タグ ecbo cloak

荷物預かり「ecbo cloak」がサービスを再開、コロナ禍を経てインバウンド減でも原点回帰に転じた理由とは

SHARE:

新型コロナウイルスが感染拡大し、最初の緊急事態宣言が発出されたのが昨年4月7日のこと。この宣言をきっかけに、サービスの停止やピボットを余儀なくされたスタートアップは少なくない。ecbo が2017年に開始したオンデマンド荷物預かりサービス「ecbo cloak」はインバウンド需要を追い風に順風満帆に見えたが、宣言発出から6日後の4月13日にサービス停止を余儀なくされた。 サービス停止から1ヶ月後の…

Image credit: Ecbo

新型コロナウイルスが感染拡大し、最初の緊急事態宣言が発出されたのが昨年4月7日のこと。この宣言をきっかけに、サービスの停止やピボットを余儀なくされたスタートアップは少なくない。ecbo が2017年に開始したオンデマンド荷物預かりサービス「ecbo cloak」はインバウンド需要を追い風に順風満帆に見えたが、宣言発出から6日後の4月13日にサービス停止を余儀なくされた。

サービス停止から1ヶ月後の5月12日には新サービスとしてレストランキット「ecbo kitchen」をローンチ。ecbo が荷物預り拠点として開拓した飲食店の売上を下支えするとともに、ecbo 自身の事業の再起を図ったものだったが、結局2ヶ月後には ecbo kitchen のサービスを終了した。フードデリバリでもミールキットでもない新業態の開拓は興味深い挑戦だったが、いささかハードルは高かったのかもしれない。

結局、ecbo は原点回帰することになった。創業者で代表取締役の工藤慎一氏は、「モノの循環を滑らかに」したいとの思いから ecbo cloak を立ち上げたと語っていたが、この目標に荷物預かりサービスを入り口に向かっていくことを再確認したようだ。ecbo cloak がサービス停止をしたのは新型コロナが原因ではあるが、このタイミングは「渡りに船」でもあったように見える。

ecbo cloak の開始から3年が経過し(サービス停止した2020年4月時点で)、当初は突貫でサービスを作ったため、いろいろ改善したい点が出てきていた。予想を遥かに上回る利用があったため、サービスを一度止めないことには手を入れるのも難しい。コロナ禍で接触を避けるのが直接的な理由だったとはいえ、そんな中でサービスを止める機会が得られたのは、いいタイミングだった。

コロナ禍でサービス利用が大きく減ってしまい、あの時は非常に焦っていたのは事実。しかし、今にして思えば、ecbo cloak のサービスを磨くために、もっとリーダーシップを発揮しなければなかったと思っている。(工藤氏)

Image credit: Ecbo

そんな ecbo cloak が今週、サービスを再開した。CCO(Chief Creative Officer) ワラガイケン氏肝煎りのデザインでフルリニューアルし、UI/UX を大幅に改善させたという。経営は孤独なものだから、CEO は日頃から孤独には慣れているかもしれないが、クリエイティブの担当者にとっては、ユーザからの反応が得られにくいコロナ禍は、なかなかタフな時間だったに違いない。

ところで、緊急事態宣言の期間が終わったからといえ、世界ではロックダウンが続き海外渡航にも制限がある中では、インバウンド需要が回復するのはまだ先のことになりそうだ。ecbo cloak をサービス再開したからと言って、ユーザは戻ってくるのだろうか? 工藤氏は ecbo cloak 利用の約8割は国内ユーザで、旅行の荷物以外に用途が広がっていることを理由に自信を覗かせた。

サービスを昨年停止する以前から、例えば、趣味で音楽をやっている人が職場には持っていけない大型の楽器を ecbo cloak で預けておき、仕事帰りに楽器をピックアップして演奏の練習に向かうケース、フードデリバリのギグワーカーが大きな搬送バッグを配達エリア内で ecbo cloak に預けておき、郊外にある住まいから身体一つで「出勤する」といった利用が見られたという(配達に使う自転車はバイクシェアリングに頼るのだろう。郊外よりも都心の方がフードデリバリの需要が高く、ギグワーカーがより多くの収入が得られるメリットもある)。

その他にも、いろいろサービスを考えられる。ecbo cloak では荷物預かり時、預かり拠点の店舗で確認のために荷物の写真をスマホで撮ってアップロードしてもらっている。荷物からは、人の属性や傾向などもわかるので、時間・地域毎の人流を見るマーケティングデータとして活用できる可能性もある。

まだいろいろ可能性を考え始めた段階なので新サービスを発表できる段階にはないが、ecbo cloak で構築した荷物預かりのネットワークやプラットフォームをもとに、いろんなサービスを開発していきたいと思う。(工藤氏)

今年以降、おそらく急速に発展を遂げるであろうバーティカルの一つが OMO(Offline merges with Online)だ。オンラインの部分はデジタルで完結するものの、オフラインは全国にユーザとのタッチポイントを開設する必要があり、初期リソースを持たないスタートアップにとっては骨の折れる作業だ。荷物預かりから始まった ecbo だが、コロナ禍における日常の不便さを逆手に取り、さらなる成長を見せてくれることに期待したい。

※ 本稿は Clubhouse での取材内容をご本人に同意いただいて記事化しています。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


荷物預かりの「ecbo cloak」が2周年記念イベントを開催、iOS/Androidアプリリリースも敢行

SHARE:

手荷物預かりサービス「ecbo cloak」を展開する ecbo は19日、2017年のサービス開始から2周年を記念して東京・渋谷でユーザイベントを開催した。イベントにはユーザやメディアのほか、ecbo の投資家も多数招かれ、ecbo や ecbo cloak の今後に対する期待やコメントが多数寄せられた。 また、イベントでは iOS と Android のモバイルアプリのローンチも発表された。こ…

2周年記念イベントで挨拶する ecbo 代表取締役の工藤慎一氏。
Image credit: Masaru Ikeda

手荷物預かりサービス「ecbo cloak」を展開する ecbo は19日、2017年のサービス開始から2周年を記念して東京・渋谷でユーザイベントを開催した。イベントにはユーザやメディアのほか、ecbo の投資家も多数招かれ、ecbo や ecbo cloak の今後に対する期待やコメントが多数寄せられた。

また、イベントでは iOSAndroid のモバイルアプリのローンチも発表された。これにより、web アプリからの利用に限られていたサービスの可能性がさらに広がることになる。web アプリとモバイルアプリの両方のアプリを試してみたが、モバイルアプリでは特に位置情報を利用した現在地周辺の ecbo cloak スポットを検索する際の UX が圧倒的に改善されている。

ecbo cloak

ecbo では「当日予約」や「リピート利用」などの利用動向が多いことを確認しており、モバイルアプリの導入によって、ユーザニーズに応じたサービスの提供が期待できる。位置情報と連動したプッシュ通知が可能になるため、付近のリアルタイムのサービス混雑度に合わせたスポット別のダイナミックプライシング(プライスサージやディスカウントなど)や小売業各社とのサービス連動なども考えられるだろう。

サービス開始3年目を迎える ecbo cloak は年内にも海外進出への展開を目論んでいる。ecbo 代表取締役の工藤慎一氏は普通話(北京語)、広東話(広東語)が堪能で中華圏にも造詣が深いことから、中国主要都市・台湾・香港・シンガポールなどへのサービス拡大が期待したいところ。日本へのインバウンド観光客のみならず、日本人観光客のアジア旅行にも便利を提供してくれることになりそうだ。

2周年記念イベントには多数のゲストが集まった。
Image credit: Masaru Ikeda

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


荷物預かりのecbo、JR東日本・JR西日本・JR九州との業務提携を完了——西日本の駅関連施設や博多駅構内でもサービスを開始

SHARE:

荷物預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を展開する ecbo は21日、福岡市内で記者会見を開き、JR 九州と業務提携したことを明らかににした。この提携にを受けて、ecbo は22日から博多駅構内の旅行窓口で荷物預かりの実証実験を開始する。同社ではこれに先立ち、JR 東日本管内では山手線の東京駅、品川駅、池袋駅で、JR 西日本管内では駅関連施設や駅構内の14拠点でサービスを開始…

左から:JR九州 博多駅駅長 森勝之氏、ecbo 創業者 兼 CEO 工藤慎一氏、JR九州 執行役員 事業開発本部企画部長 福澤広行氏
Image credit: ecbo

荷物預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を展開する ecbo は21日、福岡市内で記者会見を開き、JR 九州と業務提携したことを明らかににした。この提携にを受けて、ecbo は22日から博多駅構内の旅行窓口で荷物預かりの実証実験を開始する。同社ではこれに先立ち、JR 東日本管内では山手線の東京駅、品川駅、池袋駅で、JR 西日本管内では駅関連施設や駅構内の14拠点でサービスを開始しており、全国の JR や」鉄道各社でサービスを開始する上で、大きな足がかりとなるだろう。

既存のコインロッカーに比べ、ecbo cloak のバリュープロポジションは、事前決済・予約ができること、預け場所で取扱優先レーンが用意されていて並ぶ必要が少なくて済むこと、コインロッカーに入らないスーツケースなども預かれることなどが挙げられる。サービスが複数言語に対応していることも重宝され、ecbo cloak のユーザの外国人率は7割に達している。サービス開始から2年を経て、利用者や利用動向に関する精緻なデータが溜まったとのことで、これまでオーガニックな流入に依存していたユーザ獲得についても、来年からマーケティングに本腰を入れる模様だ。

ecbo の創業者で CEO の工藤慎一氏は THE BRIDGE のインタビューに対し、次のように語ってくれた。

荷物の預かり場所はまだ圧倒的に足りていない。駅ナカが最もよく使われているので、今はそこを取りに行っているところだ。とにかく、荷物の預かり・預け場所のサプライとデマンドを均一化していきたい。ちょっと駅から歩く預け場所は料金を割安に変動させるとか、将来はダイナミックプライシングなどの導入の可能性もあるかもしれない。

ダイナミックプライシングの可能性は、プライスサージなどの仕組みを持つ Uber で勤務した経験のある工藤氏ならでは発想と言えるだろう。 ecbo cloak のユーザ数は公表されていないが、利用可能な荷物預け場所の拠点数は1,000ヶ所を超えている。今までに無かったコンセプトだけに、「サービスを浸透させるのに時間がかかった」と工藤氏はこれまでの道のりを振り返るが、インバウンド人口の増加に加え、2020年の東京オリンピック、2025年の大阪万博など大規模イベントが目白押しの中、荷物預かりの需要は今後も継続的に伸びると見られ、今後 ecbo cloak の導入に向けて動く事業者は増えることが期待できるだろう。

ecbo は IVS 2017 Fallのピッチコンペティション「LaunchPad」で優勝「JR EAST STARTUP PROGRAM」の第1期デモデイで審査員特別賞「東急アクセラレートプログラム」第3期デモデイでNewWork 賞を獲得している。

ecbo はこれまでに、エンジェルまたはシードラウンドで千葉功太郎氏、渡瀬ひろみ氏、ANRI本田圭佑氏から、今年2月にはシリーズ A ラウンドで東日本旅客鉄道、JR西日本イノベーションズ、メルカリ、赤坂優氏、廣田朋也氏、河合聡一郎氏から資金を調達している。累積調達額は明らかになっていないが、総額で数億円程度に上ると見られる。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ズボラ旅が荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」と連携、旅行中の荷物預かりで手ぶら旅行の実現へ

SHARE:

行き先を決めずに旅行相談ができるチャット窓口「ズボラ旅 by こころから(以下ズボラ旅)」を運営するHotspringは5月28日、荷物の一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak」を運営するecboとの連携を発表した。 同連携内容は、ズボラ旅から旅行を宿泊予約したユーザーが旅行中にecbo cloakを利用し、手ぶら観光ができるというもの。ユーザーは、予約完了後に発行された無料プロモー…

スクリーンショット 2018-08-28 10.16.25.png

行き先を決めずに旅行相談ができるチャット窓口「ズボラ旅 by こころから(以下ズボラ旅)」を運営するHotspringは5月28日、荷物の一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak」を運営するecboとの連携を発表した。

同連携内容は、ズボラ旅から旅行を宿泊予約したユーザーが旅行中にecbo cloakを利用し、手ぶら観光ができるというもの。ユーザーは、予約完了後に発行された無料プロモーションコードを活用し、バックサイズ2個もしくはスーツケースサイズ1個に該当する荷物を1回無料で預けることができる。

2017年1月にサービス提供を開始したecbo cloakは、荷物を預けたい人と預かる場所をマッチングするサービス。カフェや美容室、観光施設などで荷物を預けられる。サービスの利用可能地域は東京や大阪、京都など全国の主要都市を中心に展開中だ。

旅行代金後払いリリース後のTwitterでの有川氏と工藤氏のやりとり

今回の取り組みには利用期限が設けられており、現段階では年内いっぱいとなっている。同取り組みはecbo代表取締役の工藤慎一氏からの声かけによるもの、ということだ。ecboはかねてより、沖縄ツーリストとの連携や神社京町家、着物店など観光施設との連携に力を入れている。

ズボラ旅運営のHotspring側は、今後も旅行体験向上のために他社運営サービスとの連携も視野に入れていく考えだ。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


荷物預かりのecboが本田圭佑氏より第三者割当増資を実施、グローバル進出の第一歩を踏み出す

SHARE:

荷物の一時預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecboは8月8日、プロサッカー選手の本田圭佑氏を引受先とした第三者割当増資の実施を発表した。資金調達額や払込日、株式比率などの詳細は公開されていない。 2017年1月よりローンチされたecbo cloakは、荷物を預けたい人と預かるスペースを持つ店を繋げるマッチングサービス。荷物を預けたい場所へ事前に同サービス上から予約…

ecbo_honda.jpg
写真左よりecbo代表取締役の工藤慎一氏、本田圭佑氏 / 同社提供

荷物の一時預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecboは8月8日、プロサッカー選手の本田圭佑氏を引受先とした第三者割当増資の実施を発表した。資金調達額や払込日、株式比率などの詳細は公開されていない。

2017年1月よりローンチされたecbo cloakは、荷物を預けたい人と預かるスペースを持つ店を繋げるマッチングサービス。荷物を預けたい場所へ事前に同サービス上から予約することで、コインロッカーなどを探す手間をなくす。

東京や大阪、京都など首都圏を中心にJR西日本全国のアパマンショップの店舗などで利用が可能。預け入れの際は荷物に対する保険も完備している。

今回の資金調達において、同社代表取締役の工藤慎一氏は本誌へ下記のようにコメントしている。

「(今回本田氏が株主として参画したことは)ecboにとって、グローバル進出の大きな一歩だと考えてます。日本だけでなく、世界ナンバーワンの荷物預かりプラットフォームを目指します!」(工藤氏)

 

 

 

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ロッカー代わりの荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」が全国のアパマンショップで利用可能に

SHARE:

荷物一時預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」は7月6日、賃貸住宅仲介を手がけるアパマンショップ直営全87店舗への導入が決定し、荷物預かりを開始したこと発表した。利用できるのは 北海道 、 首都圏 、 東海 、 関西 、 福岡のアパマンショップ直営店舗。 荷物一時預かりサービスecbo cloakは、2017年1月に東京都内でスタート。「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペース…

d21088-32-409409-4
アパマンショップにて荷物の預け入れが利用可能に(写真素材:リリースより)

荷物一時預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」は7月6日、賃貸住宅仲介を手がけるアパマンショップ直営全87店舗への導入が決定し、荷物預かりを開始したこと発表した。利用できるのは 北海道 、 首都圏 、 東海 、 関西 、 福岡のアパマンショップ直営店舗。

荷物一時預かりサービスecbo cloakは、2017年1月に東京都内でスタート。「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店」をつなぐシェアリングサービスで、コインロッカーの代わりにネットで事前予約をし、カフェや美容院などの多種多様なスペースに荷物を預けることができる。

コインロッカーに入らないサイズの大型の荷物も預けることができ、国内外の旅行者による旅先での利用ができるほか、イベント参加の際や日常生活における買い物やその他様々なシーンで利用されてる。

アパマンショップには1月15日より、都内18店舗で試験的にecbo cloakを導入し、オペレーションの整備を勧めていた。店舗が駅近という立地面と通訳システムを導入したことから外国人観光客の反応もよく、1月の試験導入以来、2月には3倍近い利用伸び率を示したという。今後は、さらにFC店舗を含めた全店舗展開を進めていく。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


荷物預かりのecbo cloakがJR西日本らと連携を開始、京都駅や大阪駅など計10カ所で導入

SHARE:

荷物を預けたい人と預かる店舗のマッチングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecboは3月12日、西日本旅客鉄道の関連会社が運営する手荷物預かり所でのサービス提供を開始することを発表した。今回の連携は同社が2月6日に公表した資金調達による提携だ。 サービスが利用できるのは、ジェーアル西日本マルニックスが運営する京都駅、大阪駅、関西空港駅の3箇所の手荷物預かり所と日本旅行が運…

スクリーンショット 2018-03-12 23.57.47.png

荷物を預けたい人と預かる店舗のマッチングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecboは3月12日、西日本旅客鉄道の関連会社が運営する手荷物預かり所でのサービス提供を開始することを発表した。今回の連携は同社が2月6日に公表した資金調達による提携だ。

サービスが利用できるのは、ジェーアル西日本マルニックスが運営する京都駅、大阪駅、関西空港駅の3箇所の手荷物預かり所と日本旅行が運営する金沢、京都。大阪、岡山、広島エリアの計7箇所。3月19日より、計10箇所でのサービス提供を開始する。

2017年1月にリリースしたecbo cloakは、荷物を預けたい人と荷物を預かる空きスペースがある店舗のマッチングサービス。現在は東京や大阪、京都、北海道、沖縄、愛媛などで展開している。同サービスでは荷物を預けるだけでなく、事前のロッカーの予約や預ける荷物への保険への加入もできる。

預けられる場所はカフェや美容院、神社、レンタサイクルショップなど業種を問わず空きスペースをもつ店舗など。同社は2月19日にも日本郵政の東京都・神奈川県内の計31局でのサービス提供開始も発表している

Source:PRTIMES

 

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


荷物預かりのecbo cloakが北海道へ進出、ユーザーの9割は外国人観光客

SHARE:

荷物預かりのシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecboは9月6日、サービス対応地域を北海道へ拡大することを発表した。同社のエリア拡大は京都・大阪・福岡・沖縄に引き続き、年内で5度目となる。 ecbo cloakは旅行者などの荷物を預けたい人と荷物を預かるスペースを持つお店を繋ぐシェアリングサービス。現在の対応地域は日本のみにもかかわらず、ユーザーの9割はアジア…

虹霓舎.jpg

荷物預かりのシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecboは9月6日、サービス対応地域を北海道へ拡大することを発表した。同社のエリア拡大は京都大阪福岡沖縄に引き続き、年内で5度目となる。

ecbo cloakは旅行者などの荷物を預けたい人と荷物を預かるスペースを持つお店を繋ぐシェアリングサービス。現在の対応地域は日本のみにもかかわらず、ユーザーの9割はアジアを中心とした外国人観光客だ。同社代表取締役の工藤慎一氏に外国人ユーザーの獲得について聞いてみたところ、下記のように回答してくれた。

「まず、現地の香港経済新聞などのメディアからの拡散があります。あとは利用した外国人ユーザーがSNSやブログで口コミをしてくれた結果、ユーザーになってくれるケースも増えてきました。今はエリア拡大をメインにすすめていますが、外国人観光客の獲得も積極的にすすめていきたいと思っています」(工藤氏)。

今回の北海道進出は同社が掲げていた業務提携によるエリア拡大の施策を実施している。札幌を中心に不動産事業を運営するEZO CONSULTING GROUPと協力することで、同サービスを30店舗へ導入した。不動産業界との取り組みに関しては「不動産コンサルティングの一つの手法としてecbo cloakは相性が良い」と工藤氏は話していた。今後、北海道全体では400店舗の導入を目指す。

同社は2018年に1万店舗への拡大を目指しており、年内の拡大5度目にして、地方ごとのコミュニティや地域性の違いも見えてきたという。例えば北海道で冬の時期にスキー板を預かって欲しいといった要望があったそうだ。今後の展開も踏まえて同社は地域性にあわせた新しいプランの作成なども検討している。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


荷物預かりのecbo cloakが沖縄ツーリストと業務提携、観光事業との連携でエリア拡大の促進狙う

SHARE:

荷物預かりのスペースシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecboは8月9日、沖縄ツーリストとの業務提携によりサービス対応エリアを沖縄へ拡大することを発表した。沖縄では那覇市および国際通りなどのエリアを中心に展開する。 同社は年内で京都・大阪・福岡と対応エリアを広げており、今回は年内4度目のエリア拡大となる。同サービスは荷物を預けたい人と荷物を預かるスペースを持つ…

.jpg
左から沖縄ツーリスト執行役員の石坂彰啓氏/ecbo代表取締役の工藤慎一氏

荷物預かりのスペースシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecboは8月9日、沖縄ツーリストとの業務提携によりサービス対応エリアを沖縄へ拡大することを発表した。沖縄では那覇市および国際通りなどのエリアを中心に展開する。

同社は年内で京都大阪福岡と対応エリアを広げており、今回は年内4度目のエリア拡大となる。同サービスは荷物を預けたい人と荷物を預かるスペースを持つ施設のスペースシェアリング。スペースの有効活用を促進するだけでなく、観光客が荷物をお店や観光スポットに預けるという接点を持つことで集客や施設利用のきっかけづくりを目指す。

本件を皮切りに同社は観光事業者との業務提携によるエリア拡大および店舗開拓の促進を目指す。同社代表取締役の工藤慎一氏の話によれば「全国展開を加速させる中で、全エリアへの拠点設置の課題を地域を盛り上げたい企業や団体、商店街などと協力することによりクリアしていく」ということだった。提携社数に関しては100社程度を目安に考えている。

沖縄では直近400店舗を目標に宮古島や石垣島などの離島にも展開する意向を示している。

 

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


荷物預かりのシェアリングサービス「ecbo cloak」が福岡でサービス開始、新たに神社が加盟施設に

SHARE:

荷物預かりのスペースシェアリングサービスecbo cloak(エクボクローク)は6月28日、福岡でサービスを開始することを発表した。福岡県内の対応地域は福岡市および北九州市。同社は4月に京都、5月に大阪へとサービスの対応エリアを広げており、福岡進出は年内3度目の拡大となる。 ecbo cloakは荷物を預けたい人と荷物を預かるスペースを持つ施設のシェアリングサービス。福岡ではecbo cloakに…

.jpg

荷物預かりのスペースシェアリングサービスecbo cloak(エクボクローク)は6月28日、福岡でサービスを開始することを発表した。福岡県内の対応地域は福岡市および北九州市。同社は4月に京都5月に大阪へとサービスの対応エリアを広げており、福岡進出は年内3度目の拡大となる。

ecbo cloakは荷物を預けたい人と荷物を預かるスペースを持つ施設のシェアリングサービス。福岡ではecbo cloakに加盟しているコワーキングスペースやヘアサロン、観光案内所などの施設に荷物を預けることができる。また同サービスとしては初の神社、鳥飼八幡宮も加盟施設になる。

同社は2017年度内に全国1万施設の加盟を目指しており、iOSおよびAndroid版アプリのリリースも予定。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録