BRIDGE

タグ Connect the Dots

大学生・院生向け夏期集中起業プログラム「Connect The Dots」が修了、美容院向け3Dヘアスタイル擬似体験アプリが優勝

SHARE:

Connect The Dots は、東京のインキュベーション会社である J-Seed や Venture Generation が毎年夏に開催する、大学生・大学院生向けの夏期集中プログラムだ。8月4日(月)〜8日(金)の一週間、参加した学生らは5チームに分かれ、 IDEO、メンバーズ、Google、GMOクラウド、NTTドコモ・ベンチャーズとなど、日本の主要インターネット企業のオフィスでディスカ…

全体集合写真(クリックで拡大)

Connect The Dots は、東京のインキュベーション会社である J-SeedVenture Generation が毎年夏に開催する、大学生・大学院生向けの夏期集中プログラムだ。8月4日(月)〜8日(金)の一週間、参加した学生らは5チームに分かれ、 IDEO、メンバーズ、Google、GMOクラウド、NTTドコモ・ベンチャーズとなど、日本の主要インターネット企業のオフィスでディスカッションを重ねた。

最終日となった8日(金)、チームはそれぞれが推敲したビジネスアイデアをピッチし、美容院向けの3Dヘアスタイル擬似体験アプリ(グリーン・チーム)が優勝を果たした。

優勝したグリーン・チームによるピッチの様子
優勝したグリーン・チームによるピッチの様子

美容院では、施術後、客が必ずしも当初望んだ通りのヘアスタイルに完成しないことはよくある。この現実を客だけではなく美容師も問題認識していて、解決するには、施術前にイメージを具現化し、客と美容師の間で共有することが重要だとグリーン・チームは考えた。

客はモバイルアプリで自身を撮影し、希望するヘアスタイルを選ぶと、それらが合成され、3D表示で施術後のイメージを、客と美容師の双方が事前に確認できる。これにより、美容師は顧客満足度を高められるというしくみだ。

このほかに他チームから披露されたアイデアは…

  • CSR(社会奉仕活動)に活発でない企業が、積極的に活動に参加することを支援するプラットフォーム
  • ムスリムやベジタリアン/ビーガンのための料理のレシピ/原材料情報を、ユーザとレストランが共有できるプラットフォーム「ランチパスポート」
  • 学生が自宅や喫茶店でもなく、仲間と触れ合うためのソーシャル・スペース「Wachaya」 など

今年の Connect The Dots プログラムには、男性9名女性11名の学生が参加し、メンター14人のほか、10人以上のスピーカーがピッチのジャッジなどを務める形で協力した。プログラム期間中の学生の滞在費や移動費は、Connect The Dots に賛同する12の企業や個人によるスポンサーシップにより賄われた。

優勝したグリーン・チームを含む参加したメンバーらは、プログラムを終えて地元に戻り、学業の傍らMVP(最小実現プロダクト)の作成などに着手することになる。それらのプロダクトが日の目を見る際には、改めて THE BRIDGE 上でお知らせしたい。

connect-the-dots-2014-pitch

----------[AD]----------

大学生・大学院生向けの夏期集中起業プログラム「Connect The Dots」が参加者募集を開始——IDEOやGoogle等の支援も得てプログラム内容も充実

SHARE:

東京のインキュベーション会社である J-Seed や Venture Generation が、毎年夏に開催する大学生・大学院生向けの起業プログラム「Connect The Dots」も、早いもので活動を始めてから3年目に突入する。回を重ねる毎にプログラム内容も充実してきているようで、今年は IDEO、メンバーズ、Google、GMOクラウド、NTTドコモ・ベンチャーズと、インターネット分野の有名…

connect-the-dots-2014_featuredimage
2013年の Connect The Dots の様子

東京のインキュベーション会社である J-SeedVenture Generation が、毎年夏に開催する大学生・大学院生向けの起業プログラム「Connect The Dots」も、早いもので活動を始めてから3年目に突入する。回を重ねる毎にプログラム内容も充実してきているようで、今年は IDEO、メンバーズ、Google、GMOクラウド、NTTドコモ・ベンチャーズと、インターネット分野の有名企業5社のオフィスを拠点に、プログラムが開催されることが発表された。

connectthedots_logo

このプログラムには日本国内全土から毎年20人の学生が招かれ、日本のビジネス界から20人以上のメンターが参加して、ビジネスモデルの策定、プレゼンテーションの実践、MVP(最小実現プロダクト)の作成などを行う。8月4日(月)〜8日(金)の一週間、学生達はホテルに泊まり込み、他のメンバーと寝食を共にして〝起業のいろは〟を体得できるわけだ。

受付の締切日は明示されていないが、まずは5月中は広く学生からの募集を図りたいとのことで、このプログラムへの参加に興味がある人はここからエントリしてみるとよいだろう。例年 Connect The Dots では、食費と交通費のみ参加者負担、ホテルの宿泊費はスポンサーからの協賛金で賄われている。おそらく今年も同じ条件が適用されるはずで、東京以外の場所に住む学生も夏期休暇を利用して気軽にプログラムに参加することができるだろう。

一昨年昨年については、このプログラムの結果を追いかけることはできなかったのだが、今年は THE BRIDGE がメディアスポンサーとして、プログラム修了時のエグゼキューション結果についてもレポートする予定だ。こちらもあわせてご期待いただきたい。

----------[AD]----------

Connect the Dots — J-SeedとVentureGenerationが学生向けの起業セミナーを8月に開催

SHARE:

学生が起業することについては、いつの時代も賛否両論ある。多くは、学生は勉学に集中すべきであるとか、社会人としては未熟であるとか、その手のものだ。そもそも海外では、社会に出てから学費を稼ぎ、大学に入ったり戻ったりするということがままあるので、仮に「学生起業家」という言葉を英語で表現したとして、そのニュアンスがどこまで精緻に伝わるどうかは怪しい。おそらく日本語では、「学生=未社会人」というコンテクスト…

学生が起業することについては、いつの時代も賛否両論ある。多くは、学生は勉学に集中すべきであるとか、社会人としては未熟であるとか、その手のものだ。そもそも海外では、社会に出てから学費を稼ぎ、大学に入ったり戻ったりするということがままあるので、仮に「学生起業家」という言葉を英語で表現したとして、そのニュアンスがどこまで精緻に伝わるどうかは怪しい。おそらく日本語では、「学生=未社会人」というコンテクストが強く含まれているからだろう。

日本で13年間にわたりシード投資会社 J-Seed を経営し、昨年インキュベータ Venture Generation を開設した Jeffrey Char は、普段から、学生にもっと起業という選択肢があってもいいのではないかと主張している。一般的に日本の大学では(そして、特に東京にある有名大学などでは)、大企業や官公庁への就職を志望して活動する学生が多い。Jeffrey の主張は、それらの就職と同等に、学生に対して起業という選択肢を提示できてもいいのではないか、というものだ。

昨年に引き続き、東京で学生向けの5日間の集中起業セミナー「Connect the Dots」が開催される。昨年は学生組織を中心に運営されたが、今年はその流れを引き継ぎ、J-Seed のインターンが中心になって運営するとのことだ。詳細は未定だが、おそらく協賛スポンサーを募って、都内のホテルを借りて宿泊場所が確保されるので、東京以外の学生も気軽に参加することができる(食費と交通費は自己負担とのこと)。このプログラム参加へのエントリ受付は、6/30 が締切となっている。エントリはこちらから。

昨年は、Mixi や GMO などのオフィスを会場にして、フェムト・スタートアップの磯崎哲也氏や SD Japan のアドバイザーでもあるノボットCEOの小林清剛氏など、名だたる起業のスペシャリストが登場し、将来起業を目指す学生らにインサイトを教授した。今年は昨年に増して、白熱した5日間が繰り広げられることだろう。

昨年の Connect the Dots が終了し、その後、チームで起業プランを暖めていた学生チームから、昨年末に意見を求められる機会があった。後にエグゼキューションまで至ったかどうかは未確認なのだが、セミナーに終始せず、そこから実際に起業を目指す道筋も確実に出来つつあるようだ。新しい波を創り出すのは骨の折れる活動だと推察するが、大きなうねりとなっていくことを期待したい。

ctd_snapshot

----------[AD]----------

Connect the Dots — 学生による学生のための起業セミナーを開く理由とは?

SHARE:

Steve Jobs が亡くなって10ヶ月あまりが経過した。彼のスタンフォード大学での演説は、彼がこの世を去ると同時に、起業家にとって伝説に残る名句となった。その演説の中に、こんな一節がある。 Again, you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards.  …

Steve Jobs が亡くなって10ヶ月あまりが経過した。彼のスタンフォード大学での演説は、彼がこの世を去ると同時に、起業家にとって伝説に残る名句となった。その演説の中に、こんな一節がある。

Again, you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards.  So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something — your gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life.

未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると信じなければならない。自らの勇気、運命、人生、カルマ、なんでもいい、それが何かしら結ばれると信じるのだ。この考え方が持てたからこそ、私は決してあきらめずにすんだし、私の人生に大きな変化がもたらされたのだ。

Steve のこのコンセプトに深くインスパイアされた、早稲田大や慶応大の学生らを中心に、起業を志すグループが今年4月に結成された。その名も「Connect the Dots」だ。彼らは、大学入学前に海外留学していた日本人や、海外からの留学生を中心にメンバー構成されている。いよいよ本格的に活動を始めるとの話を聞き、副代表を務める辻仁史氏にインタビューする機会を得た。

(以下、スタートアップ・デイティングを「SD」と略。)

SD: Connect the Dots を結成したきっかけは?

辻氏: 私自身、ベルギー、テネシー州(アメリカ)、シカゴ(アメリカ・イリノイ州)の学校を経験してから日本の学校に入学し、大きなギャップを感じた。日本では、多くの大学生は卒業後、企業に就職することしか考えておらず、起業という選択肢を示したいと思った。グローバルな視点で、学生が起業を目指せる環境を整えたいと考え、仲間数名で Connect the Dots を作った。

SD: 学生は学業が本分という考え方もある。大学を卒業してからだって起業できるし、そもそも海外では、学生起業家/社会人起業家という区別さえない。敢えて、「学生が起業を目指す」ことをコンセプトに据えた理由は何か?

辻氏: シリコンバレーでは、起業における失敗は尊いものとして評価されるが、日本においてはそうではない。失敗は恥ずかしいことであり、良い評価をされることはないだろう。しかし、せめて学生のうちは、失敗を恐れずに行動して、思う存分、起業にチャレンジできるんじゃないかと思った。

先日の Tokyo Meetup 2012 で、パネリストらも話していたように、本来であれば、失敗に対して寛容であればこそ、スタートアップのエコシステムが形成されるというものだ。残念ながら、そんな社会ができあがるまでのプロセスは一筋縄ではないが、辻氏の話を聞いていて、比較的リスクを張れるかもしれない、学生というステージに居る人たちが社会を変える突破口になるのかもしれない、と感じた。

Connect the Dots では、自分たち以外にも起業を志す学生にチャンスを得てもらおうと、8月6日〜10日の5日間、ノボットの小林清剛氏や Femto Startup の磯崎哲也氏など、有名起業家や投資家を招いて、セミナーを開催するのだそうだ。ITベンチャーの雰囲気を実体験してもらうために、このセミナーは毎日場所を変えて、ミクシィ本社、GMO本社、日本ベンチャーキャピタル協会オフィス、アンダーソン・毛利・友常法律事務所などで開催される。

8月のセミナー終了後、セミナー参加者はチームに分かれ、自分たちのビジネス・サービスを作る(期間の都合と、グローバルなビジネスを作るという観点から、多くはウェブサービスやモバイルアプリになるだろうとのこと)。9月、10月にはプレゼン、ビジネス内容のブラッシュアップが講じられ、11月にはVCやエンジェル投資家からの出資を目指す、という計画だ。

対象は大学の学部学生、院生に限られるが、7月27日までセミナーを含むこのプログラムへの参加者を公募している。応募したい方は、このページから必要項目を入力してほしい。

辻氏曰く「Connect the Dots から輩出されたスタートアップが大きく育ち、そのスタートアップが Connect the Dots のような活動を支援するようになり、エコシステムが形成される」のが、当面の目標とのこと。点がつながって線となり、それがエコシステムの輪に成長することを期待したい。

 

----------[AD]----------