THE BRIDGE

タグ Compathy

旅を記録できるサービス「Compathy」のワンダーラスト、シリーズAラウンドでモバイル・インターネットキャピタルなどから1.3億円を調達

SHARE:

旅を記録できるサービス「Compathy(コンパシー)」を展開するワンダーラストは25日、シリーズAラウンドで1億3,000万円を調達したと発表した。このラウンドのリードインベスターはモバイル・インターネットキャピタルが務め、SMBC ベンチャーキャピタルが参加した。同社にとっては、2014年3月にインキュベイトファンドとリクルートストラテジックパートナーズから実施した、シードラウンドでの数千万円…

ワンダーラストのチームメンバー。写真奥の中央右が代表取締役の堀江健太郎氏。
Image Credit: Wanderlust

旅を記録できるサービス「Compathy(コンパシー)」を展開するワンダーラストは25日、シリーズAラウンドで1億3,000万円を調達したと発表した。このラウンドのリードインベスターはモバイル・インターネットキャピタルが務め、SMBC ベンチャーキャピタルが参加した。同社にとっては、2014年3月にインキュベイトファンドとリクルートストラテジックパートナーズから実施した、シードラウンドでの数千万円の調達以来となる。

ワンダーラストは Incubate Camp 5th から輩出され、2013年6月に会社設立。同年12月に旅を記録できるサービス「Compathy(コンパシー)」をローンチした。全旅行市場のうち、インターネットで旅を予約する人が46%、個人で旅行を手配する FIT(Foreign Independent Traveler)が30%を占める中で、旅を調べる → 旅を計画する → 旅を予約する の3つのプロセスのうち、Compathy は「旅を計画する」の部分に特化している。「旅を調べる」部分と「旅を予約する」部分は、すでに多くのプレーヤーがいるためだ。

Compathy の旅行計画画面(デスクトップ)

Compathy では、ユーザが旅の途中で撮影した写真を投稿すると、写真に付されたジオタグをもとに Foursquare API を通じてデータを取得し、訪問したスポットの情報と連携。位置情報や日付などのデータから写真を並べられる、旅のログブックの位置づけていた。この投稿件数(ワンダーラストでは、「口コミ数」または「レビュー数」と表現している)が昨年2月の段階で10万件を超えていたが、その後、一つのマイルストーンである20万件を突破したのを機に新機能の開発に着手した。新しい機能では、Compathy 上に投稿されたスポット情報(行きたい場所)をドラッグ&ドロップすると、そこまでの交通手段や移動手段が自動的に表示され、旅先で迷わずに自由に動き回れる環境を提供してくれる。

2016年1月末現在、Compathy の月間アクティブユーザ数は約150万人、旅の記録をまとめた旅ログの数が約4万冊、投稿件数は約50万件に達している。ユーザの約7割は女性なのだそうだ。

Compathy モバイルアプリでの旅行計画画面

さて、冒頭に書いたように「旅を計画する」に特化する Compathy だが、無料サービスであるため、それだけでは売上を上げることができない。そこで考えられるのは、「旅を予約する」サービスへの送客だ。Compathy では、このビジネスモデルの構築を念頭に、これまでの旅の SNS としての位置づけから、前述した新機能の追加を受けて、旅行計画のプラットフォームへとシフトを図る模様だ。

Booking.com や Skyscanner といった、予約サイトへの送客を視野に入れている。ただ、ある程度、多くのユーザを送客できないと有利な条件を引き出すことはできないので、当面はアフィエイトで収入を確保していく。(ワンダーラスト 代表取締役 堀江健太郎氏)

将来的には、ユーザが計画した旅の予定をもとに、フライトや宿泊先を提案するリバースオークションのようなしくみも可能になるだろう。堀江氏によれば、Compathy では、スポット情報をクリックした人のうち実に20%が旅行計画を作成し、そのうちの25%が旅の予約に至っているそうで、この高いコンバージョンレートこそ Compathy の強みだ。このあたりの今後のしくみづくりについては、リバースオークションのしくみが急速に進化を遂げている、中国の Qyer.com(究遊)などをベンチマークしていると、堀江氏は語った。

2020年東京五輪を前に、インバウンド流入も意識して、昨年からオウンドメディア「Compathy Magazine」を英語版でも始めたそうだ。Compathy 本サービスのグローバル展開も近いうちに期待できそうである。

----------[AD]----------

10万件を超える口コミを集める旅の記録サービス「Compathy」のiOSアプリがリリース

SHARE:

ワンダーラストが提供する旅の記録をコレクションできるサービス「Compathy」のiOS版アプリを本日リリースした。ワンダーラストは昨年3月に数千万円規模の資金調達を実施している。 「Compathy」は、ユーザが旅の写真をサイト上にアップしていくだけで、たどったルートなど旅の記録をまとめることができるサービス。ユーザが写真をアップすると、位置情報や日付などのデータから写真を並べていき、旅のログブ…

Compathy

ワンダーラストが提供する旅の記録をコレクションできるサービス「Compathy」のiOS版アプリを本日リリースした。ワンダーラストは昨年3月に数千万円規模の資金調達を実施している

「Compathy」は、ユーザが旅の写真をサイト上にアップしていくだけで、たどったルートなど旅の記録をまとめることができるサービス。ユーザが写真をアップすると、位置情報や日付などのデータから写真を並べていき、旅のログブックを作ることができる。2013年12月にサービスをリリースし、現在、約1万5000件のログブックと、10万件を超える口コミが集まっているという。

前回の資金調達から1年ほど時間が空いているが、その間ワンダーラストは、サービスをスマホで使うことを前提に、情報設計の見直しを行っていたそうだ。サービスリリース時に彼らが想定していたよりも早くスマホの波が押し寄せ、その対応に時間がかかった。

スマホで利用されることを前提に設計し直された「Compathy」は、今回iOSアプリをリリースした。基本的な機能はPC版と変わらず、他のユーザが作成したログブックの閲覧、ログブックの作成などが可能になっている。



ワンダーラスト代表取締役の堀江健太郎氏は、

堀江氏「スマホアプリがほしいというユーザの声はずっといただいていたので、ようやく対応できました。まずはiOS版でユーザの反応を見ていきたいと思っています」

と語る。Androidに対応するより前に、いくつか「Compathy」の次の展開を考えているという。

堀江氏「サービスリリース時から視野に入れていた旅行の計画を立てるサービスを開発していきたいと考えています。これを8月に合わせてリリースしていきたい。行きたいスポットを選んでいくと、自動で旅のルートと旅程をスケジュールを作成してくれるようなサービスにできたらとイメージしています」

旅のルートや旅程を作成することができるようになれば、そこに航空券や宿の予約などを促す仕組みを追加し、マネタイズにつなげていくというのが「Compathy」が次に取り組んでいくことになる。

堀江氏「来年はインバウンド狙いでアプリを外国語対応させる予定です。訪日のユーザに「Compathy」に慣れてもらいつつ、その次の海外展開に向けて海外ユーザを獲得していければ」

描いている絵を実現していくためにも、まずはアプリをユーザに使ってもらう必要がある。「Compathy」が狙うのは、2ヶ月で20万ダウンロード。この数字が達成できれば、旅行のクチコミと比較サイト「フォートラベル」が2014年9月時点で発表していた会員数に並ぶ。旅行の計画サービスをリリースする予定の今年の8月ごろのタイミングでは、30万件の口コミ数の獲得を目標にしているという。

堀江氏「事業を立ち上げたときから、旅行者と現地の人をつなげたいという想いは変わりません。将来的には「Compathy」を通じて、旅行者と現地の人をマッチングしていきたいと考えています。移動なら「Uber」、宿泊先はAirbnb、現地の人と会うなら「Compathy」となるようにサービスを育てていきたい」

堀江氏は、筆者が初めて彼のピッチを見たときと同じことを語っていた。「Compathy」のiOS版アプリはこちらからダウンロードできる。

----------[AD]----------

旅の記録サービス「Compathy」が数千万円規模の資金調達、AirBnBとのコラボキャンペーンも実施

SHARE:

旅の記録をコレクションできるサービス「Compathy」を運営するスタートアップ、ワンダーラストがインキュベイトファンドとリクルートを引き受け先とする第三者割当増資を実施した。金額は明らかになっていないが、数千万円規模の資金を調達した。 「Compathy」は、ユーザが旅の写真をサイト上にアップしていくと旅のストーリーをまとめることができるサービス。ユーザが写真をアップすると、位置情報や日付などの…

compathyトップページ01

旅の記録をコレクションできるサービス「Compathy」を運営するスタートアップ、ワンダーラストがインキュベイトファンドとリクルートを引き受け先とする第三者割当増資を実施した。金額は明らかになっていないが、数千万円規模の資金を調達した。

「Compathy」は、ユーザが旅の写真をサイト上にアップしていくと旅のストーリーをまとめることができるサービス。ユーザが写真をアップすると、位置情報や日付などのデータから写真を並べていき、旅のまとめを作ることができる。昨年末にサービスをリリースし、3ヶ月ほどで1200ほどの旅の記録と、8000件ほど口コミが集まっているそうだ。

compathy 口コミ

今回調達した資金は、アプリの開発に充てるという。

「リリース前に想定していたよりも、ユーザにとって写真をアップロードするハードルが高かったことがわかりました。いくつかの写真の中から投稿する写真をピックアップするのが面倒だったり、旅行写真が好きだという人が写真を投稿するサイトとして活用していることから、写真の平均的なクオリティが上がってしまい、写真にあまり自信がない人の投稿ハードルが上がってしまったんです。」

と、ワンダーラスト代表の堀江健太郎氏は語る。これらの課題を解決し、モバイルでの利用を増やしていくためにアプリを開発する予定だ。

「モバイルから写真をアップロードしやすくし、アプリ内で画像を加工可能にすることで写真のクオリティも上げられるようにします。写真の投稿ハードルが下がれば、さらに多くの旅の記録と旅スポットの口コミが生まれると考えています。」

まずはiOSのアプリを開発し、ローンチは初夏を予定しているそうだ。Compathyは旅人がよく泊まる場所を探す際によく活用するサービス「AirBnB」の日本法人とのキャンペーンもスタートさせる。今年の5月31日までにCompathyに登録したユーザに、Airbnbを通じた宿泊料が5,000円割引となるクーポンをプレゼントするというものだ。

key_airbnb

Compathyはこうした他の旅行系サービスとのコラボも積極的に実施していきたいと考えている。

Compathyの提供を通じて、旅の定義を変えていきたいと考えています。将来、旅先の人に会うことが旅に出る人のスタンダードな目的となるように、今から旅のコミュニティを作っていきたいと思います。

そう語る堀江氏。Compathyは今回の資金調達を経て、さらに積極的に挑戦していく。

----------[AD]----------

旅行業界のRettyを目指すーー旅の記録をコレクションできるサービス「Compathy」がローンチ

SHARE:

旅に関するサービスはいくつも登場してきた。旅をテーマにしたメディアも数多く存在しており、旅というのは人々の心を惹きつける。ワンダーラストはそんな旅に関するサービス「Compathy」を本日リリースした。 ワンダーラストはインキュベイトファンドが開催しているインキュベーションプログラム「インキュベイトキャンプ 5th」に参加していたスタートアップだ。そのプログラムでは投資採択はならず、その後サービス…

トップ①

旅に関するサービスはいくつも登場してきた。旅をテーマにしたメディアも数多く存在しており、旅というのは人々の心を惹きつける。ワンダーラストはそんな旅に関するサービス「Compathy」を本日リリースした。

ワンダーラストはインキュベイトファンドが開催しているインキュベーションプログラム「インキュベイトキャンプ 5th」に参加していたスタートアップだ。そのプログラムでは投資採択はならず、その後サービスのブラッシュアップを続け、インキュベイトファンドからの出資を受けて今回のサービスリリースに至った。

Compathyは、ユーザが旅の写真をサイト上にアップしていくと旅のストーリーをまとめることができるというサービスだ。ユーザが写真をアップすると、タイムスタンプと位置情報を解析して、日付順に写真を並べ、位置情報から付近の観光スポットを探し出し、割り当てていく。そうやって一度の旅の様子をコレクションとしてまとめることができる。

compathy

ワンダーラストは、「インキュベイトキャンプ 5th」では「One Map」という、旅の計画段階をサポートするサービスを発表していた。その後、プランを練り直し、旅の前段階・準備段階にフォーカスしたサービスから、旅をしてきた後にフォーカスしたサービスへと変更した。

ログブック②

写真を投稿していくと、上のように旅のルートが表示されるようになる。自分の旅の様子を、写真と時間軸、ルートなどを整理してまとめられるサービスは心当りがない。誰かの旅のコレクションを知ることも楽しい体験となっている。だが、Compathyはただ旅の様子をコレクションできるだけではない。

リリースのタイミングではまだオープンになっていないが、Compathyでは写真を投稿した際自動的に紐付けられるスポットのページも作成する予定になっている。ユーザが投稿した写真はスポットページに掲載されていく。これは、食べログなどの口コミサイトにおいて、飲食店の店舗の様子や料理の写真をユーザが投稿している様子に似ている。

旅における”Retty”

Compathyでは旅をしてきたユーザが、その旅のログを簡単にまとめられるようにするだけではなく、旅の口コミサービスとしても機能すると考えられる。ワンダーラスト代表の堀江健太郎氏は、

スポットページに写真や口コミが掲載されていくようにしても、ホテル・旅行の口コミの大手サイト「トリップアドバイザー」にSEOで勝つことは難しい。Compathyでは、実名性の口コミを集めていきたいと考えています。

と語っている。

さながら、食べログに対して実名制を強みにアプローチしているRettyのように、Compathyは既存の旅行口コミサイトに実名制を売りにして勝負していこうと考えているのだ。

旅のコレクション

Compathyは、旅行に行ってきたユーザに対して、「旅のコレクション」を作成するサービスを提供しつつ、旅行プランをたてるサービスにしていきたいと堀江氏は考えているという。

次の段階では、海外とのつながりを共有する機能をつけたいと考えています。自分が旅行に行きたいと考えている国の友達紹介をしてもらい、その人にアドバイスをもらいながら一緒に旅行の計画を立てられるような機能を実装できたらと。

この旅行の計画をたてる機能は1月中にリリースする予定だという。

人々の心から国境を無くしたい。

と語る堀江氏。Compathyの壮大な挑戦は始まったばかりだ。

----------[AD]----------