BRIDGE

タグ cu-hacker

ジェネストリーム、スケジュール調整サービス「Cu-hacker(クウハッカー)」を人材サービス大手ネオキャリアに事業譲渡

SHARE:

ビジネスシーンに特化した web ソリューションを提供するジェネストリームは8日、スケジュール調整サービス「Cu-hacker(クウハッカー)」を人材サービス大手のネオキャリアに譲渡したことを明らかにした。事業譲渡に関わる金銭的条件については開示されていない。Store-hacker、Suica-hacker、Reserve-hacker といった、ジェネストリームが持つ Cu-hacker 以外…

ビジネスシーンに特化した web ソリューションを提供するジェネストリームは8日、スケジュール調整サービス「Cu-hacker(クウハッカー)」を人材サービス大手のネオキャリアに譲渡したことを明らかにした。事業譲渡に関わる金銭的条件については開示されていない。Store-hacker、Suica-hacker、Reserve-hacker といった、ジェネストリームが持つ Cu-hacker 以外のプラットフォームについては、今後もジェネストリームが開発や運営を継続する。

Cu-hacker は2013年5月にβ版をリリース。ユーザは、スケジュールを開いて、空き時間をタップするだけで日時をテキスト化でき、アポイントの時間を選択すると Cu-Hacker が URL を作ってくれる。この URL はメールや Facebook のメッセージで出席者と共有できる。面倒なスケジュール調整がスマホから簡単にできる。

Cu-hacker のユーザ数は現在3万人。一方、ネオキャリアは2年前に勤怠管理・シフト管理プラットフォーム「jinjer」をローンチしており、現在のユーザは約7,000社。また、グループ会社のネオラボが運営する web 会議システム「calling」では、チャットボットを活用したインサイドセールスや採用面接が自動設定できる機能を提供している。ネオキャリアでは Cu-hacker の譲渡を受け、jinjer や calling とのシナジーや機能統合を模索するようだ。

今回の事業譲渡に伴うインフラ変更に伴い、12月9日(土)の深夜0時〜未明5時までサービスを停止する予定。サービスはネオキャリアによって継続され、運営方針や利用規約の変更などについては、後日ネオキャリアからユーザに通達される。

<関連記事>

スケジュール調整ツール「Cu-hacker」がオンライン秘書サービス「キャスタービズ」と連携

SHARE:

スケジュール調整ツール「Cu-hacker」などビジネスシーンに特化したツールを提供するジェネストリームと、オンライン秘書サービス「キャスタービズ」を提供するCasterが協業することを発表した。 今回の協業に伴い、「キャスタービズ」に登録しているオンラインワーカーの公式調整業務ツールとして「Cu-hacker」の提供が本日より開始されている。「キャスタービズ」のユーザがオンラインワーカーに人との…

cu-hacker

スケジュール調整ツール「Cu-hacker」などビジネスシーンに特化したツールを提供するジェネストリームと、オンライン秘書サービス「キャスタービズ」を提供するCasterが協業することを発表した。

今回の協業に伴い、「キャスタービズ」に登録しているオンラインワーカーの公式調整業務ツールとして「Cu-hacker」の提供が本日より開始されている。「キャスタービズ」のユーザがオンラインワーカーに人とのスケジュール調整を依頼した場合、依頼者の許可を取った上で調整時に「Cu-hacker」を利用する。

Caster biz

Caster代表取締役の中川祥太氏によると、アシスタントが行うスケジュール調整業務の効率化が進めばクライアントの支払いも少なくなり、すべてのステークホルダーにとってメリットがあるという。

ジェネストリームは、Casterに所属するオンラインワーカーに利用してもらうことで、利用状況やサービスを使ってみてのフィードバックを分析し、「Cu-hacker」の機能改善を加速していく狙い。

ジェネストリームは、今後もクラウドソーシングを展開している事業者との積極的な協業を行っていく方針だ。ジェネストリーは「Cu-hacker」の他にも先日、アポの日程予約と顧客管理を一体化するカレンダー「Reserve-hacker」もリリースしている

ビジネスマン向けスケジュール調整サービス「Cu-hacker」がサイボウズOfficeに対応、Chrome拡張機能の提供へ

SHARE:

ジェネストリームが提供するビジネスマン向けスケジュール調整サービス「Cu-hacker」がサイボウズ Officeに対応した。サイボウズ Officeは、企業や組織内の情報共有やコミュニケーションを支援するソフトウェア。スケジュール共有や会議室などの設備利用の予約、掲示板やファイル共有、ワークフローといった豊富な機能を備えている。 Cu-hackerには現在、約2万人のビジネスマンユーザがいる。こ…

Cu-hacker cybozu

ジェネストリームが提供するビジネスマン向けスケジュール調整サービス「Cu-hacker」がサイボウズ Officeに対応した。サイボウズ Officeは、企業や組織内の情報共有やコミュニケーションを支援するソフトウェア。スケジュール共有や会議室などの設備利用の予約、掲示板やファイル共有、ワークフローといった豊富な機能を備えている。

Cu-hackerには現在、約2万人のビジネスマンユーザがいる。これまでは、ログインをGoogleアカウントに制限しており、Googleカレンダーユーザしかサービスを利用できなかった。ユーザからサイボウズへの対応を求める声が多数寄せられたことから、「Cu-hacker for サイボウズOffice」の開発を行った。

サイボウズ Officeは月額500円からクラウド版である「サイボウズOffice on cybozu.com」が利用でき、今回「Cu-hacker」はこちらと提携する。「Cu-hacker for サイボウズOffice」は、Chromeブラウザにインストールして利用できるChrome拡張機能だ。

Cu-hacker cybozu chrome

「サイボウズOffice on cybozu.com」上にCu-hackerメニューが出現し、カレンダー上から直接スケジュール調整が可能になる。「Cu-hacker for サイボウズOffice」では、ワンクリックメッセージ作成機能、仮予定登録管理機能、調整完了お知らせ機能の3つの機能が提供される。

「Cu-hacker」はリリース当初からGoogleアカウントでの利用に制限されていた。今回、サイボウズOfficeに対応し、対応範囲を広げたことは大きい。今後もビジネスマンが活用している様々なサービスを横断してスケジュール調整が可能になれば、多くのビジネスマンの負担が減ることになるだろう。

スケジュール調整サービス「Cu-hacker」がSalesforceに対応、co-meetingとジェネストリームが共同開発に着手

SHARE:

co-meetingとジェネストリームが、スケジュール調整サービス「Cu-hacker」のセールスフォース・ドットコムが提供するクラウドサービス「Salesforce」対応版である「Cu-hacker for Salesforce」の共同開発に着手した。 co-meetingはチーム向けコラボレーションツール「co-meeting」を開発している。同社のサービスの様子は以下のとおり。 同社は「Sa…

co-meetingとジェネストリームが、スケジュール調整サービス「Cu-hacker」のセールスフォース・ドットコムが提供するクラウドサービス「Salesforce」対応版である「Cu-hacker for Salesforce」の共同開発に着手した

co-meetingはチーム向けコラボレーションツール「co-meeting」を開発している。同社のサービスの様子は以下のとおり。



同社は「SalesFollowUp for Salesforce」という「Sales Cloud」ユーザへ向けた、営業現場のためのセールスフォローアップダッシュボードも開発しており、2014年10月10日から無償提供を開始している。SalesFollowUpに続くSalesforce AppExchange向けアプリケーション第2弾が、この「Cu-hacker for Salesforce」だ。

Salesforce1_Cu-hacker画面 Salesforce1_ドロワーメニュー

「Sales Cloud」は、Salesforce1 Platformで構築されたSFA(sales force automation)。SFAはIT技術を用いて営業部隊の生産性向上、効率化を進めることやそれを実現するための情報システムだ。

SalesFollowUp for Salesforce

「SalesFollowUp for Salesforce」はフェーズごとの商談を把握し、ドラック&ドロップだけの簡単操作でフェーズ間の移動が行えるようになっている。行動やToDoなど、次のアクションの有無もひと目で確認できる。

co-meetingは、2014年12月4日に開催される「Salesforce World Tour Tokyo」に出展予定。当日は開発中の「Cu-hacker for Salesforce」のほか、「SalesFollowUp」も閲覧できる。

「Cu-hacker for Salesforce」は価格は未定だが、有償での提供を予定しており、2015年2月頃にリリース予定となっている。

ジェネストリームが毎月の交通費入力を短時間化する「Suica-hacker(スイカハッカー)」を公開、ビジネスマン向けプラットフォームの構築へ

SHARE:

ビジネスマン向けのスケジュール調整サービス「Cu-hacker」を提供しているジェネストリームは、交通費精算を短時間で終わらせるAndroidアプリ「Suica-hacker(スイカハッカー)」の提供を本日開始した。アプリはこちらのストアからダウンロードできる。 Suica-hacker(スイカハッカー)をAndroidスマートフォンにインストールすると、SuicaやPASMOをかざすだけで、Su…

suica hacker

ビジネスマン向けのスケジュール調整サービス「Cu-hacker」を提供しているジェネストリームは、交通費精算を短時間で終わらせるAndroidアプリ「Suica-hacker(スイカハッカー)」の提供を本日開始した。アプリはこちらのストアからダウンロードできる。

Suica-hacker(スイカハッカー)をAndroidスマートフォンにインストールすると、SuicaやPASMOをかざすだけで、SuicaやPASMOの履歴を読み取る。読み取った乗換え履歴一覧は自動的にまとまり、時系列で閲覧可能だという。

suica hacker android

有料機能では、乗り換え履歴の一覧をCSV形式で端末にエクスポートできるという。CSV形式でダウンロードできるため、コピーして社内のエクセルに貼付けることで交通費精算が完了する。

Suica-hackerは、今後日本全国の交通系ICカードへの対応を進めていく予定だという。さらに、ジェネストリームが提供しているスケジュール調整カレンダー「Cu-hacker(クウハッカー)」や、既存の家計簿/会計サービスとの連携も実施していくという。

本誌の取材に対して、ジェネストリーム代表の秋貞 雄大氏は、iPhone版アプリ提供の予定については以下のようにコメントしている。

秋貞氏「現在iPhoneアプリを提供する予定はありません。FeliCaが日本独自の規格なため、最新機種のiPhone6でも対応する事ができないためです。」

また、CSVエクスポート以外のSuica-hackerの有料機能については、

秋貞氏「有料機能にするかどうかは未定ですが、家計簿サービスや会計管理サービスと今後提携し、交通費データを流し込んでいきたいと考えています。」

とコメントしている。ジェネストリームは、今後、ビジネスマン向けの便利アプリ・サービスを複数展開し、ビジネスマンのデータベースプラットフォーム「Biz-hacker(ビズハッカー)」を構築していく方針だ。年内にCu-hackerとSuica-hackerを含む、計5つのビジネスマン向けサービスをローンチする予定となっている。

未発表のサービスに関して秋貞氏に伺ったところ、タイトルと簡単なキャッチコピーを教えてくれた。

  • Reserve-hacker – 個人事業主、または中小企業コンサルタントの方にお使い頂ける、簡単な予約管理サービス。Cu-hackerのスピンオフ版。
  • Team-hacker – これは、個人とチームのToDoを中心とした新しいマネジメントサービス。個人のtodoをチームで一緒に落としこみ、進捗がリアルタイムに可視化されるので、個人に負担をかけずに目標達成が可能に。
  • Memo-hacker – スケジューラーとクラウドファイルサービスを連携させた、議事録のオートキュレーションサービス。EvernoteやGoogleドライブで生成された議事録、また会議中に撮ったホワイトボードの写真を、一切の設定なくカレンダーの予定に自動的に合わせる。

これらは来月一気に全サービスの公開を予定しているそうだ。

ビジネスマンに朗報、スケジュール調整サービス「Cu-hacker」と名刺管理アプリ「Eight」が連携

SHARE:

ビジネスシーンに特化したWEBソリューションを提供するジェネストリームは、スケジュール調整サービス「Cu-hacker(クウハッカー)」のiPhoneアプリ「Cu-hacker Calendar」と、Sansanが提供する名刺管理アプリ「Eight」の連携を本日より開始した。 先日リリースされたCu-hackerアプリでは、空き時間をタップするだけで日時をテキスト化でき、その日時をメールやFace…

ef52405955

ビジネスシーンに特化したWEBソリューションを提供するジェネストリームは、スケジュール調整サービス「Cu-hacker(クウハッカー)」のiPhoneアプリ「Cu-hacker Calendar」と、Sansanが提供する名刺管理アプリ「Eight」の連携を本日より開始した

先日リリースされたCu-hackerアプリでは、空き時間をタップするだけで日時をテキスト化でき、その日時をメールやFacebookメッセージ、LINEで送ることができる。面倒だったスケジュール調整がスマホから簡単にできるようになった。

今回の連携では、Cu-hackerアプリのカレンダーから空き時間をテキスト化し、Cu-hackerアプリ内でEightアプリアイコンをタップすると、その日時がコピーされてEightアプリが起動する。そのままEightでメッセージを送ることができるようになった。これにより名刺を交換した相手との日程調整が容易になる。

名刺管理アプリ「Eight」は先日、気になるテーマをフォローできるアプリ「kamelio(カメリオ)」と連携している

スマホからの日程調整を改善してくれる「Cu-hacker(クウハッカー)」のiPhoneアプリがリリース

SHARE:

株式会社ジェネストリームは、同社が提供するスケジュール調整を容易にする「Cu-hacker(クウハッカー)」のiPhoneアプリを本日公開した。 Cu-hackerはカレンダーからタイピングすることなく空いている日程の候補を選び、発行されるURLを送ると選択した日程の中から、予定を調整したい相手の都合が良い日時に予定を登録してくれるというもの。 今回リリースされたCu-hackerのアプリは、Go…

cu-hacker

株式会社ジェネストリームは、同社が提供するスケジュール調整を容易にする「Cu-hacker(クウハッカー)」のiPhoneアプリを本日公開した。

Cu-hackerはカレンダーからタイピングすることなく空いている日程の候補を選び、発行されるURLを送ると選択した日程の中から、予定を調整したい相手の都合が良い日時に予定を登録してくれるというもの。

今回リリースされたCu-hackerのアプリは、Googleカレンダー、もしくはiPhoneカレンダーと連携し、スケジュールの管理を行う。Cu-hacker内のカレンダーをタップすると、タップした部分が空いている時間候補としてテキストが作成され、メール、LINE、Facebookメッセージ等から送信することが可能となっている。

Cu-hackerをブラウザから利用しているユーザにヒアリングした結果、「調整日時をスマホで打つのが面倒」「メールアプリとカレンダーアプリの行き来が面倒」といった理由から、スマホからのスケジュール調整はしないユーザが多いことがわかったという。Cu-hackerは、上記2点を解決できるアプリの開発を目指している。ブラウザ版の機能はすべてアプリでは実現されていないが、今後順次機能は追加されていく予定だという。

AndroidアプリやWindowsアプリへの対応も実施する予定。英語や時差などにも対応することでグローバルに活躍するビジネスマンのニーズにも応えていく予定だ。



投資家と起業家が同じ目線でビジネスを創りあげる「インキュベイトキャンプ」

SHARE:

スタートアップバブルとも呼ばれる起業の波が起きており、Webサービスやスマートフォンアプリケーションの開発を行う人々が増えている。それと同時に、創業直後の企業に資金提供してその成長を後押しするシードアクセラレーターや、起業家の輩出をおこなうインキュベーションプログラムも増えてきている。 数あるインキュベーションプログラムのうちのひとつ、「インキュベイトキャンプ」の第4期が先月終了した。インキュベイ…

incubate camp logo

スタートアップバブルとも呼ばれる起業の波が起きており、Webサービスやスマートフォンアプリケーションの開発を行う人々が増えている。それと同時に、創業直後の企業に資金提供してその成長を後押しするシードアクセラレーターや、起業家の輩出をおこなうインキュベーションプログラムも増えてきている。

数あるインキュベーションプログラムのうちのひとつ、「インキュベイトキャンプ」の第4期が先月終了した。インキュベイトキャンプとは、ネットビジネスに特化した個人のキャピタリスト4名が、2010年に創設したベンチャーキャピタル「インキュベイトファンド」が提供しているプログラムだ。インキュベイトファンドは、「First round and Lead position」の投資哲学を持ち、数多くの起業家と経営パートナーとして事業開発を行ってきている。

インキュベイトキャンプの卒業生には、MUGENUP、コスモノーツ、Coffee Meeting、Whytelistなど、現在活躍中のサービスが多く含まれている。輩出されたサービスのうち、いくつかは他のスタートアップ支援プログラムでも採択されるなどしている。

インキュベイトキャンプは半年間のプログラムとなっており、その期間中「モーニングセッション」と呼ばれる朝勉強会や、先輩起業家からそのサバイバル術を学ぶ「フォローセッション」が提供される。プログラムの集大成として、参加者によるプレゼン予選の後、VCも加えてチームを組み、一泊二日かけてプランのブラッシュアップを行う合宿が開催される。

incubate camp

インキュベイトキャンプがユニークなのは、投資家と起業家が平等の存在であり、ともにビジネスプランを創っていくプログラムになっている点だ。これまで数多くのサービスの運営に関わってきた投資家がチームに入ることで、プロモーション/マネタイズ両面を深掘りし、起業家のビジネスプランが変化する。これは起業家にとって得難い体験だろう。

さらに、プログラム中に投資家と近い距離で関わってみることで、出資を受ける前に投資家と付き合っていくということがどういうことなのかを擬似体験できる。経験の少ない起業家にとって、投資家は事業のどういったポイントを見ているのかはわかりにくいが、投資家とともにビジネスプランを創る体験を通じて、その感覚を肌で感じ取ることができるだろう。

インキュベイトキャンプには、毎回インキュベイトファンドの4人に加えゲストキャピタリスト4名参加する。今回は、Samurai Incubate榊原氏、insprout三根氏、GLOBIS CAPITAL PARTNERS高宮氏、mixi小泉氏が参加し、起業家とチームを組んだ。インキュベイトキャンプの第4期で決勝トーナメントを勝ち抜いたのは、乾夏衣氏の「Taxbird」、柴田健祐氏の「desginclue」、秋貞雄大氏の「Cu-hacker」の3つ。

incubate camp pitch

Taxbirdは以前リリースを紹介したように、スマートフォンを使って簡単な会計管理体験を提供し、青色申告を楽にしてくれるというアプリケーション。

desginclueは、デザインのクラウドソーシングサービスで、世界中のデザイナーに対して、デザインを公募することができるというもの。柴田氏も以前Startup Datingのサロンイベントにてサービスのピッチを行なってくれた。

Cu-hackerは「クウハッカーはあなたの一日を30分増やします」をコンセプトにした、効率良くスケジュール管理できるようにしてくれるサービス。googleカレンダーを同期させて期間を指定すると、スケジュールの空き時間を自動で抽出してくれる。

筆者がインキュベイトキャンプの参加者の方々が集まる場に行き話を伺ったときは、互いに敬意を払い存在を認めつつも、負けたくないというライバル意識をもったコミュニティだと感じた。ただ起業家同士がつながるだけではなく、互いに「負けたくない」という感情を刺激し合うことのできる仲間と出会えていることもこのプログラムの魅力かもしれない。

インキュベイトキャンプの第4期は、この後12月末までフォローセッションを毎週開催。1月にDemo Day(※完全招待制)を実施する予定だ。インキュベイトキャンプの今後の動きについて、インキュベイトファンドの佐々木氏から以下のようなメッセージをいただいた。

“Incubate Camp 5th”は、2013年1月から募集を開始致します。過去4回の経験を踏まえ、プログラムを進化させ起業家の皆様の「事業作り」をサポートできるようより一層努力致します。お問い合わせやご相談は、お気軽に佐々木までご連絡下さい。

インキュベイトキャンプに関する情報はこちらで発信されている。興味のある方は是非チェックを。