BRIDGE

タグ ELLEgirl

「虚構で作ったコンテンツは見向きもされない」:80万人の女の子が集まる「iQON」のデジタルマガジン編集長、澄川恭子さん【後編】

SHARE:

「「女の子を可愛くしてあげたい」という原点に戻り、ELLEgirl編集長からITスタートアップ「iQON」に参加した澄川恭子さん」の後編をお届けします。前編はこちら。 7年前、「やらせられた」ELLEgirlオンラインの立ち上げで得たもの 三橋:iQONへの参加は、これまでのキャリアで一番のターニングポイントになるんでしょうか。それとも、今の自分がいることに影響している体験って他にありますか。 澄…

「「女の子を可愛くしてあげたい」という原点に戻り、ELLEgirl編集長からITスタートアップ「iQON」に参加した澄川恭子さん」の後編をお届けします。前編はこちら

Kyoko-Sumikawa-iQon-side

7年前、「やらせられた」ELLEgirlオンラインの立ち上げで得たもの

三橋:iQONへの参加は、これまでのキャリアで一番のターニングポイントになるんでしょうか。それとも、今の自分がいることに影響している体験って他にありますか。

澄川:それは、ELLEgirlの編集長代理となった7年前ですね。自分が携わった初の号を出すか出さないかという時に、現ハーストの社長からオンラインの立ち上げを命じられて。当時は「サイトマップって何ですか?」というくらいデジタルを理解していませんでしたから、正直「は?」って感じでした。ブログとか流行りだしていたけれど、自分にとっては遠い人の話くらいに思っていたので(笑)

三橋:そっか、7年前ですもんね。

澄川:でも、オンラインの立ち上げをミッションとして与えられたので、もうやるしかなくて。その時に、紙とデジタル、その2つをつなげることを否応無しに考えさせられました。その時は、「させられた」っていう感覚だったんですけど。紙には載せきれなかったネタをオンラインで見せたり、それぞれの活かし方が見つかっていって。

三橋:デジタルにも理解がある今の澄川さんがいるのは、その時の経験が大きいんですね。

澄川:その後、さらにSNSの時代がやってきて、読者とより強くつながれるようになったことで、人を動かす楽しさみたいなものも知ることができました。世の中の潮流がまだデジタルメインじゃない頃に触れて勉強していたので、デジタルへの理解が生まれたんだと思います。あの経験がなければ、今ここにいないと思います。

三橋:これまでずっと女の子、女性向けのコンテンツを作ってきて、一番印象に残っている特集とか取り組みってなんでしょう。

澄川:印象的な号って難しいですね、いっぱりあり過ぎるし、わりと過去を捨てちゃうタイプの人間なので忘れた部分も…。でも、ELLEgirl LABOの立ち上げは新しかったと思います。読者の中から選んだ15人の子達に誌面を作らせたり、リアルイベントをプロデュースさせたり。発信力を持った子達を一緒に育てていくというか。

三橋:iQONでも、ただ可愛いファッションを着るっていうことを越えて、そんな取り組みをしていくってことですね。楽しみですね。

澄川:そうですね。ELLEgirl LABOは15人でしたけど、iQONではもっと大勢に向けて、みんなが参加できる形にしたいなって考えています。

編集者に求められるのは、「適応力」

三橋:編集っていう仕事に必要なスキルとか性質みたいなものってありますか。

澄川:適応力かな。自分が行きたい雑誌の編集部に配属されないかもしれないこともある。だからといって、つまんないって思いながらやっていたら、それが誌面にも表れちゃうでしょ?適応力を持って楽しんでいる人の周りには、人が集まるし、助けてくれる。自分が楽しんでるかどうかかな。

三橋:編集だけじゃなくて、仕事全般に言えることかもしれないですね。

澄川:そうですね。楽しむ力がなかったら、私自身ここにいません。人生論になってしまいますけど、人生なんて誰も同じように辛くて苦しいものだと思うんです。でも生きていかなきゃいけない。私の命が365日だとして、それを泣いて暮らすのか、笑って暮らすのか。私はやぱり笑って暮らしたいと思うので。

三橋:最初にも伺ったんですけど、女の子とはこういう生き物だってことを、澄川さんならどう表現しますか。

澄川:女の子は、一生可愛くいたいと願っている生き物だと思います。可愛いのか、素敵なのか、その方向性は一人一人の心の中にあるものだと思うんですよ。AKBみたいになりたいなのか、ミランダ・カーみたいになりたいなのか、人それぞれ。でも、いつまでも「あの人素敵よね」って言われ続けたい。それは顔立ちだけじゃなく、洋服だったり体系だったり、雰囲気だったり。何かが素敵になる要素を持ち続けたいと思っている生き物だと思います。

虚構で作られたコンテンツは見向きもされない

三橋:以前から不思議に思っていることがあって。男性誌の女性版みたいなものって物足りなくて、結局男性版を読んでしまったりするんですけど、あれってなんでしょう。

澄川:私の個人的な意見ですけど、女ってこういうもんだよね的な、作られた虚構の中で人が作っているような気がします。女の脳って、そんなにウェットじゃないし、実はけっこうドライです。面白いもの、辛辣なものだって全然好きだったりする。そこを理解しないで、一般的な虚構をベースに思い込みで作っているんじゃないかな。

三橋:なるほど。女性とはこういうものだっていう虚像をもとに作られているから、ですか。

澄川:女性は可愛く、従順で、みたいな。そこが、実際に働いていたり、自分をしっかり持っている女性には何一つ響かなかったのでは?むしろ女性のほうがオヤジの部分もあるじゃないですか(笑)実は男子のほうがロマンチストだし。それを男子目線で、女の子ってこうあってほしいっていうところで作ってしまったのかもしれない。実際にはそんな女性一人もいないから(笑)

三橋:なるほど。納得しました(笑)最後に、女の子に向けてコンテンツを作っている人たちにアドバイスをいただけますか。女子に刺さるコンテンツを作るには、どこに気をつけるべきか。

澄川:デジタルだからといって、今の話じゃないですけど、虚構で作らないことです。私は、しょっちゅう若い子を呼んで、彼女達が使うもの、見ているもの、興味があるものを聞くようにしています。きっと○○だろうな、で作らない。自分が若い子のものを作らなきゃいけなかった時も、自分が20歳くらいの時にどういう気持ちでいたかをすごく掘り起こしました。何になりたくて、どう思って、何に悔しくて、何を魅力的に感じたのか。それって時代が変わっても感じることだから。

三橋:ユーザーの声をちゃんと聞くって、サービス作りにも全く同じことが言えますね。

澄川:結局、デジタルにしても雑誌にしてもツールでしょ?だから、使う人たちが本当にどう思っているのか、なんでそれを読みたいのか、使いたいのか。そこを見極めて落とし込んでいかないと、見向きもされないものになってしまう。勝手に暴走しないで、生きた人間を見て、その距離をどうデジタルで便利に埋めるかを考えていきたいと思っています。

三橋:今日はどうもありがとうございました。

「女の子を可愛くしてあげたい」という原点に戻り、ELLEgirl編集長からITスタートアップ「iQON」に参加した澄川恭子さん【前編】

SHARE:

私の強み。考えたことがなかったけど、マスの目を持っているってことかな。大衆の目。かっこいいものは好きだけど、同時に若い子たちと同じように憧れとかミーハーな部分も持っているというか。そこを今の若い子たちと何ら変わりなく共有できることですかね。 以前にTHE BRIDGEでもお伝えした、「iQON」への強力な新メンバーの参加。ELLEgirlの前編集長の澄川恭子さん。ハースト婦人画報社(旧婦人画報社)…

Kyoko-Sumikawa-iQon

私の強み。考えたことがなかったけど、マスの目を持っているってことかな。大衆の目。かっこいいものは好きだけど、同時に若い子たちと同じように憧れとかミーハーな部分も持っているというか。そこを今の若い子たちと何ら変わりなく共有できることですかね。

以前にTHE BRIDGEでもお伝えした、「iQON」への強力な新メンバーの参加。ELLEgirlの前編集長の澄川恭子さん。ハースト婦人画報社(旧婦人画報社)の女性誌の編集部でキャリアを積んできた、女子向けコンテンツを作るプロフェッショナル。

 ただ、女の子を可愛くしてあげたい。出版社に入社した当時から変わらないその想いを原動力に、デジタルマガジンという新しいチャレンジに挑む澄川さんへのインタビューです。お話を伺っていくうちに、サービス作りとコンテンツの編集にある共通点が見えてきました。

可愛くなりたい女の子の悩みやコンプレックスを解決してあげたい

三橋:今日はよろしくお願いします。一ヶ月程前にiQONにジョインしたということですが、澄川さんの今までのご経歴を教えていただいても良いですか。

澄川:婦人画報社という出版社で、今はもうなくなってしまった雑誌「Vingtane(ヴァンテーヌ)」の編集部にいました。その後、「ELLE」へ移動し、「ELLEgirl」の編集長に。

三橋:では、ずっと編集をされてきて、会社を変わるのは今回が初めてなんですね。

澄川:そうですね。ただ、まるっきり日本の会社だった婦人画報社が、フランス、アメリカの会社に買収されたことで、企業文化や雰囲気に変化がありました。そういう意味では飽きることはなかったですし、面白かったですよ。

三橋:iQONに入ってみて、女の子って実はこうなのか!っていう発見はありましたか。

澄川:やっぱり、女の子ってみんなおしゃれになりたいと思っているし、可愛くなりたいっていうのは永遠のテーマだと思うんですよね。それが特に強いのが20代で、30歳を過ぎるとライフスタイルの変化で視野も広くなるし、コンプレックスも少しずつ手放される。でも20代って、隣に座ってる人と自分を比べてしまう。それを例えば、ファッション、コスメというもので解決できるなら解決してあげたいと思っています。

三橋:誰かのために何かを解決してあげたいっていうところが根幹にあるのは、サービスも、雑誌の編集も、作り手の想いに共通するものがありますね。

澄川:今までは、その解決を提供できる場が雑誌だと思っていたんです。でも、ELLEgirlで、雑誌だけじゃなくWebサイト、SNS、ELLEgirl LABOという新しい取り組みをやってきたことで、いろいろな届け方があるんじゃないかなって思うようになって。今の世代に伝える方法の一つとして、iQONのデジタルマガジンがあると考えています。

三橋:その時代ならではの、発信の形があるっていうことですね。ITスタートアップに入社してみてどうですか。

澄川:カルチャーショックの連続ですよ。コピーなんかしてるの私くらいですし、社内の情報共有の仕方も違うし。でも、世界がすごく広がりました。優秀なエンジニアが常にそばにいて、これってできるの?っていう疑問にすぐ答えが返って来る。「想像できることは実現できます」って言ってくれる彼らと隣り合わせに仕事ができることはすごく心強いです。ワクワクしますね。

三橋:iQONのデジタルマガジンはいつ頃のリリースになりそうですか。

澄川:今のところ4月末を予定しているので、今、急ピッチで動いています。デジタルマガジンでコンテンツを提供するだけではなく、リアルな女の子達が参加する方法を模索していきたいと思っています。今は私一人なので、早急にスタッフを揃えるのが先ですが。

若い子が抱く憧れやミーハー心にいつまでも共感できること

三橋:最近はネットでも女性をターゲットにしたコンテンツ系サイトが増えてますけど、iQONならではのコンテンツってどんなものをイメージしていますか。

澄川:ただファッションが好き!っていうiQONの80万人の女の子たちに、日本に留まらない、男性目線や局地的に偏らない情報を伝えていきたいと思っています。例えば、デザイナーの想い、世界のトレンド、世界中の女の子たちの着こなしなど。デジタルの世界では情報もボーダーレスです。それはファッションそのものがボーダーレスになることを意味すると思うので。

三橋:澄川さんのおっしゃる、デジタルな情報発信に留まらないものっていうのは具体的にはどんなものでしょう。

澄川:今って、アプリとかゲームとか、何となく使いこなして終わりっていうことが多いですよね。そうじゃなくて、もっとリアルな体験をさせてあげられる場を作ってあげたいんです。例えば、ファッションの悩みを打ち明けてみんなで解決したり、コーディネートのスキルアップができるちょっとしたゲームを仕込んだり。そうやって、もっとおしゃれになった彼女達が、行く行くはファッション業界で働くようになるかもしれない。ただ着ることの楽しみを越えて、違う形でファッションを身近なものにしていきたいですね。

三橋:ファッションが、一方的に発信されるものではなくなる感じがしますね。澄川さんは、ご自身の強みってどこだと思われますか。

澄川:私の強み。考えたことがなかったけど、マスの目を持っているってことかな。大衆の目。かっこいいものは好きだけど、同時に若い子たちと同じように憧れとかミーハーな部分も持っているというか。そこを今の若い子たちと何ら変わりなく共有できることですかね。

三橋:発信者でもあるけれど、向こう側にいる受け手の心も忘れないこと、ですか。

澄川:私だって、特におしゃれでもない普通の女子大生だったわけですよ。あんな業界で働きたいな、あんな風になりたいなって夢を描いていた。そんな自分が、女の子が憧れる編集長という立場になれる。今度はそれを次の世代に体験してほしいっていう熱い想いがあります。

三橋:もともと雑誌が作りたかったんですか。編集者になりたかったとか?

澄川:別に雑誌が作りたかったわけじゃなくて、ただ女の子を可愛くしてあげたかったんです。それを大勢の人に提供できる場って?と考えた時に、当時はそれが雑誌だったので。わたしの原動力とか強みは、まさにその想いかも。

女の子を可愛くできるなら、ツールはなんでもいい

三橋:そんな雑誌を離れて、今回iQONに来た最大の決め手ってなんだったんですか。

澄川:やっぱり時代の変化ですね。例えば、ELLEgirlってどの雑誌よりも先にトラベルサイズを出したんです。8年くらい前ですけど、当時は最新号が出る度に書店からサイズを他誌と同じサイズに戻せってクレームがありました。でも、世界的にはトラベスサイズが流行していたし、これからはそういう時代だと思っていたし、実際、電車の中でもトラベルサイズを持っている女の子達を見かけました。でもここ1年で、外で雑誌を持っている女の子が消えてしまいました。みんながスマホに乗り換えて、これから全然違う時代が来るんだろうなって。

三橋:でも、紙の雑誌はなくならないですよね?

澄川:みんな雑誌が好きだし、雑誌がなくなることはないと思います。でも、それと同時並行で違う物もくるかもしれない。書店に行って、立ち読みして、レジで買うってすごくハードルが高いですよね。もっと近いところで違う形で提供できるかもしれないと思うようになりました。

三橋:ルーツに帰ったんですね。

澄川:そうですね。女の子を可愛くしたいという原点に立ち返った時に、だったら、ツールは何でもいいのかもしれないと思いました。次の時代に向けた表現の仕方があるなら、出版社にこだわらず、時代の流れに乗っていこうという気持ちです。

後編につづく。

コンテンツ・イズ・キング :「iQON」のファッションデジタルマガジンを手掛けるのは「ELLEgirl」前編集長

SHARE:

編集されたリッチコンテンツの必要性 月間訪問者数100万人を誇るファッションコーディネートサイトの「iQON」に、新たに強力なメンバーが加わった。iQONのエディトリアルプロデューサーに就任したのは、前ELLEgirl編集長の澄川恭子さん。4月下旬にはファッションデジタルマガジンの発行を予定している。また、iQONユーザーと企業のつながりを強化するコミュニティ形成も牽引すると言う。 澄川恭子さんは…

iQON

編集されたリッチコンテンツの必要性

月間訪問者数100万人を誇るファッションコーディネートサイトの「iQON」に、新たに強力なメンバーが加わった。iQONのエディトリアルプロデューサーに就任したのは、前ELLEgirl編集長の澄川恭子さん。4月下旬にはファッションデジタルマガジンの発行を予定している。また、iQONユーザーと企業のつながりを強化するコミュニティ形成も牽引すると言う。

澄川恭子さんは大学卒業後、ハースト婦人画報社(旧婦人画報社)へ入社。いくつかの女性ファッション誌の編集を経て、2009年に「ELLEgirl」編集長に就任した経歴の持ち主。ファッションや出版に携わる人材が、こうした形でスタートアップに参画する例はまだ珍しい。iQONを運営するVASILYの金山さんはこう話す。

「iQONを今後さらに伸ばしいくためにも、まず編集されたリッチなコンテンツが必要だと思いました。そこから人選を始めて、適任は澄川しかいないと思い、一緒にやろうと口説き落としたという感じです」

iQONでインスパイアされ、iQONで表現する

この「編集されたリッチなコンテンツ」の必要性は、iQONユーザーの動向にヒントを得たと言う。iQONには70万人の会員登録ユーザーがいて、日々何万人というユーザーがアプリを立ち上げてコーディネートすることを楽しんでいる。そうしたユーザーにアンケートをとったところ、彼女達がiQONで表現しているものはお店、ストリート、友達などどこかからの流行を受けて発信されているものだった。

「ファッションに正解はありませんが、流行やトレンドはあると思っています。そのトレンドの多くはユーザー主導ではなく、例えばコレクションに出ているブランドやメディアによる発信が多い。それなら、iQONの外でトレンドを感じるより、iQONにファッションの一時情報的なものを用意してはどうか。それにインスパイアされて、そのままiQONで表現できたらもっと楽しいんじゃないかと思いました」

出版社など既存メディアの情報をアグリゲートして配信することも検討したものの、権利やコストの問題から独自にコンテンツを配信していくことを決めた。iQONが発信するコンテンツが成功すれば、それがコンテンツホルダーの考え方を変えるきっかけになるかもしれない。アグレッシブな業界ではないため、まずは成功事例を作ることが大事だと話す。

「iQONでコンテンツを作ってほしい」と告白

もともと金山さんがiQONを立ち上げた理由は、ネット上にファッションのコンテンツが少なすぎると感じたことから始まった。みんながいつも見ている画面の中にファッションがなければ、みんなファッションから離れておしゃれすることを忘れてしまうのではないか。今回のiQONのデジタルマガジンの発行は、そんなサービス立ち上げ当初の想いにも忠実な動きだ。

この独自コンテンツの発信を任される澄川さんとの出会いは、金山さんが前職のヤフーファッションにいた頃にさかのぼる。

「当時もコンテンツホルダーの出版社さんと企画について話し合いをしていたのですが、どこより早く企画が決まって成功したのが澄川が担当していたELLEgirlでした。紙の人なのにネットにすごく理解があるな、という印象を受けました」

その後、とあるブランドとの広告タイアップ案件で再度一緒になり、彼女のコンテンツを届けることへの想いについて改めて知ることになる。コンテンツを届けたい、その手段は紙でもネットでも、リアルな場でも構わない。駆け引きしても仕方ないと思い、まるで好きな人に告白するような感じで、ストレートに「iQONでコンテンツを作ってほしい」と伝えた。その後何度かカジュアルに話すことを重ねて今に至る。

コンテンツ・イズ・キングの時代に与えるインパクト

新たに心強いメンバーを加えて、今後iQONはどう進化していくのか。FacebookやTwitterなどコンテンツの高速道路が整ったおかげで、面白ければコンテンツが瞬時に広まる「コンテンツ イズ キング」の時代が到来したと話す金山さん。でも、道路が整備され、誰もがコンテンツ発信ができるようにエンパワーされたからこそ、編集者のようなコンテンツを作るプロもエンパワーされるべきだと言う。これからは、編集者の価値と能力がますます高まる、と。

「まずは、ファッションのトレンドがどこよりも早く、分かりやすく、スマホで気持よく見れるようなコンテンツを作って配信をしていきたいと思います。その後は、iQONユーザーがファッションを楽しめるようなリアルな場を設けた企画だったり、ブランドとユーザーをつないで新しい価値が生まれるような取り組みをしていきたい。今のうちの先手を打って先回りして世界にインパクトを与えたいですね」