25日に選任される。
  • 提案された3人の取締役は、ソフトバンク CFO の後藤芳光氏、半導体設計ソフトウェア会社ケイデンス・デザイン・システムズ CEO で VC である Walden International 会長 Lip-Bu Tan(陳立武)氏、早稲田大学ビジネススクール教授の川本裕子氏。Tan 氏と川本氏は現在社外取締役で、川本氏は唯一の女性取締役となる。
  • ソフトバンクが18日に発表した別の声明によると、2021年3月までに自社株1億3,500万株、総株式数の約6.7%の株式を買い取る予定。

背景:Jack Ma 氏は昨年9月、自身が1999年に設立した EC 大手 Alibaba の日常の役割から退任した

  • かつて杭州で英語教師をしていた Ma 氏は、引退後の現在は教育に力を注いでいる。新型コロナウイルスが感染拡大する中、Ma 氏は自身の慈善財団を通じて、アメリカ、アフリカ全土、イタリア、スペインをなどに検査キットとマスクを寄付した。
  • 孫氏は、Alibaba とYahoo の初期投資家として知られている。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

技術至上主義の覇権争いが続く中、米中がAI分野で先手を狙う本当の理由〜英スローニュース団体主催「Tortoise Global AI Summit」から

SHARE:

米中間で緊張と技術的な対立が激化する中、AI がその中心的な役割を果たしている。BBC の前ニュースディレクターらが立ち上げたスローニュース(調査報道)系ジャーナリズムネットワーク「Tortoise」は15日、「Tortoise Global AI Summit」をオンライン開催した。世界の超大国アメリカと中国の関係がますます険悪になっていることについて、トランプ大統領が貿易戦争を開始する前から、…

Image credit: Wallpaper Flare

米中間で緊張と技術的な対立が激化する中、AI がその中心的な役割を果たしている。BBC の前ニュースディレクターらが立ち上げたスローニュース(調査報道)系ジャーナリズムネットワーク「Tortoise」は15日、「Tortoise Global AI Summit」をオンライン開催した。世界の超大国アメリカと中国の関係がますます険悪になっていることについて、トランプ大統領が貿易戦争を開始する前から、両国の競合関係に苦言を呈してきたパネリストらが議論した。

二国間の競争は幅広い技術に及んでいるが、多くの人が今後数十年の間に AI が果たすであろう本質的な役割のおかげで、AI がますます注目されるようになってきていることについて、パネリストの3人は同意している。そして、AI の覇権争いが中国とアメリカだけでなく、他のすべての国がこの技術競争の中で自らの立ち位置を見直さざるを得なくなっている。

世界の二大国の関係が悪化している中で、技術競争を目の当たりにしている。この2つの国はほぼ同規模の経済規模を持ち、世界を支配するための影響力を誇示するための手段として、その経済基盤を利用している。技術競争が広範になる中で、AI は中心的な位置付けを占めている。(イギリスの諜報機関 MI6 の元トップ John Sawers 氏)

Sawers 氏と共にパネルディスカッションに参加したのは、イギリスの新興半導体メーカー Graphcore CEO の Nigel Toon 氏と、イギリス政府 AI 庁(Office for AI)長官の Sana Khareghani 氏。

中国とアメリカに関しては、彼らは非常に長い間、対立の中心に AI を置いてきたと思う。それはリーダーになるための経済競争であり、テクノロジーはそこに投げ込まれたようなものだった。(Khareghani 氏)

パネリストらは、アメリカでの AI の取り組みは企業が主導しているのに対し、中国では政府の政策によってイノベーションが推進されているという従来の常識について議論したが、Toon 氏はその見解に反論した。彼は中国政府がアメリカよりも大きな役割を果たしていることを認めながらも、中国での AI 開発の多くは Alibaba(阿里巴巴)や Huawei(華為)のようなテック大手が主導していて、彼らは Google や Facebook と同じモチベーションを持っている、と述べた。

そういった大手は、外から見れば無敵に見えるかもしれない、と同氏は言う。しかし、彼らは優れた AI プロダクトを作り出す競合への恐れに駆られている。

イギリスの新興半導体メーカー Graphcore CEO の Nigel Toon 氏

テック大手の立場から見てみれば、AI は彼ら自身の存亡に関わるテクノロジーだ。もし他の誰かが Google よりも早く最先端の AI を開発したら………Google はそれを心配している。だからこそ、彼らはこの分野に大金を投資している。Facebook が AI に大金を投資しているのもそのためだ。Google が DeepMind を買収した理由もまさにそれ。こうしたテック大手にとって、AI は自らの存亡に関わるものでしかない。Alibaba にとっても、Tencent(騰訊)にとっても。(Toon 氏)

中国が大きく違うのは、政府がテック企業とより緊密で協力的な関係を築いていることだと Toon 氏は付け加えた。さらに、中国のプライバシーやデータに関する政策や文化は、中国に優位性を与えている。

(中国では)データの収集や利用に何の制約も無い。欧米では、自由な社会の一部として個人のプライバシーに誇りを持っている……中国は大都市の内部に監視システムを設置しているが、これは非常に強力で、(秘密警察の支配を背景とした恐怖政治を行った)スターリンが死んでもおかしくないような制御メカニズムだ。これは中国政府にとって、この分野でアドンバンテージをもたらす。なぜなら、AI と機械学習はデータの大量収集に非常に大きく依存し、そのデータを咀嚼・操作することができるからだ。(Sawer 氏)

この二者択一の図式は、必然的にヨーロッパがその図式の中の、どこにどのように収まるのかという問題につながった。欧州連合(EU)は近年、AI の開発を政治的にも、経済的にも優先させている。この地域は研究やスタートアップに多額の投資を行っているが、米中よりも倫理的なアプローチで AI に取り組むことで、独自のアイデンティティを確立しようとしている。

Khareghani 氏は、大きなリードを持つ米中のベンチャーキャピタルが示す数字は、ヨーロッパの強さを過小評価する傾向があると述べた。

AI にどれだけの投資をしているかという点では、米中が特定の方法でリードしていることを考慮する価値があると思う。しかし、集中、貢献、思考のリーダーシップという点では、カナダ、ドイツ、フランスなどの国と並んで、イギリスが上位に位置している。つまり、判断材料には、資金をどれだけ調達しているかだけでなく、それ以上のものを考慮すべきだと思う。(Khareghani 氏)

イギリス政府 AI 庁(Office for AI)長官の Sana Khareghani 氏

しかし、ヨーロッパにはいくつかの深刻な限界がある。例えば、ヨーロッパはディープテック関連の多くの分野で目覚ましい進歩を遂げているが、高度なコンピューティングの開発に必要な基本コンポーネントの多くを他国に大きく依存していると Toon 氏は指摘している。

コアとなる基礎技術の一部については、供給量が非常に限られている。半導体を例に挙げてみよう。半導体の最先端で製造できる企業は地球上に3社しかない。我々は台湾に拠点を置く TSMC(台積電)と協力している。ヨーロッパの我々がこういった最先端の半導体技術を開発できるとは信じがたい、あるいは不可能だと思う。(Toon 氏)

では、ヨーロッパはどのように対応すべきなのだろうか。Toon 氏は、データや AI の利用に関する規制強化は、国民の信頼と信頼を促進することを目的としているものの、地域企業の活動を阻害することで裏目に出てしまうのではないかと懸念している。

こういった最先端技術へのアクセスができないために、ヨーロッパが競争に参加できなくなるような政策を実施しないよう注意する必要がある。(Toon 氏)

これまでヨーロッパは、米中と協力してその地位を利用しようとしてきた。しかし、最近の出来事はそれを難しくしている。米中が貿易障壁を作り、技術の独立性を主張するようになれば、ヨーロッパは両者との関係を見直さなければならなくなるだろう。

イギリスの諜報機関 MI6 の元トップ John Sawers 氏

長い間、ヨーロッパは、どうにかして両方の世界のベストを手に入れることができると感じていたと思う。そうすれば、アメリカとの政治的・防衛的な同盟関係を維持しつつ、中国を対等な経済パートナーとして扱うことができる。多くのヨーロッパ人にとっては、新型コロナウイルスをきっかけに、現在の中国政権の本質について目から鱗が落ちたと思う……中国ははるかに自己主張が強くなった。我々は、中国が香港で、そして、南シナ海で、何をしているかを見ている。サイバーセキュリティの分野で何をしているかを見ている。中国がどれだけ抑圧的であるかを見ている。(Sawers 氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

中国のオンデマンド配送プラットフォーム「Dada Nexus(達達)」、NASDAQへのIPOを申請

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 中国のローカル・オンデマンド配送プラットフォーム「Dada Nexus(達達)」は、NASDAQ にティッカーコード「DADA」で IPO 申請した。目論見書によると、同社は IPO…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


中国のローカル・オンデマンド配送プラットフォーム「Dada Nexus(達達)」は、NASDAQ にティッカーコード「DADA」で IPO 申請した。目論見書によると、同社は IPO で1億米ドルの確保を期待しているが、IPO により最大で5億米ドルを調達できる可能性があると見られている。

Image credit: Dada Nexus(達達)

同社は、技術や研究開発への投資、マーケティング活動の実施、ユーザベースの拡大など、事業拡大に資金を使う計画だ。また、申請内容によると、運転資金のニーズや潜在的な戦略的投資・買収にも資金を充てる計画だとしている。

2014年に設立された Dada Nexus は、配送プラットフォーム「Dada Now」を運営している。現在、Dada Now の都市内配送サービスは中国の700以上の市と県をカバーしており、ラストマイル配送サービスは2,400以上の市と県をカバーしていると、同社は述べている。

Dada は2016年、JD.com(京東)のオンデマンド小売サービス「JD-Daojia(京東到家)」を買収した。今年3月31日までの12カ月間で、取扱注文数は1億3,470万件、サービスを利用したアクティブ消費者数は2,760万人、Dada の取扱高は157億人民元(約2,380億円)に達した。

<関連記事>

<参考文献>

しかしながら、Dada はまだ黒字化していない。過去3年にわたり連続して、14億人民元(約212億円)、19億人民元(約288億円)、17億人民元(約258億円)の赤字を報告している。今年3月31日までの3カ月間では、3,940万米ドル(約42.4億円)の純損失を計上した。

2018年には、JD.com とウォルマートから5億米ドルの資金調達を行った。それ以外の出資者には、DST Global や Sequoia Capital などが名を連ねている。

Dada の中国での競合は、香港上場 の Meituan Dianping(美団点評)、Alibaba(阿里巴巴)傘下の Ele.me(餓了麼)や Hema(盒馬鮮生)などだ。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

中国の中古車販売プラットフォーム「Guazi(瓜子)」運営、Sequoia Capital China(紅杉資本)やソフトバンクVFから2億米ドルを調達

SHARE:

Chahaoduoo Group(車好多集団)は6日、Sequoia Capital China(紅杉資本)とソフトバンク・ビジョン・ファンドから2億米ドルの資金調達を完了したと発表した。同社はクラシファイドサイト「58.com(58同城)」の支援を受けており、オンライン中古車プラットフォームの「Guazi(瓜子)」や新車販売の「Maodou(毛豆)」の親会社でもある。 重要視すべき理由:この取引…

「Guazi(瓜子)」のオフライン販売店舗
Image credit: Chehaoduo(車好多)

Chahaoduoo Group(車好多集団)は6日、Sequoia Capital China(紅杉資本)とソフトバンク・ビジョン・ファンドから2億米ドルの資金調達を完了したと発表した。同社はクラシファイドサイト「58.com(58同城)」の支援を受けており、オンライン中古車プラットフォームの「Guazi(瓜子)」や新車販売の「Maodou(毛豆)」の親会社でもある。

重要視すべき理由:この取引は、中国のオンライン自動車取引業界に対する VC ファンドからの新たな関心を示唆している。自動車販売業界は、1月中旬に新型コロナウイルス感染拡大による危機が発生して以来、最悪の打撃を受けた業界の一つだ。

  • 中国のベンチャーキャピタルによる取引は徐々に回復しつつある
  • ソフトバンク・ビジョン・ファンドは、旗艦投資の一部で大きな挫折に直面している。
  • ソフトバンク・ビジョン・ファンドを代表する出資案件では、WeWork が昨年の IPO 失敗後に評価額が80%以上も下落、また、Oyo は世界中での大規模なレイオフ計画で同様の問題に直面している。

詳細情報:今回の資金調達は、同社のシリーズ D ラウンドのフォローオンであり、シリーズ D ラウンド全体の総資金調達額は17億ドルになる。北京を拠点とする同社は2019年2月、シリーズ D で90億米ドルのバリュエーションで、ソフトバンクから15億ドルを調達している

  • 同社によると、この資金は Guazi と Maodou のアフターサービス連携強化や、新型コロナウイルス感染拡大からの自動車販売市場の回復を後押しするために使われるという。
  • Chehaoduo(車好多)は、2019年第4四半期に新車事業(Maodou)と中古車事業(Guazi)の両方で黒字だったとしている。
  • 同社は12月中旬の公約を果たし、2019年第4四半期に新車事業と中古車事業の全体的な利益を記録している。
  • 次の成長ステージに向けて、Chehaoduo CEO の Mark Yang(楊浩涌)氏は、同社のさまざまな事業部門間でより大きなシナジー効果を生み出し、規制当局、OEM、ディーラーなどパートナーとの協力関係を深めていくことを期待している。

背景:以前は Guazi として知られていた Chehaoduo は、2017年に Maodou と合併して誕生した。Guazi は、オンラインとオフラインの販売チャネルに積極的に展開している。

  • Guazi の競合「Uxin(優信)」は、昨年4月の空売り報道から今年3月の雇用停止のニュースに至るまで打撃を受け、2019年から苦戦を強いられている。
  • 新型コロナウイルスは中国の中古車取引市場にマイナスの影響を与え、中国自動車ディーラー協会(中国汽車流通協会)の統計によると、今年3月の販売台数は前年同月比24.06%減の94万9,700台だった。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Tesla、現地生産「Model 3」の販売などをめぐり中国で10件以上の訴訟に直面

SHARE:

先日上海市の裁判所で発表された情報によると、アメリカの電気自動車(EV)メーカー Tesla は、中国国内で個人からの民事訴訟が少なくとも8件、販売契約に関する紛争をめぐる集団訴訟を2件起こされている。 重要視すべき理由:Tesla は、中国製の Model 3を出荷してからわずか5ヶ月にも関わらず、透明性の欠如、頻繁な価格変更、販売情報の詐称疑惑などを要因に訴訟を起こされるほど、批判に晒されてい…

中国現地生産の Model 3
Image credit: Tesla

先日上海市の裁判所で発表された情報によると、アメリカの電気自動車(EV)メーカー Tesla は、中国国内で個人からの民事訴訟が少なくとも8件、販売契約に関する紛争をめぐる集団訴訟を2件起こされている。

重要視すべき理由:Tesla は、中国製の Model 3を出荷してからわずか5ヶ月にも関わらず、透明性の欠如、頻繁な価格変更、販売情報の詐称疑惑などを要因に訴訟を起こされるほど、批判に晒されている。

上海市の裁判所システムが公開した情報によると、Tesla の販売サービス子会社に対する民事訴訟は、2020年5月19日から来月にかけて2つの地方裁判所で合計10件の審理が行われる。

詳細情報:上海浦東新区の地方裁判所は、5月19日からの1ヶ月間で、Tesla の完全子会社である特斯拉(上海)有限公司を相手に、個人8名が起こした民事訴訟の審理を行っている。

  • 一方、同社に電子機器を販売する地元の零細企業2社は、販売契約に関する問題を理由に、Tesla の中国販売事業を個別に民事で訴えている。
  • 原告の1人は15日、TechNode(動点科技)からの問い合わせに対し、詳細は明かさなかったが集団訴訟であるという事実だけを認めた。
  • Tesla にコメントを求めたが、回答は得られなかった。
  • ある中国メディアは原告の会社担当者の話を引用し、主張されている集団訴訟はおそらく Tesla の中国製 Model 3 の値下げに関連していると報じている。
  • 先月初め、Zhang(張)氏という名前の女性顧客が、値下げの予定を知らされていなかったため、新車購入時に3万人民元(約45万3,000円)の追加料金を支払うことになったと訴えた。
  • Zhang 氏は4月上旬に支払を終えたとき、営業担当者は近い将来に値下げをしないと約束したという。しかし、購入から2週間後の5月1日、Tesla は現地生産の Model3 の10%の値下げを発表し、最安モデルの補助金適応後価格を30万3,550人民元(約458万円)から27万1,550人民元(約410万円)に引き下げた。
  • Tesla の最近の値下げは、EV 補助金に関する政府の最新の要件を満たすために取られた措置だった。同社が利益率を維持するために約5,000人民元の価格を引き上げたちょうど1週間後、補助金制度は変更された。したがって、現在の補助金制度下では、Model 3 への適応補助金は減少している。

背景:現在おそらくもっと多くの苦情が Tesla に寄せられていることだろう。先月600人以上の消費者が、同社の営業担当者が6月に販売開始予定の高性能な長距離モデルの発売日を隠しつつ、一方で初版の Model 3 の購入を煽ったと主張し、共同声明を発表している。

  • 11日、Fu 氏と名乗る Tesla オーナーに質問を行ったところ、Tesla が満足のいく解決策を未だ提供していないことを理由に、多くの Tesla オーナーで団結し訴訟を起こす予定であると述べた。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------