タグ Coda Payments

東南アジアのコンテンツ決済プロバイダCoda Payments、eスポーツのBAASHを買収

SHARE:

シンガポールを拠点とし、デジタルコンテンツの越境決済や配信ソリューションを提供する Coda Payments は、モバイル e スポーツのトーナメントプラットフォーム「BAASH」を買収した。買収の詳細は未発表だ。 今回の買収により、Coda は既存のゲームグッズやソリューションの範囲を拡大する。その中には、デジタルゲームコンテンツのマーケットプレイス「Codashop」や、自由参加型のコミュニ…

Image credit: Baash

シンガポールを拠点とし、デジタルコンテンツの越境決済や配信ソリューションを提供する Coda Payments は、モバイル e スポーツのトーナメントプラットフォーム「BAASH」を買収した。買収の詳細は未発表だ。

今回の買収により、Coda は既存のゲームグッズやソリューションの範囲を拡大する。その中には、デジタルゲームコンテンツのマーケットプレイス「Codashop」や、自由参加型のコミュニティ e スポーツトーナメント「Codashop Global Series(CGS)」などがある。

BAASH の買収により、Coda は CGS の e スポーツトーナメントに参加したいプレイヤーのために、より良いサービスを提供することを目指す。CGS は世界の17の市場で展開されており、過去12ヶ月間で10万人以上の参加者を獲得している。また、Coda はBAASH のプラットフォームを最適化し、そのサービスを Coda の製品ラインに組み込む予定だ。

Coda Payments の CEO である Philippe Limes 氏は、次のように述べている。

この買収は、お客様に最高の価値、体験、エンターテイメントを毎日欠かさず提供するという当社のコミットメントの表れだ。

2011年に設立された Coda は、45以上の市場で、ゲームやエンターテインメントのデジタルコンテンツ制作者の商品やサービスの収益化を支援してきた。Coda は、ロンドンの PE アセット・マネージャーである Apis Partners と、東南アジアの決済に特化した投資ファンド GMO Global Payment Fund の支援を受けている。また、Codapay(越境決済エンジン)や xShop(ゲームコンテンツ配信ネットワーク)も同社が提供するサービスだ。

プレスリリースによると、Moonton(Mobile Legends: Bang Bang)、Garena(Free Fire)、Tencent(PUBG Mobile)などのゲーム、beIN や Bigo Live などのストリーミング・プラットフォーム、Tinde rなどのアプリ、ビデオオンデマンド・プラットフォームなどのパブリッシャーが Coda と連携し、集客や決済を行っているとのことだ。

Codaは、Codashop がゲームやゲーム内通貨の供給元として信頼されており、250以上の安全な支払い方法を顧客に提供し、毎月9,000万人以上の訪問者を記録しているとしている。また、このプラットフォームは、登録やログインを必要としない「シームレスな購入体験」を可能にし、ゲームクレジットやゲーム内通貨をゲーマーのアカウントに即座に追加できることを誇りとしている。

2016年に設立され、香港を拠点とする CAPSL Entertainment が所有する BAASH は、ユーザが e スポーツイベントを作成したり、コンテストに参加したり、同じ考えを持つゲームファンのコミュニティを発見したりすることができる。調査報告書「Asia Esports Market Report 2021」によると、新型コロナウイルスの感染拡大にもかかわらず、アジアの e スポーツは2020年に5億4,380万米ドルの収益を上げ、2019年のそれと比較して4.9%増加しており、今年はさらに堅調な成長が見込まれている。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


東南アジアのマルチチャネル決済プロバイダCoda Paymentsが、IMJ-IPなどから200万ドルを調達

SHARE:

マルチチャネル・ペイメントゲートウェイの Coda Payments(以下、Coda と略す)は今日、200万ドルの資金調達ラウンドをクローズしたと発表した。このラウンドに参加したのは IMJ Investment Partners と非開示の投資会社数社、さらに、既存投資家の GMO Global Payment Fund、Toivo Annus 氏(Skype の元技術責任者)、Golden …

codapay_featuredimage

マルチチャネル・ペイメントゲートウェイの Coda Payments(以下、Coda と略す)は今日、200万ドルの資金調達ラウンドをクローズしたと発表した。このラウンドに参加したのは IMJ Investment Partners と非開示の投資会社数社、さらに、既存投資家の GMO Global Payment Fund、Toivo Annus 氏(Skype の元技術責任者)、Golden Gate Ventures が含まれる。

今回調達した資金は、同社のマルチチャンネルのオンライン決済ゲートウェイ Codapay と、顧客対面型ギフトコード配信プラットフォーム Codashop の機能と展開地域を強化するために使われる。

Coda Payments の CEO Neil Davidson 氏は、プレスステートメントの中で次のように述べている。

IMJ Investment Partners は、東南アジアで極めて感慨深い投資家陣を集めてくれた。新しい投資家陣を、我々の投資家グループに歓迎したい。

neil-davidson_portrait
Neil Davidson 氏

一言で言えば、Coda は、Baidu(百度)、Alibaba(阿里巴巴)の UCWeb、Kunlun(崑崙)、Garena などデジタルコンテンツプロバイダやゲームデベロッパが、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの顧客から料金を徴収するのを支援している。

Coda によれば、顧客が Codapay を使って、キャリア決済、銀行振込、コンビニ支払、バウチャー、電子ウォレット支払の決済を行う取引件数は、一日あたり17,000件以上に上るという。

IMJ Investment Partners のパートナーである瀬尾康浩氏は、次のように述べている。

Coda は、ユニークなものを作り上げてきました。それは、マーチャントが東南アジアじゅう5億人から決済を受けられる、オンライン決済ゲートウェイです。注目すべきは、キャリア決済対応できるエリアが広いことです。Coda は東南アジアの通信会社12社以上と協業しており、これほどの取りまとめができる会社は他にいません。

Coda は2011年に設立され、Telkomsel、Indosat Ooredoo、XL Axiata、Hutchison Tri Indonesia、Singtel、M1、StartHub、Maxis、DiGi、Globe、Smart など主要通信会社と、直接的な取引関係および技術的なインターフェイスを持っている。セブンイレブンなどのコンビニや、True Money などのバウチャー発行会社、Doku Wallet などの電子ウォレットプロバイダとも協業している。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


東南アジアのモバイル決済プロバイダCoda Paymentsが、GMO、楽天、CAVなどから230万ドルを調達

SHARE:

一部の先進国を除いて、東南アジアではネット決済に困難を極める。ユーザの大多数が銀行口座やクレジットカードを持たないからだ。それゆえ、先ごろ THE BRIDGE でも紹介した Candy のような、独自の決済エコシステムが形成される余地があるわけだ。 シンガポールに本拠を置く Coda Payments は、インドネシアなどの国々で、地元のモバイルキャリアと提携することで、ユーザにモバイル決済サー…

coda-payments-featuredimage

一部の先進国を除いて、東南アジアではネット決済に困難を極める。ユーザの大多数が銀行口座やクレジットカードを持たないからだ。それゆえ、先ごろ THE BRIDGE でも紹介した Candy のような、独自の決済エコシステムが形成される余地があるわけだ。

シンガポールに本拠を置く Coda Payments は、インドネシアなどの国々で、地元のモバイルキャリアと提携することで、ユーザにモバイル決済サービスを提供している。同社は今日、GMOグローバルペイメントファンド、楽天、サイバーエージェント・ベンチャーズGolden Gate Ventures、Skype 共同創業者でエンジェル投資家の Toivo Annus 氏から、シリーズAラウンドで230万ドルを調達したと発表した。

Golden Gate Ventures は、THE BRIDGE のアドバイザーでもある Jeffrey Paine 氏が創業パートナーのテクノロジーファンドである。Coda Payments は2011年に創業し、Golden Gate Ventures と Toivo Annus 氏からは昨年、シードラウンドで90万ドルを資金調達している。

サービスを開始した今年3月以降、同社は共にインドネシアのモバイルキャリアである AxisEsia と提携し、インドネシアのユーザに決済サービスを提供している。一方、コンテンツプロバイダ側では、Garena(シンガポール)ChangYou(中国・暢遊)Boyaa Interactive(中国・博雅互動)CJ Internet(韓国) などのゲームパブリッシャーと提携、ゲームプレーヤーに対するアイテム課金を、電話会社の料金請求やプリペイド精算で実現している。

neil-davidson_portraitCoda Payments の投資家に、日本から3社もの卓越したテクノロジー企業を迎えることができて大変うれしい。GMO の決済、楽天のEコマース、サイバーエージェントのゲーム——3社はそれぞれの得意分野に加え、東南アジアにおいて活発に投資を行っていることから、彼らの参画によって、Coda の成長はさらに加速することができるだろう。

(Coda Payments CEO Neil Davidson 氏)

今回調達した資金を使って、同社は東南アジアでさらに多くのキャリアとの提携を進めていく計画だ。

インターネットやモバイルを使った決済手段が限られる東南アジアでは、この分野に多くの競合が存在する。その一部を知るには、Tech in Asia の最近の記事「東南アジア発でPayPalに挑むスタートアップ10社」のほか、タイの JazzPay の項目を参照してほしい。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録