THE BRIDGE

タグ Echelon 2014

gumi、Facebook、Ubisoft、Touchten、MOL〜キープレーヤーが予測する、アジアのゲーム業界の行方 #ECHELON2014

SHARE:

これは、6月10〜11日の2日間にわたって、シンガポールで開催された e27 のスタートアップ・カンファレンス「Echelon 2014」の取材の一部である。2日目の午後、アジアのゲーム業界におけるキープレーヤーの代表者を集めて、この分野のこれまでをまとめ、今後を占うラウンドテーブルが開かれた。 このセッションに参加したパネリストは、 Rivai Adidharma – Sr VP, Intern…

gaming-developer-roundtable_featuredimage

これは、6月10〜11日の2日間にわたって、シンガポールで開催された e27 のスタートアップ・カンファレンス「Echelon 2014」の取材の一部である。2日目の午後、アジアのゲーム業界におけるキープレーヤーの代表者を集めて、この分野のこれまでをまとめ、今後を占うラウンドテーブルが開かれた。

このセッションに参加したパネリストは、

  • Rivai Adidharma – Sr VP, International Business, MOL Global
  • Hugues Ricour – Senior Producer, Ubisoft
  • Stephen Chun – Head of Gaming Sales for North Asia and Emerging Markets, Facebook Asia Pacific
  • 國光宏尚氏 – Founder & CEO, gumi Inc(gumi Asia に関する関連記事
  • Anton Soeharyo – Co-Founder & CEO, Touchten(関連記事

なお、モデレータは、e27 のゲーム担当エディタの Jonathan Leo Toyad が務めた。


まず、過去3年間にこの業界に起こっている事象を、パネリストそれぞれの視点から教えてもらうことにしよう。

MOL の Rivai によれば、ゲーム・デベロッパにとって、iOS や Android 環境からの売上の上昇は著しい。クレジットカードの普及率が乏しい東南アジアにおいては、ゲーム・デベロッパにとって MOL のような課金サービスを提供する企業は必要不可欠の存在だが、彼らは自社プラットフォームでの取引動向を通して、ゲーム・デベロッパのマネタイゼーションの動きをつぶさに感じ取っているようだ。

Facebook の Stephen は、2014年の第1四半期の実績として、同社の広告売上の59%がモバイルからもたらされていると述べた。

國光氏は日本市場におけるゲームの動向を振り返って、ミクシィを初めとして展開された PC 向けのソーシャルゲームから、ガラケーのゲーム、スマホのブラウザ・ベースのゲーム、スマホのネイティブアプリ・ベースのゲームと、非常に大きな変化があったと指摘した。そして今後、スマートテレビを使ったゲームや、Oculus などのVRデバイスを使ったゲームも隆盛してくると予測する。

Touchten の Anton は、自分が子供だった頃、友達の家にコンソール・ゲームをしに遊びに行った体験を階層し、現在は手のひらの上でゲームができるようになり、トイレの中で用を足しながらゲームする人もいると述べ、会場の笑いを誘った。

kunimitsu-onstage

Clash of Clans に代表されるように、欧米発のゲームがアジアの消費者を強く必要惹き付けるには何が必要なのだろうか。

ゲームを無料で利用させ(free to play)、後からバーチャル・アイテムを購入させたり、継続利用の際に料金を徴収したりする方法は、今のところ、うまく機能しているかもしれない。特にアジアにおいては、欧米に比べ、クレジットカードのような便利な決済手段が普及していないこともあり、free to play や仲間同士でゲームが対戦できる体験は重要だろうというのが、パネリストに共通する見方だった。

Facebook の Stephan は、特に長期間にわたるユーザ・エンゲージメントが重要になるだろうと指摘した。とかく、ダウンロード数でアプリの善し悪しが評価される傾向にあるが、今後はユーザのリテンション、すなわち、長期にわたって使ってくれる質のよいユーザを集めることが重要になる。MOL の Rivai は、AppAnnie の上位ランクを見ると、確かに free to play のゲームタイトルが上位を占めており、東南アジアあら始まったこの方法は、次第に世界中のゲームのトレンドに変化しつつあると述べた。

gaming-developer-roundtable2

ゲーム・デベロッパが、この地域で成功するために気にすべきことは何か。とかく各国のエンジニアの労賃やスマホ普及率に話が集中しがちなこの話題に、フランスに本拠を置く Ubisoft の Hugues は面白い視点で聴衆に答えた。

一つはアジアにこだわる必要はないということ。アジアで開発したからと言って、ユーザの市場をアジアに限定する必要はない。世界を相手にゲームをリリースすることは、現在では難しいことではない。アジアで成功すれば、市場の性質が似ているブラジルや東ヨーロッパでも成功できる可能性が高いだろう、というのが彼の見解だ。

そしてもう一つは、Android / iOS / PC などクロス・プラットフォームで同じゲームをリリースする場合、必ずしも同じゲーム体験を提供することにこだわる必要はないだろうということ。國光氏も指摘したように、スマートテレビや Occulus などでゲームが楽しめるようになれば、スマートフォンやタブレットより体験できることのバリエーションも広がる。Android と iOS では同じゲーム体験を提供するのが定説だったが、確かにこれを覆すことをためらう論理的な理由は見つからない。デバイスが違えば、同じタイトルでも、ゲーム体験が違って構わないのだ。

gaming-developer-roundtable1

2014年〜2015年にかけて気になるトレンドとして、Touchten の Anton が Kickstarter を挙げていたのが印象的だった。

ゲーム開発会社と言えど、スタートアップなら新しいゲームタイトルを開発する人員コストを捻出するため、投資家から資金調達を図るのが一般的だった。昨日の Launchpad で惜しくも入賞ならなかったが、Kickstarter と同じように、本を書く際に素案をユーザに披露し、資金集めしてから出版ができる Publishizer というスタートアップが注目を集めていたが、ゲームにおいても、同じようなプラットフォームが出て来るかもしれない。

リリース前に新しいタイトルのアイデアを公表してしまうリスクはあるものの、開発着手前にユーザ・バリデーションができるし、ユーザの期待を上回るゲーム体験を届ける方法が確立できれば、これはまた、スタートアップ・エコシステムの新たな可能性を創り出すのに役立つだろう。

----------[AD]----------

#ECHELON2014: Launchpadの最優秀賞は、タイの子供向け学習プラットフォーム「Taamkru」が獲得

SHARE:

6月10日〜11日の2日間にわたって、シンガポールのテックメディア e27 の開催するスタートアップ・カンファレンス ECHELON 2014 が開催されている。Launchpad のセッションでは、アジアや太平洋地域から集まったスタートアップ10チームが凌ぎを削った。 最優秀賞(Most promising startup): Taamkru(タイ) Taamkru はタイ語で「先生に尋ねる」の…

echelon-launchpad-all-winners-onstage

6月10日〜11日の2日間にわたって、シンガポールのテックメディア e27 の開催するスタートアップ・カンファレンス ECHELON 2014 が開催されている。Launchpad のセッションでは、アジアや太平洋地域から集まったスタートアップ10チームが凌ぎを削った。

最優秀賞(Most promising startup): Taamkru(タイ)

taamkru_onstage

Taamkru はタイ語で「先生に尋ねる」の意。タイのアプリストア子供向けアプリカテゴリ、教育アプリカテゴリで1位の座を獲得した iOS アプリ。最近、シンガポールのアプリストア子供向けアプリカテゴリでも1位の座を獲得した。

子供や教師向けのアプリだが、チームの中に、タイと中国に幼稚園を経営する人物や、幼稚園向けの経営本を書いている著者らがいて、子供を巻き込んで容易にユーザ・バリデーションが実施できるのが強みとのこと。

聴衆賞(People’s choice):Ambi Climate(香港)

ambi-climate

エアコンの温度調整は難しい。時代と共にエアコンの温度調節機能はかなり進化しているが、それでも結局、ユーザは冷えすぎてスイッチを切ったり、暑くなってスイッチを入れたりしつづけている。

Ambi Climate は WiFi 接続可能、赤外線によるリモコン機能を持ったデバイスで、部屋の温度や湿度、当地の気候、ユーザの好みを学習してエアコンを制御する。現在、7つのメーカーのエアコンに対応しており、対応メーカーは拡大していく予定。

Global Brain 賞:iChef(台湾)

ichef-onstage

iChef については、以前 ECHELON 2014 の東京サテライトのときに、彼らに独占インタビューを行っているので、記憶にある読者もいるだろう。混雑するレストランにおいては、動作の遅いPOSシステムがボトルネックになるため、彼らはレストラン業務に特化したクラウド型のPOSシステムを開発した。

現在、香港と台湾の200以上のレストランに導入されており、これまでに1,000万件以上の注文取引がこのプラットフォームを通じて処理された。日本への進出も計画している。数ヶ月前に比べ、サービスのインタフェースもさることながら、彼らのピッチのレベルが格段にグレードアップしていたのは賞賛に値する。

これら入賞したスタートアップ以外にも、素晴らしいチームがステージを飾った。時間の制約で登壇スタートアップ全チームのラウンドアップは後日紹介するが、それが待てない読者は、例によって、全てのピッチをビデオ収録しておいたのでチェックしてほしい。

----------[AD]----------

アジア最大級のスタートアップ・カンファレンス「Echelon 2014」がアジェンダを発表、今年の開催は6月10日〜11日

SHARE:

THE BRIDGE のメディアパートナーで、シンガポールに本拠を置く e27 が年に一度開催するスタートアップ・カンファレンス「Echelon 2014」のアジェンダが発表された。今年の開催は6月10日(火)と11日(水)、会場は昨年と同じく、チャンギ空港からも程近い Singapore Expo Max Atria だ。 イベントの目玉は、おなじみ 500Startups の Dave McC…

echelon2014_featuredimage

THE BRIDGE のメディアパートナーで、シンガポールに本拠を置く e27 が年に一度開催するスタートアップ・カンファレンス「Echelon 2014」のアジェンダが発表された。今年の開催は6月10日(火)と11日(水)、会場は昨年と同じく、チャンギ空港からも程近い Singapore Expo Max Atria だ。

イベントの目玉は、おなじみ 500Startups の Dave McClure による基調講演のほか、先頃3,200万ドルを調達し、積極的な国際展開を発表したオンライン学習プラットフォーム Udemy の Chairman Eren Bali、ギャグサイト 9GAG の共同創業者 Ray Chan、VC向けにスタートアップの成長データを分析・提供する会社 Mattermark 創業者 Danielle Morrill など豪華な顔ぶれだ。

Echelon-2014-RECTANGLE-300x250-Speakers

THE BRIDGE では今年も Echelon 2014 のメディアパートナーを務めるが、主催元の e27 から THE BRIDGE の読者向けに、参加にあたっての割引購入権を付与してもらった。右のバナーをクリックしたリンク先から、チケットを通常より10%安い金額で購入することができる。

以前 THE BRIDGE でもお伝えしたように、このイベントの東京予選では、台湾発のレストラン向けPOSアプリ・スタートアップ「iChef」が優勝した。この iChef を含む、アジア各地の予選で選ばれたスタートアップ各チームが、ピッチ・コンペティションで凌ぎを削る予定だ。

----------[AD]----------

Echelon Japan Satellite: 画像認識技術を使って、ブランドが消費者にどう受け入れられているかを分析する「BrandPit」

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 昨年9月、Startup Sauna Tokyo のピッチコンテストで優勝したスタートアップ「BrandPit」について取り上げた。BrandPit は、ブランドが自社のファンのことをより理解するためのアナリティクス・ツールで、テキストやキーワード分析の代わりに画像認識技術を利用している。 現在の彼らのフォーカスは、…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

昨年9月、Startup Sauna Tokyo のピッチコンテストで優勝したスタートアップ「BrandPit」について取り上げた。BrandPit は、ブランドが自社のファンのことをより理解するためのアナリティクス・ツールで、テキストやキーワード分析の代わりに画像認識技術を利用している。

brand-pit02_sm-280x233現在の彼らのフォーカスは、Instagram で共有された画像を使った分析で、Facebook や Twitter でも同様の分析を行っている。ソーシャル共有された画像の中からブランドのロゴを検知することで、BrandPit を利用する企業は、誰がファンで影響力のある人物かなど貴重な洞察を得られるほか、ブランドのアクティビティに関する地理的分布を見ることもできる。このようにして、言葉の違いやスパムなど、キーワード分析に関わる多くの問題を BrandPit は解決しようとしている。

先週、東京で開催された Echelon のサテライト・イベントで、BrandPit の創業者 T T Chu(上記ビデオの人物)と話をする機会があった。[1]

彼は、BrandPit が将来、ブランドへの価値を拡大すべく、画像認識技術のスコープを拡大する計画だと語ってくれた。

ロゴ、ブランド、製品以外のものも検出するようにしたいと思っています。まわりの環境や製品のまわりに映り込んでいるモノなど、写真の中に含まれる他の情報についても、認識できるようにしたいと思っています。このような周辺情報を得ることで、その製品が使われたり消費されたりしている場の状況を、より的確に捉えることができます。この種の情報は、客層を特定する上で極めて重要です。

BrandPit の画像認識技術は社内開発によるもので(主に T T Chu 自身の手によるもの)、ユーザ生成の画像に適用されたときによい結果を生み出せることが、最大のアドバンテージの一つだ。つまり、画像が暗かったり、他のモノが映り込んで邪魔していたり、小さ過ぎたりしても、他の技術なら検出できないものを BrandPit なら検出できるのだ。

T T Chu によれば、場の状況を把握するため、画像に映り込んでいる周辺物を検出する場合、驚くべきことに、彼の技術を使えば、ワイングラスなどコントラストの弱い物体でも検出できるのだそうだ。

BrandPit は次のレベルに進むべく、現在、資金を調達中だ。ビジネス・アナリティクス市場のサイズや成長の状況から言って、彼らには競合が多くないため、BrandPit についてよいニュースをお伝えできるのは、そう遠い先のことではないだろう。

brand-pit04-620x308

brand-pit03-620x307

brand-pit01-620x309


  1. お恥ずかしいことに、私は今回再会するまで、どこで彼を知ったかよく覚えていなかった。 
----------[AD]----------

Echelon Japan Satellite: 台湾のレストラン向けPOSアプリ・スタートアップ「iChef」が審査員賞を受賞

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 光栄なことに、我々は今日、東京で開催された e27 の Echelon Japan Satellite に参加することができた。台湾を拠点とするスタートアップ iChef がピッチ・コンペティションで審査員賞を受賞した。 従来の POS システムは遅くて重いので、レストラン営業のピークの時間帯にはボトルネックになる。…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

光栄なことに、我々は今日、東京で開催された e27 の Echelon Japan Satellite に参加することができた。台湾を拠点とするスタートアップ iChef がピッチ・コンペティションで審査員賞を受賞した。

従来の POS システムは遅くて重いので、レストラン営業のピークの時間帯にはボトルネックになる。対照的に、iChef はiPad 一台、もしくは、同期させた複数の iPad を採用しており、動きが軽く機能も多彩だ。

このソリューションを使うレストランは台湾と香港に100軒あり、同社は日本でのビジネス展開を計画中だ。

iChef はレストランには月額料金を請求し、これが同社にとって主要なマネタイゼーション・モデルとなるが、集められた購入や注文のデータも、匿名データやビッグデータとして、マネタイズに活用できると考えている。

----------[AD]----------

アジア最大のスタートアップ・イベントEchelon 2014が、ピッチ・コンペティションへのエントリを受付中

SHARE:

THE BRIDGE のメディアパートナーでもある、シンガポールのテックニュース・ブログ e27 は、今年もスタートアップ・カンファレンス/ピッチ・コンペティション Echelon 2014 を開催する。同社では現在、ピッチ・コンペティションに出場を希望するスタートアップを募集中だ。 2008年に unConference Singapore としてスタートしたこのイベントも、2010年に Ech…

echelon2014_featuredimage

THE BRIDGE のメディアパートナーでもある、シンガポールのテックニュース・ブログ e27 は、今年もスタートアップ・カンファレンス/ピッチ・コンペティション Echelon 2014 を開催する。同社では現在、ピッチ・コンペティションに出場を希望するスタートアップを募集中だ。

2008年に unConference Singapore としてスタートしたこのイベントも、2010年に Echelon とその名を改め、今年で7回目を迎えようとしている。この分野のイベントの先駆けとなった TechCrunch 40 の開催が2007年だったことを考えると、Echelon もスタートアップ業界では、もはや老舗と言っても過言ではないだろう。Echelon はこれまでにアジアで多くのスタートアップの成功をサポートし、また消えて行くスタートアップの現実も目の当たりにしてきた。

<これまでの Echelon に関する記事>

このコンペティションへの応募締切は、今週土曜日(2月15日)の未明0時59分59秒(日本時間)までだ。その後、書類選考、インタビュー選考が実施され、3月〜4月にアジア主要都市で Echelon Satellite という名で予選イベントが開かれる(東京でも3月14日に開催される模様)。最終的には6月10〜11日にシンガポールで開催される Echelon 2014 の場で優勝スタートアップが決定される。

Echelon から輩出された代表的なスタートアップには、2013年のコンペティションで優勝した、文字認識による中国語翻訳アプリ「Waygo」(90万ドルの資金調達に成功)、2012年の優勝で建設業向けにウェブサービスを提供するタイの「Builk」(40万ドルの資金調達に成功、先週の 500Startups の第7期デモデイで高い評価を受けた)などがある。

前述した昨年以前の Echelon の記事やビデオを参考にしていただき、東南アジアでの露出を狙いたいスタートアップは、この機会にぜひエントリーしてほしい。健闘を祈る。

----------[AD]----------