THE BRIDGE

タグ Crowd Realty

不動産クラウドファンディングのクラウドリアルティ、シリーズAフォローオンで不動産大手・銀行らから2.3億円を調達——P2P不動産証券化市場の醸成に注力

SHARE:

不動産特化型クラウドファンディング・サービス「Crowd Realty」を提供するクラウドリアルティは29日、三菱地所(東証:8802)、新生企業投資、新生銀行、みずほキャピタルから資金調達したことを発表した。これは同社が先月発表しているシリーズ A ラウンド(三菱東京 UFJ 銀行、三菱 UFJ キャピタル、 カブドットコム証券から総額3.5億円を調達)のフォローオンで、調達金額は2.3億円。先…

京都馬町町家を生かした「京町家2号ファンド」のページ
Image credit: Crowd Realty

不動産特化型クラウドファンディング・サービス「Crowd Realty」を提供するクラウドリアルティは29日、三菱地所(東証:8802)、新生企業投資、新生銀行、みずほキャピタルから資金調達したことを発表した。これは同社が先月発表しているシリーズ A ラウンド(三菱東京 UFJ 銀行、三菱 UFJ キャピタル、 カブドットコム証券から総額3.5億円を調達)のフォローオンで、調達金額は2.3億円。先月発表分とあわせたシリーズ A ラウンドでの調達総額は5.8億円となる。

クラウドリアルティは2014年12月の設立。2015年11月にグローバル・ブレインからシード資金を(数千万円程度とみられる)、2016年12月に SBI FinTech ファンドから2,000万円を調達している。

クラウドリアルティ創業者 兼 CEO 鬼頭武嗣氏
Image credit: Masaru Ikeda

今回の資金調達の意味について、クラウドリアルティ創業者で CEO の鬼頭武嗣氏は THE BRIDGE の取材に対し、REIT(不動産投資信託、不動産証券化)になぞらえて説明してくれた。REIT では不動産物件(発行体)が資金調達しようとしたとき、投資銀行が介在してマーケット(投資家)へのアクセスを提供している。不動産クラウドファンディングにおいては、クラウドリアルティがプラットフォームとなり、不動産物件とマーケット(投資家)が取引できる環境の形成を目指すのだという。

今年、不動産特定共同事業法が一部改定されたこともあり、少額募集の範囲であれば、不動産クラウドファンディングに新規事業者が参入しやすい環境が整った。一般型のクラウドファンディングの分野で数年前に起こったような相次ぐ新規参入が、不動産クラウドファンディングでも起きるのではないか、というのが鬼頭氏の見立てだ。

このとき、クラウドリアルティは一つの不動産クラウドファンディング事業者としてだけでなく、他の不動産クラウドファンディング事業者に対しても市場に参加できるプラットフォームとしての機能を提供しようというわけだ。多くの事業者が参加することで、そこには、より大きく流動性の高い不動産クラウドファンディングの市場が形成されていく。直接金融というその名の通り、鬼頭氏は不動産物件と投資家を直接繋ぐ、P2P 市場の形成を目指したいと語った。

鬼頭氏らのこのビジョンを実現する上で必要になってくるのは、オーソリティがいない状況でも適正な取引が保証されるための非中央集権型アプリ(Dapps; Decentralized Apps)の開発と導入だ。鬼頭氏はバズワードに振り回されたくないためか、インタビュー中は終始、ブロックチェーンやスマートコントラクトという言葉の使用を避けていたが、実際のところ、Dapps の実現にはこれらの技術が核になってくるようだ。

主要な出資者との事業連携スキーム
Image credit: Crowd Realty

プラットフォーマーになるには、そのプラットフォーム上で取引するあらゆる事業者に対しての中立性が求められる。クラウドリアルティがこれまでに、異業種の複数の事業会社や VC から調達しているのにも、そんな背景が影響しているようだ。市場では証券の流動性が確保できないと取引が成立しないわけだが、クラウドファンディングの世界で言えば、ICO などでも頻繁に取り沙汰されるコミュニティの醸成が重要になってくるだろう。

クラウドリアルティでは今後、エコシステム、分散型ネットワーク、世界的な制度・法規制の適正化に向けて、国際的な非営利団体やコンソーシアムの形成にも、直接的または間接的に関わっていきたいとしている。

----------[AD]----------

不動産クラウドファンディングのクラウドリアルティ、SBI FinTechファンドやMUFG傘下金融各社から3.5億円を調達

SHARE:

不動産特化型クラウドファンディング・サービス「Crowd Realty」を提供するクラウドリアルティは20日、SBI FinTech ファンドと三菱 UFJ フィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の三菱東京 UFJ 銀行、三菱 UFJ キャピタル、 カブドットコム証券から総額3.5億円を調達したと発表した。クラウドリアルティは2014年12月の設立。2015年11月にグローバル・ブレインからシー…

京都馬町町家を生かした「京町家2号ファンド」のページ
Image credit: Crowd Realty

不動産特化型クラウドファンディング・サービス「Crowd Realty」を提供するクラウドリアルティは20日、SBI FinTech ファンドと三菱 UFJ フィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の三菱東京 UFJ 銀行、三菱 UFJ キャピタル、 カブドットコム証券から総額3.5億円を調達したと発表した。クラウドリアルティは2014年12月の設立。2015年11月にグローバル・ブレインからシード資金を(数千万円程度とみられる)、2016年12月に SBI FinTech ファンドから資金調達を実施している(調達額は非開示)。

クラウドリアルティは今回調達した資金は、プラットフォームの基盤強化に充てる予定としている。

同社は今年5月26日、インバウンド観光客によるバケーションレンタル利用を狙い、京町家をリノベーションし宿泊施設に転換する資金を募る「京町家第一号ファンド」を立ち上げ、募集金額7,200万円に対し約3週間でクラウドファンディング調達が満額で成立。京町家のバケーションレンタル施設運営で協業するトマルバが、クラウドワークスなどから資金調達したのも記憶に新しいところだ。また、海外案件についても、エストニア不動産担保ローンプロジェクトを複数運用している。

2016年「東急アクセラレートプログラム」第2期に採択、今年に入って MUFG DIGITAL アクセラレータの第2期のデモデイではグランプリを獲得した。MUFG アクセラレータでの活動を通じ、カブドットコム証券とは投資家基盤の連携、また三菱 UFJ リースとは地方創生案件で協力し、地域で資金が循環するしくみを構築する。これまで証券化されてこなかった不動産のロングテールマーケットに狙いを定め、将来的には、P2P の非中央集権型の不動産向け直接金融システムを創設したいとしている。

----------[AD]----------

クラウドリアルティ、不動産クラウドファンディング・サービスを正式ローンチ——国内第1号案件として京町家再生プロジェクトの募集を開始

SHARE:

不動産特化型クラウドファンディング・サービス「Crowd Realty」を提供するクラウドリアルティは26日、サービスを正式ローンチし国内第1号ファンドの募集を開始した。国内初案件となるのは「京町家第一号ファンド」で、募集金額は7,200万円。運用期間は36ヶ月を想定しており、利回りは税引前の値で10%を見込んでいる。1口5万円で、最低3口から応募できる(海外案件については、既に「エストニア不動産…

本日募集が開始された「京町家再生プロジェクト」には、本稿執筆時点で7,200万円の目標額に対し、既に770万円が集まっている。

不動産特化型クラウドファンディング・サービス「Crowd Realty」を提供するクラウドリアルティは26日、サービスを正式ローンチし国内第1号ファンドの募集を開始した。国内初案件となるのは「京町家第一号ファンド」で、募集金額は7,200万円。運用期間は36ヶ月を想定しており、利回りは税引前の値で10%を見込んでいる。1口5万円で、最低3口から応募できる(海外案件については、既に「エストニア不動産担保ローン1号」を運用しており、目標額を上回る565万円を集めている)。

初案件となるこのプロジェクトは、特にインバウンド観光客を狙ったもので、京町家をリノベーションし宿泊施設に転換することで収益化を図るものだ。対象物件は京都・清水寺などのある東山区五条坂下エリアに位置し、町家宿泊施設の運営実績のあるトマルバにより運営される。プロジェクト終了後は、物件が新たなオーナーの売却され新たな宿泊施設として運用が継続される予定だ。

(前出の想定利回りには、宿泊施設としての営業収益に加え、プロジェクト終了後の売却時の売却益の還元額も含んでいるとのこと。)

クリックして拡大

クラウドリアルティは2014年12月の設立。2015年11月にグローバル・ブレインからシード資金を調達し(数千万円程度とみられる)、2016年12月に SBI ホールディングスの FinTech ファンドから追加で資金調達を実施した(調達額は非開示)。2016年には「東急アクセラレートプログラム」第2期に参加し、同年12月、サービスとしての「Crowd Realty」のβ版をローンチしている。

インバウンド需要を狙った京都の町家向けの不動産投資クラウドファンディングとしては、Joey Dai(戴周穎)氏が率いる民泊不動産投資プラットフォーム「Yoiju(有一居)」も、この分野への積極的な参入の意思を明らかにしている

<関連記事>

----------[AD]----------

不動産クラウドファンディングのクラウドリアルティが、グローバル・ブレインからシード資金を調達

SHARE:

不動産特化型クラウドファンディング事業を準備中のクラウドリアルティが、スタートアップ向けベンチャーキャピタルのグローバル・ブレインからシード資金を調達したと発表した。調達額については明らかにしていないが、数千万円程度に上ると見られる。 クラウドリアルティは、収益不動産向けのクラウドファンディング・プラットフォームで、家賃収入のある住宅やリノベーション物件向けに資金を提供。建築コストの高い都市部より…

crowdrealty-takeshi-kito
クラウドリアルティ 鬼頭武嗣氏

不動産特化型クラウドファンディング事業を準備中のクラウドリアルティが、スタートアップ向けベンチャーキャピタルのグローバル・ブレインからシード資金を調達したと発表した。調達額については明らかにしていないが、数千万円程度に上ると見られる。

クラウドリアルティは、収益不動産向けのクラウドファンディング・プラットフォームで、家賃収入のある住宅やリノベーション物件向けに資金を提供。建築コストの高い都市部よりも、むしろ、リノベーションすることで不動産価値が高まりやすい地方にフォーカスしている。現在サービスは準備中で、2016年3月のローンチを目標に掲げている。

クラウドリアルティの創業者で代表取締役の鬼頭武嗣(きとう・たけし)氏によれば、地方創生の流れに貢献することで、サービスに社会的意義を持たせることを強調。投資先の不動産を匿名化せず、資金提供者がどのような意図のある不動産に出資するのかをわかるようにしたいと考えている。また、典型的なクラウドファンディングが(銀行に代表される)間接金融的な側面を持ちつつあるのと対照的に、クラウドリアルティでは、資金提供者と不動産のオーナーとを直接的に結びつけるプラットフォームを目指すとしている。

日本国内の不動産向けクラウドファンディングとあわせ、ヨーロッパやアジアの消費者金融、中小企業向け金融の P2P レンディング・プラットフォームにも投資していくとのこと。この点においては、この業界で先行するソーシャルレンディング・プラットフォームのクラウドクレジットとビジネス領域が重なる部分もある。

<関連記事>

鬼頭氏は東京大学で建築を学び、まちづくりや都市づくりの分野に傾倒。ボストンコンサルティンググループを経て、金融の側面から不動産分野に関わることに興味を抱き、メリルリンチの投資銀行部門に勤務していた。クラウドファンディングの隆盛から、不動産を対象としたクラウドファンディングの可能性に注目し、昨年12月クラウドリアルティを設立した。

不動産のクラウドファンディング分野には、Lucky Bank(ラッキーバンク)やロードスターキャピタルが運営する OwnersBook(オーナーズブック)LCレンディングなどがある。各社のサービスの差別化要素や強み、相違点については、機会を改めて紹介したい。

----------[AD]----------