タグ ドローン

iPhoneサイズの超小型ドローン「ZANO」、持ち主を自動追尾して撮影も可能

SHARE:

自動追尾機能をもち、カメラを搭載した超小型のドローンがKickstarterに登場、注目を浴びている。英Torquing Groupが開発中の「ZANO」だ。本稿執筆時点でまだ1ヶ月ほどキャンペーン期間を残しているが、目標額12万5,000ポンドをゆうに超える45万ポンドあまりを集めている。 iPhone 5との比較写真では、そのコンパクトさがはっきりとわかる。本体サイズは6.5cm x 6.5 …

ZANO

自動追尾機能をもち、カメラを搭載した超小型のドローンがKickstarterに登場、注目を浴びている。英Torquing Groupが開発中の「ZANO」だ。本稿執筆時点でまだ1ヶ月ほどキャンペーン期間を残しているが、目標額12万5,000ポンドをゆうに超える45万ポンドあまりを集めている。

ZANO

iPhone 5との比較写真では、そのコンパクトさがはっきりとわかる。本体サイズは6.5cm x 6.5 cmで重量は55gと軽量。飛行速度は最高時速25マイル(時速40km)、連続飛行時間は10~15分で、取り替え可能な充電式のバッテリーで動作する。

ZANO

設定及び、操縦・操作はスマートフォンの専用アプリ(iOS/Android)から行う。

顔認識機能も備えた500万画素のHDビデオカメラを搭載し、タイマーを使ってシャッターをきることができる。

ZANO

最近流行りの自撮り用の棒がなくても、ZANOは指定したポジションでホバリングし、上空からの自分撮りが可能となるいうわけだ。撮影した映像は無線LANでスマートフォンへ送られ、確認することができる。

また、GPSや赤外線センサーなどの各種センサーを備え、障害物を避けながら対象物を自動追尾することができる「follow me」モードも搭載している。たとえば、自転車に乗った自分を追いかけさせつつ撮影することなどが可能だ。さらには、ひとつのコントローラーで複数台のZANOを操作可能で、編隊を組んで飛ばし、視点を切り替えながら撮影することもできるという

製品化された際の予価は169.95ポンドで、Kickstarterのキャンペーンでは139ポンド以上の出資から手に入れることができる。発送は2015年の6月が予定されているようだ。

オペレーターによる遠隔サポートが受けられるAED搭載ドローン「Ambulance Drone」

SHARE:

インダストリアルエンジニアAlec Momont氏のプロジェクト『DRONES FOR GOOD』では、否定的なイメージもあるドローンをより良い目的の為に利用する方法を考えていた。そこで生み出されたのがドローンを使って命を救う、高速エマージェンシーネットワーク『Ambulance Drone』だ。 命に係わる事故が起こった際、病状の悪化を防ぐためには、事故後数分の間に正しい治療が必要となる。緊急時…

10556213_800454453340307_5686783662049893298_n

インダストリアルエンジニアAlec Momont氏のプロジェクト『DRONES FOR GOOD』では、否定的なイメージもあるドローンをより良い目的の為に利用する方法を考えていた。そこで生み出されたのがドローンを使って命を救う、高速エマージェンシーネットワーク『Ambulance Drone』だ。

closeup

命に係わる事故が起こった際、病状の悪化を防ぐためには、事故後数分の間に正しい治療が必要となる。緊急時の措置のスピードを速めることが死亡することを防ぎ、劇的に回復を早めることにつながるという。

自動体外式除細動器(AED)や薬品、心肺蘇生法(CPR)の補助器具といった救命テクノロジーはドローンで運搬するようコンパクトに設計することが可能とのこと。

Ambulance Droneのために、二次救命処置のために必須の物品を含むコンパクトなツールボックスを搭載する新型のフレームが開発された。持ち運びや折り畳みが可能なドローンは、屋内を含むどこでも利用可能だ。

Folded

プロジェクトの最初のプロトタイプでは、AEDを運ぶことに焦点を当てている。EUでは年間80万人が心停止を起こしており、救急隊の応答時間が約10分と遅いため、生存率がわずか8%となっている。

Ambulance Droneを使うことで12平方キロメートルのエリア内の患者へ1分以内にAEDを運ぶことが可能になるという。これにより生存率は80%にもなるとのこと。

また、AEDの使用方法についてオペレーターによるビデオサポートが可能だという。AEDの使用経験が無い場合、成功率は20%程度だが、指示を仰ぎながら正確に使うことにより、成功率を90%に上げることができるそうだ。

Rear-view

救援物資を運びコミュニケーションの確立が可能となる、速くてコンパクトなドローンを使うことで、既存の救急インフラを拡大する『Ambulance Drone』によって人々の命を救うことが期待されている。

スマートフォンで操縦して鳥を飛ばす、超軽量の鳥型ドローン「Bionic Bird」

SHARE:

世界初のスマートフォンでコントロールできる鳥型ドローン「Bionic Bird」が現在クラウドファンディングサイトIndigogoで資金調達中だ。 100メートルの範囲を飛行可能、専用のスマートフォンアプリで直感的に飛ぶ方向をコントロールできる。 100メートルの範囲を飛ばすには、スマートフォンデバイス側にBluetooth 4.0が搭載されている必要がある。 鳥本体の重さは9グラム以下と非常に軽…


20141101_bionic_bird3

世界初のスマートフォンでコントロールできる鳥型ドローン「Bionic Bird」が現在クラウドファンディングサイトIndigogoで資金調達中だ。

100メートルの範囲を飛行可能、専用のスマートフォンアプリで直感的に飛ぶ方向をコントロールできる。

20141101_bionic_bird

100メートルの範囲を飛ばすには、スマートフォンデバイス側にBluetooth 4.0が搭載されている必要がある。

鳥本体の重さは9グラム以下と非常に軽量で、0.8ワットの電子モーター、アルミ製のヒートシンクに、リチウムポリマーバッテリーを搭載している。回転速度は55000RPM、飛行速度は12MPH。

卵型の充電器の上に鳥をのせて充電するというユニークなスタイル。12分で充電完了、1回につき10分程度飛行する。

今後「Bionic Bird」は、2015年末までに、リモートでサードチャンネルからコントロールできるようにしたり、超遅飛行や飛行パフォーマンスをできるように、さらに2016年までには、HD Videoカメラを搭載しスマートフォンに撮影映像をストリーミングしたりする開発計画もあるようだ。

20141101_bionic_bird2

100ドルから「Bionic Bird」を手に入れることができ、2014年12月、クリスマスまでには発送予定(日本への送料は無料)。11月29日まで支援を受け付けているが、記事執筆時点で目標金額に対しすでに250%達成している。

今後ドローンは、ペットロボットのような展開もありそうだ。

iPhone6 Plusより小さい!ポケットサイズの極小ドローン「Anura」

SHARE:

大きい大きいと言われているiPhone6 Plus。だがこの場合、iPhoneが大きすぎるのか、こちらが小さすぎるのか判断に悩んでしまう。 米Aericam社がKicksterterで出資を集めている極小ドローンの「Anura」は、なんとiPhone6 Plusよりも小さいという、ポケットサイズの空撮ヘリ。必要に応じて羽をしまうことが出来、ボックス型に変形させると本当にポケットへ入ってしまうから驚…


2014-11-04_1814

大きい大きいと言われているiPhone6 Plus。だがこの場合、iPhoneが大きすぎるのか、こちらが小さすぎるのか判断に悩んでしまう。

米Aericam社がKicksterterで出資を集めている極小ドローンの「Anura」は、なんとiPhone6 Plusよりも小さいという、ポケットサイズの空撮ヘリ。必要に応じて羽をしまうことが出来、ボックス型に変形させると本当にポケットへ入ってしまうから驚きだ。

2014-11-04_1817

操作だが、本体前方に設置された344×288dpiのマイクロカメラから送られてくる映像を使って、スマートフォンからWi-Fiを通じて行うことが可能。操作可能距離はおおよそ30mまで。充電はmicroUSBで行い、連続飛行時間は最大16分ほど。iPhone/Androidどちらにも対応しているのは嬉しいところだろう。

2014-11-04_1818

サイズが小さく軽いため、気流のある屋外での使用時にどうなるのか気になるところだが、この小ささはそういった懸念点を補って余りあるものと言えそう。Kicksterterでは一般販売で275ドルのところを195ドルの出資で入手できることができる。2015年4月に出荷予定。

日本のドローンの産業振興を目指す一般社団法人「JUIDA」が発足

SHARE:

日本におけるドローン(無人航空機)の産業振興を図るコンソーシアム「一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)」が2014年7月に設立された。 「UAS」とは「Unmanned Aircraft Systems」で無人航空機システムの略称で、いわゆるドローンやUAVという呼び方のほうが浸透しているかもしれない。 同協議会は、産学が連携した社団法人だ。東京大学、産業技術総合研究所、リコー、Ya…


一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)

日本におけるドローン(無人航空機)の産業振興を図るコンソーシアム「一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)」が2014年7月に設立された。

UAS」とは「Unmanned Aircraft Systems」で無人航空機システムの略称で、いわゆるドローンUAVという呼び方のほうが浸透しているかもしれない。

同協議会は、産学が連携した社団法人だ。東京大学、産業技術総合研究所、リコー、Yahoo! JAPAN、ブルーイノベーション、東京航空計器、エンルート、ルーチェサーチなどの、日本のUASの技術・産業を牽引している企業・団体が設立当初より参加しており、代表理事は東京大学の鈴木真二教授が務める。

無人航空機システム(UAS)の民生分野における積極的な利活用を推進し、UAS関連の新たな産業・市場の創造を行うとともに、UASの健全な発展に寄与すること」を設立の目的とし、UASの国内外の最新情報提供、研究開発支援、セミナー、飛行ロボットコンテスト等のイベント開催など、様々な活動を行っていくという。

すでに2014年10月24日には東京大学にて第1回の定例セミナーが開催するなど活動を開始しており、2014年11月25日には国土交通省、経済産業省、宇宙航空研究開発機構(JAXA)からのパネラーを招き、設立シンポジウムを開催予定だ。現在、同協議会のサイトから申し込みを受け付けている。

リストバンドからドローンに変形、自動追尾して空撮が可能なウェアラブルカメラ「Nixie」

SHARE:

普段はリストバンドとして手首に装着、利用時にドローンに変形して空撮が可能となるウェアラブルカメラ「Nixie」が開発中だ。 本体はフレキシブルな素材でできており、手首にリストバンドのように装着することが可能。そこから4枚のローター(回転翼)を搭載したクアッドコプターに変形させることが出来る。旋回するカメラを搭載しており、上空からターゲットを自動追尾して撮影することが可能とのこと。 動画ではクライミ…


10626509_285054335033419_5739537813159426289_n

普段はリストバンドとして手首に装着、利用時にドローンに変形して空撮が可能となるウェアラブルカメラ「Nixie」が開発中だ。

Nixie07

本体はフレキシブルな素材でできており、手首にリストバンドのように装着することが可能。そこから4枚のローター(回転翼)を搭載したクアッドコプターに変形させることが出来る。旋回するカメラを搭載しており、上空からターゲットを自動追尾して撮影することが可能とのこと。

Nixie01

動画ではクライミングやサイクリング中に自身を追尾させて撮影する様子が紹介されている。

Nixie03Nixie04

また、スマートフォン上でコントロールすることも出来るようだ。

Nixie02

なお「Nixie」は、現在Intelが開催しているコンテスト「Make it wearable challenge」のファイナリストに選出されている。エントリーされているのは最高賞金が500,000ドルのBUILD IT Development Trackで、「Nixie」にも注目が集まっているようだ。

「Nixie」の発売日は未定。公式サイトでメールアドレスを登録することで最新情報を受け取ることが出来る。

Google、自律型無人飛行機(ドローン)のプロジェクト「Project Wing」を発表

SHARE:

Googleの次世代技術研究開発部門「Google X」が、自律型無人飛行機(ドローン)のプロジェクト「Project Wing」を発表した。オーストラリアのクイーンズランドにてテスト飛行を行い、2~3か所の農場に、救急箱や犬のおやつ、水を配達することに成功したという。 テストに使用されたプロトタイプのドローンはテイルシッター型で、垂直離着陸を行うことが可能。ホバリング時も垂直になるが、移動時は水…


Project_wing_01

Googleの次世代技術研究開発部門「Google X」が、自律型無人飛行機(ドローン)のプロジェクト「Project Wing」を発表した。オーストラリアのクイーンズランドにてテスト飛行を行い、2~3か所の農場に、救急箱や犬のおやつ、水を配達することに成功したという。



テストに使用されたプロトタイプのドローンはテイルシッター型で、垂直離着陸を行うことが可能。ホバリング時も垂直になるが、移動時は水平になって飛行する。最高時速90kmと、高速で飛行することが出来る。

Project_wing_02

荷物を配達するポイントに到着すると、ホバリングをして上空に静止し、機体と縄で繋がれた荷物をウィンチを使って投下する。縄の先には「egg」と呼ばれる機器が取り付けられており、荷物が地上に到達したことを判断して、荷物を切り離すことが出来る。そして、縄を巻き上げる信号をドローンに送る、という仕組みになっている。

Project_wing_03

「Project Wing」はドローンを使って洪水や地震、竜巻といった災害が起こった際に薬などの救援物資を運ぶことを目的としているが、最終的には小中規模な荷物を数分で配達するシステムを構築することを目標としているという。

なお、上記YouTubeに記載された説明欄によると、GoogleではProject Wingを世界に展開するためにパートナーを募集している。

精密測量機器メーカー製の超精密GPS搭載自動操縦ドローン「TRIUMPH-F1」

SHARE:

スマートフォンやカーナビなど、我々がGPSを利用するシチュエーションは年を追うごとに増加しており、その利用用途も様々なことに広がりつつある。 用途が広がるということは、必要となる精度や機能にも様々なバリエーションが出てくるということだ。そのため、日本を含む各国は、GPSに代わるGNSSのための独自の衛星を打ち上げ、自国のサービスに生かそうとしている。 このGNSSとは全地球航法衛星システムの総称で…


1

スマートフォンやカーナビなど、我々がGPSを利用するシチュエーションは年を追うごとに増加しており、その利用用途も様々なことに広がりつつある。

用途が広がるということは、必要となる精度や機能にも様々なバリエーションが出てくるということだ。そのため、日本を含む各国は、GPSに代わるGNSSのための独自の衛星を打ち上げ、自国のサービスに生かそうとしている。

このGNSSとは全地球航法衛星システムの総称で、世界で最も普及しているGPSは米国の所有するGNSSである。

そんなGPS以外のGNSSを利用できるのが、精密測量機器メーカーJAVAD社による最新ドローン「TRIUMPH-F1」だ。このドローンは、GPSに加え、ロシアのグロナス、欧州のガリレオ、日本のみちびき、中国の北斗ら測量用GNSSを受信でき、精密な位置制御が可能となっている。

2014-08-29_0232

TRIUMPH-F1の操縦は、地図上から飛行経路の形状やパターンを選択してフライトプランを作り、本体に送信することで行う。たとえばある基準点を中心に100mの高さで半径10mを3周、半径30mを5周と指定するだけで、精密な自動操縦を行うようになっている。他にもユーザー追尾モードや、安全条件を超えたときに飛行を取りやめるモードなどを持っている。

2014-08-28_1933

カメラについては、4方向に視野角45°のドキュメンテーションカメラと、中央に下向きの高精度カメラを備えており、SDカードに画像を記録することができる。PCとの通信に関しては、USB、Bluetooth、Wi-Fiが利用でき、フライトパターンのやりとりや、画像の送信が可能だ。

このTRIUMPH-F1は2015年の第1四半期発売予定。価格は今のところ未定である。

ドローン×リアルタイムネット接続を簡単に実現する個人向けブラックボックス「Flytrex Live」

SHARE:

個人向けの小型ヘリコプターことドローンが世界的に流行の兆しを見せている。YouTubeなどを見れば、GoProから始まったアクションカメラによる動画の流れが、少しずつドローンを利用した空撮にも広がってきていることがわかるだろう。 そんなドローン向けに、ネットとの連携機能を備えた個人向けブラックボックス「Flytrex Live」が登場した。 Flytrex Live最大の特徴は、リアルタイムにイン…


meet-flytrex-live-live-telemetry-last-seen-auto-logger-splash

個人向けの小型ヘリコプターことドローンが世界的に流行の兆しを見せている。YouTubeなどを見れば、GoProから始まったアクションカメラによる動画の流れが、少しずつドローンを利用した空撮にも広がってきていることがわかるだろう。

そんなドローン向けに、ネットとの連携機能を備えた個人向けブラックボックス「Flytrex Live」が登場した。

2014-08-26_1232

Flytrex Live最大の特徴は、リアルタイムにインターネット接続をすることで、ドローンをソーシャル化できることだろう。例えばFlytrex 社のサービスを通じて、ネット上にリアルタイムな飛行位置を表示したり、最長飛行距離などの記録を他のドローン操縦者と競うことができる。記録保持者にはバッジが送られるなど、ゲーム的要素もばっちり準備されている。

2014-08-26_1230

また、飛行機のブラックボックスと同じような働きをすることもポイントだ。フライトレコーダーとして飛行中のログを取り、たとえドローンを見失ったとしても、その場所や状況を確認することができる。

気になる価格は約2万円。本体のサイズは4.5 x 4.8 x 1.1 cmとかなりの小型。重量も31gと軽量である。本体からの通信にはmicro SIM スロットに差すタイプの2G GPRSを利用している。ちなみに、今のところ日本で対応している通信ベンダーは紹介されていない。

現在のところ、対応しているドローンは一部のものに限られているが、これからその範囲を広げていくそう。ドローンがネットに接続できるようになることで、さらなる新しい楽しみ方が生まれることを期待したい。

ソニーがドローンの実用化に向けた開発に、新たな収益の柱になるか

SHARE:

ソニーが「ドローン」の実用化に向けた開発に乗り出したことを8月28日NHKニュースが報じた。世界的に開発が行われ、様々なシーンで活用されていくことが予想されるドローンが、ソニーにとって新たな収益の柱となるのかが注目だ。 NHKによれば、ソニーは、デジタルカメラなどに使われる目の役割を担うセンサーで世界トップのシェアを握っている。この技術をドローンに利用することで、人の目視では確認しづらい老朽化した…


Some rights reserved by David Rodriguez Martin
Some rights reserved by David Rodriguez Martin

ソニーが「ドローン」の実用化に向けた開発に乗り出したことを8月28日NHKニュースが報じた。世界的に開発が行われ、様々なシーンで活用されていくことが予想されるドローンが、ソニーにとって新たな収益の柱となるのかが注目だ。

NHKによれば、ソニーは、デジタルカメラなどに使われる目の役割を担うセンサーで世界トップのシェアを握っている。この技術をドローンに利用することで、人の目視では確認しづらい老朽化したトンネルや橋などのインフラ点検や、農作物の生育状況を調査したりするといった利用を検討しているという。
 
Wiredでは以前、ドローンを活用して農作物へ農薬などを散布したり、土壌データ等を収集といったことが行われ始めていることを紹介し、次の大きな市場があることを紹介していた。農業にとって情報は非常に重要なものになってきている。