THE BRIDGE

タグ DLD Tel Aviv

イスラエル・スタートアップの祭典「DLD Tel Aviv 2017」、1日目のまとめ〜街随一の目抜き通りで、イノベイティブなハードウェア製品をデモ

SHARE:

本稿は DLD Tel Aviv 2017 の取材の一部である。 9月6〜7日の2日間、イスラエル・テルアビブで当地随一の年次スタートアップイベント「DLD Tel Aviv 2017」が開催されている。1日目の様子を簡単にまとめてみた。 イスラエルは長きにわたり、ドイツから鉄道建設やインフラ整備などで多くの支援を受けている。おそらく、ホロコーストの罪滅ぼし的な意味合いが発端なのだろう。経済的な結…

Rothschild Blvd. で開催された夜イベント「Urban Happening & Innovation Blvd.」に展示されていた光のオブジェ。枝の先の部分には、スマートフォンが数台使われている。

本稿は DLD Tel Aviv 2017 の取材の一部である。

9月6〜7日の2日間、イスラエル・テルアビブで当地随一の年次スタートアップイベント「DLD Tel Aviv 2017」が開催されている。1日目の様子を簡単にまとめてみた。

イスラエルは長きにわたり、ドイツから鉄道建設やインフラ整備などで多くの支援を受けている。おそらく、ホロコーストの罪滅ぼし的な意味合いが発端なのだろう。経済的な結びつきも強く、少々マニアックな話で言えば、インターネット上で traceroute をかけてみると、イスラエル国内から世界の多くのサイトへは、どの ISP からでも概ねドイツのフランクフルトあたりを経由してルーティングされる。

そんなこともあってか、DLD Tel Aviv 2017 にはドイツ企業も数多く協賛しており、ドイツの国営放送 Deutsche Velle(ドイチェヴェレ)はスタートアップ向けの支援プログラムの一環で、DLD 参加スタートアップとメディア関係者をつなぐ「Pitch the Press」というイベントを開催した。筆者もこのイベントに参加したので、話を聞いたスタートアップを簡単にまとめてみる。

  • SIZER(イスラエル)……スマートフォンで、身体の全体が映る状態で自身を撮影。アプリは身体のサイズや部位による偏りを解析、ユーザはその情報をもとにファッションコマースサイトで洋服を購入できる。ファッションコマースサイトに SDK を提供、1クリック5セントでファッションコマースサイト側から手数料を得るビジネスモデル。
  • examPAL(イスラエル)……GMAT をはじめ MBA の入学試験を受ける人などに、例題(自由回答部分)に答えてもらうことでユーザの強い部分と弱い部分を指摘してくれるサービス。フリーミアムで提供され、有料コンテンツへのアクセスでマネタイズ。中国の高考(ガオカオ)や日本のセンター試験にも適用できるとしている。
  • GuardKnox(イスラエル)……IoT 時代のクルマ向けに、ECU(電子制御ユニット)のセキュリティ防御をハードウェアで提供するスタートアップ。例えば、山にハイキングを行くときなど、サスペンションを強化したいというときなどに、サスペンション部にハードウェアを追加する、というように対応する。
  • 3asyR(ギリシア)……目が悪く字が読みづらい、あるいは難読の人のために、文字を大きくして読みやすくする Google Chrome Plug-in を開発。
  • WizeGem(イスラエル)……ユーザはもモバイルアプリを使って、指輪、イヤリング、ブレスレット、ネックレスなど、さまざまなジュエリーやアクセサリーのデザインをカスタマイズできる。カスタマイズされたデータを WIZEgem は提携している世界各地の生産工場に転送、金属の 3D プリンティングや研磨加工により好みのジュエリーやアクセサリーができあがる。ダイヤモンドはまだ着手していないとのこと。
  • Lishtot(イスラエル)……USB ドライブのようなデバイスを、透明なグラスに入った水に近づけるだけで、汚染されていて飲めなければ赤色、汚染されておらず飲めるなら青色に発光して教えてくれる。おそらく、水に対して光を当て、その反射や屈折率などから不純物の有無を判断していると思われる。
  • LeanXcale(スペイン)……マルチバリューデータベースにも似た、HTAP ベースのデータベースシステムを開発。データウェアハウスとデータベースの間の大量データの往来の必要がなくなり、大量のデータをデータベースの上で迅速に扱えるようになる。

彼らの中から何社かは、DLD Tel Aviv 2017 内で開かれるピッチコンペティションに参加が認められる予定だ。ピッチコンペティションの模様についても追ってお伝えする。

WIRED日本版 編集長 若林恵氏や、シンガポール SGInnovate 代表の Steve Leonard 氏らが登壇した、アジアのスタートアップシーンに関するセッション

DLD Tel Aviv 2017 にはヨーロッパのみならず、アジアからも多くの起業家や投資家が参加していた。イスラエルのスタートアップの目には、中国や日本が大きな市場機会として映るようで、WIRED日本版 編集長 若林恵氏や、シンガポール SGInnovate の Steve Leonard 氏ら登壇したパネルセッションでは、会場から積極的に質問が寄せられていた。

市内各所のレストランやバーでは、夜も特定テーマにフォーカスしたセッションが開かれた。

1日目の夜には、テルアビブの目抜き通り Rothschild Blvd. で「Urban Happening & Innovation Blvd.」という屋外イベントが開催され、主にハードウェアや IoT のスタートアップらが街行く人々をデモンストレーションで魅了していた。そのうちのいくつかを、以下のビデオで紹介する。

----------[AD]----------

イスラエル・スタートアップの祭典「DLD Tel Aviv 2017」が開幕

SHARE:

本稿は DLD Tel Aviv 2017 の取材の一部である。 人口あたり起業率で世界のトップを走る国、「Startup Nation」の異名を持つイスラエルで、年に一度の同国最大のスタートアップカンファレンス「DLD Tel Aviv 2017」がで始まった。 DLD Tel Aviv のチェアマンを務めるのは、Mobile World Congress で併催される 4YFN や Innov…

本稿は DLD Tel Aviv 2017 の取材の一部である。

人口あたり起業率で世界のトップを走る国、「Startup Nation」の異名を持つイスラエルで、年に一度の同国最大のスタートアップカンファレンス「DLD Tel Aviv 2017」がで始まった。

DLD Tel Aviv のチェアマンを務めるのは、Mobile World Congress で併催される 4YFNInnovFest Unbound などでもおなじみ、ICQ の発明者にしてイスラエルで最も有名な投資家 Yossi Vardi 氏だ。メイン会場となる、旧鉄道駅を改装したパブリックスペース HaTachana Compound を中心に、テルアビブ市内でミートアップやピッチイベントが繰り広げられることになる。

会場を歩いていると驚くのは日本人の多さだ。公式の発表はまだ無いが、テルアビブを拠点に事業展開している Aniwo 共同創業者兼 COO 植野力氏によれば、在イスラエル日本国大使館が昨夜開催したイベントには約100名、それ以外にも福岡市のデレゲーションや日本の大企業からの参加などで総勢200名ほどになるのではないかとのことだ。調べてみたところ、WIRED 日本語版エイチ・アイ・エスなどもツアーを組んでいるようで、数年後には、中東版の SXSW(サウスバイサウスウエスト)のような光景になるかもしれない。

期間中は、HaTachana 以外にもテルアビブ市内各所で、WeWork、地元銀行の Bank Leumi、ドイツの放送局 Deutsche Welle ほか、数多くの企業のスタートアップ支援部隊がピッチ・コンペティションを開いており、これらの場所でユニークなアイデアやテクノロジーを持ったイスラエル・スタートアップを見つけるのも人気の秘密となっている。

DLD Tel Aviv のアップデイトについては、追って詳しくお伝えする予定。

<関連記事>

----------[AD]----------

イスラエル・スタートアップの祭典「DLD Tel Aviv 2016」現地レポート【ゲスト寄稿】

本稿は、イスラエル・テルアビブの Samurai House を拠点に事業展開している、Aniwo 共同創業者兼 COO 植野力氏による寄稿である。Aniwo は2014年8月の創業、2015年1月にサムライインキュベートからシードラウンドで10万ドルを資金調達していることを明らかにしている。 Aniwo は現在、イスラエルのスタートアップと投資家のマッチングプラットフォーム「MillionTim…

chikara-ueno本稿は、イスラエル・テルアビブの Samurai House を拠点に事業展開している、Aniwo 共同創業者兼 COO 植野力氏による寄稿である。Aniwo は2014年8月の創業、2015年1月にサムライインキュベートからシードラウンドで10万ドルを資金調達していることを明らかにしている

Aniwo は現在、イスラエルのスタートアップと投資家のマッチングプラットフォーム「MillionTimes」を運営。月に一度、異なるテーマのイスラエルスタートアップを紹介する「Pitch Tokyo」を開催している。


dld-tel-aviv-2016-10

イスラエルでスタートアップが盛んだということは、日本でもニュースなどで頻繁に報じられるようになったので、ご存じの方は多いかもしれない。

今回は年に一度イスラエルの商都テルアビブで行われる DLD Tel Aviv Innovation Festival(以下、DLD Tel Aviv と略す)の状況についてお伝えしようと思う。

<関連記事>

イスラエルのスタートアップ概況

dld-tel-aviv-2016-1
クリックして拡大

イスラエルは「スタートアップ大国」と言われる。

年間1,000社近くのスタートアップが創業、5,000億円程度のスタートアップ投資が国内外から集まり、2015年の年間M&A総額は62件で約7,000億円、そのうちの約50件が海外企業に買収されている。

人口約800万人の小国イスラエルが、世界から「スタートアップ大国」と言われる理由は、数値からも見て取れる。

DLD Tel Aviv とは…

dld-tel-aviv-2016-2

そんなイスラエルの商都テルアビブで年に一度、世界中から企業や投資家、政府関係者を集めて開催される〝スタートアップの祭典〟が DLD Tel Aviv だ。Aniwo にとっては、二年前にテルアビブで創業して以来、今回で3度目となる当カンファレンスの模様をお伝えしたい。

開催されたのは9月24日〜29日。地中海の東端に位置するイスラエルは3月から10月まではほぼ雨が降らないため、快晴のもと DLD Tel Aviv は幕を開けた。当カンファレンスは大別すると、メインカンファレンスとそれに関連するサブイベントの二つに分けられる。

メインカンファレンスは、メイン会場である Hatachana Compound という、イギリスの統治下にあった時代の古い駅を改修した野外のショッピングエリアを二日間貸し切って行われる。会場内には、スタートアップ企業のブース出展はもちろん、毎年 Google やMicrosoft、Intel、Facebook といった企業が自社の取り組みやテクノロジーの展示を行っている。今年も同様、Intel や Samsung などの多国籍企業がイスラエルのスタートアップとの交流を目的として、テントやブースでの展示を行っていた。

dld-tel-aviv-2016-3

dld-tel-aviv-2016-4

また、企業だけでなく、スタートアップの誘致や自国の市場の魅力を伝えることを目的として出展している、フランス・ポーランド・ハンガリーといった国々の政府系機関のブースが昨年に比べて増加していた。

dld-tel-aviv-2016-5

dld-tel-aviv-2016-6

メインカンファレンスの他には、以下のようにさまざまな分野でのオープンミートアップやクローズドでのパーティーが開催される。

dld-tel-aviv-2016-7
クリックして拡大

このようなミートアップイベントは、テルアビブ市内の有名なバーやクラブを貸し切って開催されることが多く、ほぼすべてのイベントがアルコールを交えながらのイベントなので、起業家や投資家などがピッチやざっくばらんな意見交換を行っていた。

dld-tel-aviv-2016-8
ロスチャイルド通りにて

夜になると、テルアビブ市内の目抜き通り「ロスチャイルド通り」が、ハードウェア系スタートアップやデザインカレッジの作品展示で埋め尽くされ、DLD Tel Aviv のために集まった人たちだけでなく、地元の家族や子ども、軍人なども未来感あふれる展示に触れていた。

過去最大人数となった日本人ビジネスパーソンの訪問

dld-tel-aviv-2016-9

昨年以前と比べて特筆すべきことの一つは、日本人ビジネスパーソンの訪問が過去最大規模だったことである。2015年の安倍首相のイスラエル訪問以来、イスラエルのスタートアップ企業の日本進出や、日系企業によるイスラエル企業への投資・買収が増えたことにより、日本国内でもイスラエルに対する印象や姿勢が変わってきている。

数は多く無いものの、以前から商社や製造業、投資家を中心に、日本企業はイスラエルでビジネス活動を行っていたが、今年の DLD Tel Aviv には、特に IT や製造業、インフラや金融などさまざまな業界から100名以上の日本人のビジネスパーソンを迎えることができた。大阪市横浜市在イスラエル日本国大使館の連携で、日本の起業家と現地ビジネスパーソンの交流イベントが開催されたり、イスラエルを訪問した日系ビジネスパーソンの交流パーティーが在イスラエルの大使公邸で行われたりするなどした。我々が二年前に活動を始めて以来、最大人数の日本人をイスラエルで目にすることになった。

IoT や機械学習、セキュリティやヘルスケア、農業などの領域で高い技術を保有し、世界を圧巻するスタートアップを多く輩出するイスラエルと、多くの企業資産や産業インフラを保有する日本。これまで縁の遠かった両国間のビジネスの連携がより進むよう、Aniwo も活動を続けていく。

来年の DLD Tel Aviv では、本稿をお読みのあなたのことも、イスラエルで「ようこそ」とお迎えしたい。

----------[AD]----------

スタートアップの祭典DLDで訪れた起業大国イスラエル【ゲスト寄稿】

本稿は、サムライインキュベートのアライアンス・ディレクターである両角将太(もろずみ・しょうた)氏による寄稿である。 両角氏は、起業家特化型インタビューブログの運営がきっかけでサムライインキュベートに大学生インターンとして参画、その後正社員として入社。 コワーキングスペース「Samurai Startup Island(SSI)」の立ち上げから運営に携わり、主に、イベントの運営および大企業とのアライ…

shota-morozumi_portrait本稿は、サムライインキュベートのアライアンス・ディレクターである両角将太(もろずみ・しょうた)氏による寄稿である。

両角氏は、起業家特化型インタビューブログの運営がきっかけでサムライインキュベートに大学生インターンとして参画、その後正社員として入社。

コワーキングスペース「Samurai Startup Island(SSI)」の立ち上げから運営に携わり、主に、イベントの運営および大企業とのアライアンスを担当している。年間200イベントを開催し、そこで形成した繋がりから20以上の企業とアライアンス関係を構築している。社内での新規事業立ち上げを担当し、海外展開中。


dld-delegation-flags

9月初旬、イスラエルのテルアビブでは、DLD Tel Aviv という大規模なスタートアップの祭典が開催された。期間中には、世界からスタートアップや事業会社の関係者が2万人以上、この国をを訪れた。日本からは、 ソニー、ソフトバンク、朝日放送、ネクスト、ニフティを始め、総勢20社ほどの日本企業がイスラエルを訪問した。私は〝日本使節団〟の代表者として、このレ ポートを残したいと思う。

イスラエルが「STARTUP NATION」と呼ばれる理由

dld-at-entrance

これまでの報道でご存知の方も多いと思うが、イスラエルは起業大国だ。国の面積は四国程度と小さく、人口がたったの800万人であるにも関わらず、 年間800社ほどのスタートアップが生まれており、世界一の起業率を誇る。また、海外からのスタートアップ投資額(国民一人当たり)は世界一で、 M&AやR&Dをイスラエルで行う大企業が圧倒的に多い。

この国から生まれた有名スタートアップの成功事例には、USBメモリを初めて開発した M-Systems(SanDisk が買収)、ファイヤーウォールを開発した Checkpoint、Kinect の技術を開発した PrimeSense(Apple が買収)、Facebookの顔認識システムで使われているFace.com(Facebook が買収)などが挙げられ、彼らは数多くの技術を生み出してきた。

スタートアップの祭典「DLD Tel Aviv」

DLD Tel Aviv の期間中は、テルアビブ市内のいたる所で、ミートアップや著名経営者によるカンファレンス、パネルディスカッションなどが行われている。テキサスで毎年3 月に開催されるSXSWに似ていると言えるだろうか。テルアビブの中心街にあるロスチャイルド通り(Rothschild Blvd)では、屋外であるにも関わらず、スタートアップの出展ブースが数百社ほど立ち並ぶ。雨があまり降らないイスラエルならではの取組みだ。

そのロスチャイルド通りでは、IoT、ロボティクス、人工知能、VR、生体認証、画像認識などの事例を紹介するブースが多く見られた。また、イスラエルは、ドローンの分野では世界最先端の国であり、それらのプロダクトもいくつか出展されていた。

一方、カンファレンス会場では、Fintech、セキュリティ、アドテク、ビッグデータなどをテーマとしたものが多かった。これらは、いずれもイスラエルが強いと言われる分野である。

dld-rothschild-blvd-1

dld-rothschild-blvd-2

dld-robotics

Open Startup

dld-openstartup

DLD期間中、テルアビブ中心部に位置するスタートアップのオフィスへは、自由に出入りできるようになる。イベントとあわせて実施される「Open Startup」という企画だ。弊社の Samurai House も2日間 Open Startup をしていたが、予想以上に多くの参加者が訪れ、23時以降になっても見学に来る人が途絶えなかった。

テルアビブ市内を歩く家族やカップルなど、一般市民までもがスタートアップの技術に興味を持ち、スタートアップと触れ合っていた。これがスタートアップ大国であるイスラエルの強さなのかもしれない。国民全体がテクノロジーに対して感心を示しているように感じた。

欧米大手主導のイスラエル・スタートアップ包囲網に、アジア企業も参入

多数の欧米大企業が DLD にスポンサードしており、テルアビブ市内各地でイベントを開催していた。特に、イスラエルでのオープンイノベーションとして Acceleration Programを実施している IBMVISAMasterCardGoogleMicrosoft などは、ピッチイベントやミートアップを開催するなどして、より多くのスタートアップを取り込むべく存在感を誇示していた。

これまで、大企業はM&Aや投資を繰り返すことで、イスラエルのスタートアップに関わってきたが、大企業にとって、自らソーシングを行い、スタートアップと交渉し、意思決定に至るまでのステップを繰り返すには、相当な労力が必要である。

そこで、大企業は Acceleration Program という形で、インバウンドでスタートアップを集めるようになった。イスラエルで優秀なスタートアップを集める鍵は、ユダヤ人同士のネットワークであり、欧米の大企業はプログラムの実施を通じて、強固なコミュニティを形成し始めている。

最近では、イスラエル政府がアジア各国への呼びかけを強化しており、Samsung が Acceleration Program を始めるなど、イスラエルでのオープンイノベーションを検討する韓国や中国の企業が増加傾向にある。

dld-mastercard-booth

dld-ibm

日本企業とイスラエルのスタートアップの交流を深めることができた

今回、イスラエルツアーを企画した理由は、日本企業とイスラエルのスタートアップ間の交流が非常に少なかったからだ。欧米の大手企業によるイスラエル・スタートアップ買収が続々と起きているのとは対照的に、イスラエルのイノベーションを日本は取り込めていない。実際に現地に足を運んでもらわないと、日以交流は生まれないのではないかと考えていた。

交流の少なさは、日本人のいくつかの誤解にも起因している。まず「イスラエルが危険な国」だというものだ。紛争が起きているのは一般人が行かない一部地域のみであり、テルアビブは日本と同じくらい安全である。また、「パスポートにイスラエルのスタンプが押されてしまい、アラブ諸国に行けなくなるのではないか」というのも無用な心配で、実際のところ、最近の出入国審査では、パスポートにイスラエルのスタンプは押されなくなっている。

これらの理由が重なり日本人がイスラエルに赴くことは非常に少なかったので、今回ほど日本企業群が一同にイスラエルへ訪れたことはほとんど例がなく、現地でも話題になっていたようだ。

<参考記事>

DLDに参加して感じたこと

イスラエルのスタートアップは、シリコンバレーのそれとは少し方向性が異なる印象を受けた。シリコンバレーではビジネスモデルを元に起業することが多いが、イスラエルはテクノロジーベースの起業が多いようだ。

また、DLD に来ているスタートアップたちと話してみると、ビジネスモデルやサービスのレベル感としては、日本のスタートアップと大差は無いように思える。一方で、「危機感の差」が大きいと感じた。イスラエルをはじめ、スタートアップの国として取り沙汰されるトルコや韓国などは、そもそも人口が小さく、グローバル市場に出ないかぎり、シュリンクしていく市場の中で成長を続けるのは困難だ。スマホの普及により、質の高いアプリはどの国でもインストールされるような時代になった今、もはや国境は関係なくなっている。日本のスタートアップも国内市場だけを見ているのではなく、早急にグローバル進出すべきだと感じた。

dld-crowd-at-final


10月1日に、両角氏が Samurai Startup Island で DLD に関する報告会を開催するとのこと。関心のある方は、こちらにも足を運ばれたい。

----------[AD]----------