BRIDGE

タグ ClipLine

ClipLine、新型コロナ対策で新サービス「サブスぺ」をローンチ——飲食店やカラオケボックスをワークスペース化

SHARE:

動画によるサービスマネジメント支援サービス「ClipLine」を提供する ClipLine は14日、新サービス「サブスぺ」の提供を開始した。飲食店やカラオケボックスなどの空席を活用することで不足しているワークスペースの充足を実現し、店舗展開ビジネスの収益増と企業におけるリモートワーク推進を後押しするとしている。 サブスペは、飲食店やカラオケボックスなど、「サービスを提供する場所」を持つ企業が、空…

サブスペを提供している店舗のマップ
Image credit: ClipLine / Google

動画によるサービスマネジメント支援サービス「ClipLine」を提供する ClipLine は14日、新サービス「サブスぺ」の提供を開始した。飲食店やカラオケボックスなどの空席を活用することで不足しているワークスペースの充足を実現し、店舗展開ビジネスの収益増と企業におけるリモートワーク推進を後押しするとしている。

サブスペは、飲食店やカラオケボックスなど、「サービスを提供する場所」を持つ企業が、空席をワークスペースとして提供する仕組み。リモートワークを推進する企業が法人で登録し、所属する社員は、サブスぺの Web サイトで店舗を検索し、ワークスペースとして利用することができる。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言発令前後から多くの企業がリモートワーク勤務に移行、オフィスを解約するスタートアップも増加している。実際に ClipLine でもオフィスを解約したが、一方で社員からは「家が狭い」「共働きの夫婦で同時にウェブ会議ができない」等の課題が露呈し、一時的にはコワーキングスペースなどの利用で解消できても、十分な解決には至らずにいたという。

社員が自宅以外で、かつできるだけ自宅近くで働く方法を模索した結果、既存事業の ClipLine 導入企業である飲食業・カラオケなどの業態について、ワークスペースとしての活用可能性を検討。コロナ禍の影響で客足が遠のくレストランや居酒屋、カラオケボックスなどは、デスクワークに適した設備を備えている上、拠点数が多く、社員が自宅近くで店舗を見つけられる可能性も向上した。

本日現在、カラオケ「まねきねこ」、イタリアン「パステル イタリアーナ」、個室ダイニング「隠れ菴 忍家」など17のブランドが参加。すべてのユーザは1分6円からの従量課金制でスタートし、月額5,000円を超えた場合は一人当たり5,000円/月の定額制へ移行する。1法人あたり最低5名から登録でき、1回あたりの最低利用時間は35分で、初回利用の翌月から100円/月の基本料金が発生する。

via PR TIMES

動画スタッフ教育「ClipLine」が1億円調達ーー5000店舗導入、10万人利用に拡大

SHARE:

クラウドOJTシステムを展開するClipLineは12月17日、キャナルベンチャーズを引受先とする第三者割当増資を公表した。調達した資金は1億円で出資比率や払込日など詳細は非公開。 ClipLineは複数の店舗を持つ企業向けの動画によるOJTサービス。飲食店などのスタッフ教育などで、指導する側が店舗に直接行かなくても双方向のやりとりで教育ができる。 2018年11月には5000店舗の導入に成功して…

7A6766BF-9B5C-4108-B3D6-7A505843FD2A

クラウドOJTシステムを展開するClipLineは12月17日、キャナルベンチャーズを引受先とする第三者割当増資を公表した。調達した資金は1億円で出資比率や払込日など詳細は非公開。

ClipLineは複数の店舗を持つ企業向けの動画によるOJTサービス。飲食店などのスタッフ教育などで、指導する側が店舗に直接行かなくても双方向のやりとりで教育ができる。

2018年11月には5000店舗の導入に成功しており、ユーザー数は10万人を超える。吉野家や日本KFCホールディングス、高島屋といった外食・小売企業の導入が進み、現在では介護福祉や薬局、美容などの分野で活用されている。

via PR TIMES

サービスマネジメントツール「ClipLine」がベネフィット・ワンと提携、現場の動きがポイントに変わる仕組みを提供

SHARE:

サービスマネジメントツール「ClipLine(クリップライン)」を開発するジェネックスソリューションズが、ベネフィット・ワンとの業務提携を発表した。 ベネフィット・ワンは、優秀な成績を残した社員や勤怠の良い社員にポイントを付与し、ポイントを活用して好きな商品と交換ができるポイント報奨制度「インセンティブ・ポイント」を提供している。 両社は今回の提携により、サービスマネジメントプラットフォーム「Cl…

ClipLine_IncentivePoint_プレスリリース用_取組み概要図1

サービスマネジメントツール「ClipLine(クリップライン)」を開発するジェネックスソリューションズが、ベネフィット・ワンとの業務提携を発表した。

ベネフィット・ワンは、優秀な成績を残した社員や勤怠の良い社員にポイントを付与し、ポイントを活用して好きな商品と交換ができるポイント報奨制度「インセンティブ・ポイント」を提供している。

両社は今回の提携により、サービスマネジメントプラットフォーム「ClipLine」に、ベネフィット・ワンが提供するポイント報奨制度「インセンティブ・ポイント」を連動させた「クリップラインポイント(仮)」を2016年6月から提供を開始する。

「ClipLine」がサービスを提供している小売やサービス業の多店舗展開企業では、離職防止、採用強化、労働環境待遇向上等が経営課題となっている。「ClipLine」では、スタッフがどんなアクションをとっているかが可視化されるため、可視化されたアクションをポイントにし、物理的なインセンティブへと変えようというのが今回の提携の狙いだ。

ClipLine_IncentivePoint_プレスリリース用_仕組みイメージ1

「クリップラインポイント(仮称)」は、サービス・小売業界の離職防止や採用強化、労働環境の待遇向上を支援する目的で用意された制度だ。

「クリップラインポイント(仮)」が導入されると、従業員は「ClipLine」上で行うクリップ閲覧、レポート投稿、コメント等のアクション実施や、特定の ToDoの実施完了後に、ポイントが付与される。

従業員は貯まったポイントを、ベネフィット・ワンの宿泊施設の利用や、レストランの食事券、映画や観劇などのエンターテインメントチケット等、約20,000メニューと交換することができる。

「ClipLine」はどちらかといえばマネジメントをする側のために用意されている機能が多かった。今回の「クリップラインポイント(仮)」は、現場のスタッフがモチベーションを高めるための仕組み。

実際に、「クリップラインポイント(仮)」によってどの程度離職防止や採用強化などの数字の改善に貢献するかは、サービスを提供しながら様子を見ていくという。

現場のマネジメントをするためのツールはいくつか登場してきている。ClipLineが他のサービスとの違いを明確にしていくためにも、「クリップラインポイント(仮)」の行く末は重要なものになりそうだ。

店舗マネジメントツール「ClipLine」がSMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタルらから9,600万円を資金調達

SHARE:

飲食、アミューズメント、小売、メンテナンス、アパレル、フィットネス、美容など、店舗を通じて提供されるサービスのジャンルは多岐に渡る。こうした多店舗展開する企業が抱えるのが現場である店舗のマネジメントだ。 従業員の提供するサービスの品質維持し、向上させるための教育やモニタリングは、これまで「対面」で行われてきた。企業が成長し、店舗が増え、エリアも拡大すると、「対面」でのやりとりというのは重いコストと…

clipline

飲食、アミューズメント、小売、メンテナンス、アパレル、フィットネス、美容など、店舗を通じて提供されるサービスのジャンルは多岐に渡る。こうした多店舗展開する企業が抱えるのが現場である店舗のマネジメントだ。

従業員の提供するサービスの品質維持し、向上させるための教育やモニタリングは、これまで「対面」で行われてきた。企業が成長し、店舗が増え、エリアも拡大すると、「対面」でのやりとりというのは重いコストとなる。教育のレベルにも差が生まれるようになり、マネジメントの質の低下を招いてきた。

本誌でこめまで何度か取り上げている「ClipLine」は、多店舗展開をしている企業が抱える店舗マネジメント上の課題を解決するために開発されたサービスだ。

「ClipLine」ではショート動画を通じて、これまで「対面」で行われてきた手作業・動作が多い業務に関する従業員指導を行い、企業内のノウハウを蓄積しながら他店舗にもノウハウを共有可能にした。

product_03

product_01

「ClipLine」は、2014年10月にサービスをリリースして以降、吉野家、養老乃瀧、オートバックスセブン等の大手企業様から利用され、2016年1月末時点で約1,800店舗への導入が進んでいる。

成長を続ける同サービスを開発するジェネックスソリューションズは、SMBCベンチャーキャピタル、DBJキャピタル、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタルの4社がそれぞれ運営する投資事業組合を引受先とする、総額9,600万円の第三者割当増資を実施した。

ジェネックスソリューションズは、元々飲食店向けに経営コンサルティング事業を展開していた強みを活かし、「ClipLine」もトップダウンで導入を決めてきている。今回、大手金融機関のベンチャーキャピタルから出資を受けたことで、さらに導入を加速させる方針だ。

「クライアントとなる店舗は銀行から借り入れを行って事業を展開していることが多い。銀行はそのネットワークを持っているので、うまく活用して新規顧客を開拓していきたい」とジェネックスソリューションズ取締役の田中 信行氏は語る。

スタートでは、飲食店向けに提供されていた「ClipLine」だが、クライアントの業態は徐々に多様になってきている。利用のされ方にも幅が生まれており、たとえば美容系の企業では、営業マンが行うようなロールプレイングの練習に活用されているという。

営業トレーニング支援サービスとしても捉えられるとすれば、600万ドルを調達している「CommercialTribe」のような展開もあり得る。

いろんな可能性を感じる「ClipLine」は、まず今回の調達を経て足元を固めるべく、人材の採用を強化する方針だ。同サービスは導入にあたって、オペレーションの改善も必要になるため、営業兼コンサルタントのような人材が必要となる。

サービス自体もアップデートを視野に入れている。グローバルに展開する企業のニーズに応えて多言語展開を行ったり、コンテンツ数が増えた際に探しているコンテンツを見つけやすくするための検索機能の実装、さらにはスタッフのモチベーションを「ClipLine」を通じて高めるための機能の追加などだ。そのため、開発力の増強も必須となる。

現場のマネジメントに課題を感じている企業は多く、「ClipLine」をはじめ、マネジメントを改善するためのツールも複数登場してきている。その中で、ジェネックスソリューションズは頭一つ抜け出していくことができるのか、注視したい。

サービス業のマネジメントを改善する「ClipLine」がインキュベイトファンドから約1.3億円を調達

SHARE:

サービスマネジメントプラットフォーム 「ClipLine(クリップライン)」を提供するジェネックスソリューションズが、 インキュベイトファンド3号投資事業有限責任組合を引受先とする、総額約1.3億円の第三者割当増資を実施した。 ジェネックスソリューションズは、飲食店向けの経営コンサルティング事業を実施していた経緯から、外食産業を中心としたサービス業のマネジメント領域における課題に着目。昨年10月に…

クリップ撮影
サービスマネジメントプラットフォーム 「ClipLine(クリップライン)」を提供するジェネックスソリューションズが、 インキュベイトファンド3号投資事業有限責任組合を引受先とする、総額約1.3億円の第三者割当増資を実施した。

ジェネックスソリューションズは、飲食店向けの経営コンサルティング事業を実施していた経緯から、外食産業を中心としたサービス業のマネジメント領域における課題に着目。昨年10月にサービスマネジメントツール「ClipLine(クリップライン)」の提供を開始した

「ClipLine(クリップライン)」は、これまで「対面」で行われてきた業務に関するスタッフの指導や、売上向上のための施策の伝達、品質維持のためのマネジメント等を、30秒程度の動画と管理サービスを通して可能にするプラットフォームだ。

スタッフ側のアプリと管理側のアプリが用意されており、映像を通じた人材の育成やスタッフの学習管理を行う他、各店舗のノウハウをスタッフが映像化し、他の店舗にも共有することを可能にしている。



サービスの開始以降、多店舗・多ブランドを展開している企業向けに提供。外食業界の他にも、小売、美容、アミューズメントといったサービスマネジメントに関心を持つ企業の導入を増やしている。

クリップ一覧

映像をいくつかのジャンルに分けたり、複数の映像をパッケージして「ToDo」化するなど、サービスの提供をしながら、「ClipLine」の改善を続けてきている。大手チェーン店でも利用されているという。

ジェネックスソリューションズ取締役の田中信行氏はプロダクトをリリースした後の手応えについて以下のようにコメントしている。

田中氏「マネジメントに課題を感じている企業にとって、導入してもらえるツールになっているということはわかりました。今後は、導入してもらったサービスのアクティベーションを高めていくことが課題です。この課題に挑戦するための資金を獲得し、人材を確保していきます」

「ClipLine」は、今後、他デバイス展開、他業種展開、海外展開など様々なパターンで拡大を視野に入れている。拡大していくためのコアとなるプロダクトを磨くことにしばらく注力すると田中氏は語る。

ジェネックスソリューションズは、コンサルティングの事業からプロダクト開発にシフトしている。今回の調達資金により「ClipLine」は機能の強化、営業・マーケティング活動の拡大、組織体制強化を図る。

東京オリンピックの開催を控えていることもあり、これから先サービス業における人材育成は重要な課題だ。その波に乗ることができれば、「ClipLine」もともに伸びていけるのではないだろうか。

映像とアプリを活用し現場の店舗スタッフのスキル向上をサポートするサービスマネジメントツール「ClipLine」

SHARE:

ジェネックスソリューションズが、飲食やアパレル業界など、多店舗・多業態展開型ビジネスを手掛ける企業向けのサービスとして、映像とアプリケーションを活用したサービスマネジメントツール「ClipLine」の提供を本日より開始した。 ジェネックスソリューションズは2013年7月に創業した経営コンサルティング事業およびデジタルソリューション事業を手掛ける企業だ。会社の立ち上げから1…

ClipLine

ジェネックスソリューションズが、飲食やアパレル業界など、多店舗・多業態展開型ビジネスを手掛ける企業向けのサービスとして、映像とアプリケーションを活用したサービスマネジメントツール「ClipLine」の提供を本日より開始した。

ジェネックスソリューションズは2013年7月に創業した経営コンサルティング事業およびデジタルソリューション事業を手掛ける企業だ。会社の立ち上げから1年ほどの期間、経営コンサルティングの事業での稼ぎを開発につぎこみ、今回のサービスリリースに至った。

同社の経営コンサルティング事業のクライアントは飲食事業を展開する企業が中心。日々、クライアントの課題に触れる中で、今回のサービスを着想したという。経営者は求めるサービスのクオリティを現場スタッフに徹底するのが困難であること、また現場の状況がわからないことや用意した教育ツールが活用されないといった悩みがあった。

他方で現場店長には忙しくてスタッフを育成する時間が足りないこと、提供するサービスのレベルが上がらないこと、すぐにやめてしまうスタッフも多く、同じ指導の繰り返しになるという課題があった。現場スタッフには、十分な指示が届かないこと、店長や先輩スタッフなど人によって指示がバラバラなことなど、三者三様に抱えていた課題を解決するためのサービスが「ClipLine」だ。

ClipLine TOP

サービスのクオリティ、従業員のおもてなし力を上げるためには企業内でのサービスマネジメントが必須。理想のサービスマネジメントを実現するために、現場の従業員教育と本社と各拠点間のコミュニケーションにおける課題を解決していく必要がある。

「ClipLine」は多店舗・多業態展開型ビジネスを手掛ける企業の従業員教育と本社・各拠点間のコミュニケーションを動画主体で行える仕組みを提供する。以下はサービスを紹介する映像だ。

【公式】ClipLine 多店舗多業態ビジネス向けサービスマネジメントツール from ClipLine on Vimeo.

「ClipLine」は、iPad向けのアプリで、学習者向けアプリと指導者向けアプリの2パターンが用意されている。アプリではスタッフが必要になる各行動をシーンごとに映像を作成し、いつでも閲覧できるようになっている。

02_お手本動画一覧2

現場のノウハウやアイデアは企業全体に共有されて手本となり、継続的な学習を支援するために学習状況を共有できる仕組みの他、TODOリスト機能や自らの動きを撮影できる機能、お手本映像と比較して再生できる機能などいくつか用意されている。

06_お手本動画と練習動画の比較2

教育ツールはこれまで、一度作成してしまうと簡単に更新することはできなかった。だが、こうしたサービスであれば、新しく教材を作ることも容易だ。ユーザは最初にまとまった数の映像を作成する必要があるが、導入のタイミングでジェネックスソリューションズから撮影チームが派遣され、映像を撮影するサービスも提供される。

撮影にかかるフィーと、サービスの利用料を負担する。「ClipLine」はすでに、上場企業含む数社にて順次トライアルを実施し、トライアル先の 1 社であるダイヤモンドダイニング、ゴールデンマジック、バグースらが展開する 62 ブランド、215 店舗全店への導入を開始している。

ジェネックスソリューションズは国内の飲食チェーン事業を手がける企業に同サービスを展開し、アジアを中心としたアジア市場への進出も視野に入れている。同社はリリースしたプロダクトが好調であれば、注力して伸ばしていくために出資を受けることも視野に入れているという。