タグ Dapper Labs

ミクシィが「NBA Top Shot」提供のDapper Labsと提携、ブロックチェーン「Flow」を活用した新規事業創出へ

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」に掲載された記事からの転載 ミクシィは11月5日、カナダ拠点のブロックチェーン企業Dapper Labsと業務提携を発表している。11月1日付で業務提携に関する基本合意を結んだもので、Dapper Labsが提供するブロックチェーン「Flow」を活用した新規事業創出を目指す。 ミクシィでは中期経営方針の一環として共遊型スポーツベ…

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」掲載された記事からの転載

ミクシィは11月5日、カナダ拠点のブロックチェーン企業Dapper Labsと業務提携を発表している。11月1日付で業務提携に関する基本合意を結んだもので、Dapper Labsが提供するブロックチェーン「Flow」を活用した新規事業創出を目指す。

ミクシィでは中期経営方針の一環として共遊型スポーツベッティングサービス「TIPSTAR」の提供を開始するなど、同社がこれまでモンスターストライクなどの事業で培ったテクノロジーを活用したエンターテイメントやスポーツ領域での事業模索を開始している。また、ブロックチェーン関連についてはビットバンクとの資本業務提携を含め、関連技術への投資を推進している。

一方のDapper LabsはNBAと共同で提供するNFT(ノンファンジブル・トークン)型のスポーツトレーディングカードサービス「NBA Top Shot」を運営していることで知られる。発表時点で累計8億ドルの売上を達成したとされ、NFTにおける成功事例として度々紹介されている。ミクシィではDapper Labsが提供するブロックチェーン「Flow」を活用し、日本におけるエンターテインメントやスポーツ領域におけるNFTサービスの提供を目指す。Flowはオープンソースで提供されており、これを使うことで消費者向けアプリケーションの効率的な構築が可能となる。

今回合意した内容はミクシィがFlowを活用した新規事業の企画・開発を実施し、Dapper Labsはこれに対する技術・運営ノウハウ、開発支援を実施し、日本国内でのサービス提供を目指すもの。また、ミクシィの既存サービスについてもNFTの活用検討を進める。ミクシィ代表取締役の木村弘毅氏はプレスリリースにおいて次のようにコメントしている。

Dapper Labsが提供している『NBA Top Shot』は真にプロダクトマーケットフィットし、『Flow』で大規模にトレーディングされている唯一無二のNFTコンテンツであると思います。そのデザイン性とコレクション性(機能性)を作り出せる同社のクリエイティビティは、私自身嫉妬するほど優れていて他社に比較し群を抜いています。そして米国ではスポーツファンにとってスポーツの記憶を鮮やかに蘇らせる触媒として、NBAの新たな収益源となりスポーツエコノミーの中で既に大きな存在感を示しています。

Flowを活用したサービス展開を行うことで、日本での新たなスポーツの楽しみ方や財源として、また様々なエンタメコンテンツのデジタルアセット化を通して日本のNFT市場を大きく賑わせたいと考えています(ミクシィ 代表取締役 木村氏)

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


NFTゲーム「NBA Top Shot」開発のDapper Labs、2.5億米ドルを調達——時価総額76億米ドルに

SHARE:

<ピックアップ> Dapper Labs Said to Reach $7.6B Valuation in $250M Funding Round 人気のファンタジーバスケットボール NFT(非代替トークン)ゲーム「NBA Top Shot」を開発する Dapper Labs が2億5,000米ドルを調達し、時価総額が76億米ドルに達したことが明らかになった。このラウンドは Coatue がリード…

Image credit: Dapper Labs

<ピックアップ> Dapper Labs Said to Reach $7.6B Valuation in $250M Funding Round

人気のファンタジーバスケットボール NFT(非代替トークン)ゲーム「NBA Top Shot」を開発する Dapper Labs が2億5,000米ドルを調達し、時価総額が76億米ドルに達したことが明らかになった。このラウンドは Coatue がリードインベスターを務め、既存投資家の Andreessen Horowitz、GV、Version One Ventures、新規投資家の BOND や GIC などが参加した。

NBA Top Shot では、ユーザが NBA の選手やプレイシーンのデジタルカードを購入し、そのカードの一部を他ユーザと売買できる。Dapper Labs は、スケーラビリティの確保と NBA Top Shot などへの活用のために、新しいブロックチェーン「Flow」を開発した。NBA Top Shot の登録ユーザは現在110万人いて、累積取引総額は7億8,000万米ドル以上の取引を行っている。

この分野では、パリを拠点とする Sorare が先週、6億8,000万米ドルを調達し、時価総額が43億米ドルに達した。Sorare は現在サッカーに注力していて、NFT プラットフォームにイーサリアムのを使用している。Dapper Labs もまたスペイン・サッカー協会の「ラ・リーガ」と提携しており、Dapper Labsと Sorare は今後この分野で激しい競争を繰り広げることになりそうだ。

via Coindesk

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


CryptoKittiesを開発するDapper Labs、ブロックチェーン上の猫を増やすために1,500万米ドルを調達

SHARE:

CryptoKitties は増え続けている。ブロックチェーンで猫を収集するコンシューマー向け Dapp を作った Dapper Labs は、新たな資金調達ラウンドで1,500万米ドルを調達した。 Venrock がこの投資をリードし、Google の GV と Samsung Next も参加した。この資金でカナダ企業の Dapper Labs は地元で、そして世界で拡大していく。 また、Un…

CryptoKitties
Image Credit: CryptoKitties

CryptoKitties は増え続けている。ブロックチェーンで猫を収集するコンシューマー向け Dapp を作った Dapper Labs は、新たな資金調達ラウンドで1,500万米ドルを調達した。

Venrock がこの投資をリードし、Google の GV と Samsung Next も参加した。この資金でカナダ企業の Dapper Labs は地元で、そして世界で拡大していく。

また、Unity や Disney の元幹部が率いるアメリカの子会社の設立、そしてカナダのオフィスでは Ubisoft や EA Sports、Amazon、ESPN、Hasbro、そして Zynga 出身の新たな人材の追加雇用も計画している。この投資はメインストリームの消費者を引き付けるために必要なインフラの構築も加速させる予定。難しい仕事だが、Dapper Labs はそれに挑んでいる。

Dapper Labs の CEO である Roham Gharegozlou 氏はこう述べた。

スマートコントラクトの真のデジタルな所有と相互運用性の発展は、消費者とクリエーター、そしてプラットフォームの提供者に、仲介業者を挟まない完全なピアツーピアのやり取りの新たな道を開きます。Dapper Labs のミッションは、ゲームやエンターテインメントを通じて世界中の数十億人の消費者に分散化の価値をお届けすることです。今回の資金調達ラウンドは、ブロックチェーンに魅力的なコンテンツをもたらすため適切なパートナーが集まるためのもの、そしてユーザビリティとインフラによってメインストリームの消費者に受け入れてもらうようにするためのものでした。

Dapper Labs はトップクラスのエンターテインメントブランドとも協力しており、ブロックチェーンに注目のブランドやコミュニティ、知的財産をもたらそうとしている。

cryptokitties-3
CryptoKitties はゲーム業界にブロックチェーンブームを巻き起こした
Image Credit: Axiom Zen

この新たな資金調達にはエンターテインメント大手の Endeavor、eSports をリードする aXiomatic、そしてAndreessen Horowitz Cultural Leadership Fund も参加している。また、以前の資金調達ラウンドからも Jeffrey Katzenberg 氏の WndrCo、Reddit の設立者兼 CEO の Steve Huffman 氏、Green Bay Ventures といった複数の投資家が参加していることを明らかにしている。

Venrock のジェネラルパートナーであり現在は Dapper Labs の取締役会に参加している David Pakman 氏は声明でこう述べた。

Dapper Labs のチームのビジョンには感銘を受けています。業界内の他のどんな企業よりも、彼らはメインストリームの消費者のことを理解していますし、そこに届けようとしているのです。ブロックチェーンはデジタルアセットの少ない産業の到来を告げるものとなり、新しいタイプの自己表現を可能にするでしょう。それを集中型からピアツーピアへの移行と組み合わせることで、数兆ドルの価値が消費者に開かれることになります。

CryptoKitties は取引所を除けば世界で最も使用されている消費者向けブロックチェーンのアプリケーションであり、プラットフォーム上では320万件のトランザクションと数千万米ドルの取引がなされている。

ゲームは2017年後半にローンチされ、仮想通貨の範囲を超えたブロックチェーンの使用例を示して見せた。

ブロックチェーンは何が可能でどういうものなのか消費者に紹介するためにイノベーティブであり遊んで分かるものとして、弊社は CryptoKitties をローンチしました。

CTO の Dieter Shirley 氏は声明でこのように述べた。同氏はまたイーサリアムで ERC-721として普及している代替不可能なトークン(NFT)規格の原作者でもある。

楽しさやゲームでコミュニティに関わることで、弊社はより幅広い観衆にリーチできました。これによって学ぶことができたのは、ブロックチェーンやメインストリームを消費者に受け入れてもらう上での障害や機会がどこにあるのかということでした。弊社が学んだことを世界中の皆さんとシェアできることを非常に楽しみにしています。

kitties-4-ZKM_Screens_v02-01
Cryptokitties はドイツの美術館へ進出しようとしている
Image Credit: CryptoKitties

Dapper Labs はブロックチェーンへの参入障壁を下げるため、そして誰もが分散化の価値にアクセスできるようにするために、同社が持つ消費者についてのインサイトを使うつもりだ。

さらに、CryptoKitties が作った NFT 規格はデジタルな所有権への新たな産業と可能性を作り上げたとしている。CryptoKitties のローンチ以来、Dapper Labs は開発者プログラムとパブリック API を設け、サービス利用規約にイノベーションを起こして NFT の所有者やサードパーティの開発者にオリジナルのアートワークの幅広い利用を認める柔軟なライセンスを制定し、ローンチパッドプログラムとシードファンドを作ることでサードパーティのチームがエコシステムの中で自立的なビジネスを構築できるよう手助けしている。

このラウンドの投資家には他にも CoinFund、Animoca Brands、Muse のメインボーカルの Matt Bellamy 氏、June Fund、HOF Capital、John Pfeffer 氏、そして GBIC がいる。既存の投資家の Andreessen Horowitz、Union Square Ventures、SV Angel、Digital Currency Group、William Mougayar 氏、Hex Capital、Rising Tide Fund も参加した。

Dapper Labs はこれまでに2,780万米ドルを調達している。2018年2月に結成した Dapper Labs は Axiom Zen のスピンアウトであり、消費者に分散化のメリットを届けようとしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録