THE BRIDGE

タグ Donuts

オンライン完結の保険アドバイザー「Donuts」運営が総額5000万円の資金調達を実施、7つの質問の回答でベストプランを提案

SHARE:

Sasuke Financial Labは3月2日、総額5000万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先はKLab Venture Partners、Global Catalyst Partners Japan、マネックスベンチャーズ。株式比率や払込日などの詳細は非公開だ。 2016年3月に設立された同社。2017年9月には家計からファイナンシャル・プランナーのアドバイスを受けられるア…

SMR_0368.JPG
同社代表取締役の松井清隆氏

Sasuke Financial Labは3月2日、総額5000万円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先はKLab Venture Partners、Global Catalyst Partners Japan、マネックスベンチャーズ。株式比率や払込日などの詳細は非公開だ。

2016年3月に設立された同社。2017年9月には家計からファイナンシャル・プランナーのアドバイスを受けられるアプリ「ウェルスケア」の提供を開始した。ユーザーがアプリ内に登録した情報に基づき、専門家のアドバイスが受けられる同サービスは口コミをベースにリリース5カ月で1万DLを超えた。

さらにアドバイスだけでなく、家計の支出を実質的に改善してほしいというユーザーの声に基づき、ロボット保険アドバイザー「Donuts(ドーナツ)」の開発を開始。2018年4月にリリースを予定しており、事前登録も開始した。

「ウェルスケアもDonutsも家計をどう最適化するかをコンセプトにしています。ウェルスケアから多くの家庭が住宅や食費が家計の内訳を多く占めていることがわかりました。しかしそれらを短期間で大幅に削減するのは難しく、そこで着目したのが保険の見直しです」(松井氏)。

スクリーンショット 2018-03-05 11.32.16.png

Donutsは性別や保険で重視する部分などの7つの項目に回答することで、最適な保険をロボットが選択・提案する。提案後も電話審査や店舗窓口への来店などは必要なく、ネットと審査や申し込みのための書類郵送で完結するのが特徴だ。

取り扱いのある保険は死亡保険、医療保険、がん保険、就業不能保険の4種類。開始段階では4社、約30種類の保険商品の提供を実施する。マネタイズは同社が保険代理店となり、各保険会社と代理店契約を結ぶ手数料モデル。今後は取引企業を増やし、損害保険や貯蓄性の保険の取り扱いも視野に入れている。

保険の見直しは窓口が一般的であったり、ネットから比較できても窓口に繋げるケースが多いと語る松井氏。同社の調べによれば保険選びは人からが良いという人と対面以外での保険選びを希望する人は同程度の割合で存在しているという。ネット完結で時間的コストや手間の削減を強みとして、時間のとれない人や気軽に保険を見直したい層のユーザーを狙っていく。

「資料請求ボタンを押すと30秒後に電話がかかってくるサイトなどもあります。積極的に人に相談したいモチベーションの人には良いですが、必ずしも良いイメージばかりでない人たちに新しいチャネルを提供したいです」(松井氏)。

ベンチャーキャピタルからの出資は同社にとって今回が初めてとなる。調達資金はDonutsの開発やサポート体制の強化に充当する。将来的にはウェルスケアとの連携なども考えており、リリースより1年間で月間500件前後の契約数を目指す。

 

----------[AD]----------

有料版は月額9,800円〜、人事採用の管理業務を可視化・効率化する「ジョブカン採用管理」

SHARE:

今年4月、シカゴで開催されたオラクル(Oracle)主催の「HCM World」という人事向けイベントに足を運ぶ機会がありました。さまざまな講演で繰り返されていたのが、組織にとっての最大の財産が「人材」であるということ。いくら資金が潤滑でも、アイディアやコンセプトをしっかり形にする優秀な人材がいなければ元も子もありません。そして昨今、人材競争はいつにも増して激化しています。 米国では、オラクルやS…

今年4月、シカゴで開催されたオラクル(Oracle)主催の「HCM World」という人事向けイベントに足を運ぶ機会がありました。さまざまな講演で繰り返されていたのが、組織にとっての最大の財産が「人材」であるということ。いくら資金が潤滑でも、アイディアやコンセプトをしっかり形にする優秀な人材がいなければ元も子もありません。そして昨今、人材競争はいつにも増して激化しています。

米国では、オラクルやSAPなど大手から「Zenefits」や「BambooHR」などのスタートアップまでが、HR関連のサービスを手がけています。2013年と少し遡りますが、Forbesが公表したHRテクノロジーの調査では、回答企業の57%が「1年半以内に新たなHRソフトウェアを購入する予定」と回答しました。2013年当時は「予定」だった計画がここしばらくで具現化されてきたことで、HRテクノロジー市場が盛り上がりを見せています。

人事・採用担当者1,000名の意見をもとに開発

Job-Can-hiring

国外で盛り上がるHRテクノロジーの分野ですが、日本国内でも少しずつ動きが見られています。2016年1月には、ネオキャリアがデータマネージメントプラットフォーム「jinjer」を発表し、昨日もビズリーチが人材投資を可視化する「HRMOS(ハーモス)」を公開しました。

2016年8月の正式公開に向けてティザーサイトを公開したのが、Donutsが開発する「ジョブカン採用管理」です。同社は、「ジョブカン勤怠管理」や「ジョブカン経費精算ワークフロー」などクラウド型のHRサービスを提供しています。

ジョブカン採用管理は、人事・採用担当者1,000名の意見をもとに開発されました。独自に実施したアンケート調査の結果、採用における最大の課題が「人材採用の難易度の高まり」であることが判明しました。この結果を受けて、人事・採用担当者が良い人材を採ることに集中できる採用管理ツールの必要性を感じ、今回の開発に至りました。

人材採用の管理業務を可視化・効率化

企業の人材採用に関する管理業務を可視化してくれるというジョブカン採用管理。期間・媒体・エージェント・面接官別などによる多角的な効果分析によって、プロセスの簡素化にも役立てられます。また、さまざまな管理業務を自動化することで採用担当者の負担を軽減し、業務を効率化。採用担当者は、管理業務に追われるのではなく、より良い人材を採用するためのプラスのアクションを起こすことができます。

Donutsの採用グループで活用しているジョブカン採用管理のデモ版では、人事にまつわる事務作業の工数が大幅に削減できていると言います。

「特に効果が高く出ているのが、採用アシスタントの行っている管理事務(日程調整・週次の報告資料作成・メール等)で、工数が最大73%ほど削減される見込みです。また、採用グループが毎日行う会議では、タスク確認と共有に用いていた時間を採用戦略を考える時間にリプレイスできているという結果も出ています」。(ジョブカン採用管理チーム 青木久美子さん)

こだわりの操作性と価格帯

Jobcan-merits

企業にとっては、ジョブカン採用管理の価格帯と簡単な操作性も魅力です。採用管理に必要な機能はすべて無期限無料で使用可能で、追加機能が使える有料版も。新卒採用に適した機能が充実した [ベーシックプラン] は月額9,800円、戦略的な採用を行う大企業や多店舗展開の飲食チェーンでのアルバイト採用などに適した [エンタープライズプラン] は月額70,000円。既存サービスの平均は7万円台だというベーシックな機能を、ジョブカンではぐんと抑えています。

従来、B向けサービスでは UIやユーザエクスペリエンスは後回しにされてしまいがちでした。でも、使い手のリテラシーが向上し、ツールの選択肢が増える中、ツールの使い勝手に注力することが大きな差別化要因になります。

ジョブカン採用管理の操作画面は「入力」の手間を最大限に省き、クリックだけで採用管理の大半が完結するように設計されています。また、候補者の状況や 次のタスクが常に可視化されたUIで、採用の進捗状況を誰でも簡単に把握できます。ツール上での業務一元化にもこだわっており、ツール上で以下のようなことが可能です。

  • GoogleとOutlookカレンダー連携による面接の日程調整
  • 求人サイトとの連携で、複数媒体の応募者をツール上で一括管理
  • 応募者とのメール送受信もツール上で可能

分析レポートの提供やリファラル採用機能も

煩雑な管理業務の自動化によって、採用戦略を考える時間の創出を叶えるジョブカン採用管理。今後は、ツールから集約したデータを用いた採用活動の精緻な分析レポート(求人媒体別・人材紹介会社別の内定率等)を提供することで、企業の採用活動のPDCAを加速していくとのこと。また、リファラル採用機能やグループウェア連携といった追加機能の実装を検討しています。

Donutsによると、日本全体の採用管理ツールの導入は1%程度に留まるのだそうです(自社開発を除く)。これらの企業の多くのが、その管理業務を未だにエクセルで行っているのだとか。ジョブカン採用管理を含む各種採用管理ツールの登場によって、その必要性が啓蒙され、HRテクノロジー市場の盛り上がりが期待できそうです。

----------[AD]----------

月間再生回数が3億8500万回を突破、若者の目立ちたい欲求に応える10秒動画コミュニティ「MixChannel」

SHARE:

日本最大級の10秒動画コミュニティ「MixChannel(ミックス・チャンネル)」について初めて耳にした時、パッと頭に浮かんだのは「Decolog(デコログ)」だった。特定のセグメントに対して根付く独特の文化圏を創出している点が共通していて、話を聞いていて背筋がゾクッとする感じ。 MixChannelは2013年12月にリリースされ、夏休みや、読者モデルが使い出したことをきっかけに飛躍的に伸びてい…

Fukuyama-MixChannel
MixChannel事業部のリーダー兼エンジニアの福山誠さん

日本最大級の10秒動画コミュニティ「MixChannel(ミックス・チャンネル)」について初めて耳にした時、パッと頭に浮かんだのは「Decolog(デコログ)」だった。特定のセグメントに対して根付く独特の文化圏を創出している点が共通していて、話を聞いていて背筋がゾクッとする感じ。

MixChannelは2013年12月にリリースされ、夏休みや、読者モデルが使い出したことをきっかけに飛躍的に伸びている。11月の月間動画再生回数は、前月比7割増しの3億8500万回を突破。アプリは170万ダウンロード、月間訪問者数は350万人(アプリとWeb含む)を超えた。また、昨日発表されたGoogle Playの「2014年 ベストアプリ」にも選出されている。

最近新宿にオフィスを移転したDonutsで、MixChannel事業部のリーダー兼エンジニアを勤める福山 誠さんにお話を伺った。

リアルタイムな撮影ではない、というVineへのアンチテーゼ

MixChannelでは、スマートフォンの写真や動画、音声などを組み合わせて簡単に動画を投稿できる。ユーザー層の70%を女性が占め、一番厚い層は16歳から18歳の女子中高生。ユーザーの動画視聴時間の平均は15分で、中には1日1時間視聴するユーザーもいるほど中毒性を発揮している。

ショートムービーのアプリには、VineやHyperlapseなどがある。それらとMixChannelが根本的に違うのは、リアルタイムの動画撮影ではなく、これまでに撮った過去の動画などが使える点だ。また、iTunesの音楽を使ったり、アフレコ機能もあったりして、個性を発揮しやすい。

「「今から面白いことをやってください」と言われてもプレッシャーだし、利用シーンがかなり限られます。MixChannelは、その場で動画を撮影するより、過去の動画を取り込んで使うことを基本設計にしています」

また、興味深いのが、地方、特に関西にユーザーが多いこと。人口比率で見ると、東京より関西や九州のほうが浸透しているのだと言う。これには、MixChannel上で人気コンテンツとなったカップル動画を最初に投稿したのが、関西の女子大生だったことが起因しているかもしれない。

「東京の一部のハイソな女子高生は高度化している傾向があって、FacebookやInstagramなどの利用者が多い印象です。MixChannelには、自分を全面にさらけ出すような側面があるので、笑いを取りに行くような関西の文化との相性がいいのかもしれないですね」

Likeの連打など、コミュニティ強化のための機能

MixChannelには、コミュニティを育むための特徴的な機能がいくつか存在する。動画の投稿者と閲覧者の関係性を強化するのが、ファン機能だ。投稿者のファンになると、新着動画が投稿される度に通知され、いち早くチェックすることができる。また、投稿者はファン限定で動画を配信することも可能だ。

もう一点、ファンになるための申請をする際に、投稿者に対して応援メッセージを添えることができる。例えば、「いつも見ています。○○さんカップルに憧れています」といった具合に。ファンは思いを伝えられるし、投稿者のモチベーションにも繋がる。

動画に対しては、Likeやコメントの形で反響が集まるが、オープンにコメントする敷居はなかなか高く、いい方法はないかと考えてたどり着いた隠し機能がある。それが、Likeの連打だ。閲覧者は、動画を観た後の自分の気持ちの高まりに応じて、好きなだけLikeを連打できる。投稿者にはその連打の数が伝わるため、非言語のコミュニケーションが成立しているのだと言う。

「中には、100回以上連打して、動画のお気に入り度を表現するような閲覧者もいますね。若者にとって楽しい遊び場になるように、ちょっとしたコミュニケーションの方法にも遊び心を取り入れています」

投稿者同士の関係性を活性化するリンク機能

MixChannel-website

一方のリンク機能は、投稿者同士の関係性を活性化する働きがある。リンク機能には、「リメイク」、「コラボ」と「シリーズ」の3種類がある。

「リメイク」は、動画と動画を関連づけられる機能で、とある動画を元ネタにして、その動画を真似たり参考にしたりして新しい動画を投稿できるもの。真似する側は、動画のネタから考えなくて済むし、元ネタ投稿者も真似されるほどの出来ということで嬉しい。

誰かの作った動画を素材として、コラボレーション作品を作ってリンクできるのが、「コラボ」だ。特にアフレコを使い、独自の音声をのせるコラボが多いと言う。また、「シリーズ」は、動画を連載のように続き物として投稿できる機能を指す。

ユーザーの使い方をじっくり観察し、それに寄り添う機能を作ることで、投稿者間のモチベーションの引き上げに成功している。

カップル動画投稿の楽しさが、リスクを上回る世代

MixChannel-couples-movies

約1年間、MixChannelを運営してきて、一番意外だったのは、カップル動画の登場だったと振り返る福山さん。付き合ってから1周年の記念日や、週末のデートまで、見ているこちらが恥ずかしくなってしまうようなラブラブ動画が次々に投稿される。

TwitterやFacebookなどのSNS活用において、何をどこまで発信するかに慎重になってしまうのは大人だけなのか。別れてしまったら、どうするのか。MixChannelでは、過去の動画をごっそり削除する人もいれば、残す人もいる。また、中には「別れました」の記念動画を投稿するユーザーもいるのだとか。

「彼氏・彼女との動画を投稿することの目の前の楽しさや嬉しさの方が、将来どうなるかわからないという不安やリスクを完全に上回っているんですよね。たぶん、雰囲気ではその可能性を感じているけれど、頭では咀嚼できていないというか」

今後、MixChannelを今の中高生から大学生にも広めて行くにあたっては、その辺りのメリットとデメリットのバランス感覚の影響が懸念される。とはいえ、カップル動画はMixChannelの使われ方の一部に過ぎず、より広く、映像の面白さという文化を育んでいく予定だ。

若者の根源的欲求、目立ちたい!に応える

動画の閲覧者にとって、MixChannelは新しい暇つぶしのアプリだと言える。アプリを立ち上げれば、そこにはユニークな動画が無数に存在し、それらの面白さは、15分という平均滞在時間の長さが物語っている。

一方、投稿者にとってはどうだろうか。MixChannelなら、目立てる。人気者になれる。これこそが、自己表現をしたくてウズウズする若者たちが、新星動画コミュニティに集まる理由だ。そして、この目立ちたい人たちが、MixChannelのCGMを支えている。

「目立ちたい人が目立って、影響力を発揮する。カップルや、かっこいいヤツが本当にリスペクトされるコミュニティにしたいと思っています。だから、動画のカテゴリーもリア充向けのものにしていますね」

MixChannelを学校の教室に例えるなら、投稿者はクラスの人気者。みんなを笑わせたり楽しませたり、その中でバツグンの影響力を発揮する。MixChannelが普通の教室と違う点は、クラスメイトの数が350万人だということ。新しいエンターテインメントプラットフォームとして、この中からスターが生まれて行くのも時間の問題だと言えそうだ。

エンジニアを絶賛募集中

日本で絶好調のMixiChannelだが、今後はグローバル展開にも力を入れていく。先週金曜に出したばかりのAndroidアプリの使われ方を見てみても、海外ユーザーが、カップルや友人と共に動画を投稿している。

現時点では特定の国をターゲットにすることはしていないものの、インターネット人口が伸びている国、またカップル間のアプリを使ったコミュニケーションが普及する韓国には積極的に出して行きたいと話す福山さん。ベストカップルコンテストなどを開催すれば、間違いなく盛り上がりそうだ。

現在、福山さんを含む2名のエンジニアとディレクターの3名の運用体制。AndroidとiPhoneアプリ、またサーバー周りなどを全て2人で見ているため、エンジニアを絶賛募集中だと言う。

「今、一緒にやっているメンバーは、外部から僕が引っ張ってきた人たちです。デザインは、ソーシャルランチの頃から一緒に仕事をしている外部デザイナーさんにお願いしていて。そろそろキツイので、エンジニアは採用したいですね。柔軟性のあるメンバーにジョインしてほしいなと思います」

リリースから1年で既に化ける気配がするMixChannel。今後も追い続けたい。

----------[AD]----------

月間動画再生数2,000万回を超える10秒動画コミュニティアプリ「MixChannel」のAndroid版がリリース

SHARE:

Donutsが、本日10秒動画コミュニティアプリ「MixChannel(ミックスチャンネル)」のAndroid向けアプリをリリースした。 「MixChannel」は、スマートフォンで簡単に10秒の短編動画を撮影・編集出来るアプリだ。ユーザはアプリを使って動画を作成するだけでなく、他のユーザの投稿した動画を視聴することができる。動画は「歌」「顔出し」「おもしろ」「Love」などにカテゴリ分けされてお…

MixChannel

Donutsが、本日10秒動画コミュニティアプリ「MixChannel(ミックスチャンネル)」のAndroid向けアプリをリリースした

「MixChannel」は、スマートフォンで簡単に10秒の短編動画を撮影・編集出来るアプリだ。ユーザはアプリを使って動画を作成するだけでなく、他のユーザの投稿した動画を視聴することができる。動画は「歌」「顔出し」「おもしろ」「Love」などにカテゴリ分けされており、投稿者のファンになったり、コメントによる交流を行うことが出来るコミュニティ機能も用意されている。

MixChannelは10代を中心に支持を集めており、先行配信中のiPhone向けアプリは、リリース半年で40万ダウンロード、累計投稿動画数20万件、月間動画再生数は2,000万回を突破しているという。Android版がリリースされたことで、この濃いコミュニティの温度感と成長速度がどう変化するかには注目したい。

22226_mQjLHCOAao

Donutsは今年5月に、先日「SLIDE MOVIE」のAndroid版をリリースしたNagisaに出資している。DonutsはNagisaが持つユーザプールに期待を寄せており、今後「SLIDE MOVIE」と「MixChannel」とのシナジーが生まれるかどうかも気になるところだ。

----------[AD]----------

モバイルゲーム開発のDonuts、Nagisaに対する第三者割当増資の引き受けを実施

SHARE:

モバイルゲーム開発のDonutsは5月15日、スマートフォンアプリ開発のNagisaに対して第三者割当増資の引き受け実施を発表した。出資金額は非公開だが、Nagisa社の資本金情報やこれまでの資金調達状況から想定して約1億円程度とみられる。 Nagisaの創業は2010年5月。創業当初はメッセージングサービスのBalloonを展開しており、2012年10月にはサービスのリニューアルと同時にニッセイ…

モバイルゲーム開発のDonutsは5月15日、スマートフォンアプリ開発のNagisaに対して第三者割当増資の引き受け実施を発表した。出資金額は非公開だが、Nagisa社の資本金情報やこれまでの資金調達状況から想定して約1億円程度とみられる。

SLIDE-MOVIES

Nagisaの創業は2010年5月。創業当初はメッセージングサービスのBalloonを展開しており、2012年10月にはサービスのリニューアルと同時にニッセイ・キャピタルから約1億円の資金調達を実施している。その後、Kame Cameraや日記アプリのLivre、アイドル育成ゲームの「49人目の少女」などが好調で、これまでの累計ダウンロード数は500万を超える。

1125_e1eb6008ac67bea56d4c242f0ba90582066efe04
図は2014年1月23日時点。現在は500万DLを超えるとしている。

また、2013年12月にリリースした、画像を選ぶだけで動画が作成できるSLIDE MOVIEは2カ月で70万ダウンロードを突破するなど、その勢いを増している状況だった。

4月の単月ダウンロード数は100万を超えており、Nagisa代表取締役の横山佳幸氏によると、この勢いを背景にユーザープールをさらに拡大させ、課金収益の見込めるC2CサービスやファッションEC、ゲームなど複数の展開を今後も進めるという。

また今回出資するDonutsとしては、このNagisaの持つユーザープールに期待を寄せており、同社によると5月に1000万回再生を達成した10秒動画アプリ「MixChannel」とのシナジーも見込んでの出資実施となったそうだ。

mixchannel_featuredimage

----------[AD]----------