BRIDGE

タグ DingTalk(釘釘)

中国版Slackの「DingTalk(釘釘)」、日本などアジア各国のアプリストアでグローバル版を公開

SHARE:

中国のテック大手 Alibaba(阿里巴巴)は8日、人気の生産性向上アプリ「DingTalk(釘釘)」のグローバル版「DingTalk Lite」をアジアの主要市場の複数のアプリストアに展開した。 重要視すべき理由:中国では新型コロナウイルス流行時に数百万人が自宅待機を余儀なくされたことから、このところ、業務コラボレーションツールにブームが起きている。エンタープライズ向け向けサービスへのシフトを進…

「DingTalk(釘釘)」

中国のテック大手 Alibaba(阿里巴巴)は8日、人気の生産性向上アプリ「DingTalk(釘釘)」のグローバル版「DingTalk Lite」をアジアの主要市場の複数のアプリストアに展開した

重要視すべき理由:中国では新型コロナウイルス流行時に数百万人が自宅待機を余儀なくされたことから、このところ、業務コラボレーションツールにブームが起きている。エンタープライズ向け向けサービスへのシフトを進める中国のテック大手は、新型コロナウイルスが世界中に広がっているため、グローバル市場に照準を合わせようとしている。

  • 今回の DingTalk のグローバル版ローンチよりわずか2週間前、競合の Tencent(騰訊)はビデオ会議アプリ「Voov/Tencent Meeting(騰訊会議)」のグローバル版をローンチした。Bytedance(字節跳動)はまた、エンタープライズ向けメッセージングツール「Feishu(飛書)」のグローバル版「Lark」を運営している。
  • 報道によれば、Pinduoduo(拼多多)のような新興テック企業が、この分野で追いつきつつある。
  • DingTalk、WeChat Work(企業微信)、Feishu などの中国のビジネス生産性向上プラットフォームは、新型コロナウイルスの流行で何億人もがテレワークしたことでトラフィックの急増を記録した。
  • 新型コロナウイルスがもたらしたトラフィック上昇にもかかわらず、世界的競合の Zoom は中国で昨年9月に一時的にブロックされ、その後も勢いを取り戻すことができなかった。

コロナウイルスの発生により、リモートワークやオンライン教育の需要が高まる中、我々は最先端の技術を活用して、企業や学校が運営継続するのを可能な限り支援したいと考えている。(DingTalk CTO Hugo Zhu=朱鴻氏 の e メールから)

詳細情報:「DingTalk Lite」は、日本、マレーシア、シンガポール、香港、マカオのユーザ向けに開発された。インターフェイスは日本語、英語、中国語(繁体字)で利用できる。

  • DingTalk Liteには、メッセージング、ファイル共有、ビデオ会議などの必要な機能が搭載されている。
  • 特筆すべきことに、DingTalk Lite には、中国拠点のユーザが嫌うアドミン機能がほとんど無い。
  • DingTalk Lite は、同時に参加者300人以上のビデオ会議、視聴者1,000人以上へのライブ配信機能をサポートしている。
  • DingTalk Lite では、中国語、日本語、英語など、14の言語でメッセージ内容を AI 翻訳できる。
  • iOS、Android、Mac、Windows など複数のOSに対応している。
  • Zhu 氏は、さまざまなレベルのロックダウンや自粛を実施する都市が増えていることから、ビジネス向けのビデオ会議やオンライン授業のライブ配信は、アジアで最も強い需要があると付け加えた。

背景:DingTalk は、中国全土に企業ユーザが1,000万人以上、学生ユーザが1億2,000万人以上いる。

  • DingTalk は最近のユーザ増加にもかかわらず、ユーザ体験に議論の余地があるとして、ユーザ、なかでも学生からの反発に直面している。
  • DingTalk、WeChat Work、Lark など中国の生産性向上アプリは、新型コロナウイルス流行時に遠隔学習を促進することができるプラットフォームとしてユネスコから推奨されていた。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

コロナ拡散を防げ(2):中国で5,000万人の生徒が「DingTalk(釘釘)」のオンラインクラスを利用

SHARE:

2月10日、中国5,000万人の学生と60万人の教師が、Alibaba(阿里巴巴)のエンタープライズコミュニケーションアプリ「DingTalk(釘釘)」のライブストリーミング機能を利用して、春節の長期休暇後の中国の学校再開に合わせ、オンラインクラスを開催した。 重視すべき理由:現在、covid-19として知られているコロナウイルスのパニックにより、中国の学校や職場は春節休暇後も閉鎖され、DingT…

DSC05777-2
DingTalk is a communication and collaboration platform for enterprises developed by Alibaba. (Image credit: TechNode/Eugene Tang)

2月10日、中国5,000万人の学生と60万人の教師が、Alibaba(阿里巴巴)のエンタープライズコミュニケーションアプリ「DingTalk(釘釘)」のライブストリーミング機能を利用して、春節の長期休暇後の中国の学校再開に合わせ、オンラインクラスを開催した。

重視すべき理由:現在、covid-19として知られているコロナウイルスのパニックにより、中国の学校や職場は春節休暇後も閉鎖され、DingTalkなどのオンラインプラットフォームが広く採用されるようになった。

  • オンライン教育やオンラインエンタープライズ分野の新興サービスは、中国で数百万人が在宅を余儀なくされたcovid-19アウトブレイクの影響を目の当たりにしている。
  • 中国のオンライン教育市場は、2020年度620億ドルの価値があると予測されている。オンライン企業の株価は先週急騰した数銘柄の一つであった。

詳細:TechNode(動点科技)にメールで送信されたAlibabaの声明によると、中国30省300都市にある学校が2月10日、Dingtalkのオンライン教室機能を使用したという。

  • 中国のビデオホスティングサービス「Youku(優酷)」から1月に開始されたサービスでは、教師と生徒が無料が利用できる
  • 教育省は、中国の学校に対して、生徒に毎日オンラインクラスへの参加を要求し、生徒に学習プロセスのビデオをアップロードするように強制。全ての教師にレッスンのビデオを記録するよう要求することにより、生徒と教師に不必要な接触や負担をかけないように促している
  • Alibabaは、DingtalkとAlibaba Cloud(阿里雲)がオンラインクラスのライブストリーミングを安定させるため、特別なチームを結成したと述べた。今月初め、数億人が自宅で仕事を再開したため、前例のないトラフィック急増により、Dingtalkは一時的にサービスが麻痺した

背景:Dingtalkのオンラインクラスのライブストリーム機能は、公開直後にソーシャルメディアでプライバシーの懸念を引き起こした。

  • 先週、Dingtalkは教師が生徒の同意なしに、リモートで動画録画できる許可をしたと非難された。この噂はWeibo(微博)で拡散され、今週初めに再び話題となった。
  • Dingtalkはそのような機能の存在を否定し、生徒がカメラとマイクを許可して、教師が生徒を見ることができるようにする必要があると回答。会社はこの事件を警察に報告している。
  • Dingtalkは仮想オフィスツールの監視レベルに関する、同様の反発に直面した。このアプリは、雇用主が従業員の居場所や日常業務を監視できる多くの機能を提供する。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

春節明けの今週、中国ではリモートワーク拡大でビジネスSaaSへのトラフィックが急増

SHARE:

今週10日は中国で春節の長期休暇から仕事に戻った初日であり、リモートで作業する何億人ものトラフィックが大量に発生したため、「DingTalk(釘釘)」や「WeChat Work(企業微信)」などのビジネス生産性プラットフォームに一時的な麻痺を引き起こした。 重要視すべき理由:中国のほとんどの企業は10日(月)に業務を再開したが、多くの企業は現在の新型コロナウイルスの拡散を防ぐための予防措置を講じ、…

WeChat Work(企業微信)
Tencent(騰訊)

今週10日は中国で春節の長期休暇から仕事に戻った初日であり、リモートで作業する何億人ものトラフィックが大量に発生したため、「DingTalk(釘釘)」や「WeChat Work(企業微信)」などのビジネス生産性プラットフォームに一時的な麻痺を引き起こした。

重要視すべき理由:中国のほとんどの企業は10日(月)に業務を再開したが、多くの企業は現在の新型コロナウイルスの拡散を防ぐための予防措置を講じ、従業員に在宅勤務を義務付けた。

  • 企業は通常業務への復帰を待ち、バーチャルワークスペースと会議ツールに大きく依存している。

詳細情報:Tencent(騰訊)のビジネスコミュニケーション・オフィスコラボレーションツール「WeChat Work」や Alibaba(阿里巴巴)の仮想ワークスペースアプリ「DingTalk」など、人気アプリのトラフィックの前例のない急増により、10日には一時的に問題が発生した。仕事に戻った初日、多くのユーザが接続の問題について不満を申告した。

  • DingTalk によると、ビデオ会議のトラフィックは10日の午前9時に過去最高を記録した。この急増は接続性の問題と不具合を引き起こしたがすぐに復旧した、と同社は Weibo(微博)の公式アカウントで述べている。同社は10日、中国企業数千万社の従業員2億人以上がリモートワークを実施したと述べた
  • WeChat Workは、多くのユーザが10日に不満を申告した接続の問題に対処すべく、声明も発表した。 WeChat Work は先週、一会議あたり300人まで参加できるように、音声ビデオ会議ツールの能力を増強したことを発表していた

背景:中国では、メッセージングや生産性ツールなどの企業向けテクノロジーがますます普及している。コロナウイルスの発生と、かつてないほどの数のリモートワークを余儀なくされた労働者がストレステストとなった。

  • リモートワーカーの急増は、一時的であれ、サービスプロバイダーが新ユーザを獲得する予期しない機会を生み出している。 DingTalk、WeChat Work、Bytedance(字節跳動)の「Feishu(飛書)」、Huawei Cloud(華為雲)の「WeLink」らは、コミュニケーションビデオ会議機能の一部を無料で利用できるようにした。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba(阿里巴巴)がチームコラボアプリ「Dingtalk(釘釘)」をローンチ

SHARE:

Alibaba Group(阿里巴巴集団)は以前、Tencent(騰訊)の「WeChat(微信)」に対抗するメッセージングアプリ「Laiwang(来往)」を開発したが、今度はひそかに「Dingtalk(釘釘)」というチームコラボアプリをローンチした。 Dingtalkはどちらかというと企業向けWeChatアプリのようで、社員検索や1対1チャット、グループチャットができる。最近、WeChatやTou…

QQ20150115-1
Alibaba(阿里巴巴)のDingtalk(釘釘)はPC/モバイルのどちらでも利用できる。

Alibaba Group(阿里巴巴集団)は以前、Tencent(騰訊)の「WeChat(微信)」に対抗するメッセージングアプリ「Laiwang(来往)」を開発したが、今度はひそかに「Dingtalk(釘釘)」というチームコラボアプリをローンチした。

Dingtalkはどちらかというと企業向けWeChatアプリのようで、社員検索や1対1チャット、グループチャットができる。最近、WeChatTouchPal(触宝)など中国のテック企業はVoIP通話アプリを開発したり、既存アプリにその機能を追加したりしているため、Dingtalkに無料通話の機能があっても驚くことはない。同アプリはFaceTimeも統合している。

中国において企業向けにWeChatのようなアプリを開発しているのはAlibabaだけではない。Salesforceのようなサービス「Fxiaoke(紛享銷客)」やYammerのようなサービス「Mingdao(明道)」といったモバイルアプリはユーザに自社のサービスを利用してもらえるようWeChatのインターフェイスを採用している。

Alibabaは2013年9月にメッセージングアプリLaiwangの改良バージョンをローンチし、WeChatにより独占されてきたシェアの30%をつかむことが期待されていた。当時、NetEase(網易)の「EasyChat(易信)」Sina(新浪)の「WeMeet(微米)」のように中国のインターネット大手企業はWeChat策を講じていた。しかしどの企業もWeChatユーザを奪うことはできなかった。

企業向けモバイルメッセージングアプリに関して言えば、WeChatは異なったアプローチを取っている。個別のアプリを開発する代わりに、WeChat上でコラボレートできるよう社員向けにカスタマイズした機能を開発できるAPIを昨年9月にリリースした。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------