THE BRIDGE

タグ Clintal

名医検索の「クリンタル」が伊藤忠テクノロジーベンチャーズ等から資金調達、クリニック提案サイトも

SHARE:

2015年5月に創業した「Clintal(クリンタル)」は、名医が見つかる名医検索サイト。首都圏を中心に130疾患にわたる1,200人の名医を網羅しています。患者は、インプラントから癌にに至るまで幅広い疾患の名医を閲覧し、受診先を探すことができます。 本日、クリンタルは、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、Draper Nexus Venture Partners II,LLC、また個人投資家から資金…


Clintal-search-top

2015年5月に創業した「Clintal(クリンタル)」は、名医が見つかる名医検索サイト。首都圏を中心に130疾患にわたる1,200人の名医を網羅しています。患者は、インプラントから癌にに至るまで幅広い疾患の名医を閲覧し、受診先を探すことができます。

本日、クリンタルは、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、Draper Nexus Venture Partners II,LLC、また個人投資家から資金調達を実施したことを発表しました。今回の調達を受けて、カバーする名医の範囲を日本全国に拡大していくとのこと。名医トップ3%に当たる、日本全国5,000人の名医を掲載することを目指しています。

軽症のためのクリニックレコメンドサービス

重症の患者を名医につなげる既存の名医検索サービスに加えて、2016年夏頃に開始するのが、クリニックのレコメンドサービスです。「お腹が痛い」「腰が痛い」など、比較的軽症の患者をクリニックにつなげるもの。クリニックは、資格の保持や経験年数などクリンタル独自の基準をもとに厳選されています。

症状に応じて医師を検索
症状に応じて近隣の医師を検索

ユーザーは、その時々の症状や場所などを入力することで、システム側がユーザーのクリニックに対する好みを学習し、最適なクリニックを探し出してくれます。

新サービスでは、クリニックに口コミする機能の搭載する予定。これまで、病院や医師の評価というと、どうしても医療の質に重きが置かれがちでした。でも、病院だってサービス業です。待ち時間や受付の対応など、サービスという軸でもクリニックを評価することで、手術などに比べて質に大差を感じにくいクリニックの洗濯基準を設けることができます。

特定のクリニックで受けた医療体験全体を評価するわけですが、人によってクリニックに求めることは異なります。ある人にとっては、とにかく診察までの時間が短いことが大切で、先生の性格や応対は二の次かもしれません。こうしたユーザーごとの好みを機械学習し、その好みに最適化されたクリニックがレコメンドされます。

BtoBtoCのビジネスモデルを模索

患者から利用料金を徴収する形ではなく、BtoBtoCのビジネスモデルを模索しているクリンタル。例えば、法人・団体に対して、従業員や会員向けサービスとして、または生命保険商品や健康保険組合などへ付帯サービスとして導入してもらうようなことを検討しています。クレジットカード会社などすでに協議が進んでいる先もあり、2016年中にニーズ検証を実施する構えです。

「FiNCなど健康促進のサービスが登場したことで、予防の意識が高まっています。企業にとって、従業員の健康を守ることは先行投資です。クリンタルを使って、早い段階から適切な受診先に通うことで、入院日数や医療費の削減に繋がるはず。適切なパートナーを早期に見つけて、この削減効果の実証を進めていきます。」(代表取締役 杉田玲夢さん)

クリニックのレコメンドサービスが加われば、クリンタルは重症患者と軽傷患者問わず、すべての患者に対して最適な受診先を提案できるようになります。新サービスの口コミが機能すれば、これまで「実際に受診してみないとわからない」ブラックボックス状態だった医療体験の可視化が実現しそうです。

----------[AD]----------

医師間の症例会議プラットフォームや電子お薬手帳など、医療カンファレンス「Health 2.0」のブース出展スタートアップ

SHARE:

11月4日と5日の2日間にわたって虎ノ門ヒルズで開催された、「Health 2.0」。日本での開催には500人を超える参加者が集まり、盛況に終わりました。さまざまな講演が繰り広げられた会場の隣には、ブースの展示スペースが設けられていました。ブースに立ち寄ることができたサービスなどについて、簡単にご紹介します。また、初日に行われたスタートアップピッチコンテストのレポートは、こちらの記事をご覧ください…

11月4日と5日の2日間にわたって虎ノ門ヒルズで開催された、「Health 2.0」。日本での開催には500人を超える参加者が集まり、盛況に終わりました。さまざまな講演が繰り広げられた会場の隣には、ブースの展示スペースが設けられていました。ブースに立ち寄ることができたサービスなどについて、簡単にご紹介します。また、初日に行われたスタートアップピッチコンテストのレポートは、こちらの記事をご覧ください。

e-casebook

e-casebook

医師同士が、自らの経験や技術、情報などを共有し、学ぶことができる症例会議プラットフォーム。従来の共有方法は、医師がPCでDICOM(ダイコム)データをCD-ROMに焼き、相手の医師に郵送で送っていた。e-casebookが対象とするのは、医療従事者限定。各医師が作成したグループ、または学会単位などのクローズドな環境で使われることを想定している。臨床での工夫や成功事例などについて、ライブ中継をしながら議論したり、画像のポイントとなる箇所にオンラインで直接書き込むなど、医師間の教育や研究に活用することができる。すでに、大阪大学 大学院 先進心血管治療学寄附講座で導入されている。

BaseHealth

BaseHealth

患者の健康状態をWithingsやFitBitなどのウェアラブル、またサービス利用時に回答するアンケート、ラボにおける血液検査などのデータから、40種類を超える疾患になる現在および将来的なリスクを特定する包括的なソリューション。解析した結果に基づいて、効果的であろう薬なども洗い出す。BaseHealthの創業は7年前、スタンフォード大学のインキュベータープログラムに参加したことが始まり。最近、シリーズBの資金調達を行っている。APIを公開しており、再生医療を提供する「Vitalize.Me」などが活用している。

harmo(ハルモ)

harmo

ソニーが手がける、Suicaなどのように財布に入れて持ち歩けるカード型のお薬手帳。従来の紙のお薬手帳を置き換えて、カード1枚で薬の服用履歴を管理することができる。薬局の受付にある端末にカードをタッチすると、履歴が薬剤師や医師に伝わり、適切な薬の処方や調剤を受けることに役立つ。カードだけでも機能するが、専用スマホアプリをダウンロードすることで、家族の薬管理や飲み忘れ防止機能などを利用することもできる。harmoを通じて蓄積されたデータは、個人情報を含まない統計データとして自治体や研究機関、製薬会社などに提供される。

Grants4Apps

Grant4Apps

ドイツのバイエル薬品が展開するオープンイノベーションプログラム「Grants4Apps」。ドイツでの開催は4年目で、アクセラレーター的機能を提供している。バイエル薬品がライフサイエンスに関する3つの課題を提示する。それらに対して、最も革新的なデジタルヘルススタートアップ3組に、各1,000,000円が助成金として与えられる。課題は、健康状態の改善、医薬品の創薬から製造販売工程の改善など。モバイルアプリのみならず、ハードやソフトウェア、ウェアラブルなど幅広いサービスを対象とする。募集開始は公式サイトでこれから行われる。

Clintal

Clintal

患者に対して、その疾患や病状に応じて最適な名医を探せるサイト「Clintal」。診療科と疾患を選択するだけで、名医のリストを見ることができる。最近開始した名医の提案サービスでは、Webフォームから情報を入力することで名医を1週間ほどで提案。競合サービスにはこの提案に1ヶ月〜4ヶ月を要するものも少なくない。今後1年で、現在は首都圏が中心の名医を全国的に網羅していく予定。また、将来的にはアジア展開も視野に入れている。

healthServer

healthServer

利用者のその時々の健康状態に応じて、必要なビタミンを含む栄養ドリンクを自動生成する飲料サーバ「healthServer」。本体内蔵の生体センサや市販のウェアラブルデバイスなどを使って、生体信号を取得する。すごくたくさん歩いたようだから汗をかいているだろうなど、その時の状況に応じて、栄養学に基づいて生体状態に最適な栄養素を分析する。まずは、ビタミンの栄養ドリンクを皮切りに提供し、スポーツジムなどへの設置を念頭にプロジェクトが進んでいる。

COCOLOLO

COCOLOLO

スマホカメラに約30秒指を当てるだけでストレスなどのキモチをチェックするアプリ「COCOLOLO」。具体的には、血液の輝度変化をカメラでとらえ、心拍のゆらぎを検出。測定結果は、8タイプのキモチ(ストレス・リラックスの傾向、お疲れ具合など)がルーレット上になって表示される。その時々の状態に応じて、音楽やマッサージなど最適な癒しを提案する機能も。開発会社WINフロンティアが提供する「Lifescore」というストレスチェックサービスの解析ロジックを使用。専用センサと比較したところ、その精度は80%以上の高い相関を実現している。

----------[AD]----------

56の疾患をまたいで500人を超える名医が検索できる「クリンタル」、受診先提案サービスの提供も

SHARE:

新しく病院にかかる時、先生をどう探せば良いのかわからず、友人など周囲の人に訪ねてみるという人が多いのではないでしょうか。情報を検索しても上位に出てくるのはまとめ系サイトなどが多く、信ぴょう性が定かではない。また、医師や病院にまつわる情報は圧倒的に少ないのが現状です。残念ながら、美味しいレストランを検索するのと同じようにはいきません。 名医検索サイト「クリンタル」 そんな現状を変えようと2015年5…

Clintal-website
名医検索サイト「Clintal(クリンタル)」

新しく病院にかかる時、先生をどう探せば良いのかわからず、友人など周囲の人に訪ねてみるという人が多いのではないでしょうか。情報を検索しても上位に出てくるのはまとめ系サイトなどが多く、信ぴょう性が定かではない。また、医師や病院にまつわる情報は圧倒的に少ないのが現状です。残念ながら、美味しいレストランを検索するのと同じようにはいきません。

名医検索サイト「クリンタル」

そんな現状を変えようと2015年5月に創業したのが、最適な医師が見つかる“名医検索”サイト「Clintal(クリンタル)」です。2015年10月末時点で、56の疾患をまたいで500人を超える名医の情報が掲載されています。11月には、検索サービスに加えて、医師による受診先提案サービスも開始しました。

クリンタルが対象とする疾患は、「医療の質に差が出やすい病気」。医療の質に差が出やすいというのは、手術が必要だったり、難病で診られる先生が限られるようなもの。差が出にくい病気は、高血圧や糖尿病などガイドラインがしっかりしているため、専門医の先生が診れば治療のクオリティーが保たれるもの。クリンタルでは、医師によって医療の質に差が出やすい疾患治療法を対象にしています。

名医の選定プロセスは3つのステップで行われます。まずは、専門医の資格の有無や学会でのポジションなど第三者機関によって認められた功績などによるスクリーニング。次に、診療科の専門医数名による医師の業界内での評判や評価などが反映されます。専門医の知見に頼ることで、例えば、もう臨床はやっていない先生や論文が多い先生など治療を専門としない医師が除外されます。

「最後に、残った先生たちについて、その手術数や論文数などを詳細に調べて定量的にスクリーニングにします。定性的なデータと客観的データの両方を組み合わせて選定することで、名医を選び抜いています」(CEOの杉田玲夢さん)

データベースの信頼感と紹介までのスピード

クリンタルの競合にあたるのは、各種セカンドオピニオン系のサービスです。クリンタルと他社サービスとの最大の違いは、医師を紹介するまでの期間が短いこと。競合各社では、医師を紹介するまでに早くても2ヶ月、長ければ4ヶ月かかることも珍しくないそう。

「病気にも寄りますが、例えば、癌の患者さんなど4ヶ月も待てない方もいらっしゃいます。クリンタルでは、1週間以内に最適な医師を提案することを目指しています。かかるべき名医と、なぜその先生がいいのかの理由もお伝えします」

また、名医の情報がオープンであることもポイント。既存サービスには、医師の評価がブラックボックス状態で、なぜ特定の医師がいいのかの理由が不明瞭なものも。クリンタルでは名医の選定方法を公開し、また知りたければ、同じ疾患を治療できるその他の名医についても検索サイトで見ることができます。

医師の選定においては、患者の状態や病院への物理的距離も加味されるとのこと。名医の手術を受けるために遠方に出向くことはあっても、週一の経過観察のために通い続けることは現実的ではないかもしれない。また、車椅子や家族の付き添いが必要な状態かどうかなど、医師が患者の状況を理解した上で最適な名医を教えてくれます。

長年感じていた課題と両親の病気がきっかけに創業

クリンタル代表取締役の杉田玲夢さん
クリンタル代表取締役の杉田玲夢さん

眼科医として病院で働くなかで病院の改善について考えるようになり、ヘルスケア業界の課題に広く関心を持っていたという杉田さん。その後、デューク大学のビジネススクールでMBAを取得し、帰国後はボストンコンサルティンググループで病院経営コンサルノティングをしていました。

経営改善のために病院にアドバイスしていたのが、地域でも圧倒的に強い診療科を作ること。そのためには有名な先生や名医に来てもらう必要があり、そのためには患者の数が豊富である必要がある。患者に動いてもらうためには、医療や医師の質を見える化することだと、アメリカなどで普及しているセカンドオピニオンのサービスに着目しました。

「医療業界の課題について考えている最中、両親が網膜剥離と帯状疱疹をわずらい、病院探しにすごく苦労しました。一般の患者さんは尚更大変だろうなと思ったんです。周囲からも、両親が病気にかかっていい医師を知らないかと聞かれることが増えて、クリンタルが一つのソリューションになるのではないかと考えました」

適切な医師による早期治療は、結果として治療期間の短縮に繋がり、医療コストの低下にも貢献します。本気で名医を探す患者に少しでも多くクリンタルを使ってもらうために、健康保険や生命保険などと組むようなことも検討しているとのこと。また今後1年で、現在は首都圏が中心の名医を全国的に網羅していく予定です。

----------[AD]----------