THE BRIDGE

タグ Crayon Data

三井物産がシンガポール/インド拠点のビッグデータ・アナリティクス・スタートアップCrayon Dataに出資

SHARE:

三井物産は、シンガポールのビッグデータ・アナリティクスサービスを提供するスタートアップで、インドのチェンナイでも事業を行なっている Crayon Data に対し、非公開額の投資を行った。 公式発表によると、この出資は Crayon Data の海外進出を加速することに役立つことが予想される。 この投資には、Crayon Data 製品の日本でのローンチを三井物産がサポートして顧客層を広げる、とい…

Crayon-Data-team
Crayon Data のチームと三井物産の関係者

三井物産は、シンガポールのビッグデータ・アナリティクスサービスを提供するスタートアップで、インドのチェンナイでも事業を行なっている Crayon Data に対し、非公開額の投資を行った。

公式発表によると、この出資は Crayon Data の海外進出を加速することに役立つことが予想される。

この投資には、Crayon Data 製品の日本でのローンチを三井物産がサポートして顧客層を広げる、というビジネスサービス契約も含まれる。Crayon Data は日本の銀行、ホテル、広告、放送出版会社との提携を狙っている。

三井物産はまた、自社の子会社や出資先会社における小売、顧客管理、デジタル広告の面で効をもたらすことも意図している。

この発表は、昨年11月の Ratan Tata 氏(編注:インドのタタグループの会長)による Crayon Data への出資に続いて行なわれた。Crayon Data は現在までに約700万米ドルを Jungle Ventures や Spring Seeds といったエンジェル投資家からシード及びシリーズAラウンドで調達している。

三井物産ICT事業本部ITサービス事業部長の野田英紀氏は、次のようにコメントしている。

Crayon Data のビッグデータによる消費者行動の分析によってもたらされるパーソナル化は、すべての業界及び地域に渡り、消費者への対応に関わるあらゆるビジネスの鍵となっていくことと信じています。

2012年に Srikant Sastri 氏と Suresh Shankar 氏によって設立された Crayon Data は、アナリティクスサービスを提供するスタートアップである。人が主導となった従来の分析モデルとは違い、Crayon Data は企業、大衆、外部インターネット、ソーシャルデータを一つのプラットフォームに集めて本物のビジネスソリューションを提供するツールを開発している。

フラッグシップ商品である「Simpler Choices」はビッグデータとアナリティクスを企業に提供し、顧客が売り上げのコンバージョンを増やして既存の得意先からの利益を高めることを可能にしている。同社が重要視するのはホスピタリティ、金融、小売、テクノロジー業界だ。

同社はまた、銀行、ホテル、デジタルメディア業界において、選りすぐりの商品を提供することを容易にするパーソナル化エンジン「Maya」も提供している。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

シンガポールのビッグデータ系スタートアップCrayon Data、140万米ドル以上を資金調達

SHARE:

Crayon Dataはシンガポール拠点のビッグデータ系スタートアップで、2回目の投資ラウンドで175万シンガポールドル(140万米ドル)を超える資金をエンジェル投資家から調達した。 投資家には、FabIndiaのマネージングディレクターWilliam Bissell氏、L Capital AsiaのCEOでLVMH Asia PacificグループのヘッドでもあるRavi Thakran氏、JF…

crayon-data

Crayon Dataはシンガポール拠点のビッグデータ系スタートアップで、2回目の投資ラウンドで175万シンガポールドル(140万米ドル)を超える資金をエンジェル投資家から調達した。

投資家には、FabIndiaのマネージングディレクターWilliam Bissell氏、L Capital AsiaのCEOでLVMH Asia PacificグループのヘッドでもあるRavi Thakran氏、JFDIの共同設立者Meng Weng Wong氏、そしてStonewater Capitalの会長でWarburg Pincusでは以前ビジネスパートナーを務めていたErnest Pomerantz氏が名を連ねている。

「今回のラウンドでの成功によって、企業価値は2012年末に行った前回の投資ラウンドから75%上昇しました。」とCrayon Dataの設立者のSuresh Shankar氏は語った。

Shankar氏は、IBMが2009年に買収したテック系企業、RedPill SolutionsでCEOを務めていた。彼は、2011年までIBMと関わっていた。またオランダの銀行、ABN AMROにも在籍していた。

同スタートアップは、以前IBM、WiproやSun Microsystems等に在籍しビッグデータに夢中になっていた専門家が集まって2012年の終りに設立された。その後、シンガポールに留まることなく、インドの南部にあるチェンナイに開発センターを設立し発展している。

同社には主要製品が2つある。1つ目は、消費者や企業が物を購入する際、情報に基づいた賢い判断をするのに便利なSimplerChoicesエンジンだ。2つ目は、B2Bでの売上を増やしたり、販売情報を入手したり、需要を生み出すためのツール、One Analyticsだ。

同社は、2014年の初めにシリーズA投資で資金調達を計画している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------