THE BRIDGE

タグ CNET Japan

CNET Japanの新編集長に藤井涼さん就任、新方針は「クロステック領域」と「ソーシャルファースト」

SHARE:

ニュースサマリ:朝日インタラクティブが運営するITビジネスメディア「CNET Japan」の新編集長にこれまで副編集長を務めてきた藤井涼氏が就任する。5月1日付けの交代で、前任だった別井貴志氏から編集部を引き継ぐ。CNET Japanの初代編集長はグリー共同創業者で、現在は慶應イノベーション・イニシアティブ 代表取締役の山岸広太郎氏。その後、TechCrunch Japanの編集長も務めた西田隆一…

cnet_japan_chief_in_editors.jpg
写真左からCNET Japan前編集長の別井貴志さん、新編集長の藤井涼さん

ニュースサマリ:朝日インタラクティブが運営するITビジネスメディアCNET Japanの新編集長にこれまで副編集長を務めてきた藤井涼氏が就任する。5月1日付けの交代で、前任だった別井貴志氏から編集部を引き継ぐ。CNET Japanの初代編集長はグリー共同創業者で、現在は慶應イノベーション・イニシアティブ 代表取締役の山岸広太郎氏。その後、TechCrunch Japanの編集長も務めた西田隆一氏(現在はB Dash Ventures)、別井氏と引き継がれてきた。

話題のポイント:国内テックスタートアップシーンを現場で取材するメディア、CNETの編集体制が若返りました。藤井さんに軽く編集方針を聞いたところ、コンテンツについてはクロステック領域(教育、医療、不動産、金融、農業など)を中心に、「社会課題の解決」を早める記事・イベントをより多く出していくそうです。

また、配信についてもソーシャルファーストの方針で、SNSでの読まれ方や拡散のされ方を意識した記事の作り方、発信の仕方を研究するというお話でした。

CNET.png

私がCNET Japanの編集部にお世話になったのは今から7年前ぐらいの2012年前後。日本でもシードアクセラレーションプログラムが始まり、スタートアップという言葉が使われるようになった頃です。当時、編集部員だった岩本有平さんや藤井さんと一緒に現場で取材してこんな連載とか担当させてもらいました。

THE BRIDGEはその時の経験を元に立ち上げましたが、その際も別井さんはじめ気持ちよく送り出してもらい、その後も一緒にアワードイベントを企画させてもらったり、PR TIMESへの事業譲渡の際も別井前編集長に取材していただくなど、大変お世話になりました。

媒体的にはテック系でも株式公開企業の情報が中心で、朝日グループということもあってやや固めのニュースが多めですが、若い藤井体制に変わって色合いも変化すると思います。スタートアップで私たちのような専業系テックブログではなく、メジャー誌の取材や掲出を目指す場合、日経さんもいいですが、ぜひCNETにもトライしてみてください。

これからもスタートアップについては競合するのではなく、うまく補完する立ち位置で国内の起業シーンを一緒に伝えられたらと思います。藤井編集長、がんばってください。

【ご報告】5月1日付けでITビジネスメディア「CNET Japan」の編集長に就任いたしました。図らずも令和編集長です…(笑)。こんな若造で大丈夫か?と自分でも思いますが、それでも任せてくれた経営陣や編集長には頭が上がりません。10年以上にわたりCNETを率いてきた別井の後任は荷が重すぎますが、自分なりにより面白く、読者にとっても有益な媒体にしていきたいと思います。いつも皆さんには頼ってばかりですが、これまで以上にお力をお借りすると思いますし、逆に私にできることがあれば何でも言ってください。引き続き、CNET Japanをよろしくお願いいたします!(4月の編集長交代ラッシュに慌てて便乗したわけではありません…笑) ーー藤井さんのFacebookポストより

----------[AD]----------

THE BRIDGEとCNET JapanがStartup Awardを開催、最優秀賞はTokyo Otaku Modeに決定

SHARE:

英語による記事はコチラ。 THE BRIDGE と CNET Japan を運営する朝日インタラクティブは今日、Japan Startup Award を受賞者を発表した。 この賞には、THE BRIDGE と CNET Japan がこれまでに取り上げたスタートアップの中から、過去5年以内に創業していて、今後年率50%以上の成長が期待できるスタートアップ20社がノミネートされた。ノミネートされた…

英語による記事はコチラ

THE BRIDGE と CNET Japan を運営する朝日インタラクティブは今日、Japan Startup Award を受賞者を発表した。

この賞には、THE BRIDGE と CNET Japan がこれまでに取り上げたスタートアップの中から、過去5年以内に創業していて、今後年率50%以上の成長が期待できるスタートアップ20社がノミネートされた。ノミネートされたスタートアップの一部は、THE BRIDGE でも連載で取り上げている。読者からの約1万票の投票により、各賞は以下の3社に決定した。

最優秀賞(賞金50万円)

tom mini logo

Tokyo Otaku Mode (過去の関連記事

Tokyo Otaku Mode は、日本のオタク・カルチャーのコンテンツを収集し、世界のオタクファンに情報を紹介している。現在、同社の Facebook ファンページの Like 数は、1,400万件を超えている。

 

CNET Japan 賞(賞金30万円)

rettyRetty過去の関連記事

Rettyはソーシャルメディアの特性を生かし、信頼出来る「人」を軸とした新しいお店探しを提案するグルメサービスです。2011年6月にサービス開始後、様々なメディアにも取り上げられ、現在はユーザー数100万人を突破も果たした人気急上昇中のサービスです。

THE BRIDGE 賞(賞金30万円)

MONOCO過去の関連記事

MONOCOはデザイン雑貨の招待制ショッピングサイト。国外約550名、国内約100名のデザイナーと提携し、時間限定のフラッシュ・セールス形式をとっている。現在、Monoco には、ロンドン、バリ、ニューヨークにそれぞれ1人、世界全体で計7人の商品担当者が居る。

cjsa_awardpresenting_monoco
写真提供:MONOCO CTO Ari Awan 氏

Japan Startup Award は CNET Japan のイベント「CNET Japan Live 2013」の中で発表され、NTTドコモベンチャーズKDDIの協賛、バリュープレスの協力を得て実現した。

スタートアップのノミネートにあたっては、以下のベンチャーキャピタルやインキュベータが協力した(五十音順)。

ANRI、Beenos、KDDI、KLab Ventures、MOVIDA JAPAN、Skyland Ventures、YJキャピタル、アイ・マーキュリーキャピタル、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、インフィニティ・ベンチャーズLLP、グリーベンチャーズ、グローバル・ブレイン、グロービス・キャピタル・パートナーズ、経営共創基盤、サイバーエージェント・ベンチャーズ、サイバーエージェント投資事業本部、サムライインキュベート、ベンチャーユナイテッド、リード・キャピタル・マネージメント。

----------[AD]----------

メディアに載ることがゴールではないと意識しろ−−CNET Japan岩本氏が語るメディアとの上手な付き合い方

SHARE:

スタートアップにとって、自身の知名度を上げたりブランド力を高めたりするには、記者やメディア関係者と良好な関係を作ることが大切だ。メディアとの付き合い方の作法を覚えることで、より効果的に事業を展開することができる。 IT系やガジェット、テクノロジーに関する記事を掲載しているCNET Japan。同媒体編集部の編集記者である岩本有平氏は、主にC向けサービスやスタートアップを担当している人物だ。 同氏が…

スタートアップにとって、自身の知名度を上げたりブランド力を高めたりするには、記者やメディア関係者と良好な関係を作ることが大切だ。メディアとの付き合い方の作法を覚えることで、より効果的に事業を展開することができる。

IT系やガジェット、テクノロジーに関する記事を掲載しているCNET Japan。同媒体編集部の編集記者である岩本有平氏は、主にC向けサービスやスタートアップを担当している人物だ。

同氏が、MOVIDA SCHOOLで語ったメディアとの上手な付き合い方についてまとめた。

IMG_0244_2

メディアはどんな情報を求めているのか

メディアと一括りにしても、日刊、週刊、月刊、ビジネス誌、業界誌などそれぞれの媒体によって求めているものは違う。

週刊誌や月刊誌は特集を軸に構成されており、特集に応じたネタをピックアップしている。日刊やウェブ媒体は比較的ストレートニュースが多く、その中でもテック系媒体は、サービスリリースや買収、資金調達、提携といった話が中心となりやすい。

書き手を意識して、コミュニケーションすること

知名度の低いスタートアップが、メディアの窓口にプレスリリースを送っても取り上げてもらえる確率は低い。メディアに応じて、特定の記者がどのような分野に興味があるか、媒体の特性や読者層なども考慮しながら分析したほうが良い。その分析に合わせて、自社のサービスのポイントを媒体に合わせて調整し、記者個人にアプローチできるくらいまでコミュニケーションを取っていこう。

事前のコミュニケーションを大切に

記事を書いている記者も人間であり、時間や労力は有限だ。そのため、事前にコミュニケーションを図りながら、関係を構築していくことが大切だ。週刊や月刊といった媒体も、まずは接点を持つことで、特集の際に掲載のチャンスが回ってくる可能性はある。

媒体や記者それぞれによって、書く優先順位は変わってくる。少しでも書いてもらえる優先順位を上げていくためにも、自社の強みを理解してもらうためのやりとりが必要だ。また、プロトタイプやユーザテストなどを通じてサービスの感触などを記者に体験してもらうことで、記事やインタビューの際の質問の中身の深みも増してくることも多い。

スケジュールのすり合わせは、漏れなくすること

大手企業との提携など、ステークホルダーが多くなるリリースの際は、提携先とメディアに対するコミュニケーションの方法などをすり合わせながら、漏れがないように調整していくことが大切だ。また、スケジュールもできるだけ自分たちでコントロールし、しっかりとした広報体制を敷いて取り組んでいくべきだ。

知人の紹介から、記者との関係を作る

記者とのつながりを作るには、知人の紹介ベースが一番だ。もちろん、飛び込み営業やFacebookなどのSNSを通じた連絡も最近は増えたが、知り合いや一度取材した方を経由したほうが、信頼関係も作りやすい。

プレスリリースの作法を覚えろ

スタートアップは、少ないリソースだからこそ起業家がPR兼広報の役割を担ったほうが良い。少しでも掲載される確率を高めるためにも、プレスリリースの作法を理解しておこう。プレスリリースの基本は、5W1Hやデータが正確に記載されていることだ。根拠なく「世界初」とうたうなど、市場における自社の優位性を主観で表現するのではなく、客観的な数字を用いて説明しよう。

プレスリリースの内容はコンパクトに

プレスリリースは、できるだけコンパクトにまとめよう。A4用紙1枚から2枚以内にサービス概要や説明がまとまらなければ、もう一度練り直したほうが良い。文字だけでの説明が難しい場合は、グラフや写真などで補完しよう。また、サービスのURLや社名、役職、問合せ先など、会社の基本情報も漏れなく記載しておこう。Wordでリリースを送る時は、修正履歴を残さないようにし、PDFを利用してリリースを送るとよい。もちろん本文にも同じテキストを入れたほうがよい。

プレスキットを用意すること

プレスリリースにプレスキットを用意しておくと、掲載の際に画像やキャプチャも利用されやすい。リリースと画像を整理し、記事になりやすい体裁にしておくとよい。ファイルサイズが大きければ、ファイル転送サービスなども利用しよう。また、デモサイトやデモアカウントがあれば、一緒に送ることで使い方も理解されやすい。

リリースのタイミングにも気を配る

リリースを送る際は、メールのタイトルにも配慮しよう。100件以上ものリリースを受けとる日もあるため、タイトルに社名やサービス名など、意図が伝わる工夫が必要だ。ウェブメディアであれば、掲載タイミングについても意識しよう。土日や夜にリリースを送っても、すぐには記事化されない。メールを送るだけではなく、送った旨を別の手段、例えばSNSのメッセージなどで伝えると、より効果的だ。

メディアに載ることがゴールではない

どんなに華々しくメディアに掲載されて注目やトラフィックを集めても、継続してアクセスしてもらえるようなサービスでなければ意味はない。メディアに載ることがゴールではなく、優れたプロダクトを作ることに注力することが一番だ。プロダクトの力があれば、自然とメディアも注目してくる。メディア側からオファーが来るくらいのほうが良い。

メディアをどう活用するかが鍵だ

ただ闇雲に掲載されるのではなく、露出したことが業界としてインパクトがあるかどうかが重要だ。掲載して終わりではなく、サービスのフェーズやブランド作りのステップに応じて、掲載されるメディアを意識しながら、アプローチを図ったほうが良い。メディアをうまく活用することで、サービスを良い方向に進めることが大切だ。

プロダクトに込めた思いとストーリーを軸に語れ

起業家は、プロダクトについて説明する時に、機能だけではなく起業家自身のストーリーとプロダクトの関係も意識すべき。ストーリーがあり、その結果としてプロダクトがある、といったプレゼンのほうが、より記者もプロダクトのことを理解しやすい。自身の思いを込めたプロダクトを、良いものにするように日々行動してもらいたい。

----------[AD]----------

小国ゆえに国外から学んできた–ルクセンブルクが日本のスタートアップに熱視線

SHARE:

日本のスタートアップが海外展開をする際、アジアであればまずシンガポールに拠点を置くというケースが少なくない。米国でのサービス展開や資金調達を目指すのなら、なんとなくシリコンバレーと相場が決まっている。 では、ヨーロッパに進出すると考えたとき、どこにオフィスを構えるのがよいのだろう。ヨーロッパのシリコンバレー「TechCity」に取り組むロンドンか、「シリコン・サンティエ」が形成されつつあるパリか、…

日本のスタートアップが海外展開をする際、アジアであればまずシンガポールに拠点を置くというケースが少なくない。米国でのサービス展開や資金調達を目指すのなら、なんとなくシリコンバレーと相場が決まっている。

では、ヨーロッパに進出すると考えたとき、どこにオフィスを構えるのがよいのだろう。ヨーロッパのシリコンバレー「TechCity」に取り組むロンドンか、「シリコン・サンティエ」が形成されつつあるパリか、皆目見当がつかない。

10月上旬、東京では46年ぶりに世界銀行の年次総会が開かれ、世界各国からVIPが訪れていたが、その中にヨーロッパのルクセンブルクで、通信・メディア大臣を務めるフランソワ・ビルチェン氏の姿があった。同氏にルクセンブルクのICTやスタートアップ環境について聞いた。

この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。

 

----------[AD]----------

時間割共有サービス「すごい時間割」が刷新–全国対応し、ソーシャル機能を強化

SHARE:

ラビットは、大学生向けの時間割共有サービス「すごい時間割」の全面リニューアルを実施した。全国700校以上の4年制大学に対応したほか、Facebookアカウントナシでの利用も可能になった。 この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。 ———-[AD]———-

ラビットは、大学生向けの時間割共有サービス「すごい時間割」の全面リニューアルを実施した。全国700校以上の4年制大学に対応したほか、Facebookアカウントナシでの利用も可能になった。

この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。

----------[AD]----------

地域と協働し、起業家を創出する–mass×mass 関内フューチャーセンター

SHARE:

神奈川県・横浜の港口である関内地域。ここに地元横浜で事業を手がける起業家やNPOなどが集まる建物「mass×mass 関内フューチャーセンター」がある。 この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。 ———-[AD]———-

神奈川県・横浜の港口である関内地域。ここに地元横浜で事業を手がける起業家やNPOなどが集まる建物「mass×mass 関内フューチャーセンター」がある。

この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。

----------[AD]----------

ルームシェアの新しい形–空き部屋のマーケットプレース「Roomstay」公開

SHARE:

みんなのマーケットは、空き部屋のオンラインマーケットプレース「Roomstay」を公開した。空いている部屋などの所有する居住スペースを公開し、ある期間だけ使いたい人に貸すことができる。 この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。 ———-[AD]———-

みんなのマーケットは、空き部屋のオンラインマーケットプレース「Roomstay」を公開した。空いている部屋などの所有する居住スペースを公開し、ある期間だけ使いたい人に貸すことができる。

この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。

----------[AD]----------

iPhoneアプリ版iQONで急成長のVASILY–「24時間好きなことだけ真剣にやる」

SHARE:

ソーシャルファッションコーディネートの「iQON」のiPhoneアプリが、1万のコーディネートを2週間で達成するなど好調だ。運営するVASILYの創業者であり、代表取締役の金山裕樹氏に話を聞いた。 この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。 ———-[AD]———-

ソーシャルファッションコーディネートの「iQON」のiPhoneアプリが、1万のコーディネートを2週間で達成するなど好調だ。運営するVASILYの創業者であり、代表取締役の金山裕樹氏に話を聞いた。

この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。

----------[AD]----------

レーザーカッターで新しいものづくりを体感する–渋谷「FabCafe」

SHARE:

東京・渋谷にオープンした「FabCafe」。常設されるレーザーカッターで、さまざまなものを生み出せるこのカフェの狙いは何なのか?ロフトワーク代表取締役の林千晶氏と岩岡氏に聞いた。 この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。 ———-[AD]———-

東京・渋谷にオープンした「FabCafe」。常設されるレーザーカッターで、さまざまなものを生み出せるこのカフェの狙いは何なのか?ロフトワーク代表取締役の林千晶氏と岩岡氏に聞いた。

この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。

----------[AD]----------

新しい価値を提供したい人の“きっかけづくり”の場に育てる–CAMPFIRE石田氏

SHARE:

日本でクラウドファンディングという新たな文化の創造を目指し挑戦する石田光平氏。「CAMPFIRE」を運営するハイパーインターネッツの共同創業者の彼はどのような考えで挑戦を続けるのか聞いた。 この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。 ———-[AD]———-

日本でクラウドファンディングという新たな文化の創造を目指し挑戦する石田光平氏。「CAMPFIRE」を運営するハイパーインターネッツの共同創業者の彼はどのような考えで挑戦を続けるのか聞いた。

この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。

----------[AD]----------