THE BRIDGE

タグ EV Growth

EV Growth、1号ファンドの調達を2.5億米ドルでクローズ——アジアのファミリーオフィス複数、シンガポール政府系Temasekらが新たにLP参加

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 シンガポールを拠点とする VC 企業 EV Growth は、当初目標額の1億5,000万米ドルを超え、2億5,000万米ドルを調達して1号ファンドをクローズした。声明によると、新し…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


シンガポールを拠点とする VC 企業 EV Growth は、当初目標額の1億5,000万米ドルを超え、2億5,000万米ドルを調達して1号ファンドをクローズした。声明によると、新しい LP には、アジアのファミリーオフィス複数や Temasek など政府系ファンド2つが含まれる。

初めてとなる年次総会に集まった EV Growth のチーム
Photo credit: EV Growth

2018年にローンチした EV Growth は、East VenturesSMDV(Sinar Mas Digital Ventures)、YJ Capital のジョイントベンチャーだ。業界に特化しない EV Growth は、資金需要に対して VC から供給が十分でないギャップを埋めることを狙いとして、インドネシアをはじめとする東南アジアのスタートアップに成長資金を提供することに特化している。

EV Growth によれば、これまでに投資したスタートアップは20社超。最も直近では、東南アジアのエドテックスタートアップとしては最大規模の調達の一つと言われる、インドネシアのスタートアップ Ruangguru が1億5,000万米ドルを調達したシリーズ C ラウンドのに参加している。

声明によれば、EV Growth 投資先の80%はインドネシアのスタートアップだ。EV Growth の全体内部収益率は36%。

すでにアクティブなファンド規模もあわせると、我々は東南アジアのシードステージとグロースステージのスタートアップに3億2,500万米ドルを投入する計画だ。(中略)

現在こそが東南アジアの変曲点であり、我々はここに早く来れてラッキーだ。(EV Growth のマネージングディレクターで、East Ventures 共同創業者の Willson Cuaca 氏)

報道によれば、東南アジアのスタートアップは、2019年の最初の7ヶ月間で86億米ドルを調達した。東南アジア市場は中国資金を魅了しており、テック大手 Alibaba(阿里巴巴)傘下の Ant Financial(螞蟻金融)は、東南アジアやインドのスタートアップを支援すべく約10億米ドルの調達を計画していると報道されている。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

EV Growth、1号ファンドの調達をオーバーサブスクライブの2億米ドルでクローズ——ソフトバンクやシンガポールのPavilion Capitalらも出資

SHARE:

シンガポールに本社を置くベンチャーキャピタルファームの EV Growth は、当初目標の1億5,000万米ドルを上回る2億米ドルでファーストファンドをクローズしたと発表した。資金を提供したのはソフトバンクグループのほか Pavilion CapitaI、Indies Capital といったパートナー、および東南アジア地域の投資家たちだ。 EV Growth は East Ventures、SM…

Image credit: EV Growth

シンガポールに本社を置くベンチャーキャピタルファームの EV Growth は、当初目標の1億5,000万米ドルを上回る2億米ドルでファーストファンドをクローズしたと発表した。資金を提供したのはソフトバンクグループのほか Pavilion CapitaI、Indies Capital といったパートナー、および東南アジア地域の投資家たちだ。

EV Growth は East VenturesSMDV(Sinar Mas Digital Ventures)、YJ Capital という3社のジョイントベンチャーで、 2018年3月に設立された。声明によると、インドネシアや他の東南アジア諸国で業界に特化したスタートアップに成長資金を提供するのを目的としているという。

EV Growth を率いるのは、East Ventures の Willson Cuaca 氏、SMDV の Roderick Purwana 氏、YJ Capital Inc.の堀新一郎氏という、それぞれの VC を代表する3人のパートナーだ。

EV Growth はこれまで、美容テックの Sociolla、マルチプラットフォームのオンラインメディア企業 IDN Media、モバイル POS 事業者の Moka、マイクロ小売テックの Warung Pintar、エドテックの Ruangguru といった複数のセクターでスタートアップを支援してきた。総資金の40%は12件の取引に向かった。そのうち9割はインドネシアのスタートアップだった。

EV Growth のパートナーである Willson Cuaca 氏は次のように述べた。

East Ventures のポートフォリオに限らず、インドネシアで最も優れたスタートアップを確保するため EV Growth を設立しました。タイミング、資金規模、資金運用ペースは申し分なく、ごく短期間でスマートに資金を集められたことを嬉しく思います。

同じくパートナーの堀氏は、ファーストファンドにソフトバンクグループが関与したことについて、次のように話している。

YJ Capital の親会社であるソフトバンクに加え、この地域にいる主要な投資家を多数受け入れられたことを嬉しく思います。ジョイントベンチャーファンドとして、パートナーや親会社、関連会社、グローバル市場での経験を持つ投資家のネットワークと能力の活用を通して、ポートフォリオ企業に価値をもたらすのが目標です。

EV Growth で SMDV 代表を務め、EV Growth パートナーでもある Roderick Purwana 氏も同様のコメントを出し、次のように述べた。

3社を組み合わせることで、インドネシアや東南アジアにいるテック企業のエコシステムの成長支援に向け、Sinar Mas グループのネットワークをさらに活用することができます。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

インドネシアのIDN Media、シリーズCラウンドでEast Venturesや日本のヤフーが出資するEV Growthなどから資金を調達

SHARE:

インドネシアを拠点とするマルチプラットフォーム・オンラインメディア企業 IDN Media は8日、East Ventures、Sinar Mas、日本のヤフーのジョイントベンチャー EV Growth がリードしたシリーズ C ラウンドで資金を調達したと発表した。このラウンドには、Charoen Pockphand 氏の True Digital & Media Platform と、L…

Image credit: IDN Media

インドネシアを拠点とするマルチプラットフォーム・オンラインメディア企業 IDN Media は8日、East Ventures、Sinar Mas、日本のヤフーのジョイントベンチャー EV Growth がリードしたシリーズ C ラウンドで資金を調達したと発表した。このラウンドには、Charoen Pockphand 氏の True Digital & Media Platform と、LINE の企業投資部門である LINE Ventures Global Fund が参加した。IDN Media はシリーズ C 出資が、読者のグロース加速を狙ったものであると述べている。同社は今回の調達がプロダクト提供やテクノロジーを前進させると考えており、まずローカル市場から着手する予定だ。

IDN Media は2014年、インドネシアのスラバヤで Winston Utomo 氏と William Utomo 氏の兄弟により設立。同社のミッションは、インドネシアのミレニアルや Z 世代の声を代弁する、正確で前向きな情報へのアクセスを民主化することだ。現在、メインのオンラインメディア「IDN TImes」、女性向けメディア「Popbela.com」、母親や子供を持つ親向けメディア「Popmama.com 」を運営。そのほか、料理動画チャネル「Yummy TV」、コンテンツソリューションの「IDN Creative」、イベント管理サービス「IDN Event」、インフルエンサー管理プラットフォーム「IDN Creator Network」も提供している。同社によれば、これらおプラットフォームの月間ユニークユーザ数は5,000万人に上る。

IDN Media の創業者兼 CEO Winston Utomo 氏は、次のように語った。

シリーズ C 投資は我々にとって重要なマイルストーンだが、ミレニアルや Z 世代の声になるというミッションは道半ばだ。社会に前向きなインパクトを与える会社になるべく、精一杯努力を続けたい。

EV Growth のマネージングパートナー Willson Cuaca 氏も、この声明を後押ししている。

IDN Media は忠誠心の高いユーザを擁しており、さらに重要なことに、健康的で持続可能なビジネスを作り上げている。(Cuaca 氏)

今後は、より多くのブランドが読者と繋がれるよう、我々のプロダクトや技術を改善し続けることに注力する。それは最終的に、我々のビジネスを成長させることにつながるだろう。2019年は大変ワクワクさせられる年になると思う。(COO William Utomo 氏)

William Utomo 氏は、同社のクリエイティブチャンネルを通じて、2018年に200社を超えるブランドと協業したとしている。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

East Ventures、YJ Capital、SMDV、1.5億米ドル規模のファンド「EV Growth」を設立——インドネシア企業のシリーズB資金需要に対応

SHARE:

East Ventures、SMDV(Sinar Mas Digital Ventures)、YJ Capital が共同で「EV Growth」という VC を設立することとなった。その理由の一つには、シリーズ B ラウンドの資金調達を行う地元スタートアップが少ないことが挙げられる。 East Ventures の創業者でマネージングパートナーの Willson Cuaca 氏は今日(原文掲載日…

East VenturesSMDV(Sinar Mas Digital Ventures)、YJ Capital が共同で「EV Growth」という VC を設立することとなった。その理由の一つには、シリーズ B ラウンドの資金調達を行う地元スタートアップが少ないことが挙げられる。

East Ventures の創業者でマネージングパートナーの Willson Cuaca 氏は今日(原文掲載日:3月22日)、メディアの前で、EV Growth が設立されたことによって、インドネシアのスタートアップはシリーズ B ラウンドの資金調達をするために国外に出る必要はなくなるだろう、と述べた。

シリーズ B ラウンドなどの資金調達をしようとする地元スタートアップがいる一方で、それができない状況がある。EV Growth は東南アジア市場に対してオープンですが、特にインドネシアにフォーカスしている。

EV Growth をローンチするにあたり、East Ventures、YJ Capital、SMDV の代表らは、2017年9月から会合を積み重ねてきた。彼らが持つビジョンやミッションが似ていることもあり、結果的に EV Growth が設立されることとなった。

YJ Capital としても、これまで出資するスタートアップを見出すのに苦慮してきた。現地パートナーとともに我々の目標を達成する上で、良好なトラックレコードを持つ East Ventures や SMDV とコラボレーションすることに決めた。

EV Growth のフォーカスは、グロースステージやポストレベニューに入ったスタートアップだ。EV Growth を通じて、East Ventures、SMDV、Yahoo Japan が持つ資金、ネットワーク、経験をスタートアップに活用してもらうことができる。

我々 Yahoo Japan は、インターネットサービス、C2C マーケットプレイス、オンライン銀行、クレジットカードサービス、モバイル決済サービスの分野で経験がある。スタートアップが活用できる資金調達の経験を提供するだけではない。(YJ Capital CEO 堀新一郎氏)

スタートアップへの出資

EV Growth は2018年第2四半期に活動を開始し、1億5,000万米ドルの資金調達を目指す。これまでに、East Ventures、YJ Capital、SMDV の3社から出資が約束されている金額は1億米ドルだ。

EV Growth では今後、East Ventures とは異なるアプローチでスタートアップに資金を供給する。EV Growth は East Ventures の既存投資先だけでなく、インドネシアのすべてのスタートアップにオープンな機会を提供していく。(Cuaca 氏)

EV Growth は最初の出資段階では、一社あたり500万ドル以上の初期投資額から投資が開始される見込みだ。目標とされる投資先スタートアップは、20から30社だ。

スタートアップ経営者との契約は10年間で、市場の状況にもよるが、前半の5年間は投資、後半の5年間は回収に充てられる。(堀氏)

EV Growth の現在のフォーカスは、待望されるスタートアップを探し出すことだ。SMDV のマネージングパートナー Roderick Purwana 氏は、EV Growth から資金調達する可能性があるスタートアップが既にいるものの、その名は公表できないと述べた。

SMDV シニアアドバイザーの Franky O. Widjaja 氏は、次のように述べた。

EV Growth の目標に沿って、East Ventures、SMDV、YJ Capital の各社が、インターネットのスタートアップ資本を増強するだけの経験と投資を提供する。

【via DailySocial】 @DailySocial

【原文】

----------[AD]----------