BRIDGE

タグ CocoaBook

韓国のApril7が、社内恋愛向けソーシャル・デイティング・サービス「Coco Biz」をローンチ

SHARE:

韓国でソーシャル・デイティング・サービス「Cocoa Book(코코아북)」を提供する April 7(에이프릴세븐)は、韓国初のエンタープライズ向けソーシャル・デイティング・サービス「CocoBiz(코코 비즈)」をローンチした。 <関連記事> 3対3ソーシャル・デイティング・サービス、ココアブック初の新婚夫婦誕生 既存のソーシャル・デイティング・サービスがユーザ単位でサービスを提供されるのに対…

cocobiz_featuredimage

韓国でソーシャル・デイティング・サービス「Cocoa Book(코코아북)」を提供する April 7(에이프릴세븐)は、韓国初のエンタープライズ向けソーシャル・デイティング・サービス「CocoBiz(코코 비즈)」をローンチした。

<関連記事>

既存のソーシャル・デイティング・サービスがユーザ単位でサービスを提供されるのに対し、Coco Biz では企業の会員のための差別化されたソリューションを提供し、イントラネット上でのみ利用を可能としている。福利厚生の一環として、社外とは隔離された環境でサービスの提供を受けられるようにしたのが特徴だ。

社内恋愛をしたい社員がプロフィールを登録すると、対象となる社員を紹介してもらうことができ、設定次第では、約60万人いる Cocoa Book(코코아북)の会員データと連動し、異業種の異性を紹介してもらうこともできる。サインアップ完了後、理想の異性を最大3人まで紹介してもらうことができ、双方が好感が持てば連絡先を交換できる。

韓国の大企業の系列会社では、社員の結婚を世話することが福利厚生に役立つとの考えから、結婚情報会社から複数のサービスを導入しているケースが見受けられる。サムスン電子は、社員を対象としたアンケート調査の結果から、社内恋愛に対して40%が「積極的に賛成する」との回答が得ている。社内恋愛を経験したか、現在進行中の社員も11.4%を占めている。

大企業では、数万人いる系列会社の社員の間に未婚男女の出会い系システムを提供しなくても、Coco Biz があれば、社内恋愛のプラットフォームを提供できるという点でユーザの満足は高めることができるだろう。サーバ構築、メンテナンスなどのコストがかからず、システム導入をためらっていた企業には打って付けの機会となる。中小企業においても、他分野の社員との自由な交流が可能になる。

キム・ジンファン(김진환)代表は次のようにコメントしている。

まずは、社員数数千人以上の大企業と韓国大手ポータルサイトに導入適用することを計画中だ。信頼性の高い恋愛は、業務効率の向上につながるため、企業の生産性にもよい影響を与えるだろう。

Coco Biz は、個人のプライバシー・セキュリティを考慮して、公開範囲を導入企業単位やメンバー単位で設定でき、デスクトップ、iPhone、Android で自由に利用できる。

利用を希望する企業は、Cocoa Book のビジネス連携問い合わせページ、または、support@april7.co.jp に連絡してほしい。基本導入型(オンプレミス)、レンタル型のサービスから選択でき、利用する期間も設定することができる。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

3対3ソーシャル・デイティング・サービス、ココアブック初の新婚夫婦誕生

SHARE:

【原文】 大学生をターゲットにした、韓国の新生ソーシャル・デイティング・スタートアップのココアブックは、11月13日に初の公式新婚夫婦が誕生する予定であることを明らかにした。実際に結婚する人物については個人情報の観点から具体的な公開はしないが、今年初めにココアブックを通じて結ばれた縁が11月に実を結ぶことになった。 さらに、中国、日本など各国からココアブックとのパートナーシップを要請する問い合わせ…

【原文】

大学生をターゲットにした、韓国の新生ソーシャル・デイティング・スタートアップのココアブックは、11月13日に初の公式新婚夫婦が誕生する予定であることを明らかにした。実際に結婚する人物については個人情報の観点から具体的な公開はしないが、今年初めにココアブックを通じて結ばれた縁が11月に実を結ぶことになった。

さらに、中国、日本など各国からココアブックとのパートナーシップを要請する問い合わせが入っているが、まだ信頼できる現地パートナーを見つけられておらず、具体的な段階には入っていない。しかし、今後は中国、日本を中心に海外進出を検討中であると説明した。

また、ココアブックは、自分が入力した基本的なプロフィールのほか、数十の質問を通して個人の気質を分析するなど、世界的にも珍しいマッチング・アルゴリズム技術を具現化したものをすでに開発、確保したと伝えた。

ココアブックは今年4月のサービス開始後、成均館大学(ソンギュングァン大学)の「成大愛(ソンデサラン=성대 사랑)」コミュニティを中心に招待状を受け取った人だけが加入できるようにし、いわゆる「水管理(訳注:韓国語で「入場制限」の意)」をしており、これを通して1万5千人を確保している。現在は他の地域、大学にも条件を拡大しており、招待状なしでも加入が可能だと説明した。ただし、加入者の信頼性を確保するため、加入者のプロフィール承認可否を一人一人慎重に決定しているとい う。

注目すべき点は、2万人のうち1万人が毎日接続するほどアクティブ・ユーザーが多く、恋愛関連の調査質問を掲載すると、1~2時間のうちに千~2千人が質問に答えることが可能で、加入者との迅速なフィードバックが可能であるという長所も説明した。

10月30日付、NAVERと京郷(キョンヒャン)新聞に掲載された、ココアブックに関する記事

ココアブックはサービス開始年となる今年の売上を2億ウォン(約1,300万円)ほどと予想している。今後は恋愛開始から結婚まで責任を持つサービスとして関連企業とパートナーシップを結び、ワンストップ恋愛、結婚サービスを提供する予定だという。

さらに、中国、日本など各国からココアブックとのパートナーシップを要請する問い合わせが入っているが、まだ信頼できる現地パートナーを見つけられておらず、具体的な段階には入っていない。しかし、今後は中国、日本を中心に海外進出を考慮中であると説明した。

ココアブックのキム・ジンファン共同代表はココアブックの青写真を次のように語った。

我々は、ココアブックで出会い、愛し合う姿を見て、 家族が誕生する過程を見ながら一つの世代を変化させる実験をしている。心から顧客に歩み寄り、素敵な縁を紹介することや、互いがより信頼し愛し合えるようにするカップル・サービスまで全てをココアという本に載せるつもりだ。

恋愛という単語を聞くだけでドキドキしてときめくように、世界で一番幸せなサービスを作り、国内だけでなく世界を代表するオンライン・デイティング・サイトを作りたい。

  • キム・ジンファン(김진환)代表:成均館大学(ソンギュングァン大学)情報通信学部卒業。学生時代には、韓国情報オリンピアード、 コンピュータ創意性大会、大学生IT新技術公募展、全国情報技術大典など多様な大会での受賞経験があり、(株)CDネットワークス研究所でサーバ分散処理を担当、NHN、ダウム、ネクソン、NCSoftなどのゲーム会社、メガスタディ、イートゥースなどの教育企業のトラフィック分散処理技術を開発した。
  • イ・ジョンフン(이정훈)代表:漢陽大学(ハニャン大学)の工科学部に在学中で、(株)フォーシーソフトのソリューションチームにてeラーニングソリューション開発を担当した経験があり、在学時に韓国情報オリンピアード、全国情報技術大典、模擬株式投資大会などで受賞し、技術だけでなくさまざまな分野で活動した経験がある。

ココアブック利用説明動画
 

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom