BRIDGE

タグ EPFL

軌道や形状を瞬時に認識しモノをキャッチするロボットアームをスイスのEPFLが開発

SHARE:

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)が、飛んでくる物体をキャッチするロボットアームを開発した。このEPFLが開発したロボットアームのアルゴリズムは、飛んでくる物体の方向や速度、軌道、形状などを認識した上でキャッチする。   飛んでくる物体をカメラで認識、映像から移動する方向を予測し、4本指のロボットハンドでつかむ。キャッチする物体は予め形状を登録しておき、どこを掴めばいいのかを学習させている…




スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)が、飛んでくる物体をキャッチするロボットアームを開発した。このEPFLが開発したロボットアームのアルゴリズムは、飛んでくる物体の方向や速度、軌道、形状などを認識した上でキャッチする。
 
飛んでくる物体をカメラで認識、映像から移動する方向を予測し、4本指のロボットハンドでつかむ。キャッチする物体は予め形状を登録しておき、どこを掴めばいいのかを学習させているという。

bionicarm-1-of-1

飛んでくる物体をキャッチするための動作は、単純なものではない。ロボットアームを人の手で動かし、その動きをコンピュータに覚えさせたそうだ。

このロボットアームのポイントは、瞬時に反応できるようにするアルゴリズムなどソフトの面だ。ハードとソフトの進歩が著しい昨今、ロボットの動きはより高度になっていくだろう。

----------[AD]----------