BRIDGE

タグ Computerlogy

韓国のYDM Groupが、タイのソーシャルメディア分析スタートアップComputerlogyを買収

SHARE:

韓国のデジタル・マーケティング企業 Yello Digital Marketing Group (YDM) は、バンコクを拠点とするソーシャルメディア・アナリティクス・スタートアップ Computerlogy の株式多数を取得した。買収に関わる金額など詳細については、現在のところ開示されていない。 <関連記事> タイのComputerlogyが、Facebook上の話題をチェックできるツール「So…

computerlogy_featuredimage

韓国のデジタル・マーケティング企業 Yello Digital Marketing Group (YDM) は、バンコクを拠点とするソーシャルメディア・アナリティクス・スタートアップ Computerlogy の株式多数を取得した。買収に関わる金額など詳細については、現在のところ開示されていない。

<関連記事>

Computerlogy の CEO Vachara Aemavat 氏は、今回の経営統合に至った思惑について、次のように語っている。

アドテクの変化が激しいため、市場で顧客のニーズにあったプロダクトやサービスを提供するのは難しくなってきている。

このコメントに関連して、発表で、は今回の経営統合により、Computerlogy は YDM と R&D センターを協業することになるとされている。

Computerlogy は2009年に設立され、SocialEnable や TH3RE といったツールにより、ビッグデータ分析を使って消費者のインサイトを提供し、ブランドのソーシャルメディア・マーケティイングを支援してきた。Facebook Marketing Partner の称号を与えられており、Facebook のマーケティング・チームから技術支援とパートナー限定のアクセスを得ている。

今回の買収に至った YDM の思惑は、Computerlogy を東南アジアのトップ・ソーシャルメディア・マーケティング・プロバイダにすることにあるようだ。YDM は買収には積極的であり、これまでに Cauly(카울리)、AdQUA、PurpleFriends などを取得している。

YDM の CEO である Sang Seok Lee(イ・サンヒョク氏=이상혁)氏は、プレスリリースの中で次のように述べている。

Computerlogy が我々のチームに参加することで、YDM Group はデータ分析の能力を確固たるものとし、グループ傘下企業とのシナジーにより、アジアのソーシャルメディア広告市場を牽引することになるだろう。

YDM の親会社である Yello Mobile も、買収に積極的な企業として知られている。2012年に設立され、傘下のポートフォリオには74のアプリを持ち、2014年には61社もの企業を買収している。複数のアプリの累計ダウンロード数は、7月のソーシャルメディア・キュレーション・プラットフォーム Pikicast の取得を受けて、1,000万件に達した。

Yello Mobile のウェブサイトによれば、同社の社員数は2,000人、サービスを提供するユーザ数は2,400万以上に上る。

Computerlogy は、2012年の Facebook Developer World Hack で優勝している。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

タイのComputerlogyが、Facebook上の話題をチェックできるツール「Social.gg」をローンチ

SHARE:

バンコクを拠点として、ソーシャルメディア管理ツールを提供するスタートアップ Computerlogy は6日、Facebook 上での話題をチェックできるサービス Social.gg をローンチした。 タイでは Facebook だけでも 2,400万人以上のユーザ(2013年末現在)が、日常の出来事に関する情報をやりとりしている。つまり、ある時点で何が起きているかを把握する上で、ソーシャルメディ…

social.gg_screenshot

バンコクを拠点として、ソーシャルメディア管理ツールを提供するスタートアップ Computerlogy は6日、Facebook 上での話題をチェックできるサービス Social.gg をローンチした。

タイでは Facebook だけでも 2,400万人以上のユーザ(2013年末現在)が、日常の出来事に関する情報をやりとりしている。つまり、ある時点で何が起きているかを把握する上で、ソーシャルメディアは必要不可欠な情報源になっているが、一方で投稿内容の中から情報を整理して、人気のある話題が何なのかを知るのは容易ではない。

Social.gg は Facebook 上で、最もホットなトピックや関心を集めている話題が何かをチェックできるツールだ。さらに同様のツールと差別化するため、Social.gg では、銀行、コミュニケーション、メディア、旅行、自動車、教育、ヘルスケア、アミューズメントなど、20分野ににカテゴライズがされている。

Computerlogy の共同創業者で CEO の Vachara Aemavat は、次のようにコメントしている。

Vachara Aemavat

Social.gg は、我々にとって SocialEnable関連記事)に続く2番目のサービスだ。Social.gg は、今、何が議論されているのか、というトレンドに関心のあるユーザや企業が、マーケティングに必要な情報が得られるよう開発した。FOMO(訳注:ソーシャルメディアを常にチェックしていないと、不安になる症候群)を払拭するのに役立つだろう。現在はタイでローンチし、将来的には海外展開も計画している。今後もソーシャルメディアのマーケティング効率を上げるソリューションを開発していきたい。

Computerlogy は、バンコクのインキュベータ HUBBA から生まれたスタートアップで、2013年9月、タイのメディア大手コングロマリット InTouch Group の投資部門 InVent からシリーズAラウンドで、25%のエクイティに対し、約2,900万バーツ(日本円で約9,200万円相当)を資金調達している。

この分野には、ニフティに買収されたコムニコ、Google に買収された Wildfire、オーストラリアの Tiger PistolSocialMotus、アメリカの OfferpopStruttaVotigo など、少なくないサービスプレーヤーが存在する。

<関連記事>

----------[AD]----------

タイ発の企業向けソーシャルメディア・マーケティング・ツール「SocialEnable」が、現地メディア大手から9,200万円相当を調達

SHARE:

HootSuite に代表されるソーシャルメディア・アグリゲーション・サービスの波は、2012年あたりで一つのピークを迎えたように思う。サービスに価値が無いわけではないけれども、同社のような企業がこの先に狙うのは、高値でのシナジーある企業への売却だろう。 一方、企業向けのソーシャルメディア・ソリューションは、新しいサービスが続々と生まれている。先週、ad:tech tokyo でモデレータを務めさ…

socialenable_screenshot

HootSuite に代表されるソーシャルメディア・アグリゲーション・サービスの波は、2012年あたりで一つのピークを迎えたように思う。サービスに価値が無いわけではないけれども、同社のような企業がこの先に狙うのは、高値でのシナジーある企業への売却だろう。

一方、企業向けのソーシャルメディア・ソリューションは、新しいサービスが続々と生まれている。先週、ad:tech tokyo でモデレータを務めさせてもらったカナダのスタートアップ企業紹介に登壇した Vision CriticalWishpond、先々週の Startup Sauna 東京イベントで優勝した Brand Pit なども、企業がソーシャルメディアを使いこなすための、分析や仕掛けのツールを提供するサービスだ。そしてこの流れに、東南アジアのスタートアップも照準を合わせつつある。

今日、タイで企業向けのソーシャルメディア・ソリューション SocialEnable を提供するスタートアップ Computerlogy は、タイのメディア大手コングロマリット InTouch Group の投資部門 InVent からシリーズAラウンド資金調達したと発表した。リリースでは調達金額は明らかにされていないが、タイのメディア各社の報道によると、約2,900万バーツ(日本円で約9,200万円相当)と推定される。調達した金額に対し、InVent は25%のエクイティを獲得したとされ、企業価値評価(バリュエーション)は約3.7億円と推定される。

InTouch Group はタイの大手メディア・コングロマリットで、傘下にテレビ局 ITV や携帯電話会社 AIS を有する。日本人に馴染みのある言い方をするなら、以前、タイの首相を務めた実業家タクシン・シナワトラ氏が創業した会社だ。Computerlogy は、そのVC部門から1億円近い金額を資金調達したことになる。筆者の記憶が正しければ、タイのスタートアップ史上ではおそらく、シリーズAラウンド資金調達として最高金額だ。金額は公表されていないものの、おそらく、これまででこの規模に相当するのは、タイのレストランサイトWongnai に対するリクルート・ストラテジック・パートナーズからの出資だろう。タイのスタートアップも、他の東南アジアのそれにようやく肩を並べ始めたことを示唆している。

以下は、共同創業者兼CEO を務める Vachara Aemavat 氏のコメントだ。

Vachara Aemavat
Vachara Aemavat
ソーシャルメディアは急速に成長しており、どの企業にとっても重要なマーケティング・ツールです。我々が作った最初のプロダクト SocialEnable により、企業がより有効にソーシャルメディアを利用できるようにしたいと思います。現在、我々は SocialEnable を使ってタイの有力企業150社以上の Facebook ファンページを管理しており、短期間でソーシャルROIの改善を実現しています。

企業は SocialEnable を使って、Facebook、Twitter、Google+ などと連携し、顧客からの連絡を受けて、関係する社内チームに仕事をアサインしたり、サービスレベル維持に活用したりすることができる。分析とマーケティングのアクションの両方ができることも特徴の一つだ。

ウェブサイトがタイ語ではなく英語で作られていることからもわかるが、Computerlogy はタイ国外への進出を念頭に置いており、今回調達した資金を使って、アジア市場への進出とプロダクトの機能強化を推し進めたいとしている。ただ、アジアをターゲットにしているにもかかわらず、東南アジアで人気の LINE との連携について全く言及されていないのは不思議だ。これらの点から憶測すれば、彼らのターゲットは、実は欧米のように思えなくもないが、前述のように、欧米市場にはこの分野にライバルが少なくない。

タイでは久々のシリーズAラウンドで珍しい大型案件だけに、現地の他の起業家の目にも刺激的に映るだろう。このような動きに感化されて、タイのスタートアップ・シーンがより活気づくことを期待したい。

----------[AD]----------