BRIDGE

タグ Duolingo

語学プラットフォームの「Duolingo」、Alphabetの投資部門CapitalGからシリーズFで3,000万米ドルを調達——バリュエーションは15億米ドルに

SHARE:

人気の言語学習アプリ「Duolingo」は、シリーズ F ラウンドでAlphabet の投資部門 CapitalG から3,000万ドルを調達した。 これにより、Duolingoの累積調達総額は1億3,800万ドルとなり、バリュエーションは2017年のシリーズ E ラウンドの際の2倍以上にあたる15億ドルに達した。以前は Google Capital の名前で知られる CapitalG は、201…

11月23日、ハリー杉山氏を司会に招き都内で開かれたイベント「Duolingo Super Night」
Image credit: Duolingo

人気の言語学習アプリ「Duolingo」は、シリーズ F ラウンドでAlphabet の投資部門 CapitalG から3,000万ドルを調達した。

これにより、Duolingoの累積調達総額は1億3,800万ドルとなり、バリュエーションは2017年のシリーズ E ラウンドの際の2倍以上にあたる15億ドルに達した。以前は Google Capital の名前で知られる CapitalG は、2015年のシリーズ D ラウンドでリードインベスターを務めており、それから4年経過して再び出資するという決断は信任を意味するものだ。

CapitalG のジェネラルパートナー Laela Sturdy 氏は、プレスリリースで次のように述べている。

Duolingo のチームは、無料の教育を提供するという使命を守ることが、世界だけでなくビジネスにも役立つことを実証した。

2011年にピッツバーグで設立された Duolingo は、誰でも無料で言語を学習できるクロスプラットフォームアプリだが、毎月7ドル支払うプレミアムサービスでは、広告を削除したり、オフラインアクセスを受けられる。ゲーミフィケーションと〝一口サイズのレッスン〟を通じて、誰もが世界のほとんどの言語で読み・聞き・話すことを学習できる。また、クリンゴン語などの多くのニッチな俗語や架空の言語もサポートしている。

11月23日、都内で開かれたユーザイベント「Duolingo Super Night」から
Image credit: Duolingo

Duolingo によれば、3,000万人のユーザがプラットフォームで積極的に言語を学習しており、世界で最もダウンロードされた教育アプリの1つとして浮上している。2年以上前の最後の資金調達以来、従業員は95人から200人に倍増し、シアトル、ニューヨーク、北京にオフィスを追加開設した。また、2017年にプレミアムプランを開始した後、年間1億米ドル相当のレッスン予約が行われおり、これは昨年の3,300万ドルから大幅に増加している。

興味深いことに、Duolingo は、ピッツバーグを拠点とする最初のユニコーンであると主張している。さらに3,000万ドルを投じて、新製品の研究開発に投資し世界中でチームを成長させる予定だ。

オンライン語学学習の市場規模は2018年現在90億米ドルで、2026年までに200億米ドル以上に達する可能性がる。このような状況に対し、Duolingo は AI と機械学習に投資し、まるで人間のチューター個別レッスンのように、授業をユーザ毎に自動的に合わせたものとすることで、授業をより魅力的にするようにしている。同社は新しく調達した資金の一部を使って、AI と機械学習機能を強化することを確認した。

Duolingo の共同創業者兼 CEO Luis von Ahn 氏は次のように述べている。

誰でも教育を無料で利用できるようにすることを使命として Duolingo を始めた。また、強力なビジネスを構築できたことを非常に誇りに思う。(中略)

CapitalG は数年前から Duolingo の貴重なパートナーであり、この投資を活用して成長を続け、世界で最も広く使用され、最も売れている語学学習アプリとしての地位をさらに固めることを楽しみにしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

「ピッツバーグに引っ越そう」ーーシリコンバレーの高速道路で移住を促す広告が増えている理由

シリコンバレーの生活費の上昇が止まらない中で、アメリカ国内の他の地域に拠点を置くテック企業は、より良い生活の質を掲げて就業者を他都市に移住させることに必死だ。 先週は、言語学習プラットフォームを開発する Duolingo が、サンフランシスコの高速道路 101 に広告を掲げた。その内容は、地元の人に同社が本社を置くピッツバーグに移住するように促すものだ。ピッツバーグでは「テック業界で仕事ができ」か…

シリコンバレーの生活費の上昇が止まらない中で、アメリカ国内の他の地域に拠点を置くテック企業は、より良い生活の質を掲げて就業者を他都市に移住させることに必死だ。

先週は、言語学習プラットフォームを開発する Duolingo が、サンフランシスコの高速道路 101 に広告を掲げた。その内容は、地元の人に同社が本社を置くピッツバーグに移住するように促すものだ。ピッツバーグでは「テック業界で仕事ができ」かつ「家も所有できる」と、その広告は強調する。

DuolingoのCEO、Luis von Ahn氏がVentureBeatの取材に対してEメールで回答した内容によれば、今回の広告を出すきっかけとなったのは、ピッツバーグに移住した同社の社員にとって移住の決定的な要因となったのは住宅コストの安さであったことを知ったことだった。

Von Ahn氏は、ピッツバーグ拠点の社員の85パーセントが、他都市から移住したという。社員は110名だが、多数の社員はピッツバーグ外から働いている。

Von Ahn氏は次のようにいう。

「Duolingoに最近加わった社員の一人は、ベイエリアから移住してきたのですが、移住後すぐに一戸建ての家を買いました。彼は、以前はそんなことができると思っていなかったといいます。ですが、ピッツバーグで彼は手頃な値段の広い土地の家を見つけ、住宅所有者になり、犬のための広大な庭を持てるというチャンスに飛びついたのです」

Zillow によれば、ピッツバーグの家の平均価値は 13万2400ドルで、2016年からは10.4パーセント上昇している。

一方、サンフランシスコの平均住宅価値は129万ドルで、前年比10.8パーセント増だ。サンノゼは、平均価値は23.9パーセント上がって、今では110万ドルとなっている。

テック企業が多いエリアに住むために小さな家に落ち着くことも厭わない人もいる一方で、移住トレンドを見ると、そうした人は少なくなりつつある。2016年と2017年では、サンフランシスコ・オークランド・ヘイワードエリアから出て行く人の方が、入ってくる人よりも多かった。

Duolingoは、サンフランシスコでテック就労者に対して移住を促す広告を掲げた最初の企業ではない。

実際、昨年10月にはニューヨークの非営利団体 Civic Hallのファウンダーである Andrew Rasiej氏が 高速道路 US 101の広告看板を買って、“We Want you in NYC”という名前のウェブサイトをチェックするように呼びかけた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

言語学習プラットフォームのDuolingo、シリーズEラウンドで2,500万米ドルを調達——評価額は7億米ドル、ユーザ数は2億人を突破

SHARE:

オンラインの言語学習プラットフォームである Duolingo は、Drive Capital がリードしたシリーズ E ラウンドで2,500万米ドルを調達した。 今回のラウンドにより、これまで調達した資金総額はおよそ1億800万米ドルとなり、同社によるとバリュエーションは7億米ドルになったという。 Duolingo は2011年にピッツバーグで設立された多面的な言語学習サービスである。ユーザはゲー…

duolingo_logo.png

オンラインの言語学習プラットフォームである Duolingo は、Drive Capital がリードしたシリーズ E ラウンドで2,500万米ドルを調達した。

今回のラウンドにより、これまで調達した資金総額はおよそ1億800万米ドルとなり、同社によるとバリュエーションは7億米ドルになったという。

Duolingo は2011年にピッツバーグで設立された多面的な言語学習サービスである。ユーザはゲーミフィケーションを通じて、20以上の言語のリーディング、リスニング、スピーキングを学習できる。2年前、Google Capital がリードしたラウンドで4,500万米ドルを調達した際にはユーザ数は1億人を突破した。そして本日(7月25日)、同社はユーザベースが2億人以上に拡大したと明らかにした。

Duolingo の CEO で共同設立者 Luis von Ahn 氏はこう述べている。

5年前の Duolingo 設立時、私たちは世界中の誰もが無料で言語の習得をできるようにしようと決意しました。当時、100万ユーザを達成できれば素晴らしいだろうと考えていましたが、それ以来の実際の成長速度はこうした初期の期待を大幅に上回っています。私たちは持続可能で収益を生むことのできるビジネスを構築していますが、今回の資金調達によってさらに何百万人ものユーザに無料の言語教育を提供することができるでしょう。

昨年、エドテック(訳注:教育とテクノロジーを組み合わせた造語)には多数のベンチャーキャピタルが投資を行った。ここ数ヶ月に限っても、Coursera が6,400万米ドル、Kahoot が2,000万米ドル、Nearpod が2,100万米ドル、Voxy が1,200万米ドルをそれぞれ調達している。Udemy は昨年6,000万米ドルを調達した。

新たに調達した2,500万米ドルを活用して、Duolingo は人材採用と製品開発プランの加速、そして2018年末までに従業員数を現在の80人から150人にほぼ倍増させる予定。

Drive Capital の設立ゼネラルパートナーである Chris Olsen 氏はこうコメントしている。

Drive Capitalでは、初めにマーケットマッピングを行い、次にその分野で卓越したビジネスを展開している企業を探します。Duolingo はまさにそういった企業であり、言語教育分野での明確なマーケットリーダーとして唯一無二の存在になっています。Duolingo は消費者の間で名の知れた主流ブランドに急速に成長しています。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Googleのゲーム事業開発トップが、語学スタートアップDuolingoに転籍

SHARE:

どんな帝国にも終わりが訪れる。GooglでGoogle Play ゲーム事業開発長を務めていたBob Meese氏が8年在籍したあとにGoogleを去り、教育系テクノロジースタートアップに移籍する。 Meese氏はGoogleで8年を過ごし、その間にGoogleのOS、AndroidはAppleのiOSと肩を並べるほどに巨大なモバイルゲームプラットフォームとなった。そして今、彼はピッツバーグのスタ…

Google's gaming boss Bob Meese. Image Credit: Michael O'Donnell/VentureBeat
Googleのゲーム事業開発を務めるBob Meese氏
Image Credit: Michael O’Donnell/VentureBeat

どんな帝国にも終わりが訪れる。GooglでGoogle Play ゲーム事業開発長を務めていたBob Meese氏が8年在籍したあとにGoogleを去り、教育系テクノロジースタートアップに移籍する。

Meese氏はGoogleで8年を過ごし、その間にGoogleのOS、AndroidはAppleのiOSと肩を並べるほどに巨大なモバイルゲームプラットフォームとなった。そして今、彼はピッツバーグのスタートアップ Duolingoに参画する予定であることを自身のFacebookページ上で発表した。

彼は自らの目標について「すばらしいサービスを本当の事業へと変化させるのを手伝うために、非常に優秀な技術チームに参加する」ことであると語った。

Meese氏はピッツバーグで育ち、彼の家族の多くはまだそこにいる。今回の転籍について「見過ごすにはあまりに良いチャンスだった」と述べた。

Meese氏の果たした役割の一部は、ゲームの信用力をGoogleのプラットフォームに与えることだった。彼はChrome、Google+、モバイル、ウェブ、そしてテレビといった場所でGoogleのプラットフォームのための開発者の採用に貢献した。今でこそ、ゲームに注力しているGoogleの人材は数多くいるが、Meese氏が始めた頃はそうした人材は多くなかった。

Meese氏は2014年のGamesBeatカンファレンスに登壇し、Googleはプラットフォーム上でただゲームだけを求めているわけではないことに言及している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

Duolingoが従来の10分の1の価格で受けられるリモート英語検定試験を日本で提供開始、Uberなどが受容

SHARE:

今年6月にGoogle Capitalなどから資金調達を実施し、1億人以上のユーザーが利用する語学学習プラットフォーム「Duolingo」。個人をターゲットにするだけでなく、教育機関や教育者がその授業にDuolingoを取り入れられる「Duolingo for Schools」も提供。これが普及を見せ、米国では全米中の公立学校で学ぶ学生数を、Duolingoの生徒数が上回るほど人気を博しています。…

Duolingo-website

今年6月にGoogle Capitalなどから資金調達を実施し、1億人以上のユーザーが利用する語学学習プラットフォーム「Duolingo」。個人をターゲットにするだけでなく、教育機関や教育者がその授業にDuolingoを取り入れられる「Duolingo for Schools」も提供。これが普及を見せ、米国では全米中の公立学校で学ぶ学生数を、Duolingoの生徒数が上回るほど人気を博しています。

そんなDuolingoが、日本の生徒に向けてその英語検定試験プログラム「Duolingo Test Center」の提供を開始しました。英語を学ぶ生徒が、その英語力を確かめるために受けられるDuolingo独自の検定試験です。

語彙の例題:実在する英語の単語を選んでください
語彙の例題:実在する英語の単語を選んでください

試験会場に出向く必要がある従来の検定と異なり、Duolingoの検定はスマホやWebから遠隔で受験することができます。受験費用は、これまで一般的だった英語検定の10分の1にあたる20ドル(2,400円)とリーズナブル。また、カンニングを防止する動画による試験監督機能を搭載し、受験者の本人確認などを含めて20分ほどで英語レベルを測定してくれます。

既に、ハーバード大学やカーネギーメロン大学などの教育機関、またUberやLinkedIn、グローバルなクラウドソーシングプラットフォーム「Upwork」といった企業で、次世代の英語検定として受け入れられているとのこと。

20ドルの本試験のほかに、無料テスト「Duolingo Quick Test」も用意されています。まずは力試しをしてみたいという方は、受けてみてはいかがでしょうか。

----------[AD]----------

Googleが世界で1億人が使う語学学習プラットフォーム「Duolingo」に投資する理由

SHARE:

クラウドソースによるテキスト翻訳ツールとして人気のDuolingoが本日、Google Capitalのリードで4,500万米ドルの調達ラウンドを完了した(編集部注:原文掲載6月10日)。企業価値は4億7千万米ドルと評価されている。以前から投資をしているUnion Square Ventures、New Enterprise AssociatesとKleiner Perkins Caufield …

duolingo_logo
クラウドソースによるテキスト翻訳ツールとして人気のDuolingoが本日、Google Capitalのリードで4,500万米ドルの調達ラウンドを完了した(編集部注:原文掲載6月10日)。企業価値は4億7千万米ドルと評価されている。以前から投資をしているUnion Square Ventures、New Enterprise AssociatesとKleiner Perkins Caufield & Byersも今回のラウンドに参加した。

これによって、同社の調達額はDuolingoがこれまでに調達した3,830万米ドルの倍を超える。2011年10月のシリーズAラウンドでは330万米ドルをUnion Square Venturedのリードにて調達。2012年9月のシリーズBラウンドではNEAのリードにて1,500万米ドルを調達。2014年2月にはシリーズCラウンドで2,000万米ドルをKleiner Perkins Caufield & Byersのリードで調達。他に注目すべき投資家としては俳優のAshton Kutcher氏と作家のTim Ferriss氏などがいる。

また、Duolingoは本日アプリのユーザーが1億人を超えたと発表した。先週このマイルストーンを達成したばかりであるとVentureBeatに伝えた。2014年1月時点ではアプリは6千万ユーザーだったので、まだ順調に伸びていることが分かる。DuolingoはGoogle PlayとAppleのApp Storeの教育カテゴリーで最もダウンロードされたアプリというだけでなく、このアプリを使って言語を学習する米国のユーザーの数が、いまや国全体の公立校の学生数を超えたということだ。

「教員の数は限られているしコストがかかります。我々はテクノロジーを活用することでパーソナライズされた教育機会をスケーラブルに提供します。」とDuolingoの共同設立者でCEOのLuis von Ahn氏は声明の中で語った。同社の今後のビジョンについて聞いたところ、同氏は以下のように語った。

「Duolingoの本来の目的は、世界中に無料で言語教育を提供することでした。」とvon Ahn氏は話す。「現在は、世界中のいかに多くの人にベストな教育を提供していくかということに注力しています。これを達成するため、知識を得られる速度を最適化し、学生さんが続けられるよう楽しめる内容にし、また、機械学習を利用してユーザー1人ひとりに合わせた学習を提供していきます。これは従来の教育では不可能でした。そして他の教育関連テクノロジーではほとんど開拓されていないと言っていいでしょう。」

DuolingoはGoogle Capitalによる投資を活用して目標達成を目指し、学校や政府の言語教育の改善を支援したいと考えていますと von Ahn氏は説明する。1月にはDuolingoは「Duolingo for Schools」をローンチした。言語学習ソフトウェアを教員が使えるようにし、学生の学習の進み具合をダッシュボードで確認できるようにした。

DuolingoはGoogle Capitalによる投資を活用して目標達成を目指し、学校や政府の言語教育の改善を支援したいと考えているとvon Ahn氏は説明する。1月にはDuolingoは「Duolingo for Schools」をローンチした。言語学習ソフトウェアを教員が使えるようにし、学生の学習の進み具合をダッシュボードで確認できるようにした。

それ以来、Duolingo for Schoolsの教員のアカウント登録数は10万人を超えた。同社プラットフォームは教科書の代わりに利用されたり、カリキュラム全体が採用されていたりする。プレゼンテーションは簡潔である。Duolingoを利用する学生はよく自習する。アプリで学習するとリアルタイムで結果がわかるし、インターフェースもゲームのようになっているからである。結果的に、教師は授業時間を質疑応答にあてることができるのだ。

Duolingoは新たな投資を活用してそのプラットフォームを「さらに使いやすく、パーソナライズされ効果的なものにしたい。プレゼンスを世界に広げるのにも役に立ちます。」と意気込む。

duolingo_spanish

しかし、疑問が残る。なぜGoogleがそんなに興味を持ったのか。同社はDuolingoをオンライン教育の未来と見ていることは明白だ。

「Duolingoのモバイルを活用した、適応性の高い、ゲーム感覚のプラットフォームは、全世界の言語学習方法を変えています。」と、Google CapitalのパートナーLaela Sturdy氏が述べている。「Duolingoの成長ぶり、ユーザー数の増加には大変驚かされました。Duolingoが教育の将来を形成していくと考え、パートナーとして参加できて非常に嬉しく思います。」

それだけに留まらない。他の教育プラットフォームと違いDuolingoは単にビデオを再生するだけだったりはしない。ビデオだけでは学生や教師は引きつけられないのである。また、他の教育プラットフォームはデータをあまり収集せず改善機会を知るすべを持たない。

Duolingoは、ユーザーから常に注目されることを必要としていて、学習者が自ら戻りたくなるようなゲーミフィケーションを活用したデザインにしている。メジャーな全てのモバイルプラットフォームでの使用が可能で、利用できる幅が広くなった。従来の教室とは違い、場所、経済力、時間的な制約を一切受けない。

何より、これはLuis von Ahn氏の作品だ。つまりDuolingoはクラウドソースで、ユーザーの全てのタップが分析され、それによって学生の学習効率が高まるようになっている。実際、Duolingoは大規模な機械学習博士チームを雇い、集めたあらゆるデータを分析し「学生ごとに洗練された教育を提供する、適応性の高い授業を制作する」と話している。

結局のところ、それがGoogle Capitalが大きな投資をした本当の理由なのだ。なお、von Ahn氏の最初のスタートアップであるreCAPTCHAは2009年にGoogleへ売却されている。

彼が再び成功することを、Google Capitalが願っているのは明らかだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

世界で3,000万人がダウンロードする無料語学アプリ「Duolingo」が日本語対応のAndroid版をリリース

SHARE:

翻訳を必要とするウェブページを翻訳することで、語学学習を実践的に行える無料語学アプリ「Duolingo」。CNNやBuzzFeedが依頼主として活用していて、翻訳の完成度によっては依頼主から支払いを受けられることも。 そんなDuolingoに、待望の日本語対応のAndroidアプリが加わりました。4月23日に先立ってリリースされたiOSアプリは、現時点でトップ10を争う人気の教育アプリ。グローバル…

Duolingo-Japanese-website

翻訳を必要とするウェブページを翻訳することで、語学学習を実践的に行える無料語学アプリ「Duolingo」。CNNやBuzzFeedが依頼主として活用していて、翻訳の完成度によっては依頼主から支払いを受けられることも。

そんなDuolingoに、待望の日本語対応のAndroidアプリが加わりました。4月23日に先立ってリリースされたiOSアプリは、現時点でトップ10を争う人気の教育アプリ。グローバルで見ると、DuolingoはiOS、Androidともに教育アプリの1位を獲得しています。

Forbesが同社のCEOであるLuis Von Ahn氏に対して行ったインタビューによると、Duolingoの登録ユーザー数は3,000万で、国別に見ると米国、ブラジル、メキシコの順。その半数の1,500万人がアクティブユーザーで、同時に100万人以上が同時にサービスを利用していると言います。(2014年5月時点)

Duolingoというサービスを立ち上げた理由は?というForbesの質問に対して、彼はこんな風に回答しています。

大きな市場における“リアル”なニーズに対するソリューション提供に関心がある。お金儲けがしたいんじゃなく、膨大な数の人の役に立つことがしたい。ユーザーはより良い仕事や、そもそも仕事に就くために新しい言語を学んでいる。彼らの多くが、語学学習のために500ドルの教材を買う余裕を持たない。

この市場にリーチするためには、無料のソリューションが必要。じゃあ、お金を持っていない人を相手にしたソリューションをどうマネタイズするのか。継続維持できるインパクトをもたらすためには、維持可能な経済を生むモデルが必要。そんな風に考えてDuolingoにたどり着いた。

実在する文章を翻訳するだけでなく、Duolingoのもうひとつの特徴がそのゲーム性。ちょっとずつミッションをクリアしていく感覚がユーザーに好評です。TNWには「Language-learning platform Duolingo wants to be a game, which suits its next target: Asia」と題された記事が。

教育プラットフォームの競合は同じく教育系のサービスかと思いきや、彼らが競合と見なしているのはゲーム。ユーザーがスマホで使う時間の奪い合いという意味ではたしかにその通り。

Duolingoは、App StoreGoogle Playでダウンロードできます。

Duolingo-Android-app Duolingo-iOS-app

----------[AD]----------

無料言語学習サイトのDuolingoがバージョンアップ—日本語話者向けの英語講座を追加し、日本市場参入を本格化

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 数週間前、無料言語学習サイト Duolingo の担当者から、近々大きなニュースがあると聞いていた。それから連絡は途絶えていたのだが、それが今日(原文掲載日:4月25日)TechCrunch の記事で明らかになった。Duolingo の言語学習iOSアプリのバージョン4.0がローンチしたのだ。 新しいニュースは、日本…

duolingo-620x431

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

数週間前、無料言語学習サイト Duolingo の担当者から、近々大きなニュースがあると聞いていた。それから連絡は途絶えていたのだが、それが今日(原文掲載日:4月25日)TechCrunch の記事で明らかになった。Duolingo の言語学習iOSアプリのバージョン4.0がローンチしたのだ。

新しいニュースは、日本語、中国語、ヒンディー語の話者向けの英語講座が利用できるようになったことだ。試してみて、使い心地がどうかを教えてほしい。

そして悪いニュースは、依然として、英語話者向けの日本語/中国語講座が無いことだ。[1]

編注】20代で2つのスタートアップを Google に売却したことで知られる Duolingo の CEO Luis von Ahn が5月中旬、日本市場への本格参入を発表のため来日予定だ。THE BRIDGE ではインタビューを予定しているので、乞うご期待。


  1. この2つの言語の追加を熱望している私にとっては、少なくとも悪いニュースである。 
----------[AD]----------