BRIDGE

タグ Clay AIR

中国発、低価格ARグラス「Nreal」でハンドトラッキング機能が使えるように

SHARE:

中国の AR(拡張現実)グラス開発企業 Nreal は、同社が開発する「Nreal Light」の一般発売が近づき、ソフトウェア機能を強化し続けている。そして3月6日、同社は、Clay AIR の光学式ハンドトラッキングソリューションをグラス端末に追加し、同プラットフォームのモバイルキャリアサポートとアプリを拡張すると発表した。 以前のNreal Lightのデモンストレーションでは、Androi…

Image Credit: Nreal

中国の AR(拡張現実)グラス開発企業 Nreal は、同社が開発する「Nreal Light」の一般発売が近づき、ソフトウェア機能を強化し続けている。そして3月6日、同社は、Clay AIR の光学式ハンドトラッキングソリューションをグラス端末に追加し、同プラットフォームのモバイルキャリアサポートとアプリを拡張すると発表した。

以前のNreal Lightのデモンストレーションでは、Android スマートフォンをコントローラーとして使用し、ユーザがデバイスを動かしたり画面に触れたりして、メガネで見られるARオブジェクトと対話できるようにしていた。しかし、今回のデモでは、ハンドトラッキングインターフェイスも利用できることを示唆しており、ユーザはグラスの前でジェスチャーをしてボタンに触れたり、仮想アイテムをつかんだりすることができる。

CEO の Chi Xu(徐馳)氏は次のように説明している。

MRとやり取りするための最良の方法は1つではないと思います。実際、一度に制御オプションを組み合わせることもできますが、私たちは開発者とユーザにいくつかの選択肢を提供したいと考えています。

Image Credit: Nreal

NrealのClay AIRの選択により、グラス端末はARオブジェクトのピンチング、ポインティング、ズーム、グラブ、スワイプをサポートし、Oculus Quest で最近見られた光学ハンドトラッキングに似た動的なリアルタイムのハンドスケルトンオーバーレイを、ユーザの実際の手の上に表示できるようになった。

利用携帯端末が Qualcomm Snapdragon 855または865プロセッサを使用していると仮定すると、スケルトンの代わりに完全な手、個々の指、または他のカスタムスキンを表示するオプションにより、ハンドレンダリングがスムーズになる。両社は、追跡機能とレンダリング機能がバッテリ寿命にわずかな影響しか与えないと主張している。

さらに、Nreal は今後、EE がイギリスの顧客にNreal Lightを提供し、ドイツテレコムがドイツなどヨーロッパ市場のユーザにNreal Lightとカスタム 5G アプリの両方を提供するなど、以前に発表されたヨーロッパのキャリアとの提携関係を拡大すると述べた。また、昨年12月開催のQualcommのSnapdragon Tech Summitで披露された協調型のマシン/ハードウェア遠隔修理アプリ「AR Field Advisor」に、Nreal Lightの新しい5Gゲームおよびエンターテイメントコンテンツが加わる。

複合現実(MR)と空間コンピューティングが私たちの生活をすぐに変えると強く信じています。(中略)ドイツテレコムはNrealと共同で、MRの可能性を最大限に引き出し、5Gが消費者と専門家の両方に提供できる無限の可能性を実証します。(ドイツテレコム SVP のOmar Tazi氏)

ドイツテレコムは、5Gコネクティビティ、エッジコンピューティング、コンサート、スポーツイベント、Nreal Light用ゲームなどのコンテンツを提供し、NrealがMRの可能性を最大限に引き出すことを支援する予定だ。

1月に発表された Nreal の ランチャーシステム「Nebula」は、Android上で実行される新しい Nreal Light固有のアプリと、ユーザがARグラスを通して見たい2D Androidアプリの3Dハブ として機能する。同社は先月、Spatialと協力して、共同作業とソーシャルアプリをLightにもたらすと述べた。また、Datameshを使用したMRワークスペースオプションの調査も行っている。

Nrealの499米ドルの Light コンシューマキットは、今年の第2四半期にリリースされる予定。開発者エディションはすでに1,199米ドルで入手可能である。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】