BRIDGE

タグ DriveMate

タイのP2P自動車レンタルスタートアップDrivemate、シードラウンドで500 Tuk TuksとDtac Accelerateから数十万米ドルを調達

SHARE:

一日中駐車場で使われていない車を有効活用できたなら? それが個人間で車をレンタルできるタイのスタートアップ、Drivemate のコンセプトである。 Drivemate は、500 Startups のタイ版ファンド500 Tuk Tuks およびタイの通信会社 Dtac のスタートアップインキュベータ Dtac Accelerate から、米ドルで「合計6桁台中盤から後半」規模のシード資金を調達…

Drivemate のチーム
Image credit: Drivemate

一日中駐車場で使われていない車を有効活用できたなら? それが個人間で車をレンタルできるタイのスタートアップ、Drivemate のコンセプトである。

Drivemate は、500 Startups のタイ版ファンド500 Tuk Tuks およびタイの通信会社 Dtac のスタートアップインキュベータ Dtac Accelerate から、米ドルで「合計6桁台中盤から後半」規模のシード資金を調達したと発表した。

このコンセプト自体は目新しいものではなく、米国には合計1億9,300万米ドルを調達した Turo がいる。同社は17万1,000台の車および400万の登録ユーザを持つとしているが、ビジネスの持続可能性については述べられていない。

中国には Start(旧 PPzuche=PP租車)がいるが、同社シンガポール部門の iCarsClub は事業を行っていないようだ。

Dtac Accelerate のマネージングディレクター Sompoat Chansomboon 氏は、Drivemate が
iCarsClub よりも優れている点についてはタイの市場機会次第と Tech in Asia に語った。

Image credit: Drivemate

Drivemate の共同設立者 Silratth Sukwatthanasiri 氏は、借り手のいる場所まで車の所有者が車を運転してくれる配車サービスも提供すると付け加えた。車の所有者が都合がつかない場合でも、Drivemate のスタッフが代行してくれる。

それでも同社には険しい道のりが控えている。直接の競争相手はいないとしているが、Avis や Hertz のような従来のレンタカー会社や、Grab や Uber といった車の所有という概念を根本的に変えようとする企業らの圧力に直面している。

これまでに同社はタイの35都市をカバーし6,000台以上の車を所有している。約1年前の事業開始以来、1,000台以上の車が手配された。各取引の25%が手数料として発生する仕組み。

また、車の所有者に対して損害を補償する Liberty Mutual の保険も提供しており、Turo も同じ保険商品を取り扱っている。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

タイのキャリア大手運営アクセラレータdtac Accelerateのデモデイ、参加スタートアップからトップ12社を紹介

SHARE:

dtac Accelerate は本日(8月18日)、バンコクにおけるアクセラレーションプログラム第5バッチのデモデイイベントを開催した。 このイベントでは、5月~8月実施の短期集中ブートキャンプに参加したスタートアップが紹介され、その中から優勝者が発表される予定。 参加スタートアップのラインナップは以下の通り。 1. Cookly アジアで「トップ」の料理教室予約プラットフォームを自負するスター…

Image credit: dtac/Techsauce

dtac Accelerate は本日(8月18日)、バンコクにおけるアクセラレーションプログラム第5バッチのデモデイイベントを開催した。

このイベントでは、5月~8月実施の短期集中ブートキャンプに参加したスタートアップが紹介され、その中から優勝者が発表される予定。

参加スタートアップのラインナップは以下の通り。

1. Cookly
アジアで「トップ」の料理教室予約プラットフォームを自負するスタートアップ。

2. CREDEN
e クレジットスコアリングとブロックチェーンのテクノロジーを組み合わせたフィンテックソリューションによって、迅速かつ簡単な与信審査プロセスの提供と、顧客確認(KYC:know-your-customer)義務への対応を実現するスタートアップ。

3. DriveMate
タイでトップのピアツーピアカーシェアリングプラットフォームを自負するスタートアップ。

4. Globish
タイのオンライン英語学習プラットフォーム。生徒はビデオ通話で海外の講師からレッスンを受けることができる。

5. Indie Dish
健康食品のデリバリーマーケットプレイス。Indie Dish によると、バンコクで健康食品や健康飲料、健康菓子など2万8,000品以上のデリバリー実績がある。

6. ricult
タイの農家が少額融資を受けやすくなり、農場の作物生産量を改善できるように、機械学習と衛星画像を利用してクレジットスコアの代わりとなるような評価を行うスタートアップ。

7. Scout Out
「誰でもヘッドハンターになれる」というアイデアのもと、友人を憧れの職場に紹介すれば ScoutOut から報酬をもらえるという仕組みをつくったスタートアップ。

8. Seekster
建物の清掃とメンテナンスの大手プラットフォーム。

9. Senseino
あらゆる人のライフスタイルに合わせることができるインテリジェンス教育プラットフォーム。

10. Shiftspace
簡単に多くの場所で商品を販売できる方法を1分以内に提供するスタートアップ。

11. tixget
旅行業界向けの総合的なチケットソリューションを提供するプラットフォーム。

12. Tourkrub
海外ツアーパッケージを扱うタイ最大のオンラインマーケットプレイスを自負するスタートアップ。

dtac Accelerate Batch 5は、Google Developer、Facebook、Muang Thai Life Insurance や Thai Wah などの CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)といったパートナーと連携して運営を行っている。

前回のバッチからの変更点は、2つの異なるトラック(コース)が設けられたことだ。インキュベーショントラックは、情熱的なチームとアイデアはあるがビジネスを軌道に乗せるにはまだ支援が必要な企業向けのトラック。

一方、アクセラレートトラックは、明確なビジネスモデルと商品を持っているが成長に向けた開発段階での支援が必要な企業向けのトラック。

また、dtac は「Global Expansion Track」という新サービスも導入している。同サービスの狙いは、タイなどの東南アジア諸国からシリコンバレーまで広がるグローバルなパートナーシップを活用して、スタートアップが海外展開の機会を見出せるよう支援すること。

dtac の CEO を務める Lars Norling 氏は以前、2020年までに、アクセラレーションプログラムのポートフォリオを構成するスタートアップのバリュエーション総額を50億タイバーツ(1億4,300万米ドル)まで拡大させることが目標、と語っている。また、同氏は13ヶ国でグローバル展開を支援し、プログラム卒業企業から1社でもユニコーン企業を育てたいと考えている。

Norling 氏によると、現在のポートフォリオは2016年で20億タイバーツ(6,000万米ドル)の収益を上げ、1万人以上の雇用を創出しているという。

【via e27】 @E27sg

【原文】