タグ Emart(이마트)

Naver、韓国小売大手Emartと提携協議中——米IPOのEC大手Coupangに対抗【日経報道】

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 韓国のインターネット大手 Naver(네이버)が、先週ニューヨークで超大型 IPO を果たした EC 大手 Coupang(쿠팡)の急成長に対抗するため、小売業の Emart(이마트…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


韓国のインターネット大手 Naver(네이버)が、先週ニューヨークで超大型 IPO を果たした EC 大手 Coupang(쿠팡)の急成長に対抗するため、小売業の Emart(이마트)と資本提携に向けて交渉中であると、日経が報じた

Image credit: Naver / Kth696586 via Wikimedia Commons

詳細:

  • Emart と、メッセージングアプリ「LINE」の親会社である Naver は、合意に向けて最終段階に入っており、早ければ今週中にも合意に至る可能性がある。
  • 小売業界に参入するために、Naver は Emart の配送に関する知識を活用する。

背景:

  • ソフトバンクが支援する Coupang は最近、今年に入ってこれまでのところ最大のアメリカ上場を果たし、約46億米ドルを調達した。時価総額は1,000億米ドルを超えた。
  • Coupang は2020年、年間売上高を91%増加させた。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

韓国のEmart、太陽光の影から生まれるQRコードを使ったキャンペーンを実施

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 QRコードはここ数年身近なものになり、日本などの国では広く普及している。ここでは、レストランや広告、そして名刺などでもQRコードを頻繁に見かける。私は、Communicate AsiaのブログでQRコードの非常に賢い使い方に出会った。韓国のショッピングセンターEmartは、QRコードを見事な販売キャンペーンに採用したのだ。 同社の「Sunny Sale (晴…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Photo: ibnet.co.kr

QRコードはここ数年身近なものになり、日本などの国では広く普及している。ここでは、レストランや広告、そして名刺などでもQRコードを頻繁に見かける。私は、Communicate AsiaのブログでQRコードの非常に賢い使い方に出会った。韓国のショッピングセンターEmartは、QRコードを見事な販売キャンペーンに採用したのだ。

同社の「Sunny Sale (晴天セール)」 イベントは、屋外に表示される大きなQRコードを使って行われている。下記の動画で見られる通り、同社はランチタイムの休憩時間帯にもっと多くの顧客を呼び込みたいと考えていた。それを実現するため、昼間の太陽の角度によって生まれる影を利用してQRコードを生成し、街を歩く人々がそれをスキャンできるようにしたのだ。

キャンペーンに加え、単に大きなQRコードという以上の大きな注目を集めるに違いないとても楽しい仕掛けだ。コードはランチタイムしか見ることができない。なぜなら、影のパターンがランチタイム後は変わってしまうからだ。

Emartは、このプロモーションによって昼食時の売上が25%上昇したと述べており、またメディアにも大きく取り上げられた。更なる詳細は以下の動画で確認できる。

他にもQRコードの面白い利用方法を知っていたら、ぜひコメント欄で我々に知らせてほしい。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia