タグ CyberAgent(サイバーエージェント)

【ゲスト寄稿】失敗しても腐らず、再チャレンジし続けるために大切だと思う4つの事

この記事をゲスト寄稿してくれたのは、椿奈緒子さん。2004年サイバーエージェント入社後、オンラインサンプリングサービス「トライアルネット」立ち上げ、ビジネスポータルサイト「cybozu.net」会社立ち上げ、メディアマネタイズ事業「HubsMedia」を立ち上げる。現在は、株式会社VOYAGE GROUPにてアンドロイドアプリレコメンドサービス「appmom」を立ち上げ、運営している。 2004年…

この記事をゲスト寄稿してくれたのは、椿奈緒子さん。2004年サイバーエージェント入社後、オンラインサンプリングサービス「トライアルネット」立ち上げ、ビジネスポータルサイト「cybozu.net」会社立ち上げ、メディアマネタイズ事業「HubsMedia」を立ち上げる。現在は、株式会社VOYAGE GROUPにてアンドロイドアプリレコメンドサービス「appmom」を立ち上げ、運営している。


2004年にネット業界に入り、5つの事業や会社を作り、閉鎖、譲渡してきた。

女性向けEC+メディア(1年)→ビジネスポータルメディア+マネタイズ(6年)→アドテクノロジー(半年)→マーケットエントリー(半年弱)→Androidアプリ(1年半)。

スタートアップが注目されてチャレンジャーが増え、新規事業が増え日本が盛り上がっていくのは素晴らしい事だと思う!しかし、同時にそのチャレンジャーの多くが「失敗」している、そしてしていくだろう。

一発勝負ではなく、例え事業が失敗しても次々にチャレンジしていく事業家がもっと増えたらいいなと願う。「挑戦しやすい環境」など外部環境も大切だが、事業家本人がへこたれず腐ることなく再起するエネルギーを持ってチャレンジし続けない限り、いくら環境が整ってきても何も始まらない。

自分も次々チャレンジしていく事業家(シリアルアントレプレナー)を目指しているので、過去を振り返って「失敗しても腐らず生き残り、再チャレンジし続けるために大切だなと思う事」をまとめてみる。

失敗しても腐らず、再チャレンジし続けるために大切だと思う4つの事

過去の経験やネットワーク、そして”プライド”にしがみつかない

~事業も自分も心機一転する覚悟を持つ~

今までやってきたことを「強み」として、その強みで突き抜けて行こうとする人が多いと思う。もちろんそれで勝っていく覚悟があればとことん活用すべきだと思う。

ただし、ネットビジネスは短いスパンで流行廃りが激しく、先行者メリットを受けやすい。先に始めた所がシェアを占めている事が多い。そんな中で新参者として過去にやっていた事にしがみ付いても時既に遅し。過去のリソースは過去のもの。相当な資本を投入しない限りは(たとえ投入したとしても)、ある程度まで到達することはあっても、先行の競合に勝ちNo.1になれる道はなかなか遠い。

これから伸びていく産業に目をつけて、先端を駆け抜けて行きNo.1を目指していくのが、変化の多いネット業界で働く醍醐味であり、スケール感をイメージできると考える事業家も多いのではないか。その場合、たいてい今までやってきたテーマとは異なり、またゼロから積み上げていく必要がある。

情報は人に集まる。新しい業界はみんな情報を求めるので人が集まりコミュニティとなり、コミュニティの中から業界盛り上げ活動が始まる。ゼロベースからのネットワーク作りから築いていく事になる。これが結構大変。過去のプライドを持っていても通用しない。過去何をしていようが、どんな肩書きを持っていようが、あまり関係ない。

新しい業界では経験も実績も無く、知らない人ばかりでなかなか相手にされない中で、どのように相手に「この人と一緒に何かすると有益かも」と思ってもらえるかを必死で模索する期間を乗り越え、パートナーを見つけ事業を始める、一歩前進するビジネスチャンスにめぐり合えればラッキーだ。

様々なアプローチがあると思うが、私の場合アドテク系の仕事をしていた時は、勉強会・ミートアップを自ら開催していた。アンドロイドの仕事を始めてからは、アンドロイドのコミュニティに入り、コミュニティの中でのネットワーキング、イベント開催、ハッカソン参加などを通して、新入りでもコミュニティの中に入る試みを続けた。おかげさまで、わからない事はコミュニティの皆様に日々教えて頂きつつ、日々感謝している。

最強のチームを作るために、T型人材になる

~「私はこれしかできません」も「何でもできます、広く浅く」も必要とされにくい~

事業を立ち上げるにあたって、T型人材になる必要があった。

「私はこれしかできません」ではなかなか通用しないし、「何でもできます、広く浅く」だけでも差別化しにくく必要とされにくい。事業を始める、大きくするにあたって必要な役割に貢献できて、特に○○が得意です、という人材でないと、なかなかチームが作りにくいからだ。

情熱ももちろん大切だけど、「これしか出来ません、わかりません」だと、事業を立ち上げる上で最も足を引っ張る頼りない存在になりかねない。自分が最も役に立たないような状況では、当然優秀な人も近寄ってこない。これで情熱も行動力も無かったら何も残らない。

ではどうすればよいか?少しでも必要とされる人間になるように、努力すればよいい。

まずは、強みを誰よりも強くすることが一番の近道。「収益化なら任せて」「ユーザー10万人に増やします」「資金は引っ張ってきます」「最強のUX作れます」など、そのパートはこの人にお願いすれば最強、と人に思われる人を目指す。

また、自分の強み以外の「浅く広く」については、特にチームワークでのコミュニケーション円滑化に貢献することが多い。例えば、自分でやってみてどれだけ大変か何となくでも理解した上で頼むのとそうでないのでは、相手の伝わり方が大分違う事がわかった。それは少しのチャレンジで改善することができる。

– 自分でプロトタイプ開発、もしくはサービスを開発してローンチしてみる

– 技術者がやるような実現可能かの調査を、自分でやってみる Formatted: Highlight

人によって反応は様々とは思うが、T字型になることで何よりもお互いに説明コストが削減されるのと、ちゃんと理解する姿勢と努力が伝わり、信頼関係も深まることが多い。さらに自分に自信もついてくる。

サービスイン後半年、初めての「うまく行かない期間」の乗り越え方

~目標計画だけはなく、下限計画(これを下回ったら閉鎖)も定めておく~

いざ事業が始まって3~6ヶ月経過すると結果が見えてくる。ここで計画どおりに結果が出ている事業は結構少ないのではないか?

事業がうまく行かないと組織の雰囲気も悪くなり、初の「組織の危機」を迎えるタイミングになる。「このまま続けてうまくいくのか?」という不安に押しつぶされて、自分の心が折れてしまいそうになる人も少なくないだろう。いつまで水の出ない井戸を掘り続けるのか?の判断は非常に難しく、重要だ。

そこでよくある3つの選択肢。

1) 掘っても水が出ない井戸と見做して、早々に撤退、解散
掘っても水が出ない井戸にコストをかければかける程、累損も膨らむ。情も膨らむので、そう簡単にやめられなくなる。早急に判断し、早々に撤退し、次の仕込みに投下する。これ以上のリスクの回避なのでローリスク。

2) 黒字をキープする形にして、そのまま放置、コスト規模縮小
少しでも売上やその他資産が増え続けていることが見えているのであれば、わざわざ抹消はせずに最低限黒字を保てるコストバランスに調整して、戦略的放置。ローリスク、ローリターン。

3) 手を加えて継続改善していく?チームはそのままでPivotする?
諦めず手を加え改善し続ける。またはチームは解散せず全く違う事業にpivotして次の立ち上げサイクルに入る。コストはかかるが、成功確率は上がる可能性はある。ハイリスク・ハイリターン(?)。

何が成功なのか、失敗なのかは、誰にもわからない。しかし、事業を始める際に「やってみないとわからない」で済まさずに、重要指標や損益計算の計画を作るのはとても大事。目標計画だけではなく、どこまでいったらやめるのか、下限のリミットも定めておくと自分をはじめ、チームやステークホルダーとの覚悟・コンセンサスができて良い。

会社内新規事業等でこのようなルールで決まっていればそれで十分だが、もし無ければ是非お勧めする。始めるとどうしても情が入ってしまうので、始めることより終わらせる方がよっぽど大変だからだ。

変化に対応するために、引き出し・仕込み作りを続ける努力を怠らない

~ギブアンドテイク精神で、たくさんギブができるように意識する~

特に上手く行かない時に、プランBのアイディアや、差し伸べてもらえるサポートが無ければそれで終了。上手くいっているときにこそ、上手くいかない時の仕込みを常に作っておくことが大事だ。

今まで助けて頂いたことを挙げると、属人的なサポート、アイディア/情報、ユーザーフィードバック、業界内で儲かり始めていること、変化の情報など。

事業のことで目の前の問題だけでいっぱいになるのではなく、自分のキャパシティ+20%で変化対応のための投資を続けていくと、目の前が苦しくなったときの仕込みや引き出しになったりチャンスになったりする事もある。特にギブアンドテイクの関係構築は、上手くいっている時ほど「ギブ」がしやすいので、いつか点が線でつながることを意識してギブを重ねる先輩方の話によると、大抵、後に似倍以上になって返ってくるらしい。

以上、まだまだ経験不足ながらまとめてみた「失敗しても生き残り、再起する方法」でした。特にチャレンジ中の方、現状を直視して今後どうしようと考える方にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

最後に私事ですが、現在妊娠9ヶ月。マリッサ・メイヤー氏と近い出産予定日です。今までは複数の事業を生んで育ててきましたが、今度は子供を産むチャレンジをします。少しだけ事業のブランクが空きますが、子育てという「留学期間」から新しい視点を身につけて再起、パワーアップし、引き続き「世界に通用する事業家」を目指し生き残り続け、チャレンジし続けたいと思います!

インドネシア市場に注目する中国インターネット大手Tencent(騰訊)

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 先日、CyberAgentが開催したNet Impact Jakartaカンファレンスは日本、ベトナム、中国のインターネット企業が参加する非常に楽しいものだった。Tencent(騰訊)も参加しており、同社のモバイルグローバル部門のSean Zhang氏が同社の情報を公開するとともに、インドネシア市場に対する参入計画について簡単に説明した。 ニュースレターの購…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

先日、CyberAgentが開催したNet Impact Jakartaカンファレンスは日本、ベトナム、中国のインターネット企業が参加する非常に楽しいものだった。Tencent(騰訊)も参加しており、同社のモバイルグローバル部門のSean Zhang氏が同社の情報を公開するとともに、インドネシア市場に対する参入計画について簡単に説明した。

このことからもわかるように、Tencentの目はインドネシアに向けられている。同社は既にインドネシアに10名のチームを派遣しており、事業を拡大すべくさらなる人材を求めていることをステージ上で認めた。

彼らはインドネシアのモバイル普及率が非常に高いことを指摘した。中国インターネット大手である同社は、インドネシア市場に向けて(Macバージョンのレビューを掲載したばかりである)QQBrowserの導入を計画しているが、同時にWhatsappのようなモバイルアプリケーション「Qute」も導入する予定だ。

Tencentが、中国で人気のメッセージアプリケーション「Weixin(微信)」ではなく、Quteを起用したことは不可思議だ。質疑応答の際にその点について質問を投げかけると、実に興味深い回答が返ってきた。

Zhang氏は、「Weixin」のユーザ層をAndroidiPhoneなどのハイエンドスマートフォンを使用する人たちと説明した。一方のQuteは、インドネシアユーザーの大部分を占めるフィーチャーフォンでも使用可能で、ユーザはデータ通信の料金プラン抜きでもグループメッセージサービスを利用できる。このグループメッセージアプリは、Affleによって開発された「Pinch」というソリューションに似ているようだ。

Zhang氏からインドネシアにおける同社の詳しい戦略を聞き出す時間を確保できなかったのは残念だ。しかしまたすぐに会う約束をした。偶然にも(そして彼にとっては不幸なことだが)我々はJakartaの同じ建物に滞在しており、打ち合わせを設定するのは非常に容易なのだ。

続報に乞うご期待。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

StartupBase Profile

tencent(騰訊)

Company: tencent(騰訊)

中国最大のインターネットを使った通信ソフトの開発企業。

About StartupBase

サイバーエージェント、カメラアプリMy365運営の新会社を設立、3月までに100万ダウンロードを目指す

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 数ヶ月前に日本発のカメラアプリMy365を紹介し、当時10日間で10万以上のダウンロードがあった。その後、ダウンロード数は30万まで伸び、日本以外の国でも人気を得ている。当時伝えた通り、よくデザインされたカレンダーに写真を並べることにより、このカメラアプリは写真日記のサービスの一種として非常に抜きん出ていた。 そして今日、サイバーエージェント(東証マザーズ4…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

数ヶ月前に日本発のカメラアプリMy365を紹介し、当時10日間で10万以上のダウンロードがあった。その後、ダウンロード数は30万まで伸び、日本以外の国でも人気を得ている。当時伝えた通り、よくデザインされたカレンダーに写真を並べることにより、このカメラアプリは写真日記のサービスの一種として非常に抜きん出ていた。

そして今日、サイバーエージェント(東証マザーズ4751)は、1月20日に My365 のサービスの運営業務を行う新会社を設立すると発表し た。新会社名はシロク、100%連結子会社となる。状況がやや複雑に見えるが、サイバーエージェント内定者(4月入社予定)の飯塚勇太氏が新会社の社長となる。

シロクの目標は非常に高い。サイバーエージェントによれば、シロクは My365 のダウンロード数を3月までに100万、5月までに150万以上にすることに注力する。ビジネスモデルとしては(現在のところアプリは無料)、あまり邪魔にならない広告の表示や、特別な機能(内容は未決定)を有料にす るなどが考えられている。また、アンドロイド向けアプリの開発も予定されている。

my365についての詳しい情報はmy365.inで確認してほしい。 iOSユーザはダウンロードしてみると良いだろう。


My365 Trailer from my365 on Vimeo.

【via PennOlson】 @pennolson

初音ミクがサイバーエージェントアメリカのピコワールドに乗り込む

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 サイバーエージェントアメリカ(東京に本社がある株式会社サイバーエージェントの子会社)が運営する「ピコワールド」といえば、既にFacebook上で人気を博しつつある。今、このバーチャルワールドに日本国外のファンを さらに喜ばせるであろう、大きな目玉がやってくる。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベン…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

サイバーエージェントアメリカ(東京に本社がある株式会社サイバーエージェントの子会社)が運営する「ピコワールド」といえば、既にFacebook上で人気を博しつつある。今、このバーチャルワールドに日本国外のファンを さらに喜ばせるであろう、大きな目玉がやってくる。

サイバーエージェントアメリカは、今日(原文掲載日11月25日)、Crypton Future Mediaと提携し、同社の有名なキャラクターである初音ミクをピコワールドに登場させることを発表した。

音声合成アプリケーション「ボーカロイド」から生まれたこのアイドル的キャラクターと、その後世界中で行われたバーチャルコンサート(下の動画参照)などの文化的な産物を、ハイテクステージに投射されたものだと認識している読者の方もいるかもしれない。

言うまでもなく、日本国内にも国外にもミクのファンは大勢いる。そこで、サイバーエージェントアメリカは、ピコワールドのユーザーが初音ミクの関連アイテム(衣装、トレードマークでもある青緑色のポニーテールなど)を欲しがってくれることを期待しているのである。同社の取締役副社長は、こう説明する。

「ソーシャルゲームやバーチャルワールドが世界中でブームになっていますが、日本の文化を世界へ紹介することにかけては、ピコワールドが最前線に立っていると自負しています。今回Crypton Future Mediaと提携したことで、我々はキャラクターというスタイルを、更には初音ミクというブランドを世界中のファンに届けることが可能となります。」

日本の文化を世界に広めることがサイバーエージェント社の主なビジネスの目的であるかどうかは分からないが、これが素晴らしい副産物であることは確かである。これに関しては、どうしても日本と中国を比較してしまう。とりわけ、中国のソフトパワーについて、そして中国がどうしてまだだこのようなアイドル輸出産業に欠いているのかについて、ウィル・モスが書いた素晴らしい記事を目にしてからはどうしてもだ。

初音ミクのライブはこちら。ここで彼女を見ることができる。

【via PennOlson】 @pennolson

サイバーエージェントが海外のスマートフォンデベロッパーの日本進出を支援

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 日本のインタラクティブエンターテインメント企業サイバーエージェントは、日本のスマートフォン市場への参入を計画している海外企業へのマーケティングサービスを開始すると発表した。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします! Sign Up 同社取締役の内藤貴仁氏は「我々は国際的な…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

日本のインタラクティブエンターテインメント企業サイバーエージェントは、日本のスマートフォン市場への参入を計画している海外企業へのマーケティングサービスを開始すると発表した。

同社取締役の内藤貴仁氏は「我々は国際的なモバイル市場部門を確立することで、日本でのスマートフォンでの広告収入のさらなる増加と日本のスマートフォン市場の成長に促された海外の広告主をターゲットにすることで顧客数が増加することを期待している」と発表内容について説明している。

同社はアプリ開発者を支援し、日本におけるアップルのAppStoreとGoogleのAndroidマーケットの両方のダウンロード数を拡大させるという。AMoAdのスマートフォンアドネットワークやアプリリコメンデーションサービスのFreeAppNow、そして消費者物価指数をふまえたネットワークのCA Rewardを活用していくつもりだ。

サイバーエージェントのCEOはPenn Olsonのインタビューに対して「日本のスマートフォン広告市場はまだ勢いがあり、見通しも明るく成長の余地があると当社は判断している」と話してくれた。

日本は世界でモバイルのARPUではもっとも高くランクされている(下図のとおり)。その点に関して、消費者がモバイルサービスの課金に慣れているので、日本は魅力的な市場になりえるのである。6月の記事のとおり、iOSアプリの平均価格は他のどの地域よりも日本が高いのである。

サイバーエージェントのモバイルマーケティングの構想については、Webサイトで詳しく解説されている。

【via Penn Olson 】 @pennolson