THE BRIDGE

タグ Crowdbaron

不動産クラウドファンディングサイト「Crowdbaron」が事業の拡大資金を調達

SHARE:

より身近な不動産の部分投資を目指す香港ベースのスタートアップCrowdbaronが拡大資金を確保した。未公開額の投資は、Grow VC Groupが行った。 今年初めにも紹介した通り、Crowdbaronはタイムシェア方式ではないため、持分を保有するマンションや別荘に滞在することはない。利益獲得が唯一の目的で、リスクを拡散できるようにCrowdbaronはわずか1%からの出資ができるようになってい…

Crowdbaron-Real-estate-crowdfunding

より身近な不動産の部分投資を目指す香港ベースのスタートアップCrowdbaronが拡大資金を確保した。未公開額の投資は、Grow VC Groupが行った。

今年初めにも紹介した通り、Crowdbaronはタイムシェア方式ではないため、持分を保有するマンションや別荘に滞在することはない。利益獲得が唯一の目的で、リスクを拡散できるようにCrowdbaronはわずか1%からの出資ができるようになっている。

ターゲットとなるのは、個人投資のポートフォリオを増強したいと考えているが、一軒家をまるごと購入するまでにはいかないような人たちだ。物件価値の上昇により利益を得る以外にも、Crowdbaronの投資者は物件を貸し出して家賃収入を得ることもできる。物件は家具無しで、共同大家の手間も省かれている。

ロンドンは最高の場所

設立者のSaeed Hassan氏の話によると、Crowdbaronの登録ユーザ数は現在500名で、同サービスで運用されている不動産ポートフォリオは総計300万米ドルになると推定されている。そして、その全てがロンドンにある不動産だ。確かにそれほどたいした金額ではないし、まだサービスは始まったばかりだ。しかしHassan氏はユーザの来月の投資額は前月比の2倍になるだろうと言う。

Crowdbaronは現在のところ投資用の不動産が7つあり、全てがロンドンの中規模アパートだ。しかしいくつかの物件は既に十分の投資がなされているので、Crowdbaronサイトのユーザは新しいプロジェクトが登場するのを待ち望んでいる。

サイトユーザの内訳についてSaeed氏の説明

「サイトビジターの約半数が香港からの閲覧でしたが、最近はイギリスからの閲覧も増えています。彼らはロンドンの開発やCrowdbaronの扱う土地を狙っているようです。シンガポールもまた不動産投資の成長市場で、多くのシンガポール人が既にロンドンの不動産を従来の方法で購入しており、これは驚くことではありません。」

このスタートアップチームは、ブラジル、イギリス、アメリカ、トルコ、インド、フィリピン、オーストラリアのデベロッパーからの依頼を受けており、その中のいくつかの不動産プロジェクトがまもなく同クラウド投資サイトで実施されることになっているようだ。

Hassan氏は

「GrowVCとのコラボレーションによって私たちのサービスが強化され、彼らのネットワークと経験を通じて欧米での成熟したクラウドファンディングマーケットにさらなる足跡を残せるようになるでしょう」

と語っている。

【原文】

----------[AD]----------

アジアで展開する不動産向けのクラウドファンディングサービス「Crowdbaron」は不動産投資を身近なものに

SHARE:

クラウドファンディングは面白いガジェットの開発資金調達に利用され、社会的にも良い変化をもたらしている。様々なクラウドファンディングサービスが生まれてきたが、これまで投資を目的としたクラウドファンディングは今まで見かけなかった。その領域に取り組もうとしているのがCrowdbaronだ。 香港拠点のスタートアップCrowdbaronは、不動産への投資を、オンラインでホテルを予約するのと同様にシンプルに…

crowdbaron

クラウドファンディングは面白いガジェットの開発資金調達に利用され、社会的にも良い変化をもたらしている。様々なクラウドファンディングサービスが生まれてきたが、これまで投資を目的としたクラウドファンディングは今まで見かけなかった。その領域に取り組もうとしているのがCrowdbaronだ。

香港拠点のスタートアップCrowdbaronは、不動産への投資を、オンラインでホテルを予約するのと同様にシンプルにすることを目指している。同サービスは個人の投資ポートフォリオを増やしたい人をターゲットにし、1つ、もしくは複数の不動産に小額の出資をすることで複数国における不動産価格の上昇から利益を得ようというものだ。

出資者は、ある不動産の一部を分担購入するのだが、これは昨今流行のタイムシェアのようなものではないので、出資をしているアパートや別荘に滞在したりはしない。この出資は純粋に利潤を目的にしたものだ。だから、リスクの分散も可能で、投資プロジェクト額の1%からでも出資できる。

Crowdbaronはアジア圏全体のユーザをターゲットにしているが、最初は香港、中国、インドネシアの顧客に力を入れている。

同サービスは不動産に対し通常100%の出資をするようなグループ層 ——最近、オーストラリア、イギリス、アメリカ、その他の国で不動産(そして、おそらく移民するためのルート)を買いあさっている裕福な中国人—— ではなく、富裕層ほど裕福ではないグループをターゲットにしていると設立者でCEOのSaeed Hassan氏は説明する。

crowdbaron

Hassan氏は、同サイトは「将来に備えて貯蓄をしていたり、株式市場が焦げ付き低金利に不満を抱いている中級層の家族」にいいと言う。彼は次のように付け加えている。

「このような個人には香港やその他の国の不動産を購入するチャンスはほとんどありません。このグループ層は大きく、しかも分担型の購入プランに出資したいという意欲があります。

というのも、普通では手の届かない不動産への投資に分担型プランで出資をすることで、従来よりも高く安定した報酬を得ることができるようになるからです。つまり、出資の参加条件を引き下げ、より多くの人を巻き込むというものです。」

howitworks

Crowdbaronを利用する投資家は、不動産価格の上昇から利益を得る以外に、不動産をレンタルすることで収益を得ることができる(レンタルされる不動産はクラウドファンドの不動産所有者の煩わしさをなくすために家具などはすべて取り払われる)。

これらの不動産は出資者への販売後も不動産業界のネットワークを通じてCrowdbaronが管理し、テナントを探す業務も担うとHassan氏は語る。不動産のテナントが見つからない場合でも、Crowdbaronが賃貸収益の取り分を出資者に支払うことを約束している。

Crowdbaronチームは4人ずつのチームに分かれていて、1つのチームが香港、別のチームがジャカルタとインドネシアを担当している。今月、営業スタッフがさらに加わり、マドリッドのオフィスも開設準備中だ。

同サービスを利用する投資家のほとんどはアジア地域にいるが、イギリスやアメリカを除く(税金の兼ね合い)、その他の国の投資家も利用することができる。現在、同サービスの不動産はロンドンとジャカルタ全体に広がっており、マドリッドにもたくさんある。まもなく、アメリカのいくつかの都市も加わるだろう。

不動産のクラウドファンディングは2013年で最もホットなスタートアップ、そして投資のトレンドの1つになるかもしれない。アメリカに拠点を置くRealtyMogulも前途有望のようで、最近ではたくさんの賞と称讃を獲得している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------