THE BRIDGE

タグ designclue

アジアにおけるデザインクラウドソーシングの実態 [インフォグラフィック]

SHARE:

デザイン特化型のクラウドソーシングサイト「designclue (デザインクルー)」を運営するPurpleCow株式会社が、「クラウドソーシング白書2013」と題したインフォグラフィックを公開した。これはdesignclueに登録しているアジア圏のフリーランスデザイナーを対象として、働き方や実態を調査したもの。 アンケートの回答者は135名で、そのうち日本人のデザイナーは11名、その他インドネシア…

デザイン特化型のクラウドソーシングサイト「designclue (デザインクルー)」を運営するPurpleCow株式会社が、「クラウドソーシング白書2013」と題したインフォグラフィックを公開した。これはdesignclueに登録しているアジア圏のフリーランスデザイナーを対象として、働き方や実態を調査したもの。

アンケートの回答者は135名で、そのうち日本人のデザイナーは11名、その他インドネシア、フィリピン、マレーシア、アメリカ、エジプト、ポルトガル、インド、中国などの国のデザイナーが回答している。

アジアにおいてデザインクラウドソーシングは大きな盛り上がりを見せており、アジアを中心としたデザインクラウドソーシングサービス「DesignCrowd」に登録するデザイナーの数は10万人を超えている

今回のアンケートにより、日本、アメリカといった国を覗いた国では、クラウドソーシングで得られる報酬の平均が平均賃金を上回っていることがわかり、インドネシア、インドなどでは、平均賃金の10倍以上もの報酬をクラウドソーシングから得ているフリーデザイナーもいたという。多くの報酬が得られるとなれば、アジア圏の優秀なデザイナーほど、クラウドソーシングを活用して仕事を受注することが増えそうだ。

こうした動向はクラウドソーシングで仕事を発注する側、デザイン案件を受注する側にとっても要チェックだろう。インフォグラフィックは以下よりどうぞ。

クラウドソーシングの活用実態をインフォグラフィック

----------[AD]----------

日本マイクロソフトにビジネス向けウェブサービス展「BizWeb」が開催

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 Sd Japanは最近、東京で今月にまもなく開催される、多くのビジネス向けウェブサービスにスポットライトを当てたイベントの案内を受け取った。この「BizWeb」イベントは、日本マイクロソフトによって7月19日10時から20時まで開催される。 私たちの見方では、こうしたウェブサービスへの認知度を高めるためのもので、中堅…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Sd Japanは最近、東京で今月にまもなく開催される、多くのビジネス向けウェブサービスにスポットライトを当てたイベントの案内を受け取った。この「BizWeb」イベントは、日本マイクロソフトによって7月19日10時から20時まで開催される。

私たちの見方では、こうしたウェブサービスへの認知度を高めるためのもので、中堅中小企業に向けてさらにこうしたサービスを使うように応援するものだ。15社がブースを出展予定となっており、彼らのサービスと中堅中小企業にどのようなものを提供できるのかを発表する。全部で200人の訪問者が参加することが見込まれている。

海外で日本のウェブサービスがどのように使われているのかというトークをする予定の合田ジョージ氏を含む、スピーカーについても掲載されており、マイクロソフトとPreziは、彼らのサービスについて話をする予定だ。

コンシューマー向けのインターネットサービスは、メディアで多くのアテンションを獲得する傾向がある。そのため、私たちとしてはこうした、Sd Japanの読者がチェックにいけるような、BizWebイベントが開催されることは喜ばしい。

このイベントは、リブ株式会社によってオーガナイズされており、工藤博樹氏によってリードされている。もしより多くの情報を求めているなら、DoorKeeperのイベントページから情報を得ることができる。

訳者注:このイベントには、見積書・請求書発行サービスのMakeLeapsや、多言語翻訳サービスのWorldJumper、デザイン専門クラウドソーシングサービスのdesignclueなど、これまでSd Japanでも紹介してきたサービスたちが参加する予定。

biz-web-620x282

----------[AD]----------

韓国beSuccessがソウルのbeLAUNCHに向け、東京予選イベントを開催

SHARE:

【原文】 我々のパートナーであるテックサイト beSuccess は、5月にソウルでアジア最大のテック・スタートアップ・カンファレンスの一つ、beLAUNCH の第2回目を開催する。東京の Skyland Ventures、ソウルの VCNC と共同で、beSUCCESS は水曜日に東京でサテライトイベントを開催し、韓国でのメインイベントに向けて、6社のスタートアップの中から1社のファイナリストが…

【原文】

belaunch_tokyo_grouppic-640x370

我々のパートナーであるテックサイト beSuccess は、5月にソウルでアジア最大のテック・スタートアップ・カンファレンスの一つ、beLAUNCH の第2回目を開催する。東京の Skyland Ventures、ソウルの VCNC と共同で、beSUCCESS は水曜日に東京でサテライトイベントを開催し、韓国でのメインイベントに向けて、6社のスタートアップの中から1社のファイナリストが選考された。

出場するのは誰か、5月にソウル・江南(カンナム)に行くのは誰かを見てみることにしよう。ピッチを選考した審査員は次の通り(英語表記におけるアルファベット順)。

Designclue(第3位)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料

designclue

日本でロゴを発注すると、この国の労賃の高さのために安くはならない。日本人が海外にデザインを発注するのも、言語障壁の理由からハードだ。

Designclue はロゴに特化したクラウドソーシングサービスで、独立した外国人デザイナーに簡単に発注することができる。読者の皆さんは、先週このサイトについて取り上げたのを覚えているだろう。このウェブサイトは発注を用意にするため多言語インターフェースを有しており、ユーザは新興市場の登録デザイナーから安価で多くのデザイン案を受け取ることができる。

最近、このスタートアップは Incubate Fund と East Ventures から、1470万円(約15万ドル)を調達した。

Comobaco

comobaco

Comobaco は、ウェブ上と実生活上の両方で、アイテムを友人とシェアできるサビスだ。このサービスを使えば、自分が持っている本、DVD、ゲームなどを会社の同僚、ルームメイト、もしくは、その類のグループで簡単にシェアすることができる。

このサービスを使うには、あなたの場所に居る誰かが「箱」のマネージャーになる必要がある。この箱を使ってアイテムが交換され、もし使わないものを入れれば、他の人は買わなくてもそれを入手することができる。このサービスの創業者は、自分だけために何かを買うことから、周りの多くの人の利益を考えてモノを買うように、コンセプトを変化させたいと考えている。

Job Share

jobshare_logoJob Share はコミュニティ・ベースの求人サイトで、一緒に仕事が楽しめる人を探してくれる。サービスに求人情報をポストすると、その内容は自社の同僚のソーシャル・メディアを通じて拡散される。もし、その内容を見てあなたの会社で働きたいと思った人が気に入れば、その人を雇うことができる。このスタートアップは、新しい同僚を見つけるために今居る社員の協力を得ることで、居心地のよい職場環境を作る手助けをすることを目標としている。

Conyac(第1位)

1stprize_winner-640x419
左から:コニャックCEO山田尚貴氏(1位受賞者)、グローバル・ブレイン百合本安彦氏(プレゼンター)、beSuccess CEO チョン・ヒョヌク(정현욱)氏(プレゼンター)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料
  • 東京/ソウル往復航空券2名分
  • メインイベントでのピッチ機会

conyac_logo

Conyac は、クラウドソースの翻訳サービスで、安価で外国語でコミュニケーションするのに面白い方法を提供してくれる。最近の我々とのインタビューで、同社はビジネス向けのハイエンドサービスを紹介し、サンフランシスコに最初の海外進出を図ることを話してくれた。

Booklap(第2位)

受賞内容:

  • ソウル・イベントの出展ブース無料
  • 東京/ソウル往復航空券2名分

booklap本屋で読みたい本を探すのは時間がかかる。最近のある調査では、本屋での購入の39%が1時間以上を要しているそうだ。同様に、Amazon.com で本を購入するとき、我々は他のユーザの投稿したレビューに頼ろうとするが、それらは信頼に値しなかったり、読む本を決めるのに十分ではなかったりする場合がある。

Booklap は、あなたが読みたい本を見つけられるサービスだ。2つの方法があり、あなたの Facebook プロフィールなどのソーシャルグラフから得られる興味を元にするか、他ユーザが感銘を受けた本の名言の提示をもとにするか、どちらかだ。

現在、このスタートアップは写真を取るだけで名言を簡単にポストできるスマホアプリをリリースしようとしている。Amazon.com のブックレビューと差別化しているのは、レビューが実名で投稿されることだ。

彼らの売上モデルは、ユーザをAmazon.com などのオンライン・ブックストアへ誘導することから得られるアフィリエイト・フィーだを元にしている。Booklap は、Incubate Fund から昨年7月に300万円(約32,000ドル)を調達している。

UI Scope

UIscope

UI Scope は、ソフトウェアやハードウェア開発者に、製品テストをクラウドソースできるようにするサービスだ。登録テスター(このサービス上では「パネル」と呼ばれる)は同社からテストを録画するためのカメラを受け取る。開発者(「クライアント」と呼ばれる)は、全登録テスターの中から誰かを選び、製品のテストを依頼。依頼を受けたテスターは、20分間のテストを行い、テスト過程のビデオと共に報告をフィードバックする。開発者はこのテストに3千円(約32ドル)を支払い、テスターは500円を受け取る。テスト結果は、ビデオ、スクリーンショット、文書の形でオンライン報告される。

UI Scope は、テスト結果やケーススタディの巨大データベースの構築を目標に、昨年8月にローンチした。Movida Japan から500万円(約53,800ドル)を調達し、この半年で120人の開発者と2500人のテスターを集めている。

そして、韓国からは…

このミートアップには、韓国からもスタートアップが3社参加しており、日本の聴衆に興味深いサービスについてピッチした。近隣国のテック・コミュニティで何がホットかを見てみることにしよう。

BeNative


benative_logoBeNative は、ネイティヴ・スピーカーの実生活を模倣したコンテンツを提供することで、より有機的な言語学習体験を提供する。英語や他の言語である機会のビデオを見ることで、ユーザは新しい言語をより自然に話すことができるようになる。開発元 Smatoos の CEO、キム・ムンス(김문수)氏によれば、現在は言語学習サイトの英語版中国語版に加え、英語韓国語日本語でニュースサイトも運営している。詳しくは、TechNode にあるこの記事をチェックしてほしい。

Profeel.me

profeel.me_logoProfeel.me はデジタル名刺で、ソーシャルネットワークのフィードを収集することができる。カードはテキスト、メッセージ・サービス、ソーシャル・ネットワークを通じて交換できる。紙の名刺と同様に、韓国スタートアップの Venster はバーチャルIDや呼出カードとして使えるオンライン名刺を作ったわけだ。同社のチョン・ホソク(정호석)氏がプレゼンした。詳細を知りたければ、beSuccess がより詳しい情報を提供している。

profeel.me_presenting-640x480
Profeel.me のCEO チョン・ホソク(정호석)氏が日本の聴衆にピッチ。

Memebox

memebox_logoMemebox は韓国版の Birchbox で、定期購入形式で化粧品がユーザに定期的に届けられる。同スタートアップの CEO ハ・ヒョンソク(하형석)氏は、彼らが世界の185のブランドと提携しており、2012年2月のローンチ以降、顧客に52,900個のボックスを届けたと説明した。購入者は、3つの異なる選択肢、1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月の中から期間を選択することができる。現在のところ、購入契約者数は5,000人とのことだ。

現在チームには31人スタッフが居て、2013年のQ2には130万ドルの売上を見込んでいる。このスタートアップは、ソウルの SparkLab のインキュベーション・プログラムの第1期卒業生だ。


beLAUNCH 2013 のメインイベントは、韓国の首都にある展示会場 COEX で5月1日と2日に開催される。参加したい人は、こちらからサインアップするとよいだろう。

jimmy_keisuke
左から:寄せ書きを持つ、KCube Ventures のイム・ジフン(임지훈)氏と、VCNC の梶谷恵翼氏。
----------[AD]----------

アジア最大のロゴデザイン作成クラウドソーシング・サイトを目指すdesignclue

SHARE:

【原文】 designclue は、場所や国籍に関係なく、フリーランスデザイナーにロゴ作成をアウトソースできるサービスだ。東京を拠点とするスタートアップ Purple Cow が運営しており、最近、シードラウンドで Incubate Fund と East Ventures から1,470万円(約15.7万ドル)を資金調達した。同社の全メンバー3人、柴田憲佑 氏(CEO)、手島恭平氏(Chief …

【原文】

purplecow_team-640x453
手島恭平氏(CGO)、柴田憲佑氏(CEO)、工藤陽氏(ウェブ開発者)

designclue は、場所や国籍に関係なく、フリーランスデザイナーにロゴ作成をアウトソースできるサービスだ。東京を拠点とするスタートアップ Purple Cow が運営しており、最近、シードラウンドで Incubate FundEast Ventures から1,470万円(約15.7万ドル)を資金調達した。同社の全メンバー3人、柴田憲佑 氏(CEO)、手島恭平氏(Chief Global Officer)、工藤陽氏(ウェブ開発者)にインタビューする機会を得た。

サービスを立ち上げようと思ったきっかけは何でしょうか。

柴田氏:私はカナダの高校に通っていて、CGO の手島恭平氏はイギリスで勉強していました。彼も私も国外に居たので、新興国に仕事をアウトソースできるサービスをよく目にしていました。当時は「クラウドソーシング」とは読んでいませんでしたが、それが今日のクラウドソーシング概念の原型なのだと思います。

手島氏と私は DeNA でインターンとして仕事しているときに出会いました。私たちは Thomas Friedman が書いたベストセラー本「フラット化する世界」の考え方に刺激され、世界市場を変えられるかもしれない革新的なアイデアを求めて動き始めました。言語や文化の違いを考えずにプロジェクト・シェアリングできるプラットフォームのアイデアで、スカイライト・コンサルティング社起業家コンテストで優勝し300万円(約3.2万ドル)を獲得しました。このコンテストの機会に、同僚の工藤陽氏がチームに加わることになりました。

言語の壁の影響を受けにくい、クラウドソーシング可能な領域が何かを考え、我々はロゴデザイン制作に特化したプラットフォームに注力すべきだとの結論に至りました。それというのも、特定の国だけではなく、世界市場に通用するビジネスを作ることに興味があったからです。[1]

サービスのしくみを説明してもらえますか。

日本でロゴ作成を注文すると、労働コストが高いために安くはなりません。しかし、言語障壁があるために、多くの日本人にとってはデザインを海外に発注するのは大変です。私たちのサービスは、ユーザが独立した海外のデザイナーへの発注を容易にします。ウェブサイトには複数言語のインタフェースが用意されています。選択肢の指定と、画面に表示されたロゴデザインのポインティングのみで、どのようなデザインが好きか、どのような修正が必要か、デザイナーに伝えることができる非言語のインタフェースを開発しました。ユーザは新興市場の登録デザイナーから安価で多くのデザイン案を受け取ることができるわけです。

どのようにマネタイズするのですか。

デザインがユーザに届けられた時点で、発注額の約20%(この値は注文条件により異なる)を我々は手数料として受け取ります。ユーザが注文した時点で、手数料を含む金額をユーザにチャージします。後に、ユーザがデザイン案から採用するものを選択すると、designclue はフィーをデザイナーに支払います。つまり、designclue はお金の流れの上では、ある種のエスクローのような役割を担うわけです。プラットフォーム上の決済は、PayPal で処理されます。

designclue_top-640x605

どのような業種が designclue を最も利用していますか。

全注文の約50%は日本のスタートアップからで、続いて、30% が大規模なIT企業、20% が歯医者となっています。

デザイナーは世界のどのようなところから来ているのでしょうか。

登録デザイナーの約30%はインドネシア、そして、フィリピン、アメリカ、インド、セルビア、イギリスと続きます(人数の多い順)。タスクを一つ完了するだけで、3ヶ月生活ができたという、南アフリカのフリーランス・デザイナーも居ました。

インドネシア人は、生活のために積極的にスキルを磨くようです。多くの人が 99designs.com(に代表される類似サービス)を使っていて、副業としてデザインを受託するのに慣れているようです。99designs は英語サイトなので、欧米諸国と仕事するのに役立ちます。インドネシアのデザイナーにとって、designclue は、日本を含む非英語圏の仕事を得るための機会を増やすしくみになっています。

サービスに関連して、現時点で興味深い数字を教えてもらえますか。

1つの注文には、平均で123件のデザイン案が提示されています。すべての注文のうちの95%は、ユーザが成果物に満足しています。現在、Desgin Clue には60カ国から800人のデザイナーが登録しており、全デザイナーの85%は日本国外から来ています。サイト立ち上げからの6ヶ月で、100件以上の取引を取り扱ってきました。

将来の designclue に対する展望はどうでしょうか。

ユーザがタスクを小分けにしてフリーランサーにアウトソースできる、プロジェクト・シェアリング・プラットフォームの実現に向かって進んで行くと思います。


designclue は、3月初めにサンフランシスコで開催される SF Japan Nightファイナリストに選ばれた。

現在、彼らは Ruby 開発者を募集しており、英語を話せる人が望ましいとのことだ。彼らに加わり、世界市場を変えるプラットフォームの一部になることに興味があれば、ぜひ彼らにコンタクトしてほしい。


  1. この点については、3人全員がさまざまな質問に対して答えるべくピッチしてくれた。
----------[AD]----------

投資家と起業家が同じ目線でビジネスを創りあげる「インキュベイトキャンプ」

SHARE:

スタートアップバブルとも呼ばれる起業の波が起きており、Webサービスやスマートフォンアプリケーションの開発を行う人々が増えている。それと同時に、創業直後の企業に資金提供してその成長を後押しするシードアクセラレーターや、起業家の輩出をおこなうインキュベーションプログラムも増えてきている。 数あるインキュベーションプログラムのうちのひとつ、「インキュベイトキャンプ」の第4期が先月終了した。インキュベイ…

incubate camp logo

スタートアップバブルとも呼ばれる起業の波が起きており、Webサービスやスマートフォンアプリケーションの開発を行う人々が増えている。それと同時に、創業直後の企業に資金提供してその成長を後押しするシードアクセラレーターや、起業家の輩出をおこなうインキュベーションプログラムも増えてきている。

数あるインキュベーションプログラムのうちのひとつ、「インキュベイトキャンプ」の第4期が先月終了した。インキュベイトキャンプとは、ネットビジネスに特化した個人のキャピタリスト4名が、2010年に創設したベンチャーキャピタル「インキュベイトファンド」が提供しているプログラムだ。インキュベイトファンドは、「First round and Lead position」の投資哲学を持ち、数多くの起業家と経営パートナーとして事業開発を行ってきている。

インキュベイトキャンプの卒業生には、MUGENUP、コスモノーツ、Coffee Meeting、Whytelistなど、現在活躍中のサービスが多く含まれている。輩出されたサービスのうち、いくつかは他のスタートアップ支援プログラムでも採択されるなどしている。

インキュベイトキャンプは半年間のプログラムとなっており、その期間中「モーニングセッション」と呼ばれる朝勉強会や、先輩起業家からそのサバイバル術を学ぶ「フォローセッション」が提供される。プログラムの集大成として、参加者によるプレゼン予選の後、VCも加えてチームを組み、一泊二日かけてプランのブラッシュアップを行う合宿が開催される。

incubate camp

インキュベイトキャンプがユニークなのは、投資家と起業家が平等の存在であり、ともにビジネスプランを創っていくプログラムになっている点だ。これまで数多くのサービスの運営に関わってきた投資家がチームに入ることで、プロモーション/マネタイズ両面を深掘りし、起業家のビジネスプランが変化する。これは起業家にとって得難い体験だろう。

さらに、プログラム中に投資家と近い距離で関わってみることで、出資を受ける前に投資家と付き合っていくということがどういうことなのかを擬似体験できる。経験の少ない起業家にとって、投資家は事業のどういったポイントを見ているのかはわかりにくいが、投資家とともにビジネスプランを創る体験を通じて、その感覚を肌で感じ取ることができるだろう。

インキュベイトキャンプには、毎回インキュベイトファンドの4人に加えゲストキャピタリスト4名参加する。今回は、Samurai Incubate榊原氏、insprout三根氏、GLOBIS CAPITAL PARTNERS高宮氏、mixi小泉氏が参加し、起業家とチームを組んだ。インキュベイトキャンプの第4期で決勝トーナメントを勝ち抜いたのは、乾夏衣氏の「Taxbird」、柴田健祐氏の「desginclue」、秋貞雄大氏の「Cu-hacker」の3つ。

incubate camp pitch

Taxbirdは以前リリースを紹介したように、スマートフォンを使って簡単な会計管理体験を提供し、青色申告を楽にしてくれるというアプリケーション。

desginclueは、デザインのクラウドソーシングサービスで、世界中のデザイナーに対して、デザインを公募することができるというもの。柴田氏も以前Startup Datingのサロンイベントにてサービスのピッチを行なってくれた。

Cu-hackerは「クウハッカーはあなたの一日を30分増やします」をコンセプトにした、効率良くスケジュール管理できるようにしてくれるサービス。googleカレンダーを同期させて期間を指定すると、スケジュールの空き時間を自動で抽出してくれる。

筆者がインキュベイトキャンプの参加者の方々が集まる場に行き話を伺ったときは、互いに敬意を払い存在を認めつつも、負けたくないというライバル意識をもったコミュニティだと感じた。ただ起業家同士がつながるだけではなく、互いに「負けたくない」という感情を刺激し合うことのできる仲間と出会えていることもこのプログラムの魅力かもしれない。

インキュベイトキャンプの第4期は、この後12月末までフォローセッションを毎週開催。1月にDemo Day(※完全招待制)を実施する予定だ。インキュベイトキャンプの今後の動きについて、インキュベイトファンドの佐々木氏から以下のようなメッセージをいただいた。

“Incubate Camp 5th”は、2013年1月から募集を開始致します。過去4回の経験を踏まえ、プログラムを進化させ起業家の皆様の「事業作り」をサポートできるようより一層努力致します。お問い合わせやご相談は、お気軽に佐々木までご連絡下さい。

インキュベイトキャンプに関する情報はこちらで発信されている。興味のある方は是非チェックを。

----------[AD]----------