タグ Clubhouse

栄枯盛衰のClubhouse——自由で新鮮な体験が売りの音声SNSは、もはや「つるはし売り」の場に?【ゲスト寄稿】

SHARE:

本稿は、フランス・パリを拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens 氏によるものだ。彼は、日本で Shizen Capital(旧 Tachi.ai Ventures)のマネージングディレクターを務める。本稿は Bivens 氏の許諾を得て翻訳転載した。(過去の寄稿) The guest post is first appeared on …

mark-bivens_portrait本稿は、フランス・パリを拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens 氏によるものだ。彼は、日本で Shizen Capital(旧 Tachi.ai Ventures)のマネージングディレクターを務める。本稿は Bivens 氏の許諾を得て翻訳転載した。(過去の寄稿

The guest post is first appeared on Mark Bivens’ Blog. Mark is a Paris- / Tokyo-based venture capitalist. He is the Managing Partner of Shizen Capital (formerly known as Tachi.ai Ventures) in Japan.


昨日、日本における Clubhouse の盛衰について興味深い議論をしていた。幸運なことに、日本での現象をよりよく理解している2人の方から教えていただくことができた。

Clubhouse は1月下旬に日本でローンチし、Apple App Store で無料アプリの第1位に躍り出た。政治家も使い始めた

それからわずか2ヶ月で、Clubhouse は、今は亡きプロ野球選手 Yogi Berra 氏の名言を具現化したような存在になってしまった。「あそこに行く気になる人はもういないはずだ。人が多すぎてね。

なぜ Clubhouse は日本で火がついたのか?

日本はさまざまな意味で Clubhouse にとって理想的な市場だ。誰もがスマートフォンを持っていて、高速鉄道や地下鉄でも、信頼性の高い 4G(現在は多くの場所で 5G)のネットワークに接続されている。もちろん、パンデミックの際には、在宅勤務に一部移行したことで Clubhouse に逃げ込む好機となった。しかし、日本では大規模災害よりも新型コロナウイルスの方が不便を強いられたため、多くの人がオフィスで働いた。そのような人たちにとっては、長い通勤時間や、上司が帰る前にオフィスを出るというタブーが組み合わさって、時間をつぶすための十分な機会となっている。

また、Clubhouse の持つ高級感は、日本の消費者にとっても魅力的だ。Trader Joe’s(アメリカのオーガニック食料品スーパーマーケット)の買い物袋を持って東京を歩けば、最近アメリカに行ったことがさりげなく伝わるように、シリコンバレーの権威ある招待制スマートフォンアプリに参加し、それをソーシャルメディアで発表することは、日本では深刻な FOMO(取り残される不安・恐怖)を生み出す。

では、なぜそれが消えてしまったのか

日本において Clubhouse FOMO の舞台となった主なメディアは Facebook であり、Twitter もある程度利用されていたが、LinkedIn は利用されていなかった。日本のビジネスプロフェッショナルは、LinkedIn よりも Facebook を多く利用している。Facebook は、サラリーマン、フリーランス、起業家、投資家にとって、友人関係だけでなく、仕事上のつながりを持つための主要なソーシャルネットワークとして機能している。Facebook の月間アクティブユーザ数は2,600万人だ。日本の VC の中で Facebook をやっていないのは私だけだと言われたこともある(おそらく私にとっては不利益なことだが、申し訳ないが一線を画している)。

一方、LinkedIn は10年近く前に日本に進出したにもかかわらず、日本でのアクティブユーザ数は現在でも数百万人程度だ。プロフェッショナル層の間で人気を集めている LinkedIn だが、日本では長い間、LinkedIn にアカウントを作成することに意味があった。これは、忠誠心と終身雇用を重んじる日本の大企業では、キャリアを損なう可能性のある行動だ(編注:転職活動をしていると見られるため)。

Facebook の問題点は(というか、一つの問題点だが)、ジャンクが多いことだ。そのため、 Clubhouse は日本での成功の犠牲になっていると言える。 Clubhouse のメンバーシップは主に Facebook を通じて広まったため、誰でも参加でき、誰もが参加し、あらゆる種類の思想的指導者のたわごとを広めることになった。

これと同じ現象を私はフランスで目の当たりにしたが、それは Cédric Giorgi 氏の素晴らしい、生意気なツイートに簡潔にまとめられている。

(訳)私は Clubhouse が大好きだ。この新しいネットワークとそこで交わされる会話や交流が本当に好きだ。しかし、それはインフォプレナーやつるはし売り、ビジネスコーチなどのための場所になりつつある。そうなるには、あまりにも早過ぎた。

しかし、フランスの Clubhouse が「vendeurs de pioche(つるはし売り)」に蹂躙されるまでには、数ヶ月を要したようだ。日本では3週間しかかからなかった。

訳注:「つるはし売り」とは、「ゴールドラッシュの時、最も金持ちになったのは金を掘る人ではなく、シャベルやつるはしを売る人だった」とする話に由来し、ここでは起業家が成長するための道具だとして、起業家に成功の方法を伝授すると吹聴し、その対価に高額な費用を請求する情報商材屋を揶揄している。

TwitterとClubhouse、40億ドルで買収協議【Bloomberg報道】

SHARE:

ピックアップ:Twitter Held Discussions for $4 Billion Takeover of Clubhouse ニュースサマリ:TwitterとClubhouseは40億ドル評価で買収の協議を持ったらしい。Bloombergが報じたところによると、この協議は停滞しているようでどちらが提案したかについても明らかになっていない。同紙はつい先日、40億ドル評価での資金調達に乗り…

ピックアップ:Twitter Held Discussions for $4 Billion Takeover of Clubhouse

ニュースサマリ:TwitterとClubhouseは40億ドル評価で買収の協議を持ったらしい。Bloombergが報じたところによると、この協議は停滞しているようでどちらが提案したかについても明らかになっていない。同紙はつい先日、40億ドル評価での資金調達に乗り出していると報じていた。

Clubhouseは2020年に設立され、今年1月にはAndressen Horowitzによる1億ドルの出資が明らかになっている。この時の評価額は10億ドルと言われているので、たった3カ月でその評価を4倍に押し上げたことになる。現在、同アプリはiOSのみの展開で、1,000万件がダウンロードされた。

現在は競合となるサービスをTwitter(Spaces)Facebook、Discord、LinkedInなどが提供・開発しており、音声による常時接続ソーシャルは次世代のプラットフォームと目されるようになった。Clubhouseもまた、Androidアプリの準備を進めており、向こう数カ月でリリースするとしている。また、今週には配信者に対してチップを送る機能の提供を開始している。今回買収の協議が報じられたTwitterはSpacesをiOSとAndroidの両OSで展開しており、月内にはウェブにも対応する見通しだ。

Spacesというサービスとソーシャルグラフの両方を保有するTwitterが本当に買収を試みたとするなら、競合排除の可能性もなくはない。

Clubhouseで話す人々にマネタイズの活路——Clubmarket、スポンサーシップマーケットプレイスをローンチ

SHARE:

Clubhouse は最近大きな注目を集めているが、その人気あるソーシャル音声セッションにマネタイズをまだ導入していない。そんな中、独立系スタートアップの Clubmarket が、その方法を見つけ出した。 Clubmarket は、Clubhouse のプログラム作成者のためのスポンサーシップマーケットプレイスを立ち上げつつあると、Clubmarket 共同創業者の Tomer Dean 氏が …

スポンサーシップで Clubhouse をマネタイズする「Clubmarket」
Image Credit: Clubmarket

Clubhouse は最近大きな注目を集めているが、その人気あるソーシャル音声セッションにマネタイズをまだ導入していない。そんな中、独立系スタートアップの Clubmarket が、その方法を見つけ出した。

Clubmarket は、Clubhouse のプログラム作成者のためのスポンサーシップマーケットプレイスを立ち上げつつあると、Clubmarket 共同創業者の Tomer Dean 氏が VentureBeat にメールで語った。Clubhouse のマネタイズは、Clubhouse のセッション内でも人気の高いトピックだ。

iOS でのみ利用可能な Clubhouse は、1年前からβテストを実施している。しかし、ここ数カ月で急速に拡大し、12月には VC の Andreessen Horowitz の支援を受けて、時価総額10億米ドルで1億米ドルの資金調達を行った。モバイル関連調査会社 App Annie の推計によると、Clubhouse のこれまでのダウンロード数は1,270万件で、そのうち3月1日以降のダウンロード数は130万件となっている。全てのダウンロードのうち、アメリカでは370万件、日本では180万件、ドイツでは73.5万件となっている。

しかし、オーディエンスが急速に増えている一方、Clubhouse には広告も無ければ、ユーザに料金を請求することもない。また、Clubhouse の Room にいるスピーカーが講演料を請求する方法も無い。

しかし、Dean 氏はスポンサーシップのためのドアは開いていると言う。目下開発中の Clubmarket は、Clubhouse のクリエイターに、有料のブランドスポンサーシップへのアクセスを提供する。この若いスタートアップは、最初に受け入れるクリエイターの数を正確に発表していないが、その数はおそらく数千人になるだろうと、Dean 氏は語った。

このマーケットプレイスでは、ブランドがさまざまな方法で Clubhouse の Room をスポンサーできるようになる。

Clubmarket は、スピーカーの Clubhouse でのギグを支援。
Image Credit: Clubmarket
  • Room Branding………ニッチなトピックを議論する既存の Room は、Room 名に「Sponsored by X」を追加することで、企業にブランド認知を提供できる。(例:「How Startups Can Manage Their Tasks. Sponsored by Monday」)
  • Shoutouts………幅広いソリューションを議論する Room では、ベンダーの製品を議論に含めることができる。
  • Thought Leadership………Tesla CEO の Elon Musk 氏が Clubhouse でインタビューを受けた後、このアプリを利用するエグゼクティブが増えた。このギグによりテックエグゼクティブは適切な Room でインタビューを受けることができる。(例:「Interview AMA with VP Marketing @ Salesforce」)

さまざまな「ギグ」の価格は、各クリエイターが独自の料金を設定している。Clubmarket の Web サイトの見積ツールによると、500人のリスナーがいるテック関連の Room では、共同ブランドのスポンサーとして最大1,000〜2,000米ドルの料金を請求できる。「Drop-in Audio」の市場はまだ始まったばかりなので、ユーザの導入が進むにつれて価格が上昇する可能性がある。

このマーケットプレイスのアイデアは、Clubhouse のパネルから生まれた。先月、Product Hunt 創業者 Ryan Hoover 氏は、Clubhouse に関するコミュニティタウンホールを開催した。その中で、Product Hunt で Clubhouse 関連のサービスが急増していることに触れ欠けている点について言及、近々スポンサーシップマーケットプレイスが世の中に登場するだろうとコメントした。

その場にいたリスナーの一人である連続テック起業家は、思わず胸をなでおろした。彼は以前、需給の両側をマッチさせるマーケットプレイス(閉鎖済)を立ち上げた経験から、自分のチームが何かを開発し数週間で市場に投入できることを知っていた。現在、このマーケットプレイスは開発段階にあり、数週間後には初期ユーザの登録を開始する予定だ。

Clubhouse 自身も今週、20人のクリエイターがブランドスポンサーと協力して行う初のアクセラレータプログラムを発表したが、このプログラムはまだ一般には公開されていない。Clubmarket には、Dean 氏の他に Peleg Aran 氏や Nimrod Kramer 氏が共同創業者として名を連ねている。彼らはこれまでに、VC の支援を受けたスタートアップやマーケットプレイスを複数立ち上げてきた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

黒船 “Clubhouse” に音声国内組はどう対抗する?ーーStand.fm投資家が語る「次に起こること」

SHARE:

10年ぶりぐらいでしょうか。Clubhouseという新しいソーシャルメディアの到来に(スタートアップ村界隈が)湧いています。一方、今のこの異常なまでの加熱を「ボーナスタイム」と見る向きも多いです。 個人的にもTwitterが過去に辿ってきた10年間を数年でトレースするような「走馬灯感」を感じているので、このモメンタムが今後どのように収束し、そして何が残り、どういった変化をもたらすのか注目しています…

世界を強襲している黒船のトップページはまだこんな状態

10年ぶりぐらいでしょうか。Clubhouseという新しいソーシャルメディアの到来に(スタートアップ村界隈が)湧いています。一方、今のこの異常なまでの加熱を「ボーナスタイム」と見る向きも多いです。

個人的にもTwitterが過去に辿ってきた10年間を数年でトレースするような「走馬灯感」を感じているので、このモメンタムが今後どのように収束し、そして何が残り、どういった変化をもたらすのか注目しています。ちなみにTwitterが生まれたのち、多くのインターフェースにはタイムラインの概念や非対称フォロー(それ以前は相互に承認するフォローが一般的)が採用されるなど、多方面に影響を与えたのはご存知の通りです。

音声への関心は昨日・今日始まったわけではなく、ここ2、3年のトレンドではありました。特にAirPodsの登場で「耳が常に繋がる」という環境が生まれ、国内でも「Voicy」や「 Yay!(イェイ) 」、井口尊仁さんが開発している「 Dabel 」などが生まれています。ちょっとジャンルは異なりますが、ゲーム配信の「 Mirrativ 」やバーチャルライブ配信の「 REALITY 」、プロセス配信の 「00:00 Studio(フォーゼロ・スタジオ)」 なども音声を組み合わせたソーシャルメディアを模索している例です。

Clubhouseというよりはポッドキャストに近いStand.fm

そしてこの強烈な黒船に立ち向かう国産にあって、Clubhouseど真ん中なのはやはり「Stand.fm」でしょう。ワンタップでライブ配信ができる手軽さや、複数人での配信など、機能的にもコンセプト的にも近い存在です。Clubhouseが2020年のリリースなので、2018年12月からステルスで配信を開始していたStand.fmの方がやや先行しています。2012年からHighlightという 位置ソーシャルで頭角を表した連続起業家という点 でもStand.fm創業者の中川綾太郎さんと被ります。ライバルです。

ということでStand.fmがこのモメンタムをどう捉えるのか聞いてみたいと思ったところ、同社に昨年出資したYJキャピタルの堀新一郎さんにお話を伺うことができました。昨年8月にシード期としては 破格の5億円を出資したことで話題になっています。 

いずれ飽きる

古川健介(けんすう)さんも驚愕していた音声モメンタムをどう分析しているのか堀さんに尋ねたところ、素直に驚いてるとした上で「わくわく半分、悔しさ半分」と語っていました。

「海外のルームとか見てるとピッチとかやってるんですね。音声だけでこういう遊び方するんだ、と。その上で改めて思ったのはアーカイブの強さ。ライブは今しか聞けないし、同じような人が同じような話をすることはないので、今しか聞けないイイ話とかはやはりアーカイブとして再生された方がいい。結果、Clubhouse的な使い方とその他、という形でプラットフォームの使い分けが進むと予想してます。実際、インスタも告知して自分のファンクラブへ誘導するような導線になっています。いつかはClubhouseもワンプラットフォームで課金や場合によってアーカイブなどの機能を実装し色々なことができるようになるとは思うけど、現時点では機能を実装されているプラットフォームへ移動が進むのではないでしょうか」。

確かに今は一気に人が入ってきて、かつ、コロナ禍の影響もあり、一部のインフルエンサー(特にテック界隈)にとっては懐かしい同窓会のような雰囲気がある場合もあります。ここで話されている内容は過去の貯金みたいなものであり、そこに乗っかる形でやってきた芸能人たちも「ノーギャラ」でお話をしている状況です。強烈なアテンションは集められるけど、課金や広告がない状況で続くわけがない、というのが堀さんの見立てでした。

実際、堀さんも言っていた変わった使い方にClubhouseで開催されるピッチ・ショーというのがあります。スタートアップが投資家やエンジェルにピッチして売り込むルームなんですが、Zoomなどと異なりスライドが使えません。サービスを想像させるのは「声」だけなんですね。まあ、普通はこんな企画やろうとは思わないんですが、Clubhouseでは実際にいくつも実施されています。私も数回聞きましたが、確かに完璧とは言わないまでも、リードを取るという意味では成立していました。

同様にユーザーによって音声(声だけのソーシャル)の使い方が発明されている様子は、Twitterで「ReTweet」が生まれていった過程を彷彿とさせます。最終的に文化として定着したReTweetはRT機能としてTwitterに 実装されていきました。 

音声ソーシャルの体験をどう表現する

最終的に使い分けが進むという想定をしつつ、Stand.fmとしてこのモメンタムをどう陣営に引き込むのか、という質問については「(綾太郎さんは)何かを考えている様子」とはぐらかされてしまいました。ただ、ひとつヒントとして堀さんもClubhouseに表示される「オーディエンスアイコン」については気になる、という発言があったんですね。

実際、話す側として公開取材を実施すると、このコメントもしないし発言もしない「オーディエンス」の存在をふんわりと感じることができます。知ってる顔は繋がりがあれば前席に表示されますし、微妙に話す内容にも影響を受けることがあります。例えば人数が少ないとややくだけた話ぶりになることもありますし、知ってる顔が多いと関連する話題を振ってみたり、ということが自然と生まれるのです。オーディエンスに発言やスタンプがなくとも現実世界と繋がるとこういう影響があるのかと個人的には認識しました。

Stand.fmに並ぶチャンネルはラジオ的

ポイントはオーディエンスとの距離感です。現在のStand.fmは見ての通り、プチインフルエンサーから芸能人が並ぶ「コメントできるラジオ」です。体験としては人の話を聞く、という部分が中心で、Clubhouseのようにそこにいる友人や知ってそうな人と繋がるというイメージはあまりありません(機能としてはフォローがあります)。Stand.fmが現在の体験を保ちつつ、新たにやってきた音声+ソーシャルという「ライブイベント的な」体験をどのように表現するのか、がぜん興味が湧いてきました。

堀さんによれば、昨年の年末からStand.fmはDAU、MAU共に順調に成長しているそうです。国内ではシード期に5億円という破格の資金調達に成功していますが、一方のClubhouseは昨年創業ながら、先日、1億ドル(※今日のレートで約105億円)の調達に 成功していると言われています。 同時多発的に発生した各国でのClubhouseブームは中国でも発生しており、招待枠の個人間売買が 横行しているという話もあります。 あまりにも強すぎる黒船に対し、国内勢は次をどう読んでどのように対抗するのでしょうか。

※本稿はClubhouseでYJキャピタルの堀新一郎さんに公開インタビューした内容をご本人の同意の上、記載しております

中国の中古品ECプラットフォームで、Clubhouse招待権の売買が横行

SHARE:

Tesla の CEO Elon Musk 氏が Clubhouse に登場し聴取者数記録を更新した翌日、中国のネットユーザは Clubhouse の大成功を利用して金を稼ごうと Clubhouse への招待権の販売を始めた。 詳細情報:TechNode(動点科技)は、Alibaba の中古市場「Idle Fish(閑魚)」で Clubhouse の招待権が数十件掲載されていることを確認した。 価…

2020年7月8日、上海で開催された世界 AI 会議(WAIC)で講演する Elon Musk 氏
Image credit: WAIC

Tesla の CEO Elon Musk 氏が Clubhouse に登場し聴取者数記録を更新した翌日、中国のネットユーザは Clubhouse の大成功を利用して金を稼ごうと Clubhouse への招待権の販売を始めた。

詳細情報:TechNode(動点科技)は、Alibaba の中古市場「Idle Fish(閑魚)」で Clubhouse の招待権が数十件掲載されていることを確認した。

  • 価格は招待権1件あたり180〜500人民元(約2,900〜8,100円)。出品者は中国のさまざまな場所から出ている。eBay では、Clubhouse の招待権が執筆時点で50米ドル前後で販売されている。
  • Idle Fish に掲載されたものの多くは、過去24時間以内に投稿されたものだ。TechNode は、これらの掲載されたものの真偽を確認できていない。
  • 同名のハッシュタグは、2月2日の火曜日の午後までの24時間で、Weibo(微博)で665万回閲覧されていた。それは中国時間1日午後5時頃(日本時間午後4時)にピークを迎えた。
  • ある驚愕した Weibo ユーザが午後5時頃、「これは何なんだ? 私は時代に疎いのか?」と Weibo 上にチャットのスクリーンショットを投稿した。この投稿は6,700回「いいね」された。
  • 午後5時43分には、200万人のフォロワーを持つ Weibo ユーザが、Clubhouse の招待権が eBay で97米ドルで販売されていることを指摘した。この投稿は4,000回「いいね」を集めた。
Clubhouse の招待権に関する Weibo(微博)の投稿。
Image credit: Technode(動点科技)

背景:Clubhouse では、ユーザが部屋に入ってホストとゲストの会話を聞くことができる。先月くらいからシリコンバレーで話題になっていたが、1日にテック界のスーパースター Elon Musk 氏が登場したことで、その人気は新たな高みに達した。

  • Tesla 幹部が話題のオーディオアプリでデビューし、世界中のニュースライターに豊富なヘッドラインを与えた。彼は Clubhouse の聴衆制限を破り「ビットコインの支持者」であると述べ、GameStop の取引から投資家を停止する Robinhood の決定について同社 CEO を詰問した

【via TechNode】 @technodechina

【原文】