BRIDGE

タグ eBook

Netflixの電子書籍版サービス「Oyster」がリリース。月額9.95ドルで100万タイトル以上の書籍が読み放題

SHARE:

<ピックアップ>Oyster’s ebook subscription app now sells books | The Verge Netflixが日本に上陸するということでさまざまな分野で話題になっています。月額の定額制でサービスを提供する同モデルですが、何も映像だけに有効なものではないようです。 Oysterが提供するのは、ebook、つまり電子書籍のサブスクリプシ…

Simply the best way to read

<ピックアップ>Oyster’s ebook subscription app now sells books | The Verge

Netflixが日本に上陸するということでさまざまな分野で話題になっています。月額の定額制でサービスを提供する同モデルですが、何も映像だけに有効なものではないようです。

Oysterが提供するのは、ebook、つまり電子書籍のサブスクリプションモデルです。先日ローンチしたアプリには、100万以上ものタイトルが並び、月額を支払えば自由に閲覧できるというもの。

実はすでに、海外ではScribdがオーディオブックやマンガのサブスクリプションモデルはリリースしており、海外でも書籍に関連したサブスクリプションが登場しつつあります。

Oysterは、14日間無料トライアルがついており、その後1ヶ月9.95ドルで購読可能となっています。日本円で、1000円弱でさまざまな本が読めるということで、漫画喫茶に行ったりするよりも便利ですね。日本でいうならば、週刊誌などの定期購読ができると、便利なサービスになるかもしれません。

via The Verge

iOS/Android向けのインタラクティブなeブック出版ツールを提供する「Moglue」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 Echelon 2010の卒業生「Moglue」は、スマートフォンやタブレット用のインタラクティブなeブックを誰もがより簡単に作って出版できるよう、サービスに変更を加えローンチした。 Moglueについてあまり知らない人のために説明すると、同プラットフォームは、誰もがiOS/Android向けにインタラクティブなeブックを作って出版できるというサービスだ。ニュ…

【翻訳 by Conyac】【原文】

Echelon 2010の卒業生「Moglue」は、スマートフォンやタブレット用のインタラクティブなeブックを誰もがより簡単に作って出版できるよう、サービスに変更を加えローンチした。

Moglueについてあまり知らない人のために説明すると、同プラットフォームは、誰もがiOS/Android向けにインタラクティブなeブックを作って出版できるというサービスだ。ニューヨークとソウルに拠点を置く同社は、2010年5月におこなわれたStartup Weekendで設立された。現在、そのeブック出版プラットフォームは2つの主な要素「MoglueBuilder」と「MoglueViewer」から構成されている。「MoglueBuilder」は2011年9月にベータ版がローンチされて以来、140ヶ国で34,000回以上のダウンロードがされている。

私たちが最初にMoglueを紹介したのは、同社が初めて「MoglueBuilder」と「MoglueViewer」の機能を発表した3月のことだった。実質的には、「MoglueBuilder」はアプリを作るのに利用され、「MoglueViewer」はターゲットデバイスで閲覧するのに使う。ユーザーエクスペリエンスは比較的簡単なつくりになっている。

作者は「MoglueBuilder」を使ってeブックを作り、「MoglueViewer」を使ってその内容をリアルタイムでiOSもしくはAndroidデバイスでプレビューし、その後、その作品をアプリとしてiTunes App StoreやGoogle Playに直接掲載することができる。

「MoglueBuilder」はデスクトップ用のプラットフォームで、出版社、作者、アーティストがそれぞれのアプリを作るのに利用することができる。シンプルなドラッグ&ドロップのインターフェースを活用していて、プログラミングの必要はない。無料でダウンロードできるPC用のアプリケーションで、Windows/Mac共に対応している。一方、「MoglueViewer」が利用できるのはiOSとAndroidデバイスだ。Apple App StoreおよびGoogle Playから無料でダウンロードできる。

同社は、iOSとAndroidプラットフォームで無制限に本の出版ができる1年間の特別キャンペーンをおこなっており、期限は2012年12月31日としている。「MoglueBuilder」の最新版には、本を作って出版するのに無料で使える100以上の画像がプリロードしてある。

さらに、SupaSoundsが200を超える音声やミュージックファイルを提供しており、これらも無料で利用できる。また、この秋には、ハロウィーン画像パッケージのダウンロードを無料で提供する予定で、ユーザはホリデーをテーマにしたインタラクティブeブックの制作に利用することができる。

「当社およびデジタル出版業界にとって、重要な前進だと思います。私たちの目標は、面白くてインタラクティブなコンテンツを皆が極めて簡単に作ることができるサービスをつくり、それを世界の人と共有していくことです」とMogule共同創設者のChris Riley氏は語っている。

【via e27】 @E27sg