BRIDGE

タグ DesignCrowd

オーストラリア発、期待のクラウドソーシングサービス5選

SHARE:

オーストラリアのクラウドソーシングハブは一時的なものではなく、驚異的なスピードで成長している。いくつかその例を紹介しよう。 Alec Lynch氏は、ロゴ、ウェブサイト、印刷およびグラフィックデザインのサービスを提供しているオンラインマーケットプレイスDesignCrowd.com.auの設立者兼CEOだ。同マーケットプレイスは世界中のフリーランスグラフィックデザイナーやデザインスタジオへアクセス…

crowdsourcing-marketplace

オーストラリアのクラウドソーシングハブは一時的なものではなく、驚異的なスピードで成長している。いくつかその例を紹介しよう。

Alec Lynch氏は、ロゴ、ウェブサイト、印刷およびグラフィックデザインのサービスを提供しているオンラインマーケットプレイスDesignCrowd.com.auの設立者兼CEOだ。同マーケットプレイスは世界中のフリーランスグラフィックデザイナーやデザインスタジオへアクセスを提供している。

ここ数年で、オーストラリアはグローバルなクラウドソーシング拠点となった。この拠点は、オーストラリアの未来学者であるRoss Dawson氏によって2010年に定められた。それ以来、オーストラリアのクラウドソーシングは確かな実績とともに成長を続けている。

オーストラリアのグローバルクラウドソーシングハブの基盤は、世界で展開している多くのオーストラリア発クラウドソーシングサービスによって築かれた。数年前、クラウドソーシングサービス10社が「オーストラリアのクラウドソーシング界の星」として認識された。これにはEnvato, FlippaやDesignCrowd(私が運営している)があり、1~2つはいなくなった(Redbubbleなど)。

こうした企業はオーストラリアをグローバルなクラウドソーシングのハブにするのに貢献した一方、新たなオーストラリアのクラウドソーシングサービスがこの3年で多くローンチされ、トラクションを獲得しつつある。この記事では、5つの有望なオーストラリア発クラウドソーシングサービスを紹介し、これら企業のイノベーションについて少しお伝えすることにしよう。

#1 – Flightfox

crowdsourcing FlightFox

Flightfoxは2012年にTodd Sullivan氏とLauren McLeod氏により設立され、旅行業界に変化をもたらしている。Flightfoxはクラウドソーシングモデルを利用し、Flightfoxは旅行のエキスパートに最良の旅行手配書を提供させることによって、顧客の時間と費用を節約している。ムンバイからブエノスアイレスまでビジネスクラスで飛び、翌月にはBangkok経由で戻りたい、そして予算が限られているといった場合、「トラベルコンテスト」として旅行プランを同サイト上に投稿するだけで、旅行のエキスパートたちが希望に沿った最適な旅程を提出してくれる。

#2 – Airtasker

crowdsourcing Airtasker

Airtaskerは、あなたの人生をアウトソースしてくれる。クリーニングの引き取り、部屋のペインティング、IKEAの家具の組み立て、あるいは毎週の生活品の買い物といったちょっとした仕事を必要とする人と、その人に代わってそれらの仕事を引き受けてくれる人とを結びつけてくれるローカルなマーケットプレイスだ。

同マーケットプレイスは先日取引額100万米ドルに達し、プロジェクトに取り組む人を1000人まで雇えるビジネス向けサービスをローンチしたばかりだ。

#3 – Pozible

crowdsourcing Pozible

Pozibleはクラウドファンディングサービスだ(ご存じない方のために、クラウドファンディングは本質的には一種のクラウドソーシングであり、プロジェクトオーナーが財務目標を設定し、資金提供者に対しリクエストを提示してプロジェクトへの出資を募る)。クラウドファンディングは、見ず知らずの人々が小口の寄付でプロジェクトに資金提供できるようにすることで、資金調達プロセスを民主的にした。

Pozibleは、クリエイティブなプロジェクトのクラウドファンディングに焦点を当てている。同マーケットプレイスは映画制作者、アーティストやその他クリエイティブな人々から自分たちのアイデアに着手するための資金提供を求めている人まで、あらゆる人々を惹きつけている。Pozibleは3年前のローンチから4000件近くのプロジェクトを主催している。

#4 – Kaggle

crowdsourcing Kaggle

新参ではないものの、クラウドソーシングのオリジナルスターのラインナップから決して外せないのがKaggleで、データサイエンティストの世界最大のコミュニティだ。Kaggleの共同設立者兼CEO、そしてカイトサーファーチャンピオンでもあるAnthony Goldbloom氏は、2011年にKhosla VenturesからシリーズAラウンドで1100万米ドルを調達した。

ビッグデータの時代にKaggleの設立者たちは、企業や政府が毎日生み出し収集している莫大な量のデータを活用したいというニーズに対応してきた。大学内外のデータおたくの貴重な集団、統計学者、クオンツ、プログラマーその他データ分析の専門家のチームが期限までのソリューション提供を競い合い、富(賞金がある)と栄光(Kaggleのユーザランキングアップ)を勝ち取るのだ。

Kaggleは私たちがネットを速くつなげるのに役立っている一方、一種のユーモアを忘れていない。ブログのタイトルは「フリーハンチ(ただの直感)はない」である。

#5 – ImageBrief

crowdsourcing ImageBrief

ImageBriefはリクエストに基づいた写真のクラウドソーシングを提供している。ImageBriefは、Square PegのPaul Bassat氏やJustin Liberman氏などの著名な投資家から総額で220万米ドルの資金を調達しており、また最近ニューヨークに本社を移転したばかりだ。

写真家が写真をアップロードしてタグ付けすることで、巨大な写真のライブラリーが人為的に作られ、そこには写真をストックする典型的なプラットフォームの検索機能よりも格段に改善された検索機能が備わっている。リアルランゲージサーチ(キーとなる言葉で検索)と、リクエストシステム(「白人女性が山をハイキングしている」)を利用することで、顧客が探している画像の検索精度を高めることができる。

既存の画像で適当なものが見つからない場合は、ImageBriefに写真を提供しているフリーランスの写真家に予算に合うようコンペ形式で制作依頼をすることができる。出版・メディア企業はImageBriefを通じて使用されていないデジタル資産(既存の在庫)を現金化することができる。

クラウドソーシングに勢いがつくにつれ、さらに多くのオーストラリア発のプラットフォームが登場してきている。注目に値するクラウドソーシングには、カスタム動画マーケットプレイスのBrand Honee、WordPressのカスタマイズを行うTweaky、コミュニティ主導による社会変革プロジェクトのStart Some Goodなどがある。

上記オーストラリアのクラウドソーシング界の新星に加えて、オーストラリアの中小企業は本モデルを採用しており、多くのオーストラリアの大企業も現在クラウドソーシングに取り組んでいるKevin Rudd前首相さえも、彼の復帰選挙のためにTシャツ制作をクラウドソーシングした

オーストラリアのクラウドソーシングハブは一時的な成功ではなく、信じられないほどの速さで成長している。おそらく2020年までに、私たちはAirtaskerで生活全てをクラウドソーシングし、政治家もTシャツ以上のことをクラウドソーシングし、オーストラリアは確実にクラウドソーシングの世界的なリーダーになるだろう。

(画像クレジット:Shutterstock

【via e27】 @E27sg

【原文】

アジアで盛り上がるデザインクラウドソーシング、知られていない5つの事実

SHARE:

Alec Lynch氏はデザインクラウドソーシングサービスを提供しているDesignCrowdの設立者でCEOだ。DesignCrowdはオーストラリアに拠点を置き、インド、シンガポール、フィリピンでサービスを展開している。Lynch氏のフォローは@aleclynchまで。 アジアはデザインクラウドソーシングという分野では他の地域をリードしている。アジアのクラウドソーシングに関する5つの事実を紹介…

Design-crowdsourcingAlec Lynch氏はデザインクラウドソーシングサービスを提供しているDesignCrowdの設立者でCEOだ。DesignCrowdはオーストラリアに拠点を置き、インド、シンガポール、フィリピンでサービスを展開している。Lynch氏のフォローは@aleclynchまで。

アジアはデザインクラウドソーシングという分野では他の地域をリードしている。アジアのクラウドソーシングに関する5つの事実を紹介しよう。

アジアで勢いを増している業界と言えば、多くの人は中国の製造業、インドのアウトソーシング、フィリピンのコールセンターのことを思い浮かべるだろう。オンラインビジネスを思い浮かべる人はそう多くはない。実際のところ、オンラインビジネスモデルはアジアで急成長している。

近年、アジアでのオンライン業界やウェブサイトが欧米を凌ぐほどの勢いを見せ始めた。例えばオンラインゲームだ。中国のTencentはアメリカの競合Zyngaを越えつつある(TencentはZyngaよりずいぶん早い1998年に創設されたが、Zyngaの4倍もの収益を上げている)。

デザインクラウドソーシングがアジアでブームとなっている。とりわけ、ロゴ、グラフィック、ウェブデザインなどの分野に特化したデザインクラウドソーシングが成長している。私はDesignCrowd.com (オーストラリアを拠点とし、最近アジアでの事業を開始したグローバルデザインクラウドソーシングサイト)を運営している。だからクラウドソーシングという2つの面を持つマーケットの両方(企業側とデザイナー側)で何が起きているか理解できるのだ。

私たちは中国やインド、フィリピン、インドネシア、シンガポール、パキスタンにおける、またそれらの国々から発信されるクラウドソーシング事業の急激な高まりを感じている。アジアがデザインクラウドソーシングにおいて世界をリードしているのはもっともなことだ。この新しい業界の勢いを目の当たりにしていても、アジアのクラウドソーシングについてまだ知られていないであろう5つの事実を以下に紹介しよう。

designcrowd

1) デザインクラウドソーシングはアジアで始まった

クラウドソーシングという言葉が作られたのは2006年だが、クラウドソーシングという活動は何百年とは言わなくても数十年も前からあった。クラウドソーシングについての歴史はさまざまに言われており、その起原についてもさまざまな説がある。

私が見つけたもっとも古いデザインクラウドソーシングの例は、日本で行われたものだ。1936年にトヨタが同社のロゴをクラウドソーシングし、2万7000点もの応募作品が寄せられた。応募数に関して言えば、このコンテストは今なお世界記録となっている。

トヨタはその後もクラウドソーシングを強く支持しており、Dream Car Design Contestを毎年主催している。2013年には7回目のコンテストが開かれる予定だ。

2) インドはクラウドソーシングが大好きだ

上位クラウドソーシングサイトの利用状況を分析すると、目立って大きな収入を得ているのがインドのユーザであることが多いのがわかる。例えば、Elance.comでもっとも多額の金額を得た上位25人のうち、半数以上がインドのユーザである(そしてそのうちの多くがウェブデサインを専門にしている)。

私たちのウェブサイトには10万人以上のデザイナーが登録されている。デザイナー数ではアメリカが一番多いが、上位50人ではインドが世界一だ(アメリカを含む)。実際、インドはクラウドソーシングが大好きなようで、2010年にはインド政府がルピーの記号をクラウドソーシングしたくらいだ

3) 中国のデザインクラウドソーシング産業は盛況を見せている

中国には世界でも最大級のオンラインアウトソーシングやクラウドソーシングサイトがいくつかある。例えばZhubajie.comは800万人以上のメンバーを誇る。もしこれが正確な数なら、Zhubajieの「従業員」はマクドナルド(190万人)と Walmart(210万)を足したものよりも多いことになる。

興味深いことに、Zhubajieではデザイン関連のプロジェクト(ロゴデザインとウェブデザインの2つのカテゴリーが上位2位を占めている)の比率が大半とは言わないまでもかなり高いように見えることだ。

4) アジアは世界をリードしている

デザインクラウドソーシングの人気が高いのはインドや中国だけではない。インドネシア、マレーシア、フィリピン、そしてパキスタンでさえ極めて人気が高い。つまり人気の高さはこの地域全体によく当てはまるということだ。

DesignCrowd(や他のクラウドソーシングサイト)のようなサイトヘのトラフィックを分析すれば、興味深いトレンドがあることがわかる。アジアのデザインクラウドソーシングウェブサイトは、欧米のものよりもトラフィックという点では人気があるようだ。

例えば私たちのビジネスに関して言えば、DesignCrowdは現在、トラフィックという点では世界の(またアメリカの)上位サイト1万位以内に迫っている。しかしアジアの場合、マレーシア、インドネシア、フィリピンでは上位7500サイトに、インドでは上位5000サイトに、パキスタンでは上位1000サイトにそれぞれすでにランクインしている。

このトレンドはDesignCrowdに限らず、他のクラウドソーシングサイトにも同様に見られるもので、アジアにおけるクラウドソーシングサービス(特に仕事を探しているインターネットユーザ、この場合はデザイナーの間で)の相対的人気をさらに高めるものだ。

注目すべきなのは、これらの国々は単に大勢のデザイナーがいるというだけでなく、彼らが質の高いデザイナーであるということだ。DesignCrowdには世界中から有能なデザイナーたちが集まってきている。

アジアでは、DesignCrowdの特に才能ある上位40人のデザイナーのうち、60%がインド、フィリピン、インドネシア、パキスタン、またはマレーシア出身である(また、これまでDesignCrowdで2番目に大きな成功を収めているデザイナーはフィリピンを拠点に活動している)。

5) オーストラリアがデザインクラウドソーシングのハブ拠点に

オーストラリア(アジア太平洋地域の一部)はデザインクラウドソーシングにおいて、世界的なハブ拠点かつリーダーとなっている。

実際、オーストラリアでは今デザインクラウドソーシングはホットな話題だ。世界では少なくとも20のデザインクラウドソーシングサイトが存在するが、オーストラリアはその中でもリーダーとなっており、2大デザインクラウドソーシングサイト(DesignCrowdも含め)の登場により、大健闘を見せている。

オーストラリアはまた、スタートアップImagebrief(写真クラウドソーシング専門サイト運営会社)やEnvatoのような有名デザインマーケットプレイスの本拠地ともなっている。EnvatoのWordPressデザインテーママーケットプレイスであるthemeforest(6つのマーケットプレイスのうちのひとつ)は、istockphotoの2倍のトラフィックを誇り、現在インドで上位100サイトにランクインしている。

確かに言えることは、デザインクラウドソーシングにおけるオーストラリアの成功の理由のひとつは、アジアと距離が近いこと(そして相性の良さ)だ。アジアのユーザがこれらマーケットプレイスでの成長を後押ししてくれている。

以上をまとめると、デザインクラウドソーシングはアジアで成長しており、アジアはデザインクラウドソーシングにおけるリーダーであると言っても間違いないだろう。このことは、昨年暮れに私たちがシンガポール、フィリピン、インドでDesignCrowdの運営を開始し、アジア地域での投資を継続する理由のひとつである。

またそれゆえに、私たちは今、Crowdsourcing Week(シンガポールで今年7月開催予定)のようなアジアに焦点を置いたクラウドソーシングイベントにも注目している。アジアでのオンラインビジネスはブームとなっており、クラウドソーシングのビジネスモデルが成長を続け、アジアを技術革新と成長の世界的リーダーの地位へと押し進めているのだ。

【via e27】 @E27sg

【原文】

クラウドソースのデザインマーケットプレイスDesignCrowdは、昨年規模を倍増させ登録デザイナー数は10万8,000人に

SHARE:

【原文】 昨年、DesignCrowdは同社のビジネスを倍増させ、登録デザイナーは今や10万8,000人にも上る。すべてのデザイナーがクライアントから報酬を得るわけではないのに、デザインのクラウドソーシングはなぜそんなに儲かるのか? クラウドソーシングは、その取り組みがコラボ的なものである場合に特にメリットがある。DesignCrowdがローンチしてクラウドソーシングはデザイナーが競い合うサービス…

【原文】

Design-Crowd-e1362124784699

昨年、DesignCrowdは同社のビジネスを倍増させ、登録デザイナーは今や10万8,000人にも上る。すべてのデザイナーがクライアントから報酬を得るわけではないのに、デザインのクラウドソーシングはなぜそんなに儲かるのか?

クラウドソーシングは、その取り組みがコラボ的なものである場合に特にメリットがある。DesignCrowdがローンチしてクラウドソーシングはデザイナーが競い合うサービスとなり、エンドユーザは非常に有能なデザイナーが制作したデザインの中から1番良いと思う作品を選択するようになった。最近、DesignCrowdがこれまでに10万8,000人のデザイナーを引き寄せ、昨年にビジネスを倍増させていることがわかった。

DesignCrowdが、オーストラリアのベンチャー企業Starfish Venturesから300万米ドルの資金を獲得し、この実績を記録するまでには1年少々の月日が経った。オーストラリア発の同スタートアップは、2012年10月に東南アジア地域でもサービスをローンチした。

同サービスのコンセプトはかなりシンプルだ。デザインの委託はコンテスト形式で行われ、クライアントは選んだデザインのみに料金を支払うというもの。この方式はある程度のデザインを準備して提出したにもかかわらず、その作品が採用されなかったデザイナーにとっては少し不公平かもしれない。だが、DesignCrowdの設立者でCEOのAlec Lynch氏は、採用されなかった作品のデザイナーの努力に対し、同社がこれまでに100万米ドルもの参加報酬をデザイナーに支払っていると語る。

デザイン業界におけるクラウドソーシングの動向

Lynch氏は、アジア地域、つまりインド、シンガポール、フィリピンで、デザインのクラウドソーシングが有望なビジネスであることを特に考慮して、デザイン業界のオブザーバーが興味を持ちそうな動向をいくつか紹介してくれた。

  • ・クラウドソーシングを最も実施している国は、アメリカ、オーストラリア、イギリスで、2013年にはアメリカ、ブラジル、シンガポール、ドイツで大きな成長が見られるだろう。
  • ・もっとも依頼の多いデザインタイプのトップ3は、ロゴのデザイン、ウェブデザイン、そしてグラフィックデザインである。最速で成長しているカテゴリーは、アプリのデザイン(iOSとAndroidブームの影響)、Facebookページのデザイン(今では10億人のユーザがFacebookを利用していて、ブランドと消費者を結びつける最善のツールとなっている)、そして、本の表紙のデザイン(電子書籍出版の増加による)だ。
  • ・クラウドソーシングにおけるデザイナーの需要は過去12ヶ月で倍増した。DesignCrowdに登録しているデザイナーの数は今や10万人である。
  • ・クラウドソーシングにおける小企業からの需要は2012年末以降に倍増し、2013年初めにはブームとなっている。DesignCrowdでは、2013年に投稿されたプロジェクトの数が50%以上も伸びている。
  • ・デザイナーを1番多く持つ国は、アメリカ、インド、イギリス、オーストラリアで、新興国のなかではインドネシア、フィリピン、パキスタンが最も多い。

Lynch氏は数字の強さを強調している。

「今では小企業はオンライン上で10万人のデザイナーにアクセスすることができます。これは、クラウドソーシングが従来のデザイン業界を揺るがしている理由の1つです。DesignCrowdに登録しているデザイナーの数は、イギリス全土にいるクラウドソーシングのデザイナーの2倍にあたります。」

アプリのデザインはデザイナーが特定のプラットフォームだけに制限されておらず、加工や暗号化のされていないデザインだけに集中すればいいという点で、柔軟性がある。

「例えばグラフィカルユーザインターフェイスのための新しいアプリのデザインを探しているクライアント、もしくは、現在のアプリの見た目をアップデートしたいクライアントは、デザインの概略欄に彼らの要望を具体的に書き、プラットフォームの種類(iOS、Android、MW Windows 8、Blackberryなど)を記載します。その後、DesignCrowdのデザイナーは、コード化されていないデザイン案をDesignCrowdのデザインコンテストに提出します。」

DesignCrowdで高収入を稼ぐデザイナーたち

Lynch氏は、クラウドソーシングによるデザイン制作には小企業以上の様々な企業から需要があると言う。具体的には、同サービスはこれまでに、Virgin、Showtime、Amnesty、ハーバード大学などの数多くのブランドによって利用されている。さらには、オーストラリア元首相Keven Rudd氏もDesignCrowdを利用してTシャツを作っている。

私たちはLynch氏に連絡をとって、DesignCrowdに登録するとどのくらい稼げるのか、特に参加報酬についても聞いてみた。それを説明するために、同氏はコンテストを通じて20万米ドルを稼いだデザイナー「PBさん」を例に挙げた。

「正社員として頭の回転が遅い上司の下で働いていた時の1か月の収入は1,750ポンドでしたが、それが今では月平均で6,000ポンドにも増えています。」

2番目に高収入を稼いでいるのは、フィリピンのArt Samuraiさんだろう。

「DesignCrowdは、参加報酬を導入することで、コンペへの参加を価値のあるものにしました。その参加報酬は私の全収益の18%を占めています。これは大きいです。」

採用されなかった?でも、心配はいらない

DesignCrowdは、サービスにさらなる付加価値をつけるため、BrandCrowdをローンチした。これは、コンペで採用されなかったデザインのためのプレミアムロゴマーケットプレイスだ。興味のあるクライアントは採用されなかったロゴやデザインを閲覧でき、デザイナーはそれらを販売して収入を得ることができる。

クライアントの意向に合わないデザインにもチャンスがある。

「BrandCrowdは、既製のブランドテンプレート、もしくは未使用のデザインを販売するためのマーケットプレイスです。このサービスはフリーのデザイナーに受動的所得をもたらします。デザイナーは無料で利用ができます。小企業がロゴを見つけやすく、デザイナーがそれらを販売しやすいように、デザインは業界ごとに分類されています。」

デザイナーは、このマーケットプレイスで販売した価格の70%を受け取る。ユーザはそれぞれのデザインに「spring」ボタン(ソーシャルネットワークの「いいね!」と同じような機能)を押して励まし合うこともできる。

DesignCrowdのホームページは、www.designcrowd.com

【via e27】 @E27sg