THE BRIDGE

タグ crevo

動画制作のCrevoが3.1億円調達、制作業務を効率化する「Collet(コレット)」限定公開

SHARE:

動画映像制作をクラウドソーシングの手法で手掛けるCrevoは9月14日、伊藤忠テクノロジーベンチャーズをリードとする第三者割当増資を公表した。調達した資金は3.1億円で、同ラウンドには三井住友海上キャピタル、AGキャピタル、D4Vが参加している。払込日やそれぞれの株式比率などの詳細は非公開。 また、同社はこれまで内部で運用を続けていた動画制作の管理ツールを「Collet」として公開する。Colle…

collet_member

動画映像制作をクラウドソーシングの手法で手掛けるCrevoは9月14日、伊藤忠テクノロジーベンチャーズをリードとする第三者割当増資を公表した。調達した資金は3.1億円で、同ラウンドには三井住友海上キャピタル、AGキャピタル、D4Vが参加している。払込日やそれぞれの株式比率などの詳細は非公開。

また、同社はこれまで内部で運用を続けていた動画制作の管理ツールを「Collet」として公開する。Colletは動画制作に必要な映像制作クリエイターのポートフォリオ、案件情報が掲載されたジョブボード、制作過程で発生する動画ファイルや修正指示、チャットによるコミュニケーションなどの管理ツールを一体化させたもの。クライアントとのやり取り等で発生する打ち合わせをオンライン化することで、かかる時間を最大5分の1にまでカットすることができるとしている。

collet_jobboard

同社はこの管理ツールを広告代理店や映像制作会社などに対してまず30社限定で開放する。利用料金については未定だが、同社代表取締役の柴田憲佑氏によれば、月額課金でこういった工程管理用にアシスタントを雇うより安価になるような設定を考えているということだった。調達した資金は今後、このプラットフォームの開発等に充てられる。

クリエイターのプラットフォームへ

ここ数年、クラウドソーシングの手法を取り入れた特化型のクリエイティブ系のプラットフォームがいくつか出現していた。グロースハックのKaizenやCrevo同様、動画制作のViibar、ゲームキャラクターに特化したMUGENUPなど、オンラインで世界各国に散らばるクリエイターをつなぎ、適切なワークフローをシステム化することでそれぞれ独自の効率化を目指している。

press-collet

映像制作に限らず、クリエイティブな仕事というのは属人しがちな分野でもある。どこかの会社に同じような発注をしていては、やはりアウトプットも似たような結果に偏りが出てくる。クラウドソーシングの手法はクライアント側に選択肢を提示するという意味においてもメリットが大きかった。

一方でオンラインでの仕事は指示が難しい。いくら効率化のツールを用意したとしても、それが使えなければさらなる非効率を押し付けることになりかねない。Crevoは過去3年以上かけて実際に取り組んだ700社との案件をベースにColletを練り上げ、今回一般にも開放することになった。柴田氏の話では、動画制作の需要の高まりからメディアや印刷などを手掛ける企業からツールを使わせてほしいという要望があるのだそうだ。

動画制作の案件としては企業の宣伝広告部門からというよりも、もう少し個別の事業部単位からの発注が目立つという。まだこれからという事業や小さいけれど説明用の素材が欲しい、そういったニーズにCrevoの提供サービスが合致しているのだろう。

----------[AD]----------

動画制作のCrevo、CAVとBDVから1億円を調達、公開約1年で累計依頼総額1億円へ

SHARE:

クラウドソーシングの方式でプロクリエイターを直接選び、動画制作を依頼できるプラットフォーム「Crevo」を運営するPurpleCowは2月25日、サイバーエージェント・ベンチャーズおよびB Dash Venturesを引受先とする第三者割当増資の実施を発表した。 調達した金額は総額約1億円で払込日や割当株式の比率などの詳細は非公開。また、これに伴い、25日付で社名を「Crevo株式会社」に変更する…

IMGP2706

クラウドソーシングの方式でプロクリエイターを直接選び、動画制作を依頼できるプラットフォーム「Crevo」を運営するPurpleCowは2月25日、サイバーエージェント・ベンチャーズおよびB Dash Venturesを引受先とする第三者割当増資の実施を発表した。

調達した金額は総額約1億円で払込日や割当株式の比率などの詳細は非公開。また、これに伴い、25日付で社名を「Crevo株式会社」に変更することも伝えている。

Crevoの公開は2014年3月。これまでに依頼した企業数は250社を超え、累計の依頼総額は1億円を超えるという。Crevo代表取締役の柴田憲佑氏の話では、既に単月での黒字化も達成する月が出ているそうで、今後、調達した資金を元に現在開発中の動画制作支援システムの開発強化やマーケティング、および営業の増員を実施するということだった。

さてさて、国内も動画がいよいよ本格的に量産時期に入ってきたようだ。Crevo以外にも国内でオンラインで直接クリエイターに依頼ができるタイプの事業者としては、TVCMの実写映像まで制作を可能にしたViibarとニュージーランド創業で先ごろ日本に拠点を立ち上げた90 Seconds Japan、少し毛色は違うがランサーズと提携したLOCUSなどもこの流れに入ってくるプレーヤーのひとつだろう。

彼らに共通するのは動画制作のコストや期間等が従来方法よりも圧縮されていることだ。

特にTVCMなどで使用される映像の品質というのは、ナショナルクライアントになれば数百万円、一千万円といった単位が当たり前になってくる。工程も複雑で、タレントのブッキングから制作に関する細かい段取り、スタッフのアサインなどなど、いわゆる間に入る「広告代理店」「映像制作会社」の独壇場だった分野だ。

この中間コスト、時間をオンラインで効率化しようというのがCrevoやViibarといったプレーヤーだ。ただ、私は以前から何度か書いている通り、この非常に属人的な工程をオンラインでちょちょいとつなぐだけで効率化できるということに懐疑的だった。ーーしかし、いい方向で彼らは裏切ってくれている。

Crevoもまた、Viibarとは別のアプローチで効率化を実現している。つまり、アニメーション動画への特化という方法だ。実写と違い、アニメーションの場合はキャスティングや撮影現場のロケハンなど大きく工数・コストのかかる手順を省略できる。アニメーションなら制作工程を細分化して分業するのも比較的やりやすい。

LumtvqOt6pJnlYAmdO_q5MMi8MWb_iURge5Fd3Hz6uo

人的リソースもクラウドソーシングならではのスケールを実現させている。

Crevoは通常、動画制作を希望するクライアントからの依頼を営業で一次受けし、実際に依頼となった場合、そこからクラウドソーシング側でディレクションを担当できる人材に具体的な工程管理を移管する。

このディレクションする人材がさらにCrevo内に登録されているクリエイターをクライアントと一緒に選定し、イラスト、動き、ナレーションなどの工程ごとに制作を進めて動画を完成させる。柴田氏の話では、現在 Crevoの人員が12名ほど、Crevo内でディレクションができる人員が60名で、さらにそこにクリエイターを合わせると800名ほどの全体像になるということだった。

取材時点で60件ほどの案件を回しているということだったが、もし、10人程度の制作会社でそれをやれと言われたら私は嫌だと思った。クラウドソーシングならではの拡大方法だと思う。

現在Crevoではタスク管理に専用のシステムが稼働しているのだが、今回の調達でこの開発を強化し、クラウドで繋がるクリエイターとのコミュニケーションや工程管理の効率化をさらに推し進めることになる。ここが成功するかどうかでより大きくスケールするかどうかが決まるだろう。

「利用頂いたお客さんにはコストパフォーマンスを評価してもらえる一方で、これまで代理店に依頼していたような場合は、チェックが多かったりクライアントサイドでの工数がかかることが面倒と言われることもあります。どうしてもコストと工数はトレードオフなので難しい課題ではありますが」(柴田氏)。

リピートも多いようで、ユーザー向けに作ったお客さんが、次に社内向けの素材を作ったりという事例も出てきているということだった。

「動画って表現力も豊かだし、情報量も多い。すべての企業が動画を使えるようにしたいですし、制作の効率化を進めて更にその先にある効果検証などにも取り組んでいきます」(柴田氏)。

----------[AD]----------

動画制作サービスCrevoが世界最大級の音声制作クラウドソーシング「VoiceBunny」と業務提携

SHARE:

動画制作サービス「Crevo」を運営する PurpleCowは、世界最大級の音声制作に特化したクラウドソーシングサービス「VoiceBunny」を運営する Bunnyと音声・ナレーション制作における業務提携を発表した。 この提携により英語やスペイン語、広東語等、全部で50の言語、VoiceBunny に登録する10万人以上の声優・ナレーターへの制作依頼が可能となる。Crevoのサービス内から音声の…

crevo

動画制作サービス「Crevo」を運営する PurpleCowは、世界最大級の音声制作に特化したクラウドソーシングサービス「VoiceBunny」を運営する Bunnyと音声・ナレーション制作における業務提携を発表した。

VoiceBunny

この提携により英語やスペイン語、広東語等、全部で50の言語、VoiceBunny に登録する10万人以上の声優・ナレーターへの制作依頼が可能となる。Crevoのサービス内から音声の発注ができ、多言語に対応した動画制作の発注が可能となる。PurpleCowは海外進出を考える企業や事業のプロモーション動画制作に積極的に取り組む方針だ。

また、PurpleCowはVoiceBunnyの日本での認知度を高めるため、VoiceBunny の国際戦略の一角でもある日本でのビジネスサポートも行うという。

----------[AD]----------

テレビCMもクラウドで:動画制作クラウドソーシングのCrevo、4種類のHulu新CM制作を実施

SHARE:

動画制作クラウドソーシングのCrevoが7月31日、オンライン動画配信サービスHuluと共同で、日本で初めてテレビCMの制作をクラウドソーシングで制作したことを発表した。Huluの新CMは本日より関東、関西、名古屋、福岡、北海道、宮城、広島、静岡エリアで 順次オンエア開始するとのこと。 通常のテレビCM制作は、一本のCM制作に対して多くのコストをかけなければいけなかった。しかし、価値観やライフス…

living

動画制作クラウドソーシングのCrevoが7月31日、オンライン動画配信サービスHuluと共同で、日本で初めてテレビCMの制作をクラウドソーシングで制作したことを発表した。Huluの新CMは本日より関東、関西、名古屋、福岡、北海道、宮城、広島、静岡エリアで 順次オンエア開始するとのこと。

通常のテレビCM制作は、一本のCM制作に対して多くのコストをかけなければいけなかった。しかし、価値観やライフスタイルが多様化したユーザに対して、効率的にメッセージを伝えるために、今回はじめてクラウドソーシングを活用して同クオリティを担保しつつ、制作コストを抑えながら、空港編、電車編、カフェ編、リビング編という4種類の違ったバージョンのCM制作を行った。

制作を担当したクリエーターは、ブラジル人、チェコ人、台湾人などのグローバルなクリエーターをマネジメントし、制作を行ったという。

上記動画は、リビング編のCMだ。

Crevoを運営するPurplecow代表取締役の柴田憲佑氏は、「Crevoは、今まで動画を使った宣伝やマーケティングが行えなかった企業にも、動画を気軽に活用してもらえるサービス。今後さらに、動画活用の裾野を広げていけるように努めていく」と語った。

最近だと、Gunosyやメルカリ、明日からはスマートニュースもCMを放映する。スタートアップにとっても、CMによる訴求効果や新規ユーザへのリーチを考えたときに、いかに効果的なCMを流すかが鍵となる。それ以外でも、サービスのプロモーションや機能紹介など、動画が活躍する場面は多く存在するだろいう。制作コストを安く抑えつつ、多様な動画を作りだす一つの手段として、Crevoは動画のクラウドソーシングによる新しい可能性を切り開こうとしている。

----------[AD]----------

アニメーション動画制作に特化した「Crevo(クレボ)」がオンライン動画をクラウドソーシングで変える

SHARE:

まずこのアニメーション動画をみて欲しい。1分ほどだ。 これが20万円を切る価格設定から作れてしまう。秘密はクラウドソーシングだ。 PurpleCowは3月18日、アニメーション動画に特化したクラウドソーシングサービス「Crevo(クレボ)」を公開した。クライアントはポートフォリオサイトから好みのクリエイターを指名し、アプリやサービス紹介、YouTube広告といった目的の動画素材をオリジナルのシナリ…

まずこのアニメーション動画をみて欲しい。1分ほどだ。

これが20万円を切る価格設定から作れてしまう。秘密はクラウドソーシングだ。

PurpleCowは3月18日、アニメーション動画に特化したクラウドソーシングサービス「Crevo(クレボ)」を公開した。クライアントはポートフォリオサイトから好みのクリエイターを指名し、アプリやサービス紹介、YouTube広告といった目的の動画素材をオリジナルのシナリオ、キャラクターで制作してくれる。単純なマッチングだけでなく、制作完了までクレボが責任を持って納品してくれるのも特徴のひとつになる。

価格帯は30秒から80秒程度の尺や依頼先の権利処理の方法によって18万円から49万円のプランに分かれ、都度見積りのオーダーメイドにも対応する。

PurpleCow代表取締役の柴田憲佑氏によれば、2012年頃から開始しているデザイン特化のクラウドソーシング「designclue」で構築した4000人ほどのクリエイターネットワークから、総勢200名ほどの動画制作関係者が既に登録をしている状況なのだという。

私たちは先日、動画特化のクラウドソーシングViibarについてお伝えした。彼らとの違いは「アニメーション特化」にある。

「アニメーション動画にフォーカスして実写はやりません。作り方が全然違いますし、特にコスト構造の違いは大きいです。実写ではスタジオからモデル、機材レンタルとコストが大きく、利益が出にくいのです」(柴田氏)。

逆にアニメーション動画は少ない人員で制作できるのでクラウドソーシングのモデルに合っている、というわけだ。用途も明確にプロモーション用の動画やYouTube向けの動画広告にフォーカスの中心を合わせてプランを提供しているのも分かりやすい。

クレボでは、ヒアリングからラフコンテ、キャラクターの制作、クライアントからのフィードバック反映などを経てアニメーション制作を実施、動画を完成させる。

どうやって低価格化を実現するのか?

気になるのはやはり制作工程だ。クラウドソーシングという名の下の単なるダンピングでは、下請けしているクリエイターは幸せになれない。「何を効率化して価格を安くしているのか」についてはクレボ側が提供してくれるこの図で説明すると分かりやすい。

プロジェクトチームの仕組み_Crevo.001

まず、クライアント側が選べるのは実際に制作にあたる動画作家(クリエイターと表記されているもの)とナレーター。作品の全体構成を考えるアートディレクターはクレボサイドで選択することになる。また、工程管理を実施するオペレーターはクレボサイドの人材だ。

やはり効率化のポイントは工程管理だ。そもそもオンライン上に仕事場をつくり、距離や時間、繁忙期などの調整をして制作サイドのリソースをうまく調整することで「空いた時間」を適切な価格で提供してもらうのがクラウドソーシングの魅力だ。しかし、どうやったとしても「制作そのものの工数」を削減することはできない。

一方で工程管理は効率化が可能だ。工程管理が最も圧縮できる工程であることはMUGENUPの事例が実証しているし、クレボでもツールの開発を進めているそうだ。

運営してきたロゴ制作特化のクラウドソーシング「designclue」では苦戦をしたものの「オンラインでデザイナーをマネジメントするノウハウは蓄積できた」という柴田氏。私もデモ動画をいくつかみさせてもらったが質は高い。彼らが制作実績を重ね、素材などの再利用でさらに価格が安くなれば、世の中のオンラインクリエイティブがもっと生き生きとしてくるのではないだろうか。

絞った分、マーケットの狭さは課題になるだろうが、それ以上に広がる可能性の方が魅力的に思える。

----------[AD]----------