BRIDGE

タグ デジタルガレージ

「セカイラボ」を展開するモンスター・ラボが、パソナテックとDGインキュベーションから4億円を調達し業務提携

SHARE:

アジア各国を中心にアプリ開発のクラウドソーシングを展開するセカイラボの親会社であるモンスター・ラボは2日、エンジニア人材大手のパソナテックと DG インキュベーションから合計4億円を調達したと発表した。両者の具体的な出資額、出資比率などについては開示されていない。今回の調達にあわせて、具体的な提携内容についても発表された。 パソナテックとの提携では、親会社パソナグループ傘下1,000名、パソナテッ…

sekailab-bangladesh
セカイラボのバングラデシュ拠点のチーム

アジア各国を中心にアプリ開発のクラウドソーシングを展開するセカイラボの親会社であるモンスター・ラボは2日、エンジニア人材大手のパソナテックDG インキュベーションから合計4億円を調達したと発表した。両者の具体的な出資額、出資比率などについては開示されていない。今回の調達にあわせて、具体的な提携内容についても発表された。

パソナテックとの提携では、親会社パソナグループ傘下1,000名、パソナテック70名の営業部隊と連携、パソナやパソナテックのクライアントが不足するITエンジニアの需要を、セカイラボが世界15カ国に展開する現地エンジニア総数10,000名にアウトソースすることが可能になる。パソナテックによれば、エンジニアの需要と供給のバランスを表す求人倍率は約8倍に達しており、日本国内のエンジニアだけでは需要をまかなうのは難しい状態となっている。特に、スマートフォン関連のアプリ開発の人材需要の急増が顕著であることから、受託開発や地方人材など、さまざまなソリューションメニューの多角化を図る過程で、今回の提携に至ったとしている。

<関連記事>

セカイラボは9月にアメリカ現地法人を設立し、サンフランシスコとロサンゼルスを拠点に営業活動を開始している。DGインキュベーションからの出資を受けて、親会社であるデジタルガレージとの連携により、セカイラボはデジタルガレージのサンフランシスコ拠点 DG717 にオフィスを間借りし、シリコンバレーのフィンテックやデジタル・マーケティング分野のアプリ開発需要の掘り起こしを強化する。デジタルガレージは社内に開発チームを持っていないため、デジタルガレージ社内や投資先企業の開発需要の受託にも狙いがある。

セカイラボのアウトソーシングを使うことで、日本やアメリカのクライアント企業は、従来の半分から3分の1程度のコストでアプリの開発が可能になる。セカイラボでは、プロジェクト単位でアジアの開発拠点にエンジニアチームを構成、日本にディレクターを置いたり、現地にブリッジSEを置いたりすることで、クライアントのニーズにあった円滑なアプリ開発を実現する。

オフショアのアウトソーシングをする上では、現地エンジニアの質の向上とローヤルティの確保が重要だが、この点について、セカイラボおよびモンスター・ラボの代表を務める鮄川宏樹(いながわ・ひろき)氏は、レベルの高い仕事をアサインし、社内に風通しのいい文化を作ることで、エンジニアの満足度を高める努力をしていると強調する。

(海外拠点で業務に従事している)エンジニアたちは、セカイラボが成長している会社だというイメージを抱いてくれている。ベトナムのダナンのラボ拠点でも200名とかいう規模なので、現地は指折りの規模の大きなシステム会社とみられている。

年功序列の色合いが残る日本よりも、海外はパフォーマンス重視なので、納期管理や勤怠管理もしっかりしている。オフショアは時代の流れだが、セカイラボが大企業と現地エンジニアの間に入ることで、大企業がとれないリスクをスタートアップであるセカイラボが先行して取ることで需要に応えていきたい。

モンスター・ラボは2006年の創業。インディーズ音楽配信サービス「monstar.fm」、インターネットBGM放送サービス「monstar.ch」をリリースし、2014年2月にシンガポールに100%子会社のセカイラボを設立。今回のラウンドに先立ち、2014年8月に、East Ventures、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタルから1.2億円を資金調達している。

デジタルガレージがリアルタイム・ウェブサイト解析サービスのChartbeatに出資、日本市場への参入を支援

SHARE:

デジタルガレージ(東証:4819)は7日、同社の投資部門にあたる DG インキュベーションを通じて、ニューヨークを拠点とするリアルタイム・ウェブサイト解析サービスの Chartbeat に出資したと発表した。このラウンドでは、Harmony Partners がリードインベスターを務め、DFJ、Index Ventures ら既存投資家を含め1,550万ドルを調達した。Chartbeat のこれま…

chartbeat_featuredimage

デジタルガレージ(東証:4819)は7日、同社の投資部門にあたる DG インキュベーションを通じて、ニューヨークを拠点とするリアルタイム・ウェブサイト解析サービスの Chartbeat に出資したと発表した。このラウンドでは、Harmony Partners がリードインベスターを務め、DFJ、Index Ventures ら既存投資家を含め1,550万ドルを調達した。Chartbeat のこれまでの累積調達金額は 3,100万ドルに上る。

Chartbeat は、ニューヨークのスタートアップ・スタジオ兼ベンチャーキャピタル Betaworks Studio が輩出したスタートアップで、デジタルガレージは2014年2月に Betaworks Studio への出資と業務提携を発表している。この際の提携内容に基づき、Chartbeat についても出資と業務提携を行い、日本へのマーケットエントリを支援する。

Chartbeat を使えば、ウェブサイト・オーナーはサイトにアクセスしているユーザの閲覧状態を秒単位で解析し、その結果をもとに新しい記事を追加したり、記事の内容を差し替えたりすることができる。特に今回の資金調達を受けて、Chartbeat は新しいツールを発表しており、このツールを使えば、ウェブサイトに表示されたページや広告をユーザが一定時間閲覧したかどうか(正確には、閲覧できる機会が提供されたかどうか)がわかる。ウェブサイト・オーナーは、画面のリロードやページネーションが無くても、ユーザに一定時間表示された広告を新しい広告に差し替えることで、インプレッションを稼げることになる。つまり、広告の観点からは、サイトのページビューだけでなく、滞留時間やエンゲージド・タイム(Chartbeat の定義では、15秒以上そのページが閲覧されたかどうか)を重視する概念を、リアルタイムにレスポンスを得られる形で実装できるようになる。

加えて、Chartbeat では、ヘッドラインのA/Bテストによる最適化ツールも提供する(上図)。このツールを使うことで、ウェブサイト・オーナーはどのようなヘッドラインがトラフィックを稼ぐかがわかり、以前に THE BRIDGE でも紹介したコピーライティング自動化の Persado のようなしくみと併せて使えば、コピーライターがいなくても魅力的なヘッドラインが付与できるようになるだろう。

デジタルガレージは今年2月の発表の中で、、海外のポートフォリオの日本向けローカリゼーションやマーケットエントリを支援する社内タスクフォースとして「App Works」を立ち上げたことを明らかにしており、今回の Chartbeat に対するマーケットエントリ支援は、このタスクフォースが中心となって実施される。

dg-appworks-diagram

プラットフォーム横断の広告管理ツールAdstageがデジタルガレージなどから625万ドル調達

SHARE:

<ピックアップ> AdStage Raises $6.25M To Bring Its Cross-Network Ad Platform To The Masses Google Adwords、Bing、Facebook、LinkedInといったプラットフォームを横断して広告の管理ができるAdstageがシリーズAでデジタルガレージなどから625万ドルを調達しました。 Adstag…

All-in-one_advertising_on_Google__Bing__Facebook___LinkedIn___AdStage

<ピックアップ> AdStage Raises $6.25M To Bring Its Cross-Network Ad Platform To The Masses

Google Adwords、Bing、Facebook、LinkedInといったプラットフォームを横断して広告の管理ができるAdstageがシリーズAでデジタルガレージなどから625万ドルを調達しました。

Adstageの特徴はプラットフォーム横断で検索、ディスプレイ、ソーシャル、モバイル広告に対応しているだけでなく、新たに追加された”IFTTT”のようなキャンペーン自動管理機能で、出稿中の広告のクリック数やコンバージョン数に応じた予算配分の設定を簡単に行うことが可能です。現在は99ドル/月で利用可能ですが、大企業向けの料金プランを追加する予定とのことです。

via TechCrunch

テキスト分析サービスを開発するLuminosoがデジタルガレージなどから650万ドル調達

SHARE:

<ピックアップ> Luminoso Lands $6.5M In Series A To Keep Building Cloud Text Analytics Service 大量のデータと機械学習でテキストの意味を分析するLuminosoがデジタルガレージなどから650万ドルを調達しました。LuminosoはMITメディアラボからのスピンオフで生まれたスタートアップ。企業向けに大量の…

Dahboard1

<ピックアップ> Luminoso Lands $6.5M In Series A To Keep Building Cloud Text Analytics Service

大量のデータと機械学習でテキストの意味を分析するLuminosoがデジタルガレージなどから650万ドルを調達しました。LuminosoはMITメディアラボからのスピンオフで生まれたスタートアップ。企業向けに大量のテキストから感情を分析したり、オートタギングのサービスを提供しています。

今回のワールドカップは珍しくアメリカでも大きな注目を集めたようですが、Luminosoとソニーの共同でソーシャルメディアの投稿から感情を分析する取り組みも行ったのだとか。最近ではアメリカ-ドイツ戦でのサポーターの感情をビジュアライズしたデータ(リンク先はPDF)を公開しています。

via TechCrunch【G翻訳】

ネットプライスドットコムとDG子会社のecontext Asiaが、インドの決済処理会社Citrusに共同出資

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 ネットプライスドットコム(TSE:3328)は今日、同社のシンガポールにある投資部門 Beenos Asia が、インド・ムンバイを拠点とする決済処理会社 Citrus に出資したと発表した。これは、デジタルガレージ(TSE:4819)の決済ソリューション会社で、香港拠点の econtext Asia(1390:HK…

citrus_featuredimage

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

ネットプライスドットコム(TSE:3328)は今日、同社のシンガポールにある投資部門 Beenos Asia が、インド・ムンバイを拠点とする決済処理会社 Citrus に出資したと発表した。これは、デジタルガレージ(TSE:4819)の決済ソリューション会社で、香港拠点の econtext Asia(1390:HK)との共同出資である。出資内容に関する詳細は明らかにされていない。

インドは今日、インターネット・ビジネスで急激な成長を見せており、2013年初めの統計では、年間25%のペースでブロードバンド・インターネット人口が増加している。[1] 一方、インドのEコマース市場は毎年30%を超えるペースで成長しており、[2] クレジットカード、銀行決済、デビット支払、着払、分割払など、さまざまな決済手段をEコマースプラットフォームや公共サービスプロバイダに提供している Citrus に急速な成長をもたらしている。

この提携を通じて、ネットプライスドットコムは、インドのEコマース業界や決済ニーズの最新状況を把握したいとしている。読者は、ネットプライスドットコムが7月にトルコの決済処理会社 Iyzi Payments に出資したのを覚えているだろう。また、昨年には、ジャカルタ拠点の決済処理会社 PT MidTrans に、デジタルガレージと共同出資している

Citrus は2011年、インドのソフトウェア、UX、金融プロフェッショナルのグループによって設立された。今年3月に Sequoia Capital から200万ドルを調達したのに続き、今月初めには同VCからシリーズBラウンドで550万ドルを調達している


  1. Budde.com.au を参照。 
  2. インド・インターネットモバイル協会(IAMAI)調べ。 

UI/UXデザイン・スタートアップのグッドパッチが、デジタルガレージから1億円を資金調達

SHARE:

東京を拠点に UI/UX デザインに特化したサービスを提供するグッドパッチは、デジタルガレージ(東証:4819)の投資子会社 DG Incubation から1億円を資金調達したと発表した。 グッドパッチは2011年8月に設立され、ニュースキュレーション・アプリ Gunosy の UI/UX デザインを担当したことで、東京のスタートアップ・シーンではよく知られている。社名は、サンフランシスコのイン…

goodpatch-sign

東京を拠点に UI/UX デザインに特化したサービスを提供するグッドパッチは、デジタルガレージ(東証:4819)の投資子会社 DG Incubation から1億円を資金調達したと発表した。

グッドパッチは2011年8月に設立され、ニュースキュレーション・アプリ Gunosy の UI/UX デザインを担当したことで、東京のスタートアップ・シーンではよく知られている。社名は、サンフランシスコのインキュベーション・スペース Dogpatch Labs に由来する。ベンチャーキャピタルをはじめとする投資家は、スケーラビリティが認められるビジネスに投資するのが一般的で、自らサービスを持たず、スタートアップからの受託業務を生業とするグッドパッチが資金調達に動いたのは、やや不可解にも思える。

同社の創業者で代表取締役を務める土屋尚史氏に、今回の資金調達の背景を聞くことができた。

hirofumi-tsuchiya-at-goodpatch-office
グッドパッチ代表取締役 土屋尚史氏

まず、資金調達した理由を教えてください。プロダクトを持たず、受託サービスを提供する企業が資金調達するのは困難ではなかったですか。

設立当初は受注を増やすのに苦労しましたが、昨年6月に江口さんに書いてもらった記事によって、Gunosy のデザインをグッドパッチが担当していると広く知れ渡り、それ以来、受けきれないくらいの仕事が舞い込むようになりました。利益が出るようにはなったのですが、結局、多くが税金で持っていかれ、次のビジネスを興すためにお金を貯めるには、想像以上の時間がかかるものです。

私も当初、受託会社が投資を受けられるなんて思っていませんでしたが、そんな中、アドバイザーになってもらっている Sudax(須田仁之氏)から「投資を受けられるよ」という話を聞き、デジタルガレージの名前が上がりました。

デジタルガレージは、林郁さんや伊藤穣一さんが一から作った会社で、ウェブの制作会社から始まって、今や世界的なインターネット企業になりました。グローバルを目指したいグッドパッチにとっては、目指すべき一つのロールモデルです。ぜひデジタルガレージから投資を受けたいと思いました。デジタルガレージは事業会社なので、IPO や M&A 以外にも多くのイグジット手段を持っています。

では、デジタルガレージからの出資を通じて、どのようなことを期待をしていますか。

実質的にここまで一人で会社を切り盛りしてきたので、このままだとすぐに限界がやって来るのもわかっています。そういう点では、外部からいろいろな知見を得たいと思っているのです。

また、デジタルガレージは昨年11月、企業や政府向けに UX を専門に手がける Neo(当時 New Context)を買収しています。同社は世界中にサービス拠点を展開していますが、デジタルガレージとの関係を通じて、グッドパッチは彼らとも協業しやすくなり、サンフランシスコの先進的な UX のノウハウを吸収して日本市場に提供できると考えています。例えば、数ヶ月単位で社員をサンフランシスコに派遣し、彼らに UX/UI の最先端に触れられる機会を作れば、当社にはより多くの素晴らしい社員が集まってくれるでしょう。

我々は現在、クライアントからウェブサービスやアプリ制作を受託するのではなく、クライアントと一緒になって、彼らのプロダクトを作る形を取っています。市場に受け入れられる可能性が無いコンセプトについては、クライアントの要望を断ることもあります。そういうことができる人材を多く集め、ひいては、日本の UI/UX のレベルを底上げしたいと考えています。


グッドパッチは、年内にも UI/UX 改善に特化した新しいサービスのクローズドベータ版をローンチ予定だと教えてくれた。今回の資金調達は、主にこのサービスの開発や展開強化に使われるものと考えられる。

土屋氏はグッドパッチを始める前、サンフランシスコのデジタルエージェンシー btrax でインターンをしていた。そのときのボスである、btrax CEO の Brandon Hill から今回のデジタルガレージからの資金調達について、メッセージをもらったので、ここに掲げておきたい。

かつてのインターンの一人が成功するのを見ることは非常にうれしい。土屋氏は輝かしい経歴を持っていたわけではないが、今回の資金調達を受けて、起業家に必要な要素は、パッション、勇気、行動、決断だということを示してくれたようで、少し妙な気分だ。2012年の大変な状況から持ち直したことに、彼を賞賛したい。1年以上前、彼は共同創業者、スタッフ、顧客を失うことがあった。私は彼にどうするのか聞いたことがあるが、彼が返す答はただ「あきらめない」という一言だけだった。現在では社員数が30名を超え、彼はまさに真のビジネスを作りだそうとしている。

ペンは剣より強しとは言えど、一ブログが実業に大きな影響を及ぼす可能性については、筆者は懐疑的だった。ただ今回、自分達の書き物が、瀕死の状態で喘いでいたスタートアップの生命を救ったと当事者から聞くことができ、手前味噌ではあるが、この喜びは何事にも代え難い。

グッドパッチがローンチを準備している新サービスについては、情報が入り次第、詳細をお伝えする予定だ。

goodpatch-office-view
創業から2年が立ち、社員数は30人を超えた。
goodpatch-stickers
所狭しとボードに貼られた、UI/UX 改善のアイデア。