BRIDGE

タグ Emet Creation

モバイル動画アプリ「ViMET」運営、East Ventures・傳田信行氏・SHIFT丹下氏らから7,000万円を調達——ローンチ2年で50万DLを突破

SHARE:

人気のある動画をひっきりなしに楽しむことができるモバイルアプリ「ViMET(ビメット)」を開発・提供するエメットクリエーションは27日、East Ventures、傳田アソシエイツ代表の傳田信行氏や SHIFT(東証:3697)代表の丹下大氏らを含む複数の個人投資家から総額7,000万円を調達していたことを明らかにした。ラウンドはシードラウンドと推測される。 これは、同社にとって2014年にエンジ…

人気のある動画をひっきりなしに楽しむことができるモバイルアプリ「ViMET(ビメット)」を開発・提供するエメットクリエーションは27日、East Ventures、傳田アソシエイツ代表の傳田信行氏や SHIFT(東証:3697)代表の丹下大氏らを含む複数の個人投資家から総額7,000万円を調達していたことを明らかにした。ラウンドはシードラウンドと推測される。

これは、同社にとって2014年にエンジェルラウンドで、傳田氏ら複数エンジェルから約2,000万円、2015年5月にエンジェル投資家から追加で2,000万円を調達したのに続くものだ。

エメットクリエーションは2014年、Twitter フォロワー数4万人以上を誇る柳本創氏(代表取締役社長)らによって設立された。その後、投資家として参加していた傳田氏が取締役会長に就任、また、当初 CEO として経営を牽引していた大塚淳史氏はスマホ動画広告スタートアップ App-CM の経営に集中することになった模様で、エメットクリエーションのウェブサイトからは名前が外れている。

レシピ動画や、メインサイトやアプリを持たない分散型メディアが席巻する中、同社が2015年8月にローンチしたモバイル動画アプリ「ViMET」は今年6月に50万ダウンロードを突破、日本の iTunes AppStore ランキングでもニュースカテゴリで上位ランク入りするようになった(AppAnnie の統計によれば、7月に入ってからの ViMET のニュースカテゴリにおけるランキングは、16〜22位を推移している)。

今回調達した資金を用いて、エメットクリエーションはマーケティング強化、コンテンツ拡充や大手出版社・テレビ局との提携、開発体制の強化を図り、年内にアプリダウンロード数を300万件以上までに伸ばしたいとしている。

<関連記事>

----------[AD]----------

モバイル動画アプリ「ViMET」が月間平均視聴数500万再生を突破、大幅バージョンアップでタテ型動画に対応

SHARE:

昨年3月にオープンβ版としてリリースした「ViMET(ビメット)」は、動画をキュレーションする iOS アプリだ。YouTube から動画を取得し、ViMET の他ユーザの視聴履歴との協調フィルタリング、ユーザ自らの視聴履歴に基づく深層学習に基づいて、ユーザが好むような動画を連続して再生し続ける。 同社は先ごろ、ユーザ体験の向上を狙い、アプリをバージョン3.0に更新した。今回のバージョンアップで機…

vimet_featuredimage

昨年3月にオープンβ版としてリリースした「ViMET(ビメット)」は、動画をキュレーションする iOS アプリだ。YouTube から動画を取得し、ViMET の他ユーザの視聴履歴との協調フィルタリング、ユーザ自らの視聴履歴に基づく深層学習に基づいて、ユーザが好むような動画を連続して再生し続ける。

同社は先ごろ、ユーザ体験の向上を狙い、アプリをバージョン3.0に更新した。今回のバージョンアップで機能追加されたのは、チャンネルという概念の追加と、タテ型動画への対応だ。

昨年8月の正式ローンチからユーザの声を聞いていて、いい点悪い点が出てきました。現在までは、アプリから一方的に動画を表示していて、ユーザに動画を選ぶ余地を与えていませんでした。テレビのようにチャンネルのザッピングさえできないことに気づき、チャンネルという概念を追加しました。

現在は音楽などテーマやジャンルに沿ったチャンネルを10ほど用意してあり、将来的には企業の動画をキュレーションした企業チャンネルを作ったり、TVer のようなサービスとの連携も模索したいと考えています。

また、これまではヨコ画面強制で没入感が出せた反面、気軽に動画を見られる体験を提供したいというビジョンには、ヨコ画面だけではミスマッチであることがわかりました。例えば、C CHANNEL などでもタテ型動画が主流になってきています。そこで、ViMET でもタテ型動画に対応することにしました。(ViMET を開発・運営するエメットクリエーション代表取締役社長の柳本創氏)

柳本氏の話を聞くと、ViMET はサービスのさまざまな KPI を設定する上で、C CHANNEL を積極的に意識しているようだ。インプレスの クラウドWatch とのインタビューの中で、C CHANNEL はローンチからの5ヶ月で250万再生を達成しており、2015年12月には1,000万再生、2016年には1億再生を達成する見込みとしている。

一方、ViMET はローンチから9ヶ月でユーザ数は30万人(アプリのダウンロード数)、月間平均視聴数500万再生を突破。ViMET の動画一本あたりの再生時間は平均15秒と短いので単純比較はできないが、なかなか好調な数字を叩き出していると評価できるだろう。

なお、エメットクリエーションでは、2015年に人気のあった動画を紹介する「年間動画視聴回数ランキング」を12月末に発表している。バイラルメディアとして有名な TABI LABO やロケットニュース24などが取り扱った動画が上位を占めているが、今年は Buzzfeed Japan のローンチが予定されているほか、分散型メディアの先駆けとして知られる NowThis などのメディアの台頭により、ViMET のようなプラットフォームにも面白い影響をもたらすことになるだろう。

ViMET の競合としては、サイバーエージェントが展開する動画キュレーションアプリ「MIRUYO!」などが挙げられる。

<参考文献>

----------[AD]----------

デジタルネイティブが作ったアプリ「ViMET(ビメット)」は、動画ビジネスをディスラプトできるか?

SHARE:

東京に拠点を置くエメットクリエーションは26日、人気のある動画をひっきりなしに楽しむことができるモバイルアプリ「ViMET(ビメット)」をリリースした。iTunes AppStore からダウンロードすることができる。 モバイルブロードバンドが一般化した今、仕事の合間や移動時間など日常生活の隙間に、スマートフォンで動画を楽しむ人は増えている。中でも人気があるのは、映画やドラマのような集中して視聴す…

emet-creation-so-yanagimoto-atsushi-otsuka
(左から)エメットクリエーション代表取締役社長の柳本創氏、代表取締役CEOの大塚淳史氏

東京に拠点を置くエメットクリエーションは26日、人気のある動画をひっきりなしに楽しむことができるモバイルアプリ「ViMET(ビメット)」をリリースした。iTunes AppStore からダウンロードすることができる。

モバイルブロードバンドが一般化した今、仕事の合間や移動時間など日常生活の隙間に、スマートフォンで動画を楽しむ人は増えている。中でも人気があるのは、映画やドラマのような集中して視聴する必要のあるコンテンツではなく、何も考えなくてよい数十秒程度のバラエティ性に富んだものだ。しかし実際には、動画を見ている時間2割に対して、動画を探している時間8割と、視聴よりも検索に時間を費やしているユーザがほとんどなのだという。

vimet-sample-image
ViMET の再生画面

エメットクリエーションでは YouTube の API から YouTube 動画を取得し、ViMET の他ユーザの視聴履歴との協調フィルタリング、ユーザ自らの視聴履歴に基づく深層学習に基づいて、ユーザが好むような動画を連続して再生し続けるしくみを開発した。視聴したユーザが再生中の動画に興味を持てば「いいね」の意味でハートボタンをクリック、興味が持てなければ、その再生を放置することで深層学習エンジンがユーザの好みを学習していく。ニュースキュレーション・アプリ「グノシー」の動画版のような形を目指すのだそうだ。

今年の3月にオープンベータ版としてリリースし、身近な人々に使ってもらいながらチューニングを続けてきました。そうすると、当初4分間程度だった1セッションあたりの平均滞在時間が、27分間にまで劇的に改善されました。ユーザの特性はわかりませんが、就寝前の利用が圧倒的に多いようです。

27分間という数字は、ニュースキュレーション・アプリの5分などと比べても非常に高い数字です。ユーザは平均して週に2回、月に8回程度(月間約4時間)は ViMET を使ってくれていることがわかっており、それだけメディアとしての価値が高いと言えると思います。今後は、自分の興味のある動画を集めたチャンネル「MyViMET」などの機能も次版で追加していきたいと考えています。(CEO 大塚淳史氏)

emet-mobile-video-market-analysis-diagram
エメットクリエーション提供。国内利用者数は、ニールセンの調査による。

エメットクリエーションの説明では、ビデオの尺が短く、パーソナライズができるサービスのカテゴリは、世界的に見ても他に類似サービスが無くブルーオーシャンなのだそうだ(上図参照)。今後は Android 版アプリの開発にも着手し、モバイルで動画を楽しむユーザのさらなる取り込みを狙う。

エメットクリエーションは2014年、Twitter フォロワー数4万人以上を誇る柳本創氏(代表取締役社長)と電通OBの大塚淳史氏(代表取締役CEO)によって設立された。2014年11月には、インテル日本法人の元社長である傳田信行氏をはじめとする複数のエンジェル投資家から約2,000万円を資金調達。加えて、2015年5月には、エンジェル投資家から追加で2,000万円を資金調達している。

<参考文献>

----------[AD]----------