BRIDGE

タグ Eric Schmidt

AlphabetのEric Schmidt会長がソウルで講演「柔軟な政府、女性の参加がスタートアップの成長には不可欠」

SHARE:

Google Campus Seoul と 500 Startups が10月27日〜29日までの3日間開催したイベント「CONNECT」の最終日、Alphabet(元Google)の Eric Schmidt 会長が「スタートアップの未来とグローバル戦略」をテーマで講演した。 10時から約1時間行われた講演で、Schmidt 氏は、韓国スタートアップが世界市場で成功する方法を紹介した。Googl…

eric-schmidt-at-connect-in-seoul

Google Campus Seoul500 Startups が10月27日〜29日までの3日間開催したイベント「CONNECT」の最終日、Alphabet(元Google)の Eric Schmidt 会長が「スタートアップの未来とグローバル戦略」をテーマで講演した。

10時から約1時間行われた講演で、Schmidt 氏は、韓国スタートアップが世界市場で成功する方法を紹介した。Google Campus Seoul を作った理由も、韓国の最高のスタートアップが世界的に成功できるように足場づくりをするためだ、と説明した。

彼は、「韓国は世界最高のインターネットの速度、最速のモバイルインターネットの速度を実現している国であり、全世界のネットワークへ最もよく接続された国」と説明し、このような良いインフラとエコシステムの中で、明らかに世界を変えるスタートアップが出てくると確信していると語った。

以下の内容は、彼が話した韓国スタートアップが世界市場で成功するためのカギである。

1.根底に技術があるサービス

Googleは通常、スタートアップに投資するとき、ビジネスに投資するのではなく、スタートアップの持つプロダクトやテクノロジーを実装できるチームに投資している。また、投資や買収の決定において、スタートアップが提供するサービスやプロダクトが技術的にどうかを最もよく見ている。技術がなければ、最高のスタートアップはできない。

遺伝子工学、機械学習、ヘルスケア、コミュニケーション、3Dなどの分野で革新的な技術を持つ韓国スタートアップが、韓国国内市場だけを見てサービスしているのが残念だ。世界の市場は、国内の市場と大きな違いがあるわけではないから、目標を大きく設定して、その技術力を持って、世界に進出してほしい。

2011年のGoogleに初めて参加したときに、Google は、アメリカ国内の利益があるだけで、海外で発生する収益が全くなかった。Google のサービスやテクノロジーは、明らかと同じ人々が住んでいる海外でも十分に可能性があると考え、ヨーロッパに最初にその扉を叩いて収益を創出した。また、韓国では言語の問題で、完全にローカライズされたサービスを提供する Naver が大きく成長して検索サービスのシェアを高める上で困難だったが、常に Googleはグローバルなプラットフォームを指向してきた。そのため、今日の Google にまで発展することができた。

今後の展望のある技術は、機械学習 (machine learning)だ。5年後には機械学習が、車の自動運転、コンピュータ医師、画像認識など産業全般に適用される。現在、Googleは100以上の機械学習プロジェクトを進めている。このような分野で、韓国が技術力で十分リーダーになることができるだろう。

2.良いチームワーク

スタートアップを始めるアイデアがあるのなら、その価値を共有するチームメイトを見つけるべきた。すべての成功したスタートアップは良いチームを持っていた。スマートな人材を雇うことが重要だ。 高いレベルの教育を受けて、熱心に没頭する人材を持つ韓国では、良いチームが多く作れると思う。世界市場に進出するために、多様なバックグラウンドを持つメンバーと一緒にいることは重要で、グローバルな市場での成功はチームメイトの多様性からもたらされる。

3.柔軟な政府

韓国などのアジア市場では政府の支援が多いが、このような政府がスタートアップにサポートをするとき、スタートアップにリスクを取らせないようにしようとする傾向がある。スタートアップの成功には、失敗の経験がとても重要だ。もし政府がスタートアップをサポートするなら、政府はできるだけスタートアップに干渉せず、スタートアップが自由に経営できるよう、そして、成功や失敗を十分に経験できるようにすることが重要だ。

スタートアップは少人数で運営されるだけでなく、金銭的な難しさがあるので、関連する税金を抑えるなどの支援がエコシステムの発展に役立つだろう。教育熱に優れた韓国は、教育の重要性を非常によく理解しているだろうが、政府によるスタートアップ・エコシステムのための教育支援も必要だ。また、女性が働ける環境を作るなど、より柔軟な規制と政府の支援がスタートアップ・エコシステムの花を咲かせるだろう。

アジアには大きな成長の機会がある。低所得層にとどまっていた10億人のアジアの人口が中産階級に変化する。この爆発的な人口の出現で、彼らのための教育、安全、食品、つまり、人に関連するサービスが必要だ。これは、スタートアップにとっては、新たな事業機会になる。小さなスタートアップが世界を変えることができる。起業を恐れず、危機を克服し、失敗を通じて、成功への道を見つけてほしい。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------