タグ 中国

住宅地向け共同購入サービス運営5社に罰金、中国でも「シー・エコノミー」が台頭など——中国テックシーン・アップデート

SHARE:

先週、政府当局はコミュニティグループ購入プラットフォーム5社に価格ダンピングの罰金を科した。中国では女性による消費が拡大するにつれ、シー・エコノミー(SHE-economy、女性経済圏)が台頭している。越境ECサイト「Ymatou(洋碼頭)」とコーヒーチェーン「Manner Coffee」が新たな資金を獲得した。 コミュニティグループ購入を抑制 中国の市場監督当局は、コミュニティグループ購入プラッ…

グループ購入リーダー宅に届いた商品。近隣の人々が商品をピックアップに来る。
Image credit: TechNode/Emma Lee

先週、政府当局はコミュニティグループ購入プラットフォーム5社に価格ダンピングの罰金を科した。中国では女性による消費が拡大するにつれ、シー・エコノミー(SHE-economy、女性経済圏)が台頭している。越境ECサイト「Ymatou(洋碼頭)」とコーヒーチェーン「Manner Coffee」が新たな資金を獲得した。

コミュニティグループ購入を抑制

中国の市場監督当局は、コミュニティグループ購入プラットフォーム運営5社が価格ダンピングを行っていたとして、総額650万人民元(約1.1億円)の罰金を科し、北京ではこのレッドホットな業界を規制する取り組みを強化している。

罰則の対象となったのは、Didi(滴滴)の「Chengxin Youxuan(橙心優選)」、Pinduoduo(拼多多)の「DuoDuo Maicai(多多買菜)」、Meituan(美団)の「Meituan Youxuan(美団優選)」、Alibaba(阿里巴巴)が支援する「Nicetuan十薈団 )、そして 武漢を拠点とする「Shixianghui(食享会)」である。動点科技

女性消費者が成長の原動力

  • オンライン小売業者の JD.com(京東)が発表したレポートによると、中国の女性買い物客は、75%の家庭で家計からの購入内容を決定しており、家計に占める自分のための支出がますます増えている。このレポートは、3月8日の国際女性デーに発表された。女性は、化粧品、ベビー用品、高級品、アルコール、自動車、モバイルゲームなどの多様なカテゴリで成長を牽引していると、メディアエージェンシー MediaCom のエグゼクティブ Meha Verghese 氏の話を引用して伝えている。京東
  • Pinduoduo の消費レポートでも同じ傾向が確認されており、女性ユーザは自分を喜ばせるために商品やサービスにお金をかけていると述べている。レポートによると、口紅、スキンケア製品、アパレルの販売が売上増加率のトップになっている。騰訊科技
  • 配車サービス大手 Didi が発表したレポートによると、アジア、ラテンアメリカ、ロシア、オーストラリアで合計272万人の女性ドライバがDidiで働いている。そのうち中国は237万人。レポートによると、パンデミックによる経済的不安から、介護者や主婦でもある多くの女性がギグエコノミーアプリを利用しているとのことだ。(鳳凰

各社の決算発表

  • 中国のオンライン食料品店「JD Daojia(京東到家)」は、第4四半期の売上高が20億2,000万人民元(約337億円)で、前年同期比69.9%増となった。この収益は、Yahoo Finance がまとめた平均予想の3億918万米ドルを下回った。同社の2020年通年の純売上高は57億4,000万人民元(約959億円)となり、前年比85.2%増となった。年間の総取扱高は253億人民元(約4,220億円)で、2019年に比べて2倍以上に増加した。億邦動力
  • 中国のオンライン旅行プラットフォーム「Trip.com(携程)の第4四半期の売上高は、前年同期比40%減の50億人民元(約835億円)となったが、これはパンデミックの影響だと同社は考えている。第3四半期の前年同期比48%減、第2四半期の前年同期比64%減に比べて減収幅は縮小しており、国内旅行市場の緩やかな回復を示している。KrAsia

今週の資金調達

  • マイクロブログプラットフォーム「Weibo(微博)」が支援する中国の越境ECサイト「Ymatou(洋碼頭)」が、Prosperity Investment(嘉進投資)から数億人民元相当の シリーズ D+ ラウンドをクローズしたと地元メディアが報じた。(36気)
  • 中国の飲料チェーン「Manner Coffee」は、シンガポールの政府系ファンドである Temasek Holdings を含む投資家から13億ドルの評価額で投資を受けた。Luckin Coffee(瑞幸咖啡)の競合である同社は、上海を中心に中国国内で100店舗以上を展開している。億邦動力

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

内モンゴルでマイニング禁止か、デジタル人民元の国際PoC開始など——3月前半の中国ブロックチェーン界を振り返る

SHARE:

世界的な仮想通貨マイニングのホットスポットである内モンゴル自治区は、二酸化炭素排出量ゼロを促進するため、域内でのマイニングをシャットダウンすることを検討している。中国人民銀行は、他の3つの国と手を組み、デジタル人民元を使った越境取引をテストしている。国内メディアの調査によると、中国政府によるブロックチェーン技術の調達は昨年の2倍以上になっているという。 危機に瀕する仮想通貨マイニング 内モンゴル自…

Image credit: TechNode/Xuewen Song

世界的な仮想通貨マイニングのホットスポットである内モンゴル自治区は、二酸化炭素排出量ゼロを促進するため、域内でのマイニングをシャットダウンすることを検討している。中国人民銀行は、他の3つの国と手を組み、デジタル人民元を使った越境取引をテストしている。国内メディアの調査によると、中国政府によるブロックチェーン技術の調達は昨年の2倍以上になっているという。

危機に瀕する仮想通貨マイニング

内モンゴル自治区政府は、中国中央政府の主要な政策目標であるカーボンニュートラルを追求するため、域内のすべての仮想通貨マイニング施設を停止させることを提案した。内モンゴル自治区は、四川省、新疆ウイグル自治区と並んで、世界のビットコインのハッシュレートに大きく貢献している中国の地域の一つだ。CoinDesk

デジタル人民元を使った国際取引

中国、香港、タイ、アラブ首長国連邦は、中国人民銀行が支援するデジタル人民元を使った越境取引をテストするための共同実験プロジェクトを発表した。このプログラムでは、ブロックチェーン技術を用いた概念実証(PoC)のプロトタイプを開発することを目指している。動点科技

政府主導のブロックチェーン

  • 中国の政府機関がブロックチェーン技術を調達する入札の数は、2019年に28件、2018年には9件にとどまっていたのに対し、2020年には72件と2倍以上に増加させた。北京、広東省、福建省、上海がブロックチェーン技術への最大の投資家となった。区塊鏈大本営
  • BSN(Blockchain Service Network)はその中国語版で、メッセージングネットワーク「Telegram」の別働隊 TON Labs が当初開発したパブリックチェーンを統合中だ。Cointelegraph

中国人投資家が仮想通貨取引へ回帰

2017年強気だった市場に、中国の投資家が戻ってきている。国内では仮想通貨取引所が禁止されているにもかかわらず、彼らは仮想通貨に投資している。ロイター

ソフトバンクが ZT へ投資

2月28日のプレスリリースによると、日本のファンドであるソフトバンクのイギリス子会社が、中国の仮想通貨取引所 ZT に数百万米ドルを投資していたという。業界関係者の中には、ZT が警察とトラブルを起こしたと報じられており、知名度の高い企業ではないこともあって、この投資に懐疑的な見方をする人もいる。Wu Blockchain

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

Suning(蘇寧)が株式23%を売却、Tencent(騰訊)がカナダのコーヒーチェーンに出資など——中国テックシーン・アップデート

SHARE:

Suning.com(蘇寧)は約150億元(約2,490億円)で株式23%を売却し、競合の Gome Retail(国美零售)は私募で45億香港ドル(約623億円)を調達した。Tencent(騰訊)はカナダのコーヒーチェーン Tim Hortons の中国事業に投資した。Alibaba(阿里巴巴)と Pinduoduo(拼多多)は貧困削減への取り組みが評価された。 家電大手の動き 中国の家電・電子…

Suning(蘇寧)の無人店舗
Image credit: Technode

Suning.com(蘇寧)は約150億元(約2,490億円)で株式23%を売却し、競合の Gome Retail(国美零售)は私募で45億香港ドル(約623億円)を調達した。Tencent(騰訊)はカナダのコーヒーチェーン Tim Hortons の中国事業に投資した。Alibaba(阿里巴巴)と Pinduoduo(拼多多)は貧困削減への取り組みが評価された。

家電大手の動き

  • 中国の家電・電子機器のオンライン販売を手掛ける Suning.com(蘇寧)が、深圳の国有企業複数に対し、148億2,000万人民元(約2,460億円)で株式の23%を売却した。動点科技
  • Suning.com のプラットフォーム「Retail Cloud(零售雲)」で店舗を運営するフランチャイズパートナーは、既存の8,000店舗に新たに300店舗を追加する計画だ。億邦動力
  • Suning.com の競合である Gome Retail(国美零售)は2日、オンラインとオフライン事業の拡大のために私募で45億香港ドル(約623億円)を調達したと発表した。同社は1日、2018年に発行された債券の4億8,400万人民元(約80.4億円)を償還したと発表した。Donews
  • 損失を出している EC サービスの Youzan(有賛)の子会社である Youzan Technology(有賛科技)は、香港証券取引所のメインボードに上場に向けた書類を提出した。Tencent(騰訊)と Baidu(百度)が出資するもう一つの子会社であるYouzan China(中国有賛)の株式は、2018年に上場した香港の成長企業市場から上場廃止され非公開となる予定。藍鯨

コーヒー人気が続く

  • Tencent は、カナダのコーヒー・スナックチェーン「Tim Hortons」の中国部門の資金調達ラウンドに参加した。調達額は明らかにされていない。TechCrunch
  • 中国の人気飲料会社である Genki Forest(元気森林)が、スペシャルティコーヒーと EC 販売で知られる Never Coffee(愛我卡飛)の筆頭株主となった。買収後、Genki Forest は Never Coffee の51%の株式を保有することになる。Pandaily

貧困の緩和

  • 中国の EC 大手 Alibaba(阿里巴巴)と Pinduoduo(拼多多)が、貧困と闘う国家の努力に貢献したとして表彰された1,500の優れた機関の中にリストアップされた。この賞は25日、中国の習近平国家主席が発表した「絶対的貧困に対する中国の完全勝利」を記念して授与された。一方、配車アプリ「Didi Chuxing(滴滴出行)」の創業者である Cheng Wei(程維)氏は、この取り組みを支援するための努力が評価され、個別に表彰された。KrAsia
  • Alibaba と農産物製造会社の New Hope Group(新規某集団)は、農業界の重要課題の解決を目指す EC プロジェクトで協業を協議している。今後3年間で20万人の農家を育成するという。鳳凰

エドテックスタートアップの動向

  • 中国のオンライン家庭教師プラットフォーム「Vipkid(大米)」は、今年中に黒字化する見込みだと述べた。動点科技
  • 中国のオンライン教育プラットフォーム「GSX Techedu(跟誰学)」は、2020年にアメリカのショートセラー(疑わしい銘柄の報告書を出すと同時に空売りをかけ利益を狙う投資会社)からの不正行為の告発を受けて開始した内部調査で、財務上の不正行為の証拠は発見されなかったと述べた。跟誰学

EC 業界の伸び

  • 調査・情報機関 100ec.cn(網経社)のレポートによると、中国の上場 EC 企業74社の合計時価総額は2020年に10.94兆人民元(約181.7兆円)に達した。2019年には66社が合計時価総額が6.45兆人民元(約107.2兆円)だった。Alibaba、Meituan(美団)、Pinduoduo の2020年の合計時価総額は6兆9,900億人民元(約116.1兆円)で、全体の60%以上を占めている。億邦動力
  • 調査機関 iResearch(艾瑞)が1日に発表したレポートによると、中国の越境 B2B EC セクターの市場規模は2019年に3.7兆人民元(約61.5兆円)に達した。同セクターは中国の越境 B2B EC セクターの74.1%を占めている。2020年には4.5兆人民元(約74.8兆円)に達し、2021年には5.7兆人民元(約94.7兆円)にさらに跳ね上がると予想されている。艾瑞

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

異業種の仮想通貨事業参入、AWS東京の障害で仮想通貨取引に影響など——2月後半の中国ブロックチェーン界を振り返る

SHARE:

Tencent(騰訊)と Ant Group(螞蟻集団)傘下のそれぞれの認可済オンライン銀行がデジタル人民元のパイロットテストに参加すると報じられており、また、別の銀行がデジタル人民元用の生体認証ハードウェアウォレットを開発中だ。中国最大の自動車メーカーの一つ Geely(吉利)はブロックチェーン領域に参入、また中国のお茶の会社が仮想通貨マイニングにピボットしつつある。 デジタル人民元関連の進展 …

Image credit: TechNode/Xuewen Song

Tencent(騰訊)と Ant Group(螞蟻集団)傘下のそれぞれの認可済オンライン銀行がデジタル人民元のパイロットテストに参加すると報じられており、また、別の銀行がデジタル人民元用の生体認証ハードウェアウォレットを開発中だ。中国最大の自動車メーカーの一つ Geely(吉利)はブロックチェーン領域に参入、また中国のお茶の会社が仮想通貨マイニングにピボットしつつある。

デジタル人民元関連の進展

  • Tencent(騰訊)傘下の WeBank(微衆銀行)と Ant Group(螞蟻集団) 傘下の MyBank(網商銀行)は、現在デジタル人民元試験を行っている6つの国有銀行の仲間入りをする最初の中国の民間銀行になると、中国メディアが匿名の情報源を引用して報じた。動点科技
  • 中国郵政儲蓄銀行は、デジタル人民元の生体認証ハードウェアウォレットを開発している。ハードウェアウォレットは、人々がスマートフォンなしでデジタル人民元を使用することを可能にし、特に高齢者に有用であると同行は述べた。新華社

ブロックチェーン・仮想通貨ビジネスへのピボット

  • 浙江省の自動車メーカー Geely(吉利)とスイスの Concordium Foundation が、中国でブロックチェーンサービスを提供するための合弁会社を設立する。中国最大手の自動車メーカーの一つである Geely が合弁会社の株式80%を保有し、規制当局の承認を待って年内に運営を開始する予定。共同声明
  • アメリカに上場しているオンラインスポーツ宝くじ運営会社 500.com(500彩票)は、Bitmain(比特大陸)の創設者である Wu Jihan(呉忌寒)氏が、共同創設者の Zhan Ketuan(詹克団)氏との1年にわたる争いの末に去ったマイニングプール「BTC.com」の買収により、仮想通貨マイニングへのピボットを継続している。500.com は先日、数百万米ドルを投資して仮想通貨マイニングリグを購入すると発表した500彩票
  • NASDAQ 上場のティーブランド「Urban Tea(茗韻堂)」は、ブロックチェーンと仮想通貨マイニングへの進出準備をしており、新たに2人の幹部を雇用した。茗韻堂

AWS 東京リージョンの障害が仮想通貨取引に影響

  • 東京での Amazon Web Services のノード障害により、2月19日に中国の仮想通貨取引所の接続性に問題が発生した。一部の Huobi(火幣)ユーザはログインや取引ができなかった。Binance(幣安)と KuCoin(庫幣)のアクティビティが減速した。Huobi ユーザは2月26日に再び問題を報告した。Wu Blockchain
  • Binance は2月19日の1時間、Ethereum ベースのトークンの引き出しを一時停止したが、これはネットワークの混雑に起因したものだった。翌日、仮想通貨デリバティブ取引所の FTX は、FTX がユーザを自社エコシステムに取り込もうとしていると発表した。Binance の Ethereum 競合である Binance Smart Chain が人気を集めている。CoinTelegraph

マイニングリグメーカーの動き

  • 杭州のリグメーカー Ebang(億邦)は、ビットコイン価格が高騰する中、7,000万米ドルを調達してフォローアップ公募を終了した。同社はこの資金をマイニング事業の拡大と、ASIC(特定用途向け集積回路)チップの開発に充てる計画だ。億邦
  • Bitmain は、仮想通貨マイニングの標準化を目指す香港の BitFuFu(比特富富)との提携を発表した。比特富富

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

ライブストリームECの米国拡大を狙う「TikTok」など——中国テックシーン・アップデート

SHARE:

ByteDance(字節跳動)の短編動画アプリの国際版「TikTok」は、その中国版である「Douyin(抖音)」の成功をアメリカでも再現しようと、 ライブストリームショッピング機能の展開を計画している。問題を抱えたコーヒーチェーン Luckin Coffee(瑞幸咖啡)がアメリカで破産申請を行った。EC サイト「Vipshop.com(唯品会)」が不正競争により300万人民元(約4,900万円)…

Image credit: Alexey Malkin / 123RF

ByteDance(字節跳動)の短編動画アプリの国際版「TikTok」は、その中国版である「Douyin(抖音)」の成功をアメリカでも再現しようと、 ライブストリームショッピング機能の展開を計画している。問題を抱えたコーヒーチェーン Luckin Coffee(瑞幸咖啡)がアメリカで破産申請を行った。EC サイト「Vipshop.com(唯品会)」が不正競争により300万人民元(約4,900万円)の罰金を科せられた。 Didi Chuxing(滴滴出行)は、コミュニティベースの食料品配達部門の拡大に向け、40億米ドルを資金調達した。

ソーシャルショッピングに賭ける「TikTok」

北京を拠点とする ByteDance の短編動画アプリ「TikTok」は、アメリカでの EC 拡大のためにいくつかの新機能を計画していると報じられている。この動きは、現在中国のライブストリーム EC 市場の主要プレーヤーとなっている「Douyin(抖音)」から得られた成功に基づいたものだ。

ライブストリームショッピングは中国で広く普及している。もう一つの機能として、TikTok ユーザは商品へのリンクを共有することで、自動的に手数料を得ることが可能になる。TikTok は12月、ウォルマートとショッピング体験を試験的に実施したFinancial Times

Luckin Coffee(瑞幸咖啡)の破産申請

Luckin Coffee は5日、登記先のケイマン諸島ですでに進行中の清算手続中にアメリカの債権者からの追求をかわすべく、アメリカで破産保護を申請した。同社は中国での事業を継続し、これにはサプライヤー、ベンダー、従業員への支払を含むとしている。今回の申告は、同社が2019年の売上高22億人民元(約360億円)の改ざんを認めてからほぼ1年後のことである。動点科技

フラッシュセール EC への規制強化

中国政府は、Vipshop.com(唯品会)の運営者に対し、不公正競争を理由として300万人民元(約4,920万円)の罰金を科した。わずか1ヶ月前には、Vipshop は不規則な価格設定を理由に50万人民元(約820万円)の罰金を科されたばかりである。動点科技

Didi Chuxing(滴滴出行)、グループ購入部門を強化

配車サービス大手の Didi Chuxing は、同社のコミュニティグループ購入部門強化に向け40億米ドルの調達を計画している。コアビジネスである配車サービスの成長が鈍化している中、収益源を多様化するため成長セクタを強化する。Didi は、外部投資家から約10億米ドルの調達を求め、自らも30億米ドルを投入する可能性がある。Bloomberg

生鮮食品 EC

オムニチャネル小売業 Suning Group(蘇寧集団)傘下の Suning Logistics(蘇寧物流)は、倉庫から物流までを完全にリンクさせた新しいコールドチェーンソリューション「Su Xian Da(蘇鮮達)」を展開した。このサービスは、48時間以内に消費者に生鮮食品を届けるコールドチェーン配送サービスを提供する。Suning は、オンライン販売業者や配送サービス各社とともに、中国の物流業界にとっては一般的にローシーズンとなる1週間の春節休暇中も物流と配送サービスを継続する。騰訊

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

自動運転のPony.ai:激しい開発競争を続ける競合たち(3/3)

SHARE:

(前回からのつづき)Pony.aiの競合であるDaimlerは、2018年夏に中国政府から許可を得て、北京の公道でBaiduのApolloプラットフォームを搭載した自動運転車のテスト走行を行った。スタートアップのOptimus Rideは、ブルックリンで小型の無人シャトルバスを構築した。Waymoは2018年11月にカリフォルニア州車両管理局(DMV)から自動運転車のテスト許可を得た最初の企業であ…

(前回からのつづき)Pony.aiの競合であるDaimlerは、2018年夏に中国政府から許可を得て、北京の公道でBaiduのApolloプラットフォームを搭載した自動運転車のテスト走行を行った。スタートアップのOptimus Rideは、ブルックリンで小型の無人シャトルバスを構築した。Waymoは2018年11月にカリフォルニア州車両管理局(DMV)から自動運転車のテスト許可を得た最初の企業であり、米国の25カ所以上の都市で2,000万マイル以上の実地走行を、さらに数十億マイルのシミュレーション走行を行っている。他の競合にはTesla、Aptiv、May Mobility、Cruise、Aurora、Argo AI、Pronto.ai、Nuroが挙げられる。

ただし、資金調達の面から言えばPony.aiのライバルはNuro、Waymo、Cruise、Argoのみだ。Argo以外はベンチャーキャピタルから30億ドル以上を調達している。評価額はArgoが75億ドル、Waymoが1,750億ドルだ。

幸運にもPony.aiは、レベル4のロボタクシー車両の開発に向けて中国の国有自動車グループのFAW Groupおよび広州を拠点とする自動車メーカーのGAC Groupと提携している。また、On Semiconductorの協力も得てマシンビジョン用の画像センシング・処理テクノロジーのプロトタイプを作成している。さらにPony.aiは、2019年末時点で150万キロ(約932,056マイル)以上を自動運転走行しており、Yandex(200万マイル)やBaidu(180万マイル)に追いつくのも時間の問題となっている。

シリーズCエクステンションラウンドには、ブルネイの政府系ファンドであるブルネイ投資庁とCITIC Private Equity Funds Management(CPE)が参加した。Pony.aiの既存投資家にはトヨタ、ゲームパブリッシャーのBeijing Kunlun Wanwei、Sequoia Capital China、IDG Capital、Legend Capitalがいる。今回のラウンドを主導したのはカナダ・オンタリオ州教職員年金基金のTeachers’ Innovation Platformで、他にFidelity China Special Situations PLC、5Y Capital、ClearVue Partners、Eight Roadsなども参加した。

CPEの広報担当はVentureBeat宛のeメールでこう語っている。

「技術革新は常に伝統的な産業を変革しつづけています。自動運転は近い将来、伝統的な輸送のあり方を変えるでしょう。CPEはPony.aiがこの流れをリードし、急速に成長するチャンスを掴む手助けをしてくれると信じています」。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

自動運転のPony.ai:ロボタクシーのメリットとデメリット(2/3)

SHARE:

(前回からのつづき)広州とフリーモントにオフィスを構えるPony.aiは、北京で自動運転車のテストライセンスを取得した数少ない企業のひとつだ。カリフォルニアでは、カリフォルニア州公益事業委員会からロボタクシーの運営許可も得ている。カリフォルニアでこのライセンスを持っている企業は他に、Cruise、AutoX、Aurora、Voyage、Waymo、Zooxのみである。 昨年10月、Pony.aiは…

(前回からのつづき)広州とフリーモントにオフィスを構えるPony.aiは、北京で自動運転車のテストライセンスを取得した数少ない企業のひとつだ。カリフォルニアでは、カリフォルニア州公益事業委員会からロボタクシーの運営許可も得ている。カリフォルニアでこのライセンスを持っている企業は他に、Cruise、AutoX、Aurora、Voyage、Waymo、Zooxのみである。

昨年10月、Pony.aiはViaおよびHyundaiと提携して、パイロットプログラム「PonyPilot」に次ぐPony.aiの第二の公共ロボタクシーサービス「BotRide」を中国の南沙区でローンチした。BotRideでは、Viaが開発したアプリを通して乗客・相乗り客が自律型のHyundai Kona電動SUVを呼ぶことができる。車両は10台あり、運転席には人間のセーフティドライバーが乗務する。

8月、Pony.aiはBoschと「自律型車両向けの自動メンテナンス/修理の未来を探る」という合意に達した。Pony.aiと北米にあるBoschの自動車アフターサービス部門は、商用ロボタクシープログラム用の車両メンテナンスソリューションを開発・試験する計画だ。Pony.aiによると、サンフランシスコのベイエリアにて、7月上旬にBoschとのメンテナンスプログラムの試験運用を開始した。

この他に自動運転によって車両の継続的な運用とダウンタイムの削減が期待される。2017年のMcKinseyの報告によれば、ロボタクシーの運営は自家用車の所有と比較して30%〜50%、共有モビリティと比較して約70%も総所有コストを削減し、市場を大きく揺るがす可能性がある。だがロボタクシーは定期的なモニタリングに欠け、乗務の合間が数分しかなく、LiDARセンサーなど高価で繊細かつ一般的ではないパーツを使用しているなどの理由から、自動車とは大きく異なるメンテナンスインフラストラクチャを必要とするだろう。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

自動運転のPony.ai:1億ドル調達して評価額は53億ドルに(1/3)

SHARE:

自動運転車スタートアップのPony.aiは本日(訳註:原文掲載日は2月7日)、シリーズCエクステンションラウンドで1億ドルを調達したことを発表した。この資金により、同社の総調達額は10億ドル超となり、評価額は2020年2月の30億ドルから53億ドルへ上昇した。 一部の専門家は、パンデミックによって自律輸送テクノロジーの採用が加速すると予測している。自動運転車は消毒が必要ではあるが、感染症拡大のリス…

Image Credit: Pony.ai

自動運転車スタートアップのPony.aiは本日(訳註:原文掲載日は2月7日)、シリーズCエクステンションラウンドで1億ドルを調達したことを発表した。この資金により、同社の総調達額は10億ドル超となり、評価額は2020年2月の30億ドルから53億ドルへ上昇した。

一部の専門家は、パンデミックによって自律輸送テクノロジーの採用が加速すると予測している。自動運転車は消毒が必要ではあるが、感染症拡大のリスクは最小限にとどめられる。たとえば、Pony.aiはCOVID-19による医療危機において、カリフォルニア州で1万5,000件以上もの食品や医療キットを配達したとしている。

2016年、元BaiduのチーフアーキテクトであるJames Peng氏は、Waymoへスピンオフされる前にGoogle Xの自動運転車プロジェクトに携わっていたTiancheng Lou氏とともにPony.aiを共同設立した。二人は工業団地、大学のキャンパス、小さな町などの「予測可能な」環境向けに、レベル4の自動運転車(自動車技術者協会の定義によると、特定の条件下で人間の監督なしに走行できる車)を開発し、数年以内に試験展開することを目指している。

Ponyのフルスタックハードウェアプラットフォーム「PonyAlpha」は、LiDAR、レーダー、カメラを利用して車から200メートル以内にある障害物を監視する。PonyAlphaはカリフォルニア州フリーモントと中国の北京・広州のテストカーに導入された同社の完全自律型トラックおよび貨物配送ソリューションの土台であり、2019年4月にテストが開始されている。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Huawei(華為)、デジタル決済会社買収に向け協議中か【報道】

SHARE:

中国メディアが報じたところによると、Huawei(華為)はライセンスを取得した深圳拠点の決済プロバイダ Xunlian Zhifu(訊聯智付)を買収するために当局の承認を求めているという。 重要視すべき理由:規制当局は新独占禁止法で Ant Group(螞蟻集団)と Tencent(華為)の市場での独占状態を打破する中、通信大手の華為は、中国のテック大手の中からデジタル決済業界に進出する最新の企業…

北京にある Huawei(華為)のスマートフォンショップ
Image credit: TechNode/Coco Gao

中国メディアが報じたところによると、Huawei(華為)はライセンスを取得した深圳拠点の決済プロバイダ Xunlian Zhifu(訊聯智付)を買収するために当局の承認を求めているという。

重要視すべき理由:規制当局は新独占禁止法で Ant Group(螞蟻集団)と Tencent(華為)の市場での独占状態を打破する中、通信大手の華為は、中国のテック大手の中からデジタル決済業界に進出する最新の企業となる。

スタッフィング:Xunlian Zhifu の買収に加え、華為は預金管理、決済、銀行協力などのデジタル決済関連職を多数募集していると、中国メディアが匿名の情報源を引用して7日に報じた

買収:Huawei の競合 ZTE(中興)が2013年に設立した Xunlian Zhifu は2014年、全国オンライン決済ライセンスを取得した。ZTE は2016年に同社のの株式の90%を上海の持株会社に売却した。

  • Huawei は2016年から近距離無線通信(NFC)を利用した決済サービス「Huawei Pay(華為支付)」を運営しており、スマートフォンにも組み込まれている。しかし、トランザクション処理は銀行カードプロバイダの Union Pay(中国銀聯)が担当している。

独占禁止法:規制当局は、Ant Group の二重上場が11月に停止されたことを受けて、ここ数カ月で独占禁止規制を強化している。

  • 市場調査会社 iResearch(艾瑞)によると、2020年6月30日現在、中国のデジタル決済市場では Ant Group が55.6%、Tencent が38.8%のシェアを占めている。
  • 1月下旬に発表された規制定義の草案によると、この2社はサードパーティ決済分野での二重上場の基準を満たしているという。

新規参入企業:1月 の Pinduoduo(拼多多)、9月の Bytedance(字節跳動)と Trip.com(携程)など、複数のインターネット企業が2020年にライセンスを取得したデジタル決済事業者を買収した。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

中国政府主導〝ブロックチェーンのインターネット〟に監査ソリューション追加など——2月前半の中国ブロックチェーン界を振り返る

SHARE:

BSN(ブロックチェーンサービスネットワーク)は、国際的なネットワークでより分散化されたチェーンを統合しながら、中国のデベロッパ向けのコンプライアンスソリューションに取り組んでいる。蘇州で2回目と北京で1回目となる、2つのデジタル人民元試験が発表された。ビットコイン価格が再び上昇し始める中、仮想通貨マイニングへの投資が続いている。 パワーアップする「BSN」 会計コンサルティング会社ビッグ4の一つ…

Image credit: TechNode/Xuewen Song

BSN(ブロックチェーンサービスネットワーク)は、国際的なネットワークでより分散化されたチェーンを統合しながら、中国のデベロッパ向けのコンプライアンスソリューションに取り組んでいる。蘇州で2回目と北京で1回目となる、2つのデジタル人民元試験が発表された。ビットコイン価格が再び上昇し始める中、仮想通貨マイニングへの投資が続いている。

パワーアップする「BSN」

  • 会計コンサルティング会社ビッグ4の一つ Ernst & Young は、中国政府が支援する「ブロックチェーンのインターネット」プラットフォームである BSN 上のデベロッパにコンプライアンスと監査のソリューションを提供する。Ernst & Young のブロックチェーン製品「OpsChain」と「Blockchain Analyzer」は、Ethereum か中国のコンソーシアム・チェーン「FISCO BCOS」を使用するデベロッパが BSN 上でアプリケーションを構築する際に利用できるようになる。EY
  • BSN の中国版では、インターチェーンプロトコル「Cosmos」の許可されたバージョン版を追加する。Ledger Insights
  • BSN の海外版では、3つのパブリックチェーンが追加されつつある。

デジタル人民元関連

  • 中国政府は、デジタル人民元1,000万人民元(1億6,000万円相当)を配布する初の抽選会を発表した。この抽選会は、デジタル人民元のローンチに先立って行われている数多くの継続的な試験の一つである。新京報
  • 蘇州市は、デジタル人民元460万米ドル相当の Hongbao(紅包)を配布する2回目の抽選会を発表した。資金は EC 大手の JD.com(京東)から提供される。動点科技

仮想通貨マイニング

  • 四川省の当局は1月15日から30日まで、仮想通貨マイナーを訪問した。同当局は法的グレーゾーンで操業しているマイナーを取り締まる一方、規則に準拠した大型マイナーがこの地域の豊富で安価な水力発電を利用するのを奨励している。Wu Blockchain
  • 中国のマイニングプール「Poolin(幣印鉱池)」は北米の同業「NovaBlock」を買収し、その総ハッシュレートを1秒あたり 23exahash に増加させ、ビットコインマイニングプールのトップ3の地位を確固たるものにした。NovaBlock
  • アメリカで上場するスポーツ宝くじプロバイダ 500.com(500彩票)は、5,900台の仮想通貨マイニングマシン(リグ)を5,520万人民元(8億9,600万円相当)分追加購入する。500.com は1月、 Bitmain と MicroBT から1,450万米ドル相当のリグを購入すると発表していた。500彩票

世界のブロックチェーン企業トップ50社に、中国企業6社がランクイン

フォーブスによると、世界のブロックチェーン企業トップ50社のリストに中国企業6社がランクインした。ランクインした6社は、Ant Group(螞蟻集団)、Baidu(百度)、中国建設銀行、中国工商銀行、Ping An Insurance(平安保険)、Tencent(騰訊)。Forbes

意外なコメンテーター

世界的に有名なロックバンド「KISS」のベーシスト Gene Simmons 氏は、ニュースサイト「Bitcoin.com」が主催するポッドキャストに出演し、リップルに対するアメリカ証券取引委員会(SEC)の訴訟の背後に中国がいると考えていると語った。SEC は2020年12月、13億米ドルの未登録証券を販売したとしてリップルを提訴した。Bitcoin.com

【via TechNode】 @technodechina

【原文】