THE BRIDGE

タグ cotree

オンラインカウンセリングの「cotree」が月額制チャット相談サービスを開始、満足保証制度の導入も

SHARE:

Skypeを使ったオンラインカウンセリングを提供する「cotree(コトリー)」。昨年10月末にリリースされ、30代から40代の男女を中心に利用者を増やしています。本日、cotreeが新たに月額制メッセージ相談サービス「パートナー・プログラム」を開始しました。 パートナー・プログラムは、心の不調をうつ病にせず未然に予防する目的で作られました。現在15人ほどいると言う臨床心理士や産業カウンセラーなど…

cotree-website

Skypeを使ったオンラインカウンセリングを提供する「cotree(コトリー)」。昨年10月末にリリースされ、30代から40代の男女を中心に利用者を増やしています。本日、cotreeが新たに月額制メッセージ相談サービス「パートナー・プログラム」を開始しました。

パートナー・プログラムは、心の不調をうつ病にせず未然に予防する目的で作られました。現在15人ほどいると言う臨床心理士や産業カウンセラーなどの有資格者が利用者のパートナーに。認知行動療法、ブリーフセラピー、コーチング理論などを取り入れて、利用者が抱える問題や思考の癖、目指すべき方向などを共に考え、行動を変容させていくサポートをします。

期間内であれば、利用者はパートナーのカウンセラーとcotree内のセッションノートを使うことで無制限でメッセージをやり取りすることができます。投稿に対して、パートナーからは24時間以内を目安に返信が来るとのこと。パートナー・プログラムの料金はというと、1週間で3,000円、1ヶ月で10,000円、3ヶ月で20,000円(税別)です。

試験運用期間を経てリリースされた同プログラムは、20代から60代まで幅広い利用者がいるSkype相談に比べて、より若い人が多いのが特徴。若い世代とチャットというコミュニケーション手段の相性の良さが表れています。

「ブリーフセラピーやコーチングの考え方を活かすことで、パートナー・プログラムでは行動記録や目標設定を中心としたサービス提供を行っています。毎日投稿できるからこそ取り組める思考・行動・生活習慣変容につながる“心のフィットネスジム”を目指しています」(cotree代表 櫻本真里さん)

気分や睡眠などで不調を感じる期間が長引いても、なかなか病院に行こう、薬を飲もうという発想になりにくいのが現状です。もちろん、まだその必要がない場合も多いでしょう。そんな利用者に対してテキストのカウンセリングを提供することでより気軽に相談したり、不調が大きくなり過ぎる前にケアを施すことができます。実際、cotreeでは、テキスト相談で明確になった問題を踏まえて、その分野を専門とするカウンセラーにSkype相談する流れも生まれていると言います。

またcotreeでは、Skypeカウンセリングを対象とした「満足保証制度」を導入しました。初回カウンセリングに満足できなかった場合、3回までを限度としてポイントを還元し、再度別のカウンセラーのカウンセリングを受けることができます。この制度で、より相性がいいカウンセラーとの出会いを提供していきます。

確かにいきなりSkypeで相談するのは、よほどのことがない…と構えてしまいがち。何か気になることがあった時々に気軽にテキストで相談できることで、自分では気づかなかった傾向やパターンなどが見えて来て、より根本的な対処や改善に繫がるのではないでしょうか。

 

 

 

----------[AD]----------

オンラインカウンセリング「cotree(コトリー)」とフリーランスエンジニア向け仕事紹介PROsheetが提携

SHARE:

フリーランスITエンジニア向けに仕事紹介する「PROsheet(プロシート)」が、本日オンラインカウンセリング「cotree(コトリー)」を提供するcotreeとの提携を発表した。 「cotree」は昨年10月にリリースした、面接を経て採用された臨床心理士・産業カウンセラーなど一定の体系的教育を受けた専門家が登録されており、彼ら彼女らからSkypeでカウンセリングを受けることができるサービスだ。 …

cotree

フリーランスITエンジニア向けに仕事紹介する「PROsheet(プロシート)」が、本日オンラインカウンセリング「cotree(コトリー)」を提供するcotreeとの提携を発表した。

「cotree」は昨年10月にリリースした、面接を経て採用された臨床心理士・産業カウンセラーなど一定の体系的教育を受けた専門家が登録されており、彼ら彼女らからSkypeでカウンセリングを受けることができるサービスだ。

<関連記事>

フリーランスのエンジニアは、PROsheetに会員登録すると初回の「cotree」のカウンセリング利用料、2千円を無償で受けることが可能となる。一回のカウンセリングの時間は45分。

フリーランスで働いている人間は、自身のメンタルコントロールは非常に重要でありながら、簡単に周囲の人に相談することはできないという状況に置かれることが多い。今回の提携は、フリーランスの心の問題を予防していくことを目的としている。今後、両社は協力してフリーランスのメンタル面をサポートしていく。

PROsheetは「cotree」の他にも、フリーランスで働くエンジニアをサポートするべく、これまでに数々のサービスと提携を実施してきている

----------[AD]----------

賑わうオンラインカウンセリング市場:心理専門家に45分2,000円からSkypeで相談できる「cotree」

SHARE:

10月20日にリリースされたのが、Skypeによるオンラインカウンセリングを提供する「cotree(コトリー)」です。医療機関検索サイト「Caloo」との提携事業として、臨床心理士を始めとする心理専門家に、メンタルケアサービスを受けることができるサービスです。 うつ病を含む心の問題を抱える人の相談窓口はと言うと、病院の精神科や心療内科などが一般的。ところが、初診費用が1万円ほどと金銭的負担も多く、…

cotree-website

10月20日にリリースされたのが、Skypeによるオンラインカウンセリングを提供する「cotree(コトリー)」です。医療機関検索サイト「Caloo」との提携事業として、臨床心理士を始めとする心理専門家に、メンタルケアサービスを受けることができるサービスです。

うつ病を含む心の問題を抱える人の相談窓口はと言うと、病院の精神科や心療内科などが一般的。ところが、初診費用が1万円ほどと金銭的負担も多く、受診する精神的ハードルも高いのが現状です。cotreeでは、専門家によるカウンセリングを初回価格2,000円(45分)から受けることが可能。また、病院に出向くことなく、オンライン予約およびSkypeを使うことで、心理カウンセリングをより身近なものにしてくれます。

「心理カウンセラーの資格は幅広く、無資格でも心理カウンセラーを名乗ることができるのが現状です。cotreeでは、面接を経て採用された臨床心理士・産業カウンセラーなど、一定の体系的教育を受けた専門家だけが登録しています。「お悩み相談」や「人生相談」よりも、よりメンタルヘルスケアに近く、専門的知識に基づいたカウンセリングの継続による利用者の生活・思考習慣の変化を目指しています」

目指すは、根本的な解決。カジュアルに「悩みを聞いてもらうこと」で完結する単発のカウンセリングよりも、普段から自分の心の状態を見つめる習慣の習得を手助けします。継続してカウンセリングを受けられるよう、2回目以降も45分4,000円というリーズナブルな価格帯を実現しているのです。

cotreeが目指すビジョンについて、櫻本さんはこう話します。

「病気を治療するといったカウンセリングというよりは、体調を崩したときに食習慣や運動習慣を当たり前に見直すように、心の調子が崩れたときに、自分自身の生活や思考・感情を見直す習慣をつけるようなカウンセリングのあり方を目指しています」

まだサービスを開始したばかりのcotreeですが、今後、さまざまな機能のリリースを予定しています。例えば、話をすること自体に抵抗を感じる人のために、まずはテキストでやり取りを始められるような機能。例えば、「眠れない」とうメッセージを打てば、具体的にカウンセラーとのやりとりを始められるような仕組みを検討しています。

今後1年を目処にカウンセラーの登録数を拡大し、利用者の選択肢を広げると共に、さまざまな症状や問題に特化した独自のプログラムを開発していくと話す櫻本さん。将来的には、企業向けに、心の問題を予防または復興を支援するようなプログラムを提供することも視野に入れています。

最近、参入が目立つオンラインカウンセリング市場。例えば、The Bridgeでも以前に紹介した「ボイスマルシェ」や、オールアバウトの「navitell(ナビテル)」などがありますが、それぞれターゲットやサービス内容が特徴的。共存も十分に考えられる気がしますが、それぞれどう成長していくのか期待したいと思います。

----------[AD]----------