BRIDGE

タグ crm

初回利用の7割がリピートーースマホ時代の小型店舗向CRM「O:der(オーダー)」のAndroid版が公開

SHARE:

以前紹介した小型店舗向けCRMのモバイルウォレットサービス「O:der(オーダー)」が好調の様子だ。 同サービスを提供するShowcase Gigは11月6日、予定していたAndroid版の提供を開始すると発表した。また、同時にテイクアウトの予約注文が可能なバージョンアップも実施している。 現在O:derが利用可能な店舗はFIAT CAFFÉや青山Indigoなど青山・渋谷・恵比寿を中心に8店舗と…

capture

以前紹介した小型店舗向けCRMのモバイルウォレットサービス「O:der(オーダー)」が好調の様子だ。

同サービスを提供するShowcase Gigは11月6日、予定していたAndroid版の提供を開始すると発表した。また、同時にテイクアウトの予約注文が可能なバージョンアップも実施している。

現在O:derが利用可能な店舗はFIAT CAFFÉや青山Indigoなど青山・渋谷・恵比寿を中心に8店舗となっており、11月末までに20店舗へと拡大するとしている。なお、店舗向けのCRMツールは引き続きiOSのみでの提供となる。同サービスを詳しく知りたい方は下記の動画ご覧頂きたい。

さてさて。どうやらO2Oにとってスマホシフトは追い風らしい。今回のバージョンアップに合わせて、Showcase Gig代表取締役の新田剛史氏に7月の公開後の実際の店舗利用状況を聞いたのだが、なかなかの反応が得られてるらしい。

例えばO:derを導入しているある店舗では、初回利用ユーザーの7割近くがその次もO:derを使って2〜3日後に来店しているのだという。

「実は結構な数の問い合わせを頂いているのですが、 まだハンバーガー系、ジュース・スタンド系などテイクアウトに特化した業種に絞って他の方にはお待ち頂いている状況なんです。

ユーザーの利用シーンとしてはスタンプを集めたり、プレオーダーしたりと、予想以上にセッション回数が多い印象ですね。お店に行こうかなって思ってる時間にどうやら使ってる様子です」(新田氏)。

3rdburger

今回追加される予約注文機能は地味だがなかなか面白い。ユーザーがアプリから予約注文を実施してテイクアウトの時間を指定すると、店舗側に「電話で」注文が入る仕組みになっている。

O:derは小さな店舗がターゲットになっている。注文をメールやアプリ内で完結しては店舗側のオペレーションに乗らない可能性が高い。一方電話であれば通常の対応でも可能だ。この仕組みにはクラウド電話APIのTwilioが使われているそうだ。

今後はユーザーがどんどん注文して来店するサービスにしていくというO:der。小規模店舗向けのスマートフォン・CRMソリューションという新たなカテゴリが生まれるのか、引き続きウォッチしていきたい。

the_bridge_only

小規模店舗の顧客管理をスマートデバイスで完結させる「O:der(オーダー)」はCRMの概念を変えられるか

SHARE:

デジタルマーケティングを提供するスタートアップShowcase Gigは7月18日、スマートデバイスによるモバイルウォレットサービス「O:der(オーダー)」の正式提供開始を発表した。 ユーザーが利用するiOS対応のモバイルウォレットアプリで、小規模なカフェや小売店などを運営する事業者は、顧客に対してクレジットカードによる事前決済機能やデジタルクーポンなどのマーケティングツールを提供ができる。 ま…

0

デジタルマーケティングを提供するスタートアップShowcase Gigは7月18日、スマートデバイスによるモバイルウォレットサービス「O:der(オーダー)」の正式提供開始を発表した。

ユーザーが利用するiOS対応のモバイルウォレットアプリで、小規模なカフェや小売店などを運営する事業者は、顧客に対してクレジットカードによる事前決済機能やデジタルクーポンなどのマーケティングツールを提供ができる。

また、店舗側にはPOSなどの専用端末がなくても、iOS対応の認証端末アプリが別途提供され、QRコードによる来店認証からクーポンのプッシュ配信といった顧客管理機能を利用できる。既に同サービスは東京、青山にある「FIAT CAFFÉ」で提供が開始されており、9月上旬には顧客側アプリ(モバイルウォレットアプリ側)のAndroid端末対応を予定している。

11

利用料金は店舗や利用者数に制限のあるフリープランと、デジタルスタンプや顧客管理機能などの付いたプレミアムプランが月額5,000円を予定しており、こちらも9月上旬からの提供を予定している。O:derの利用イメージはこちらの動画をみれば掴めるだろう。

デジタルウォレットなどのユーザー側機能ももちろんだが、何より注目したいのは、店舗側の顧客管理サービスがiOSなどのスマートデバイスアプリで提供されるという点だ。こういったデジタルマーケティングツールはどうしても店舗に対する顧客側の機能に目を奪われがちだが、実際に店舗オペレーションに乗らなければ何も役に立たない。

Evernote

小さい店舗であれば、PC環境を用意しようとするとどうしてもスペースの問題や、小難しい「CRM」システムを習得しなければならなかった。しかしこの「アプリ」であれば、そういった課題をクリアできるかもしれない。

実際に顧客管理のデモを見せてもらったが操作は直感的だったし、シンプルに顧客リストから属性などの情報を選択して作成したクーポンなどの情報を配信する様子は、どこかのソーシャルネットワークサービスからメッセージを送る様子に似ていた。(スクリーンショットがもらえればあとで追加しておく)

「古くさいCRM」の破壊にチャレンジするShowcase Gig代表取締役の新田剛史氏は、東京ガールズコレクションのリアルビジネスや、ミクシィでmixiXmasなどに携わった「オンラインとオフライン」両方の経験の持ち主だ。

「その昔『ガラケー』で出来なかったことがスマートデバイスの時代になって出来るようになってきています。さらにmixiXmasではソーシャルメディアマーケティングで数万人のユーザーが実際に『動く』という実感も得られました。確かに大規模な事業者にとって数万という単位は小さいかもしれません。しかし小規模であればどうでしょうか。これを仕組み化して恒常的な動きに変えたい」(新田氏)。

従来「CRM」と呼ばれた世界観は大規模な事業者だけのものだった。しかし今、スマートデバイスの出現で、ネット接続の環境も大きく変わりつつある。STORES.jpやBASEなどの傾向に見られる、リアルな小規模事業者がオンラインに流れ込んできているタイミングで、顧客管理もロングテール化するのか。大変興味深い。