BRIDGE

タグ cluster

VRイベントプラットフォーム「cluster」運営、シリーズCラウンドで8.3億円を調達——テレビ朝日やWFLEとは、コンテンツ開発に向け業務提携

SHARE:

VR(バーチャル・リアリティ)で最大数千人規模のイベントを開催できるサービス「cluster(クラスター)」の開発・運営を行うクラスターは6日、シリーズ C ラウンドで総額8.3億円を調達したと発表した。同社にとっては、2018年9月に実施したシリーズ B ラウンドに続くものだ。今回のラウンドでの調達を受け、クラスターの累積調達金額は14.8億円に達した。 今回のラウンドに参加したのは、KDDI …

Image credit: Cluster

VR(バーチャル・リアリティ)で最大数千人規模のイベントを開催できるサービス「cluster(クラスター)」の開発・運営を行うクラスターは6日、シリーズ C ラウンドで総額8.3億円を調達したと発表した。同社にとっては、2018年9月に実施したシリーズ B ラウンドに続くものだ。今回のラウンドでの調達を受け、クラスターの累積調達金額は14.8億円に達した。

今回のラウンドに参加したのは、KDDI Open Innovation Fund(KDDI=東証:9433 とグローバル・ブレインによる運営)、テレビ朝日ホールディングス(東証:9409、テレビ朝日と略す)、グリー(東証:3632)傘下の VTuber マネージメント会社である Wright Flyer Live Entertainment(WFLE)、31VENTURES(三井不動産=東証:8801 とグローバル・ブレインによる運営)と、個人投資家複数。テレビ朝日と WFLE とは共同開発に向けた業務提携を伴う。

cluster は2017年5月に正式サービスを開始。現在は主に、ゲームメーカーや VTuber マネージメント会社を直接な顧客として、VR による音楽ライブなどを視聴者向けに展開している。有料の音楽ライブとしては、2018年には8月に開催したバーチャルタレント「輝夜月(カグヤルナ)」のライブイベント1本だったが、VTuber のプロモーション需要などが追い風となり、2019年にはライブイベントを約100本を実施するなど堅調な成長を見せた。

cluster 上では、イベントの主催者は無料で VR イベントを開催でき、クラスタはプラットフォーム利用料を徴収せずイベントの製作支援などでマネタイズしている。この B2B2C のモデルは功を奏しキャッシュフローが改善。VTuber イベントの回数増加に伴い海外ユーザ(視聴者)も増えてきたことから、クラスタでは海外展開に注力していく方針だ。また、cluster は現在、HTC Vive と Oculus Rift のみの対応だが、今後、Oculus Quest をはじめ他の HMD にも対応させるべくシステム開発を進める。

今回業務提携したテレビ朝日とは、コンテンツ開発や VR を取り入れた番組などの共同開発、出資者に名を連ねる KDDI とは大容量・低遅延を特徴とする 5G やスタンドアロン VR(画像レンダリングのためのパソコンを必要とせず HMD だけで動作可能)を前提としたコンテンツ開発、WFLE とは同社の VTuber ライブ専用視聴・配信アプリ「REALITY」と連携し、REALITY のキャラクタが cluster でのイベントに参加・配信できる体制を整える。さらには、元旦に NHK 地上波で放映された「NHK バーチャル紅白歌合戦」のような世界観——VTuber に加え、生身のアーティストが同じステージ上に参加可能な仕組みも開発するという。

Mirrativ のようなアプリが出てきたこともあり、自身のアバターを持つ個人ユーザも増え始めている。(クラスタを含め)一社で全ての機能を持つということはないと思うが、サービス同士が連携することで、そういったアバターが参加して、ギフトアイテムを贈り合うような体験を作っていきたい。(中略)

エコノミクスが出来上がってきたので、今回のファイナンスを通じて、特にコンテンツの拡充に力を入れていく。ゲームやアニメコンテンツを持っている企業に使ってもらいたい。音楽ライブやコンサートだけでなく、バーチャルイベントのプラットフォームとして広く浸透させていきたいと思っている。(創業者兼 CEO の加藤直人氏)

クラスターでは今後、プラットフォームのシステム拡充を図るエンジニアもさることながら、特に、ビジネス開発やコンテンツ開発を行う人材採用を拡大する方針だ。cluster を使ってこれまでに開催されたイベントの最大規模は3万人の同時視聴にとどまっているが、近い将来、数十万人〜百万人規模の視聴者が集められる大型イベントの開催を目標にしたいとしている。

VRソーシャルルーム「cluster」、ユーザ体験の浸透に向け自社コンテンツ制作のため4億円を調達——XTech Ventures、GB、KDDIが参加

SHARE:

【18日14時15分更新】2018年9月からサービス名表記が「cluster.」から「cluster」(ピリオド無し)に変更されたため反映。 VR(バーチャル・リアリティ)で最大数千人規模のイベントを開催できるサービス「cluster」の開発・運営を行うクラスターは12日、シリーズ B ラウンドで4億円を調達したと発表した。前回シリーズ A ラウンドに続くラウンドとみられる。このラウンドに参加した…

cluster-investor-team
クラスターの経営メンバーと、シリーズ B ラウンドに参加した投資家の皆さん
Image credit: Cluster

【18日14時15分更新】2018年9月からサービス名表記が「cluster.」から「cluster」(ピリオド無し)に変更されたため反映。

VR(バーチャル・リアリティ)で最大数千人規模のイベントを開催できるサービス「cluster」の開発・運営を行うクラスターは12日、シリーズ B ラウンドで4億円を調達したと発表した。前回シリーズ A ラウンドに続くラウンドとみられる。このラウンドに参加したのは、XTech Ventures、グローバル・ブレイン、KDDI。

また、XTech Ventures のジェネラルパートナー手嶋浩己氏が、クラスターの社外取締役に就任することも明らかにされた。今回の調達を受けて、公表されているものだけで、クラスターのこれまでの累積調達額は約6.5億円に上る。クラスターでは調達した資金を使って、VR のユーザ体験の浸透に向け自社コンテンツ制作のためスタジオを開設する。

<関連記事>

cluster-kaguya-luna-live
8月に開催されたバーチャルタレント「輝夜月(カグヤルナ)」のライブイベント
Image credit: Cluster

cluster を使った〝バーチャル興行〟は好評を博しているようだ。8月に開催されたバーチャルタレント「輝夜月(カグヤルナ)」のライブイベントでは VR 入場は5,000円、一般パブリックビューイングは3,000円でチケット販売された(ソニー・ミュージックレーベルズ SACRA MUSIC が主催)。7月に開催されたバーチャルタレント「ファイ」のライブイベントでは、打ち合わせ、出演者の控え室、舞台監督からの指示など、裏舞台まで cluster 上で実施し披露したという(Phi Channel が主催)。

クラスター CEO の加藤直人氏によれば、大きなもので月に1〜2回、小さいものであれば毎週のように cluster 上でイベントが開催されているとのこと。イベントの主催自体には費用がかからないので主催者にとってのハードルが低く、これが事業ベースでも実験ベースでも手軽にイベントを開催してみようという主催者のモチベーションにつながっているようだ。

(cluster 上で)音楽ライブをやりたい、みたいなことを言っていたが、それが実際にやれるところまでこぎつけた。でも、ただのメタバースみたいなのになりたいとは思わない。(中略)

宇宙旅行とかバーチャル上の体験を売り買いできるマーケットプレイス、バーチャル体験の Amazon になりたい。(加藤氏)

cluster-sora-live
「ときのそら」のライブイベント(プライバシー保護のため、画像の一部は加工されています)
Image credit: Cluster

事業モデルの観点からは、VR を使ったイベント興行は、売り方がソーシャルゲームに似ているように感じるとも語ってくれた。ソーシャルゲームは一般的に1〜2年の開発期間をかけ、最低でも数億円程度のコストを要する。世の中のユーザが受け入れてくれるかどうかは、当たるも八卦当たらずも八卦。ソーシャルゲームに比べれば、バーチャルタレントやバーチャルタレントを使った興行は、ソーシャルゲームよりは短い期間と小さな工数でトライアンドエラーを回せる。ソーシャルゲームの波は、バーチャルタレントを使った VR イベントの方へ向いてくるのかもしれない。

もともと夢見ていた、バーチャルタレントのイベントができるようになった2018年は、ボーナスステージだと思っている。こういうもので、しっかりお金が回るということを周りに見せられたという実感がある。

ボーナスステージの間にしっかりといい体験を作りたい。大勝負がかかってくるのが来年年明け以降かな。日本初や世界初の体験を作るのが好きなので、それに共感してテンション高くついてきてくれる社員と共に頑張っていきたい。(加藤氏)

VRソーシャルルーム「cluster.」、シリーズAラウンドで2億円を調達——正式サービスをローンチし、エイベックスとは資本業務提携

SHARE:

VR(バーチャル・リアリティ)で最大数千人規模のイベントを開催できるサービス「cluster.」の開発・運営を行うクラスターは31日、シリーズAラウンドで2億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、エイベックス・ベンチャーズ、ユナイテッド、ディー・エヌ・エー、Skyland Ventures、および名前非開示の個人投資家(人数不明)。これは、クラスターにとって、2016年4月、Skyl…

VR(バーチャル・リアリティ)で最大数千人規模のイベントを開催できるサービス「cluster.」の開発・運営を行うクラスターは31日、シリーズAラウンドで2億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、エイベックス・ベンチャーズ、ユナイテッド、ディー・エヌ・エー、Skyland Ventures、および名前非開示の個人投資家(人数不明)。これは、クラスターにとって、2016年4月、Skyland Ventures、East Ventures および個人投資家から総額約5,000万円を調達したエンジェルラウンドに続くものだ。また、今回あわせて、エイベックス・ホールディングス・グループ(以下、エイベックスと略す)とは業務提携も締結した。

同社は調達した資金をもとに、人気コンテンツを有する企業との協業を積極的に進めるとともに、スマートフォンやモバイル VR といったマルチデバイス対応を含めてプロダクト改善を進めるとしている。なお、本調達の発表と共に、α版として提供されていた「cluster.」の正式版への移行が発表された。正式版が提供するユーザエクスペリエンスについては、4月のティザーページ開設時に詳細をお伝えしている

クラスターは4月4日に都内で開催されたエイベックス・ベンチャーズの第1回デモデイ(avex Enter-Tech Pitch)に参加・登壇している。このデモデイは一般的なアクセラレータなどのデモデイと異なり、エイベックスがスタートアップとのオープンイノベーションの機会を模索することを意図したもので、エイベックス社員やスタートアップ・エコシステム関係者など招待者のみ参加が許されるセミクローズの形で実施された。クラスターは、このデモデイで松浦勝人賞を受賞しており、これが今回のエイベックスとの資本業務提携につながったようだ。

avex Enter-Tech Pitchで、エイベックス・ホールディングス・グループ CEO 松浦勝人氏(左)から賞を授与される、クラスター CEO の加藤直人氏(右)
Image credit: Masaru Ikeda

エイベックスとの具体的な協業内容については明らかになっていないが、加藤氏のデモデイでのピッチ内容や審査員とのやりとりを参考に推測すると、エイベックスはこれまでにも所属アーティストらを起用した有料のリアルイベントを全国で展開しており、このような興行をクラスターと VR で開催することを模索していく可能性が考えられる。また、エイベックス傘下のエイベックス・ピクチャーズは「ユーリ!!! on ICE」や「おそ松さん」などの有力優良 IP を保有しており、VR 分野での協業が見込める。

クラスター CEO の加藤直人氏によれば、cluster. ではユーザを一部限定した形で、VR 上で開催するイベントへの参加チケットを販売できる機能を実装済とのこと。また、cluster. はアジア文化やアニメ声優などとの相性が良く、その点においてもエイベックスとの協業に賭ける期待は大きいとした。

集まる体験をハックするVRプラットフォーム「cluster.」、5月の正式版グローバルリリースに向け事前ユーザ登録を受付開始

SHARE:

VR(バーチャル・リアリティ)で最大数千人規模のイベントを開催できるサービス「cluster.」の開発・運営を行うクラスターは、開発中の cluster. の最新サービスイメージを公開し、同サービスが5月に正式版をリリースすることを明らかにした。あわせて同社は今日、ティザーページを開設し、正式版の事前ユーザ登録を開始した。 昨年に公開したα版と比べると、正式版ではユーザが自ら VR 上に部屋を作れ…

VR(バーチャル・リアリティ)で最大数千人規模のイベントを開催できるサービス「cluster.」の開発・運営を行うクラスターは、開発中の cluster. の最新サービスイメージを公開し、同サービスが5月に正式版をリリースすることを明らかにした。あわせて同社は今日、ティザーページを開設し、正式版の事前ユーザ登録を開始した。

昨年に公開したα版と比べると、正式版ではユーザが自ら VR 上に部屋を作れる機能が追加された。ハッシュ値が付加された URL を共有することで、その URL を知るユーザ同士のみが同じ部屋に入って体験を共有することができる。現在のところ、部屋は会議室やリビングルームなど、事前に用意された10種類程度のバリエーションから選ぶのみだが、将来的にはユーザ自ら部屋をデザインし、それを他ユーザにも公開できる機能の実装も検討されている。

また、cluster. 正式版に備わったもう一つの面白い機能が、VR 上でのパソコンのデスクトップ画面共有だ。VR 上の一つの部屋に集まったユーザ同士が、部屋に備えられたスクリーン上で同じ画面を見ることができる。ここにゲームや YouTube 画面を投影できるので、複数ユーザが映像コンテンツを見ながら意見を言い合ったり、スポーツ中継を見ながら体験を共有することも可能だ。

ところで、放送されているテレビ番組や販売されている DVD コンテンツなどは、個人での視聴を前提としている。家庭などで同一空間で家族や友人が集まって鑑賞するところまでは想定範囲内だ。この体験を VR 上の〝同一空間〟上で試みた時に、何人までの(あるいはどのような条件で)複数名による同時視聴が許されるのかについては、明確な法律上の規定や判例は今のところ存在しない。

クラスター CEO の加藤直人氏は、個人的な見解と断った上で、WebRTC を使ったサーバを使わないタイプの cluster. で、数名がハウスパーティー的に集まる位までなら、リアル世界のリビングルームなどで同じコンテンツを何人かで鑑賞するのと同一の体験と解釈できるのではないか、と推測している。さらに、cluster. ではサーバや CDN を駆使して、VR 上で同時に数千人程度が同じイベント空間を共有するようなことも可能だが、この場合は著作権侵害に抵触する可能性が高いので、対策を講じる必要があるだろう、とのことだった。

ただ逆に考えれば、コンテンツホルダーやライセンシーがイベントを主催するのなら、cluster. 上で、多人数でも同じ映画やスポーツ中継をパブリックビューイングするような環境の提供も可能になる。そこには、さまざまなビジネスの可能性が考えられる。

cluster. の開発の裏にあるキーワードは「引きこもり」だ。先日、加藤氏は渋谷で開催されたイベントに登壇したときにも、オフィスのある五反田から山手線でやってくるのが億劫だったとこぼしていた。移動に要する時間とコスト、多人数が集まる場合の場所を確保するためのコストやロジスティックスを考えれば、足を棒にして営業に走り回るビジネスパーソンや、イベントビジネスに関わる企業にとって新たな代替手段の提起と捉えることもできる。

この分野では、アメリカの AltspaceVR先週ローンチした日本の Embody.Me などを競合として捉えることができるが、cluster. ではエンターテイメント的な要素による楽しさなどよりも、むしろ、便利さを追求し VR 上で出会えることに注力していきたいと、加藤氏は抱負を述べた。そのためにも、今回のティザーページでは、新しい機能のテストに参加してくれるユーザや、cluster. 上でイベントを開催してくれるユーザを広く募集する意図があるようだ。

クラスターは2016年4月、エンジェルラウンドで Skyland Ventures、East Ventures および個人投資家から総額約5,000万円を調達している。